123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016-09-22 (Thu)


ああ。
ゆるゆると過ぎてゆく毎日。

ああ。
書きたいことは山ほどあるけれど
なんにも進まない毎日。


先週開催されたオーキャンの余波なのかな?
秦基博検索からたどり着いた方が増えているこの頃だけれど

ゴメンナサイ(笑)
10周年だというのに行ってません(笑)
よって、オーキャンネタはありません!!(笑)


でもね。
行ってないけどね。
電車移動の中、dTVからチラリと見ただけだけどね。
彼との距離は相変わらず変わらないんだけどね。

秦クン、、、、いい曲作り続けた10年だったね、って
素直に思える、そんな余韻がココロの中でじわんと広がっている。

ヨウヘイくんと松室くんと3人で歌った「虹が消えた日」
あの曲を携え2008年の夏を走り抜けた後、
なにかの雑誌のインタビューで彼は
「自分が作った歌に助けられることがある、と知った」と語っていて
当時私はその言葉にかなりの衝撃を受けた。

デビュ前に思い描いていた夢や希望や展望は
2年目の夏で叶いそうでそうたやすくは叶わなかったり
上手くいきそうでそうはいかなかったり、大きな期待に応えようと空回りで終わったり
夏のジリジリとした容赦ない太陽に背を丸めやり過ごすしかなかったことは
いっぱいあったんだろうなぁ、と想像したあの頃を思い出しながら

その歌を、
デビュー2年目の夏を強く噛みしめたヨウヘイくんと
来たるそのときを足踏みしながら待つ松室くんが歌う。
なんだか深い意味があるように思えたし
ことさらこの歌の詩の意味を反芻しながら、、聴いていたのでした。

なぁんて。
ただ単に「好き」なだけで、この歌を彼らが選んだのかも知れないけどね(笑)

ヨウヘイくんが弾く、あの曲の印象的なピアノイントロとか
松室くんの緊張を越えた、伸びやかな歌声とか
なんか、いいなぁ、、、って思いました。うん。


あとね。
ピストルさん。
彼の「Dear Mr. Tomorrow」。
最高だったね!!!

実は9月初め。約2週間。
ピストルさんはワンマンツアー&イベントライブで
北海道の小さな街などをほぼ毎日ライブで回ってくれていて
私も江別札幌恵庭、、と3ヶ所ライブに参加させてもらったのだけれど

いやー、、、、なんだかもう、、、
安易に言葉になんか出来ないほどの衝撃を受けてしまった!!!
このライブのことも、ちゃんとまとめたい、書きたいと思っているのだけれど
(ああ、ホントに早くまとめたい!笑)

今まで正直、全く興味がなかったのに(ごめんなさい、ピストルさん!笑)
たまたまライブがあることを知り、行ってみようかな、と気楽に向かっただけなのに(鋭いパンチを食らった気分!)
その余韻がまだ消えない中で聴いた「Dear Mr.Tomorrow」なのでなおのこと
気持ちがぐわーっと上がってしまいました(電車の中で 笑)

ピストルさんが歌うと、世界がまた違って見えたなぁ。
熱い血がどくどくと流れ出す感じ。
今の私は、この「熱さ」にとても惹かれるのです。
必要としているのです。


電車移動中だったから、ちゃんと見れたのはこの2曲だけで
もっともっとすごかったであろう、噂のあの場面その場面は
みんなのつぶやきや、記事の文面から、想像するのみで、もどかしさが募る、、(笑)

だからね。
今年のオーキャン。
もちろんDVDになる、、、よね??
せめてHGでハターさんたちには届くようにしてくれる、、、よね??

ものっすごく楽しみにしています!!!
(あ、せっかく加入したdTVで見れるようになるかな??笑)

どうかよろしくお願いします-!!


ああ。
ホントはまだまだ語りたいことがたくさんあるのだけれど
今はとりあえずこのくらいにして

8~9月に行ったライブのこと。
少しでも記憶が薄れる前にUPしなければ!!(急げ-!笑)



ああ。
今日も。
澄み渡る青が気持ちいい
秋晴れの北の大地です。


ああ。
うーんと伸びをして
大好きな音楽と共に
ゆるゆると過ごそうと思います。


ああ、、、、。


スポンサーサイト
| ♪オーガスタ | COM(6) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する