12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-05-29 (Sun)


ああ。
記憶の記録をしなくてはいけないライブがまだある。
早く早くと、今夜こそはと、気持ちは急くくせに
なかなか記せなかったライブがまだまだある。

秦クンのライブの4日後。
以前から一度観てみたいなぁと気になっていた
大柴広己さんが北海道にやってきてくれるということで
行ってきちゃいました。

→ ReadMore
スポンサーサイト
| ♪音楽 | COM(0) |
2015-10-16 (Fri)




「岩見沢駅には馬がいました。」


昨年5月、どこやらの大男さんが山さんのOAでここに来た時
ポーズをキメて一緒に撮ってたよねぇ。
この馬と。(気になる方はFB参照 笑)

20151012a.jpg




あれから。
この駅に来るたびに
「岩見沢駅には~」という言葉が浮かんできてしまう困ったワタシです(笑)

今年もJOIN ALIVEで2日続けてこの駅を訪れました。
そしてこの日はバーガーさんのライブで
寒さがしんしんと身に沁みる深秋の夜、ひとり降り立ちました。

10月初めに道東から道央を回ってくれていたバーガーさん。
札幌のライブはヨウヘイくんの滋賀ライブと重なってしまい行けそうになく
困ったなぁどうしようかなぁ、、と考え選んだ場所がここ岩見沢でのライブでした。

ぐるぐるマフラーでも寒かった夜。
でも帰りはココロがポカポカになりました。






→ ReadMore
| ♪音楽 | COM(0) |
2015-09-02 (Wed)


もう9月になったね。
久しぶりに開くブログ。

なんだか夏休みを過ごしていたような
そろそろ新学期を始めなきゃいけないような・・・。

いや。
北海道はお盆明けから新学期なのだから
これは単なるずる休みだったのか・・・・(笑)

思うこと書きたいことは色々あったけれど
いつの間にかタイミングを逃して書きそびれてしまいました(_あー笑)

昼は仕事にあれやそれやに追われてしまうし
夜はとにかく眠くなる。
その上真夜中起きてしまい朝が辛くなる(笑)

借りてきた本は読めずじまい。

ま。
いいか(笑)

秋が来たからね。
涼しい風の中、少しずつのんびりゆこうではないか(笑)


そうそう。
今夜は秦クンが「水曜歌謡祭」に出演。
新曲の「Q&A」を初披露するんだってね。

この曲のMV。
ものすごく気持ちよく裏切ってくれてカッコいいよね。
なにもなければもちろんこちらをチェック!なのだけれど。

同時間帯に放送の「THEカラオケ★バトル2HSP」になんと!
浜端ヨウヘイくんが出演するのだ!!

これ、初の全国放送出演だよね??
てか、カラオケで歌んだよね??
てか、ハンドマイクで歌うってこと??
てか、誰の何を歌うの??(まさか持ち歌??笑)

とにかく見逃せません!

とりま、2番組同時録画の働きをしてくれるブルーレイに感謝を。

リアルタイムで観たいのは・・・192センチの大男さん(笑)

今夜楽しみです。


休み明け。
今夜はしゃっきりと観るのだ。


| ♪音楽 | COM(6) |
2015-08-17 (Mon)


ひとつの音楽を知る。
そこから派生する沢山の糸を見つけ
そのひとつひとつを手にし耳を澄ませ辿ってゆくと
ぐるり大きな音楽の輪になっていることに気付くこの頃。

それぞれの音はみんなどこかで繋がってる。
なので、行ってみたい、聴いてみたいライブがどんどん増えてくる。
地元に来てくれたのなら、ぜひとも会いにゆきたくなる。

昨年から少しずつ耳を立て始めた新しい音。
あれやこれや行ってみたライブを忘れないように
あとからまたなぞれるように、ジブンの為に
記憶の記録をしておきます。



→ ReadMore
| ♪音楽 | COM(2) |
2014-09-08 (Mon)


あー。
またもやブログを放置(笑)
9月になってあっという間に1週間が過ぎちゃった。
でも先週はなかなかになかなかなことがあったので
それを後でちゃんと、記憶の記録しなくては・・。

で。
とりま、先週土曜日のこと。記録しとこ。



札幌のチカホで行われたフリーライブ。
全部は観れなかったけど、行ってきました!


→ ReadMore
| ♪音楽 | COM(0) |
2014-05-02 (Fri)


♪そりゃひどく詰め込み
 回したこともあった
 だけどそんなときにも おまえはシッカリ
 どうしたんだ Hey Hey Baby
 機嫌直してくれよ
 いつものようにキメて 洗濯しようぜ~



・・・・・・・・・・・・・。



なんとなくあちこちの不具合が気にはなっていた洗濯機。
先日水漏れも確定的となり、いよいよ修理か??と保証書を探し見てみると・・。

2009年4月14日に購入。
5年間の無料保証期間・・・・ついこの間で終了・・・(ガーン)

はい。
本日。修理代として支払った金額。
8%の消費税を含めなんと!¥37,476・・・・・(あわわ)

ライブ遠征1回行けるじゃんライブ遠征1回行けるじゃんライブ遠征1回行けるじゃんライブ遠・・(笑)

いや。正しくは。
安い洗濯機なら1台買えるじゃん???(わはー笑)


しかーし。
我が家の洗濯機は乾燥付のドラム式。
新品となるとお値段は軽く10万越え。
でもやっぱりこのタイプの洗濯機が必要なのであーる。

と言うのも。小1からサッカー少年団所属の我が家の息子クン。
週末は雨が降ろうとみぞれになろうと練習やら試合やらで洗濯物が山のように発生し
翌日の試合のユニフォームを乾かさねば!!と言う時に乾燥機能はとてもありがたく
一日に2回3回ガシガシとフルに洗濯機を回しているここ数年。。。


思わず。
♪そりゃひどい乗り方 したこともあった~

って。
歌詞が脳内に浮かんできちゃったよ(荒い使い方でスマンー笑)


とりま。
機嫌直してもらって
いつものようにキメてもらわないと困るわけで(笑)

あと数年はブッ飛ばして欲しいわけで(笑)


「直してくれたかーい?」と(笑)
修理のオジサンに気前よく1万円札4枚を笑顔で渡したのでした。
(釣りはいらねえよ!とはさすがに言えなかったけれど 笑)



そう。
♪こんなこといつまでも長くは続かない~

息子クンの部活動もあと数年で終わるだろう。
やがて巣立ちの時がやってくるだろう。

そして小さめの洗濯機でも十分な時がくるだろう・・。




うん。
音楽好きの男子が盛んに「RC」を話題にし始めたのが
ジブンがちょうど今の息子クンと同じくらいの年頃。
髪の毛を逆立てギターを夢中で弾く同級生に先導され
放課後みんなで大合唱したこともあったっけ。

あの頃のモヤモヤした気持ちを歌詞のひとつひとつに拳上げ殴りつけるように
「雨上がりの夜空に」「スローバラード」を歌ったなぁ。

欠伸をかみ殺しながら授業中教科書の隅に1小節分の歌詞をなにげに書く。
友人に貸した教科書が帰ってくると、続きのフレーズとピースサインが書き加えられている。
そんな小さなやりとりが楽しかったなぁ。

ケシゴム投げ合ったり、手紙回しあったり、窓の外ばかり眺めていたり
さっさと教室抜け出して売店にお弁当買いに行ったり。

でも音楽には熱くなって歌詞の意味を語り合ったりしたなぁ。
ライブハウスに出演する友人を見に夜な夜な出かけたりしたなぁ。
早くに寝たふりをして夜中にそっと窓から抜け出し遊び歩いたなぁ。
そんなアホな学生時代に寄り添ってくれていたこの曲。




機嫌が直った洗濯機でさっそくジャージを洗いながら
機嫌が直らないままの"彼女"を前に夜空を見上げる清志郎さんを想った。


奇しくも今日は忌野清志郎さんの命日。あの日から5年。

そして。この洗濯機を買ったのも5年前ー。

うん。
命をつないで、まだまだ使わせてもらうのです。


そして。
まだまだまだまだ。
生きていて欲しかった。清志郎さん。


あなたからは今の世の中がどんなふうに見えますか?





| ♪音楽 | COM(0) |
2013-06-24 (Mon)

週末。
久々に北の太陽が元気になったよ。

その日差しに誘われて、猫の額ほどの庭で始めたバーベキュー。
仕込んだお肉がどれも美味しくて楽しくてみんな笑顔で
青い空と吹き抜ける爽やかな風の気持ち良さ。広げた椅子の上で寝ころぶ心地良さ。

暮れゆく空に浮かぶスーパームーンを見上げながら
近頃の線香花火は全くの根性なしだね!と笑い合ったよ。

そんな休日のゆるゆるした余韻を引きずる週明け。
欠伸をかみ殺しながらPCに向き合い、ひと仕事終えてふと
ああ、スキマのことを書かなきゃなー書きたいなーと思い
もう一度あの記事を読み返そうと「音楽と人」を手に取ってみたよ。

ペラペラとページをめくっていたら
先日入籍とNINSHIINのことをつぶやいていたライターの上野さんのReview記事があり
なにげにふむふむと読み進めていくと・・・うごー!!!ビックリー!!!!
(今頃気が付くなんてぇーっ!!)

なんとっ!!
上野さんの入籍のお相手って!!!!!(超驚!!)
組み合せがちょっと意外すぎた!!(ジブンの中ではネ 笑)

ホント。
「人生って生きてると予想もしないことが起きます。子供かぁ」って本人が仰るとおりに
ただの一般人、音人の一読者のジブンでさえ、驚き以上に感慨深い気持ちが沸いてくるのでした。

お二人とは会ったことなんてもちろんないし
秦クンやスキマを通して、色んな記事の文章中に滲みでる人柄に親近感を抱きながら
多分こういう方なんだろうなぁと勝手に想像しているだけなのだけれど
なんかとってもいいな!!嬉しいな!!

結婚して子供を持つことって、人生が平面から立体に変わるくらいのボリュームだからきっと
これからもっともっと深みのある記事を書かれるんだろうなーって
それもすごく楽しみに思っているジブンです。

あ。
秦クン、きっとお祝いあげたよねー(笑)



金光編集長。
上野三樹さん。

本当に本当におめでとうございます!!


| ♪音楽 | COM(0) |
2012-01-30 (Mon)
何となく気になっていたから。

でも。
おととしのファーストアルバムは
さんざん迷って手に取ったCDを結局棚に戻しちゃったし。
エピソードだってまだ買ってないし。


でも、何となく気になっていたから。

ライブがあるって知ってチケットを取ってみたら。
あらまぁ。ビックリするくらい良い番号だったりして。

北では彼のファンって少ないの?なんて、ちょっと心配になってみたり。

ジブンだって知ってる曲はYoutubeで観ただけのほんの数曲なんだけど。


でもやっぱり、気になっていたから。


行ってきたよ!!

■星野源 エピソード発売記念ツアー「エピソード2以降」 
 ・2012年1月29日(日)OPEN16:00 START17:00
 ・札幌PENNYLANE24

hoshinogen.jpg





うん。

笑った。

和んだ。

和みすぎて眠くなりかけた(笑)

起承転結よろしく、最後は大盛り上がりで終わる。
そんなお決まりセオリーとは正反対なライブ。

だけど。
ゆるゆるとした雰囲気は、まるで彼のプライベートルームにいるような感覚で
まったりと、ゆったりと、えんえんと、源クンの歌に浸かるような
次第にココロがポカポカするライブだったよ。


源クン登場から「待ってました!」的なヒューヒューがすごかったなぁ。

なぁんだ。
こんなにファンがいっぱいいるんだ。待ち焦がれてんだ。って。
嬉しくなっちゃったなぁ。

大声で煽ったり、走り回って圧倒させなくっても
ただそこに源クンがいて歌うことで、ライブは成立しちゃうんだね。

キャパ500のペニーレーンはぎゅうぎゅう。
源クン。「もうちょっと前の方詰めてね」って、後ろのみんなに気を使ってくれてた。


そして至近距離の初めまして・源クン。

初心者マーク、いや、まだ仮免も取れてない
教習所ウロウロ中くらいの?源クンファンと呼べないくらいの何も知らないジブンが
こんな至近距離でライブを観るなんて、申し訳なかったりして(笑)


黒のTシャツに濃紺のカーデを羽織り、パンツも濃紺。
どれも着込んでこなれた肌触りよさそうな質感。
足元は茶の革のワークブーツ。

うん。
なんだかカッコイイ(笑)

で。
笑顔がとてつもなくやさしい。



そうそう。
28日が誕生日だったんだね!

でも、札幌行きの飛行機がなかなか飛ばなくて
あやうく空港で誕生日の夜を過ごすことになりそうだったみたい(笑)

来れてよかった!って、何度も言ってた(笑)


あと、何話してたかなぁ?
いっぱい話してくれて
そのたびに声を出して「わはは」といっぱい笑ったから
ライブ中はずーっと笑顔だったなぁ。ほっこりしたなぁ。


あ。
18歳くらいから、人生が始まった。なんて言ってた(笑)

18歳より前はロンゲだったんだって。
「宅八郎」みたいだったと(おたく?笑)

小学校の時に、ウ〇コをもらしてからは
あだ名が「ウ〇コ」になってしまって
早くこのあだ名が過ぎ去ってしまえばいいなー
その前が「原始人」だったけれど、その方がまだマシだったなー
その頃に戻れればいいなーと思っていたけれど
結局ずっと「ウ〇コ」のままだったなーって(笑)

人生が空白の時期があった。とも言っていた(笑)
小3の次は中3!みたいな。その空白期間は「人生なかったこと」にしたいらしい(笑)

それを聞いててね。
ジブンも小1の時に教室でおしっこもらしたことを思い出しちゃった(わはは笑)
中学時代の真っ黒に塗りつぶしたい頃のこともチラリよぎったりした(あらら笑)

そういうことを今では笑い飛ばして言える。
歌を唄ってみんなと共有できる時間を持てる。
色んな人のキモチを思いやったり、繋がったりできる。
大人になるってそういうことだよなぁって。ふと思ったよ。

だから大人になるのは、きっと素敵なことなんだよねって。改めて思えたよ。

源クンの優しさの素を、ちょっと覗いたような気がした。



でね。
ツアー初日のせいもあるのかな。

「くせのうた」で間違えて。
大笑いしながら、もう一回!と歌いなおして(笑)


アンコールの「未来」もコード進行を忘れちゃって。
ゴメンゴメンと、コードを確認してから、また歌いなおして(笑)


最後に、オレ間違ってばかりだったから、もう1曲ひとりで歌うわ!って
サポメンのみんなに「ありがとー」と下がってもらってから

「何の歌がいいかなー」と言ったらお客さんから「兄妹!」ってリクエストがあって
「ああ、兄妹、いいね。えーと」って、気さくに答えて

ラストに弾き語りで「兄妹」を歌ってくれたよ。



誕生日だから、あるお客さんがプレゼントを手渡ししたら
他のお客さんも「はい」「はい」って渡して
紙袋3つ持ったまま「ありがとー」って照れてた源クン。

「こんな時なんて言ったらいいの?
 サンキュー!って言えばいいの?」ってポーズを取っておどけていた源クン。

ベースの伊賀さんを
「伊賀ザイル」(エグザイル笑)って何度も茶化して笑いを誘っていた源クン。

北海道出身のみなさん、特に山口一郎クン、大泉洋クンとは
すごく仲良くしてもらって・・と他愛のないエピソードを話してくれた源クン。

あのドラマの裏話もこそこそ話してくれた源クン。

1曲歌うたびに
「どうもありがとー」って嬉しそうに言っていた源クン。



前回、札幌に来たのは昨年の3月10日。
ライブの翌日。FMの生放送の番組に出演していた時にあの震災が起きて。

スタジオで揺れを感じ、周りが慌ただしく動き出して
丁度大津波がやってきていたころにトークをしていたらしい。

次々とニュースで流れる津波の被害の映像を見ながら
それでもとりあえずは他愛のない話しで番組を進めざるを得なくて。

あの混乱の中で、みんなとなかなか連絡が取れなくて。

淋しくて不安な気持ちで過ごした1年前のあの日。

それでも今は、すこしずつだけれど、前へ進んでる気がするよね。って。


そんな話しをしたあとに
「くだらないの中に」を歌ってくれて。

あぁ。ホントだよなぁ。
毎日のささいなことが、本当はすごく大事で、幸せなことで。

くだらないの中に愛があって、人は笑うように生きるんだよなぁって。

ちょっと、ほろっときてしまったよ。


源クンの歌がみんなのココロに染み入る理由を
ひしひしと感じた、初めての源クンライブでした。



だから、あれからずーっと
「くだらないの中に」が頭の中をぐるぐるしている。


いいなぁ。

源クン(笑)



やっぱり。

アルバム。買おう!(笑)

(セトリ全然分かんなかったからなぁー笑)





| ♪音楽 | COM(0) |
2010-11-22 (Mon)
今月初め。
11月3日・4日に行った、AirG主催の「NOW&NEXT」ライブ。

1日目は高橋優。
2日目はゲスト出演のさかいゆうを見たくて行ったんだけれど。


2日目の事、まだ書いてなかったよー(笑)

なので。
今更ながらだけど
はるか彼方に消えていきかける記憶を、ぐいと引っ張り出して
ちらりとでも記しておきたいと思うのだ。



1日目は事前情報を全く仕入れてなかったので
まさかのハードロックをステージ真ん前で聴いてしまって
あやうく、モッシュダイブの波に呑まれるところ(笑)

危なかった。
耳もやられまくった(笑)

で。
これはやっぱり他の出演者も一応チェックしておくべきだと
2日目はネットであれこれ調べてみたのだ。

その中で気になったのが「チュール」という地元出身の2人組。
ボーカルの女の子の声がキュートでなおかつ力強くて
(チャットのボーカル・えっちゃんのような感じ)
おまけに歌詞も素直なココロが綴ってあって
ちょっと楽しみに、2番目に出演する彼らの時間帯を狙って行ったのだ。


うん。
ライブ。
すごく良かった!

特にこの曲がホントイイ。歌詞がイイ。
出だしのワンフレーズが「あれ?ジブンのこと?」なんて思ってしまったくらい。
10~20代の女子なんて特に共感できるんじゃーないかな。
PVもすごくいいよ。

チュール「やさしさを考えてみる」


「やさしさを考えてみる」
作詞:酒井由里絵 作曲:酒井由里絵

何もかも嫌になった 部屋は散らかるし 肌は荒れるし
なんか、だらしない人みたいだ
何もかも好きになって 人を許せたら 強くなれたら
きっと綺麗でいられるんだろうに

未熟な私は片付けられなくて 自分のことすら上手く守れない
もっと優しい言葉あったのかもしれない こんな生き方を誰か正しいと言って

誰だって下を向いて 冴えない気持ちを 苦しいものを
一つも言えずに黙っているのに
誰一人叫ぶなって言われたとしても 私は叫ぶの
そんなところがいけないんだろうね

子供な私は大人になれなくて 自分のことすらまだ解ってない
ずっと大事な人を泣かせたかもしれない こんな生き方を誰か欲しいと言って

まだ上手に生きられない
素直にもなれない、可愛げもない。
これが私だけど…

何もかも好きになって 人を許せたら 強くなれたら…
いつか綺麗になれるように

未熟な私は片付けられなくて 自分のことすら上手く守れない
でも傷付いたことが良かったと言えるのは
こんな私にも 守りたいものがあるから

いつもあなたのことを ずっと優しさで包んで
どうかあなたがいつも ずっと優しく包まれて


チュールチュール プロフィール



そうかぁ。
チュールも狸小路での路上でやってたんだね。



この間、ジブンがよく行くあるお店の女の子と話していたら
(その子も2年位前には狸小路でアコギの2人組で唄っていたらしい)

「特ダネの小倉さんが“ひいらぎ”を紹介してましたよね!」っていう話題が出たので
「高橋優クンも知ってる?」と聞いたら
「知ってますよ~。すごい熱いライブをしてましたよ~。
もうあの頃は、ひいらぎも優さんも他の人たちとは別格で、ちゃんと定位置があって
週末にはすごいファンの子達が集まってたんですよー」と教えてくれたので

「高橋優クン、今すごいよね!」と言うと
「え?そうなんですか?いつの間にかいなくなったから
優さんどこに行っちゃったんだろう?やめちゃったのかなって友達と話してたんですよー」と。

なので。
今の彼の活躍ぶりを言うとすごいびっくりしていた!(笑)
当時はメガネはかけてなかったらしいよ。


なんかね。
そんな話を聞いたりすると
狸小路はなんだかすごいんだなーと。
今も頑張ってる人たちがいっぱいいるんだよなーと。

このチュールも、飛躍していって欲しい!って切に願うのです。


HPの彼女のブログを読むと、飾らない真っ新な言葉が並んでいて
読んでるとそれだけで優しい気持ちになれる。

歌が誰かに届くその一瞬一瞬を、そのひとりひとりを
すごく大事に思って感謝しているのが伝わってくる。

売れたいとか、大きな舞台で唄いたいじゃなくて
とにかく聴いてくれる人へのありがとうを、いつもココロに持ってるんだよね。

そういう気持ちで唄っていれば
絶対多くの人に、遠くの人にも、歌は届くと思う。

あ。
この間ステラプレイスのHMVでインストアがあったみたい。

うんうん。
道産子ミュージシャン。頑張って欲しい!



あ。
あの日の3組目に出たバンドのボーカルの方も帯広出身の道産子。
ほたる日和は、車のCMを唄ってたんだよね。
テレビからこの曲が流れてきて、いいなーと思ってた。

このバンドの時は、中央のすごくいい位置に立っていたので
ボーカルの方と何度も目があって何だか照れ臭かった(笑)

ほたる日和「季節はずっと」





それにしても。
誰かを聴きたくてライブに行ったのに
他のアーティストを気になってしまうってこと。あるよなぁ。
(中田クンなんて正しくそういう出会いだった!)


特に。
地元出身の人には、頑張って欲しいもん。



デビューしても、それからが本当の茨の道なわけで

いい声だね、いい歌だね、ってだけでは、笑顔で素通りされてしまうわけで

CDを買う・ライブに行くっていう行為って
ライトファンにとってみれば、意外とハードルが高かったりするわけで

ファンだった人がいつの間にか、他のアーティストにココロ奪われてしまうこともあるわけで

唄うって、届けるって、本当に本当に難しいことだよなぁと
音楽をあれこれ聞いてきてしみじみ思うのです。



うん。
とにかくジブンはこれからも好きなアーティストを応援する。

頑張ってる人に「ガンバレ」しか言えないけど、ココロから応援する。


だって。
音楽ってやっぱり生きていくうえで大事な宝物だ。

キミの歌がやっぱりどうしても必要なんだ。



だから。

みんな。

ガンバレー!!



| ♪音楽 | COM(0) |
2010-10-31 (Sun)
いやー。
どうしたジブン。
どうしたブログ。

頭の隅に「義務感」という文字さえちらつくような(笑)


なんか。
書きたいこともないわけじゃないけど。
普段のつぶやきで、ちいさな欲求は解消していくわけで。

おそるべし。Twitter。


こうして人々は、簡便な方へと流れていくのでせうか?(笑)



いや。
特に主張したい!書きたい!ということも
きっとないんだろうと。そう思う。

書かなきゃ言わなきゃという
ブログを始めたころの追い立てられるような切実さは
今はすでにないもんなぁ。

ブレーキが効かないほどの走り出す止めようのない気持ち。
あまりにもカワイイというか。すでに懐かしいというか(笑)






そうそう。
この間の「僕音」で、KAN×秦基博「まゆみ」を聞いてから
頭の中ではこの曲がぐるぐるとして、離れなくなって
KANの歌をちょっとずつダウンロードしちゃったりしてる。

KANってさ。
「愛は勝つ」のイメージしかなかったの。
蝶ネクタイをしたボクが、元気にピアノを弾いて歌うっていう。
タイアップのテレビ番組が苦手だったせいもあるのかな。

なぁんか。
KANって、好きじゃないなーと、ずーっとずっと思ってた。


でも、今回僕音で聞いて、興味を持って
KANのプロフィールを調べたり、ほかの曲を聴いたりしていたら
「なんでもっと早くキチンと聴かなかったんだろうー」と
ちょっと後悔したなぁ。
昔のジブンが残念に思えたなぁ。

クラシックをずっとやっていたKANのピアノの音色の豊かさ。
澄んだ水の流れのように清らかで、カラダの細胞がみずみずしくなるような感覚。
ピアノを聴いているだけでも、なんだかとっても癒されるんだよね。

シンプルな歌詞だけれど、普通の生活の中の一等大事にしたい気持ちがぎゅっと詰まってる。

ある意味、普通の暮らしのぬくもりが大切なんだと思えるようになった今だからこそ
KANの歌もすっと染み入るんじゃないかなって、そう思ったりする。

以前は、普通の暮らしにあまり目を向けなかったからね。
普通の人にはなりたくなかったもん。

だけど、普通を積み重ねていくことが
ホントは一番難しくて、一番大事で、一番尊いんだと
回り道して、ここ何年間で、ようやく気付けたんだ。

KANの温かな気持ちを唄う曲たちは
今ようやくジブンにもしっくりくるようになったんだ。



KAN「よければ一緒に」





今は、この曲が、一番のお気に入り。



うん。
秦クンもさ。
アイを唄うなら、今度はこんな風に唄ってくれたら最高だなぁ。

アイは日常に普通にあるもの。
毎日食べる白いご飯のようなもの。
パンもパスタも食べるけど、うどんもお蕎麦も好きだけど
やっぱり、おにぎりのようにギュッとあったかさを握りしめ
いつもどんな時もそばにある、普通だけど一等大事なもの。

大げさに歌い上げるから、ちょっと引いちゃったのかもなぁって
今更ながら、思ったりする(笑)

いや。
具沢山の炊き込みご飯も、たまには豪華でいいけどね。



白いご飯と、お漬物と、お味噌汁だけで
ジブンはもういいかな。

普通が一番。



あ。
たまには、たらこも!!(笑)






| ♪音楽 | COM(0) |
2010-10-24 (Sun)

ちらりと情報は耳にしていたけれど。
こんなすごいことになっていたとは!!!!!!



★コンサドーレ札幌公式サポートソングオーディション「Let's Rock!」2011

◆このたび、『コンサドーレ札幌 サポートソングオーディション「Let's Rock!」2011』を実施することとなりました。当オーディションは北海道のインディーズミュージシャンからコンサドーレ札幌を応援する楽曲を募集し、採用楽曲を2011シーズンの公式サポートソングにするというものです。審査員は北海道出身の豪華トップミュージシャンと北海道民! あなたの歌が北海道を揺さぶる。是非、ご応募ください。

☆コンサドーレ札幌サポートソングオーディション「Let's Rock!」2011

■主 催: (株)北海道フットボールクラブ、株式会社カムイレコード
■特別審査員:(1次)
 ・上田健司(カムイレコード代表取締役)、
 ・曽田雄志(コンサドーレ札幌アドバイザリースタッフ)、
 ・TAKURO(GLAY)・増子直純(怒髪天)
 ・草刈愛美(サカナクション)
 ・山本博之(マウントアライブ代表取締役)
 ・村田雅宏(WESS)

※1次審査通過後、Webによる一般投票(2次審査)。最終審査は「2011コンサドーレ札幌キックオフイベント」でのライブステージを予定。

☆ 募集要項 ☆
■募集期間: 2010年10月 1日 ~ 12月19日

■審査について:
【1次審査】特別審査員による審査を行い、2次審査に進む5組を選出します。
【2次審査】1次審査を通過した5組の楽曲を公式Webサイトにアップロード、
      Webによる投票を行います。
【最終審査】
 2011年1月に行われる、コンサドーレ札幌ファン感謝祭にて最終5組のライブステージ
 2次審査の票と、当日のサポーターの票を合わせて採用楽曲を決定します。

■応募資格:
○北海道在住のインディーズバンド(ソロも可) ※ジャンル不問
○特定のレコードメーカー、プロダクションおよび音楽出版社との契約がある方はご遠慮ください。

■応募方法:
 専用Webページより代表者の氏名・性別・年齢・電話番号、バンドプロフィールをフォームに記入し、楽曲データファイル(MP3形式/5MBまで)を添付してエントリーして下さい。
*書類審査はありません。
*最終審査通過者は、デビューに向けて㈱カムイレコードのサポートを受けることが出来ます。

■注意事項:
・応募後の審査状況や選考結果に関するお問い合わせには応じておりません。
・エントリーが確認できない場合、オーディションに参加することはできません。
(直接の面接などは一切応じておりません。)
・最終審査を行う会場は、札幌ドームになります。
・最終審査の際の交通費は各自ご負担ください。
・未成年が応募する場合、保護者の同意が必要です。
・審査結果は通過者のみにご連絡させていただきます。
・通過者は、デビューに向けて㈱カムイレコードのサポートを受けることが出来ます。

■応募フォーム: http://www.consadole-sapporo.jp/audition/




いやー。
なにがすごいって。
特別審査員の方々でしょ!

GLAYのTAKUROさんに、今をときめくサカナクション!
マウントアライブ、WESSと、北海道の音楽を支える方々。
そして、ウエケンこと上田健司さん。カムイレコードを立ち上げたんだ。

最近はさ。
サカナは武道館ライブを成功させて、今すごく勢いがあるし
狸小路の路上ライブからの高橋優、ひいらぎなどなど、
北海道に縁のある人、道産子が、かなり頑張ってる!って思うんだよね。

その次を担うインディーズミュージシャンは誰か!?
すっごく興味があるぞよ!!

うん。
ぜひここから飛び出してほしいミュージシャンもいるし!


これからどんな音を奏でる、元気あふれるミュージシャンが選ばれるのか
すっごく期待しながら見守っていきたいなぁ。


ガンバレ!
道産子ミュージシャン!!





そして。
コンサドーレも、頑張ってくれー!!!!(切実 笑)









| ♪音楽 | COM(0) |
2010-04-12 (Mon)
ライブって、文字通り「生きている」ものだから。
お天気と同じように、晴れの日もあれば、くもりや雨の日もある。

今日は、なんだか向かい風が強いなぁー。キツイなぁ。と思う日も。
前に出て唄わなきゃいけない。そういう日もあるだろう。
特にフリーライブなんかは、そんな日の方が多いのかも知れない。

だから。
晴れの日の出会いや、日差しの温もりのようなあったかい言葉が、大きなチカラになるのかな。
うん。なっていて欲しい。

頑張っている人に「頑張ってください」という言葉しか掛けれないジブンは
ホントにちっとも大した役に立たないヤツだけれど。
握手したその手に、ギュッと力いっぱいの想いを込めることしか出来ないけれど。

明日は晴れますように。
それこそ、自ら「晴れ」をぐいぐい引き寄せられるように。
ココロの中でFlagを振り続けてるかんね。

なぁんて。
思いながら。唄を聴きながら。
なんとなく眠れずに、夜は更けていくのである。

てか。
どんな時も弱さを見せない(見せたくない)その強がる姿に
ジブンこそ頑張らねば!負けないぞ!と、逆に元気をもらったりしているという。
しょーもないジブンなのでありまする。


明日はぜってーに、晴れるぞ!(笑)




| ♪音楽 | COM(1) |
2010-01-25 (Mon)


ホテル暮らしも3日目を迎えております(笑)

いやー。
毎晩寝たような寝れないような。

でもって。
居酒屋やら焼肉やら、ご馳走尽くしの夕食。

なんだか太りそうだぜ!(笑)



そんな中。
携帯でチェックして「おー!!!」とビックリしたこと。

昨日のスキマスイッチツアー@中標津。

Wアンコールで「奏」を唄ったんだって!!!!

うらやましー!
うらやましすぐるー!

やっぱりね。
中標津ではきっと何かがあるだろうって思ってたけど。
Wアンコール!おまけに奏!
キャパも1000くらいの会場だし。
行きたかったなぁ。ホント。羨ましい。。。


あ。
行きたかったと言えば。
昨日は、中田雅史クンの京都ワンマンライブ!
これも。行きたかったのだよ。ホントに。
開演時間をやっぱり気にしてたもんね。焼肉食べながら。←オイ(笑)

今年は。きっと中田クンはすごいことになると確信してるからね。
それを考えると、もうドキドキが止まらなくて。
あーなるかも!こーなるかも!まさかこんなことになるかも!!!

アホみたいに、ひとりで想像妄想にココロが乱れてしまったりする(笑)

でも!
飛躍していくんだ!
っていうか。そうなるべき人だよね!って思うから。
今年はさらに応援していきたいなーと思ってる!



で。
ホントにね。
かなり遠ざかってるのが、秦もっちゃん(笑)

テレビ全く見れてませんからー。
僕音もMJも見れてませんからー。

でも、見なくてもアワアワしない。なぜか(笑)

だって。
秦基博とは、もう揺るぎない関係となっているからさ。←あはは(笑)
後で、録画しているのを見るつもりだよ。慌てなくてもそれで大丈夫。

心配なんかもうしなくてもいいよね。
秦もっちゃんは、秦もっちゃんのペースで、彼の音楽の世界を築いてってるのだもんね。

ジブンも。
ジブンのペースで彼の音楽に浸る。それでいーんだ。うん。





さて。
もうひと仕事したら。母のところにでも寄らなきゃ。

あ。
先日、退院しました。

でも。
しばらくは病院通いというか。
ひとりで外に出るのもままならないので・・・これはこれで大変だなぁ。
正直。病院に入院していてくれたほうが、安心なのだけれど。
今時の病院は、さっさと退院させられちゃうからね。

仕方ないか。
とにかく。元気になって欲しい。





そして。
ジブンも元気で頑張ります!!!


てなわけで。
色んな音楽に助けられながら。ココロ震わせながら。
今日も明日も前に進んでいきますっ!おー!!!!(笑)


| ♪音楽 | COM(2) |
2010-01-16 (Sat)


AND秦@F.A.D YOKOHAMA

当選した人っているの?(笑)

ちらっと、メグってきたけど。
だーれも見当たらなかったよ(笑)

友達からも、ガッカリメールしか着てないよ。


あ。
ジブン?

もちろん。
みんなといつでも仲良しこよし!

「落選」通知まで仲良しこよし!(笑)


約2年前のF.A.Dライブも。
チケット争奪戦がすごかったけど。
もう今回は完全なるプラチナだよね。

一般なんて、かする気すらしない(笑)

こうなってくると。
F.A.Dでやるという意味を見失いそう(笑)

せっかく選ばれた共演者だって。
どうせなら、もっとたくさんのお客さんに聞いてほしいはずだよなぁ。。



・・・・・・と。
落選者の嘆きでした。わはは。はは。はぁー(涙)






で。
気分を少し変えて。←どよーん(泣)

今日の夕方の北海道ローカル番組「どさんこワイド179」

「全国デビュー後、所属する事務所が倒産。
どん底から這い上がるどさんこアーティスト、元気企画のテーマ曲をスタジオで!」

こんな新聞の見出しのもと。
ミトさんがテレビ生出演で、生歌を唄ってくれたよ!


「北海道元気プロジェクト」のテーマ曲を担当したミトさん。
ドキュメンタリーで様々な角度からミトさんを紹介していたよ。

昨年末のイオンでのフリーライブ模様に、しっかり映りこんでいるジブンと友達。
かろうじて小さめだったから、気づく人もいなかったと思うけど(笑)

東京でのミトさんの生活も映し出されていた。
ごくフツーの2階建1DKアパート。
近くのスーパーで閉店間際に買った半額シールのついた惣菜やお刺身。
昨日炊いたご飯と手作り味噌汁での夕食。

インタビューでは
「東京に出てきて、勝ってると思います?それとも負け組だと思います?」
なんて、シビアな質問までされていて。

「・・・・負けてはいないと思う。
圧勝ではないけど、6:4で勝ってると思う」ってミトさんは答えていた。


所属する事務所がないフリーの立場。
ライブなどで売るCDの売上が貴重な収入源。

どの切り口から迫っても、見ていて切ない気持ちになった。

でもさ。
こうして、地元の番組でテーマソングに起用されて。
フリーライブでも沢山の初聴きの人が、思わずCDを買い求めていて。
「明日のライブも予約しましたよ。こんなことするの初めてです」って
年配の男性がインタビューに答えていたりして。

伝えるチカラはこんなにもあるのに。
やっぱり事務所に所属しているかどうかで(特に大手の事務所かどうかで)
タイアップや露出が多くなり、ある程度は売れるという現実に胸が苦しくなる。

そして。
やっぱり中田クンのことも、ぐるぐると思いがメグってしまう。


「夢」って。
どうすれば、手に入るんだろうね。

ガムシャラにがんばっても、空回りしている感覚しかなかったり。
うまく前に進んでると思っていたら、ストンと振り出しに戻ってしまったり。
とにかく精一杯、目の前のお客さんへ声の限りに伝えるしかなくて。

ジブンはとにかく「ガンバレー!」と応援することしか出来ないけど。

ミトさんも。
中田クンも。
今年はバーンと飛躍していくんだぞー!と。
強く強く願っているのだ。うん。




あ。
ジブンも。頑張んなきゃ(笑)


ジブンも。いっぱいいっぱいだったわ(笑)


まだ。
「アイ」を迎えに行ってないし。
明日も行けそうにないし。←あらら(笑)

それでも、オリコン初登場4位だもんね!
ジブンが焦らなくたって、別に全然大丈夫なわけで。
チケットだって簡単に取れないくらいのアーティストになっちゃったんだしね。

ゆったりと、行ける時に行けばいいさと。
ゆるやかな距離間で秦クンを眺めてる(笑)

で。
ブログパーツをなにげに聴いてる(笑)




♪くじけそうな時でも 夢あきらめないで
 いつの日か いつの日にか
 叶えられると 信じて

ミトさんの「Identity」の歌詞。
自分が作った歌に、逆に励まされると言っていた。←某クマ博も同じ事言ってたネ。。



とにかく。
道産子アーティスト。
応援していくぞー。ガンバレー。



あ。
次は、このコーナーで中田雅史クンを取り上げてほしい!!


STV!! ぜひお願いしまーす!!



| ♪音楽 | COM(2) |
2009-12-28 (Mon)


場所が分かりずらくて、焦りながらもやっと辿りついた(笑)

CA6IYEU5.jpg



狭いビルの階段を登っていった2Fにある「カーテンコール」
ライブスペースとアメリカンなパブの雰囲気が調和した居心地のよいお店。

ミトさんのいつもの赤のキーボードが目の前のテーブルに、友達と座る。
前回のワンマン同様、すごく近い(笑)

17時を少し過ぎた時間に、ミトさん登場!
ストライプの入ったグレーのスーツ&黒のラメ入りストライプの帽子!

インストアの時はパーカーやダボっとしたジーンズとかが多いけれど
こういう格好の方が断然男っぽくてステキだ。


今年の唄い納めのライブということで、ミトさんは気合十分!
そして唄声もいつもよりもなおの大迫力!!

今まで聴いたミトさんのライブで一番の唄声だ!って思った!

高音の張り上げ突き抜ける唄声。
いつもならファルセットで唄う部分も
この日は地声でフォルテシモ!!!

そして。
その唄声と合わせて、ピアノもフォルテシモ!!!


すんごいよ!!

ピアノも一緒に唄ってるんだもん!!


おまけにね。
間奏のピアノソロの跳ねるようなリズム感。

もう、ここでジブンも一緒に跳ねちゃってたんですけど(笑)

自然とカラダがピアノと一緒にリズムを取って
ミトさんが唄い出すと一緒に口ずさんで。


ミトさんの作り出すメロディーは
リスペクトしているブラックミュージックやジャズなどの要素がふんだんに盛り込まれていて
ソウルフルな歌声と高らかに鳴るピアノの音色がセッションしているような感じ。


本当にね。
唄声もピアノもファンキーで素晴らしい!


ライブの終盤では、大大大好きな「キミがいれば」で大盛り上がり。
この曲は、FM34曲のパワープレイを獲得した超ポップな曲で
ジブンが初めてミトさんという存在を知った曲でもある。

サビの部分で「フー!!」と掛け声を入れちゃうし。
スタンディングで気持ちよく唄って踊れた!



その後のバラードが、またまた圧倒的なチカラを放射している唄とピアノ。

特にね。
ラストの「いかないで」
この曲は正直、アルバムでは軽く聴き流している感じだったんだけど

この日は、畳み掛けるようなピアノの演奏と
地声で高く高く張り上げるフォルテシモな唄声に
ぐいぐい気持ちを惹きつけられてしまった。

なんかね。
「大人だなー」と思った(笑)

いや。
ミトさんは、ジブンより年下なんだけどね(笑)
歌の世界が、大人の濃い恋愛なんだよね。
切なくてヒリヒリしてどうしようもないほどの「いかないで」

唄い終えた後は、友達と「ほーっ。。」と熱いため息が出てしまったほど。

ライブで「化ける」曲ってあるけれど
この日聴いた「いかないで」は、ジブンが持っていたこの歌のイメージを完全に覆し
より奥深く立体的に"情景が見える"歌へと変わったのだった。
なんだか、特別な1曲になった感じ。


CIMG0185.jpg






アンコールで再登場したミトさん。

会場みーんなスタンディングで、ミトさんもキーボードの前に出てきて
目の前でミトさんも!みんなも!躍って!!

ミトさんのスキャットの会場との掛け合い!!(お約束らしい笑)


すーーーっごい楽しかった!!!
あまりにタイトで激しいリズム感に口がついていかなくて(笑)
それがまた可笑しくてワクワクして気持ちがハイになっていったのだ。



で。
最後は、こうして唄えること。みんなの支えがあること。
感謝の気持ちをこめて「39(サンキュー)」


ありがとう で始まる歌詞。

「僕の声で この歌にのせて 心込めて今 ありがとう」


ありがとうのコトバの意味を、何度も噛みしめながら聴いた「39」


なんかね。
本当にこの日のミトさんの歌とピアノは最強最高だった!
前回よりも数段パワーアップしたと思う!


来年は2月の雪祭りの頃に、またやってきてくれるとのこと。
やっぱりね。「札幌後援会」が出来たことがライブに繋がっていってるんだよね。

だって。
2年前にミトさんを知って、ライブに行きたいってずっと思っていたけれど
地元なのにインストアさえほとんどなかったんだもん。

それが、今年の秋に後援会が発足してからは
ひんぱんに札幌に来てくれるようになった。
すごいなぁ。本当にありがたいことです。


東京に出て6年。
向こうのファンの方のほうが多いくらいだけれど
(今回も東京からやってきた方々と同席して仲良くなったよ)
これから北海道でもじわじわと人気が上がっていくこと間違いなし!と思ったよ。


とにかく。
歌とピアノの迫力をぜひライブで体ごと感じて欲しいミュージシャンです!


■ミトカツユキ Sappro Last Live!!2009
日時:2009年12月27日(日)
場所:中央区南3西4 浅野ビル2F カーテンコール
時間:Open 16:30 Start 17:00

・セットリスト
①On Sunday Morning
②悲しみの向こう側
③足跡
④ミトカツユキメドレー(5曲ぐらい?)
⑤Identity
⑥Come back to me again(新曲)
⑦Crew on the earth
⑧キミがいれば
⑨終止符
⑩いかないで
~アンコール~
⑪Bad
⑫39





<追記>
またもや、MCの部分が全く書いてないっ!(笑)

いや。いつもはね。
話ししている半分もキチンと聞き取れなかったりするから(特に秦クンはね笑)
必然的にMCは書けなかったりするんだけど(笑)

ミトさんの話しはなぜかすごく聞きやすくて
うんうんと耳を傾けてしまえたんだよね。


で。
大爆笑したのが下ネタで(笑)

今回は22日から札幌入りして、ライブやテレビやラジオ出演で大忙し。

クリスマスイブイブも、翌朝早くにテレビ出演なので(のりゆきのトークDE北海道笑)
早めに寝ようと、0時ごろにベッドに入るミトさん。

すると。
隣の部屋から、愛の営みのあの声が聞こえてきて。←クリスマスだね(笑)
この声がなかなか長かったらしく
「まだ終わらないのかー」「早く終われー」と
悶々と眠れない夜を過ごしたらしい(笑)

で。
その悶々とした気持ちのまま、翌朝のテレビ出演で生歌を唄ったんだって↓

100.jpg
※UHB のりゆきのトークDE北海道





もうね。
会場中が大爆笑!!!!

お客さんもね。
ミトさんと同年代~少し上の世代ばかりだからね。
こんな話しもさらっと笑って楽しめて。

歌になると。
弾ける時はバーンと弾ける!
聴かせる時はガッツリ泣かせられる!

大人たちが集う大人のライブって感じがしたよ。

本当に楽しかった!すごかった!


そうそう。
ライブ前のCD販売では、音楽処の石川さんが張り切って
「いかがですかー?」と勧めていたよ。

ちなみに、新千歳空港での秦クンのライブでも
音楽処がCD販売をやっていた。

オーガスタアーティストも慕う音楽処・石川さん。
やっぱり北海道に来るミュージシャンのお母さん的存在だ!




さて。ミトさんは。
今年のライブ納めも終わり、故郷の白老に帰っているのかな?
ゆっくり充電して、来年も頑張って欲しいです!!


ミトさん。
札幌後援会の方々。
一緒に楽しんでくれたCrewの皆様。
本当に今年最後のライブは熱くて弾けて楽しかったです!


ありがとう!39!!!







| ♪音楽 | COM(0) |
2009-12-27 (Sun)

昨日はねー。
お昼ごはんを食べた後、滑り込みセーフで観に行ってきた。


CATSJR2M.jpg




14時5分前に到着したら
友達が一番前に座っていて、その横がなぜか空いていた!

なので。
5分前なのに一番前(笑)

友達はリハから聴いていて
「すっごいよかったよ~」と感激の面持ちだった。

多分、リハの唄声に引き寄せられたのか
椅子50席ほどはお客さんで埋め尽くされ(でも1番前の1席が開いていた・・笑)
後ろも横も、立ち見のお客さん達が今か今かと始まるのを待っていた。


14時になってミトさん登場!

やっぱりグランドピアノの音はいい!
唄声の迫力も物凄い!

唄い始めると、どんどんお客さんが集まってきて。
横に立っていた小さな女の子も踊りだしたりして。

このイオンはお客さんの入りも札幌で一番?かなと思うほど良いから
たくさんの人達に聴いてもらうにはもってこいの場所だし

音もね。
ショッピングモールで吹き抜けのある空間だけど
変な反響や残響とかもなくて、すごく聴きやすくていいなぁと思った。

ion.jpg




ライブが終わった後のCD販売は、長蛇の列でビックリ!
それだけミトさんの歌がみんなを惹きつけたんだねー!と何だか嬉しくて
友達と小さくパチパチ拍手してしまっていた。


持っていないCDを買おうかなーと待っていたけれど
列は一向に途切れる様子がなく、結局かなり経ってやっと買うことが出来た。
ミトさんは相変わらずの優しい笑顔だった。



その後、2部の16時~もしっかり聴いてきたよ!

ion2.jpg



テレビ(道産子ワイド笑)も入っていたので
友達と「また映ったらどうしようー!」と焦る(笑)

最後は「キミがいれば」で盛り上がったなぁー!


2部のライブ後、先ほど買ったCDを持って話をしていたら
見知らぬ女性が「CDってお幾らぐらいするんですか?」と声をかけてきた。

買おうかどうしようか、迷っている風だったので
「これは1500円ですよ。色々ありますから、見てみてください!ぜひ!」と
スタッフのようにお勧めしてしまった(笑)


いや。ホント。
CDの売れ行きがすごかった!

さすがミトさん!
本当にパワフルな唄声とピアノの演奏!
初めて聴いて思わずCDを買ってしまった!っていう感じの人が多かったね。


■12月26日(土)
ミトカツユキ インストアライブ
場所:イオン札幌発寒ショッピンッグセンター1F「すずらん広場」
時間:14:00・16:00(2ステージ)

・セットリスト
*1部 14:00~
①Amazing Grace
②GO GOピアノバカ
③何をしてますか
④足跡
⑤奇跡 ~大きな愛のように~

*2部 16:00~
①39
②会いたくて
③あの鐘を鳴らすのはあなた
④Identity
⑤キミがいれば



そして。
今夜はミトさんのライブですっ。

17時からだから、早めに家を出なくては!

正直ね。
秦クンや中田クンにココロを奪われていて(笑)
ミトさんの歌は最近全く聴いていなかったんだけど。

昨日のインストアで、ちょっと目を覚まされた感じかな。

今年最後のライブはミトさん。
きっと最後にふさわしい弾けたライブになると思うので
友達とうーんと楽しんできまーす!!!!



| ♪音楽 | COM(0) |
2009-10-19 (Mon)
 

「寒い冬にあたたかなスイートココアが飲みたくなるように
寒い冬には甘い声の男性ボーカルが聴きたい」


『Sweet Voices - Gentle Boyfriends』
300.jpg



12月2日に発売になるこのCD。

甘い声の男性ボーカリストたちの
新旧極上な楽曲を集めたコンピレーションCDなんだって!! ⇒ BARKS

秦クンのあの名曲が収録!


正直。
秦クンとキリンジ以外のアーティストは
ほとんど聴いた事がなくて、全然わかんないんだけど。



これ。
ぜひ聴いてみたい。




| ♪音楽 | COM(4) |
2009-10-15 (Thu)
寒くなった。

この2日くらいで
山の色合いが一気に賑やかになった。

シンと冷たくなった空気は
雪が降る一歩手前の枯れ草のような匂いがする。

これから
太陽の光も鈍くなって
吹きつける北風が身を切るようで
そのうち、みぞれなんかが混じりだしたりするんだ。

雪が降り積もったら、温かくなるのにな。

真冬へのシフトチェンジの今の季節が
一番苦手だな。辛いな。


毎年11月は、体を丸め小さくなって
落ち葉が舞う吹きさらしの北風に背中を押されながら
早く早く。雪よ積もってよ。温かくなってよ。

なんて思ってる。

こんな感覚。
きっと北国の人じゃないと分かんないかもね。


雪は冷たいけど。温かい。なんてね。


クローゼットもすっかり冬支度に変わったし。
玄関には色んな背丈のブーツが並んでる。

朝晩は暖房をちょっと入れたりなんかして。
ぬくぬくの湯気と柔らかな香りの紅茶に癒されたりなんかして。


あとは。
音楽にゆっくり浸れば幸せだ。



でね。
最近。
毎日。朝昼晩。
ずーっと聴いているのがミトカツユキさんなんだよね。

ちょうど1週間前にワンマンライブがあって。
あれから、ミトさん以外は聴いてないんじゃないか?と思うくらい
いつも頭の中はミトさんの唄声が鳴り響いている。


やっぱり。
ライブってさ。すごいよね。

今までCDで何気なく聞き流していた曲も
ライブに行った後では立体的に奥行きも広がって
全く違った印象に変わるから不思議だよね。

気に止めることのなかった息づかいやシャウトや言葉のクセや
様々な彼独特のひとつひとつに、気持ちが引っかかって引き込まれていく。

何度聴いても飽きないし
何度聴いてもココロが震える。

ジブンの内で、歌がどんどん育っていく。


ミトカツユキさん。
ぜひぜひ。生で。ライブで。聴いて欲しいアーティストです!



ピアノの弾き語りが胸に沁みるよー。




なので。
今日はスキマの新曲発売だったのに
まだお店にお迎えに行ってない(笑)

スキマ出演のテレビ番組は
あれもこれも予約は入れているんだけれど。
なんとなくまだ見ようという気持ちにはなれず
ミトさんばかり聴いてる。あー。どうしたことか(笑)



そんな中。
今日は仕事中に秦クンを聴いた。

実は。
秦クンに関しては。
ライブも好きだけど
それ以上に、CDで聴くのも大好きだったりする(笑)

以前も書いたけれど。
ライブだと、どうしても彼の視線や周りのオーディエンスの動きとかに
気持ちをかき乱されたりすることが多いんだよね。


冨田さんが
「秦クンの声にはたくさんの情報が詰め込まれている」と言っていたけれど。

それを取りこぼすことなく受け止められるのが
ひとりでCDを聴く時だよなぁと。しみじみ思う。


だってね。
いまだに「シンクロ」を聴くと
デビュー時の「これからやるんだ!」という高揚感と
不安と期待がないまぜになった感情が、秦クンの若い声から感じ取れて。

その、擦れた切なさに
いつも泣きたいような気持ちが覆いかぶさって苦しくなる。

ライブで聴く「シンクロ」は
ブライトなのになぁ。おかしいよね。


そんなこんなを感じつつ。
また次に聴くのはミトさんで(笑)


音楽の海に溺れそうになる。
そんな晩秋だ。


夜は長いぞ。
今日もどっぷり深海まで
望んで沈んでやろう。



ブクブクブクブク・・・・・・・・・・・・。




| ♪音楽 | COM(0) |
2009-10-08 (Thu)

行ってきた!!↓

mito091007a.jpg

ミトさんのワンマンライブ。

思い返せば
ミトさんを知ったのが約2年前。07年12月。

「インターネット音楽祭」のベストボーカル賞に秦クンがノミネートされ
その授賞式の模様をFMで聞いていた時のことだった。

秦クンは予想通りの受賞で「鱗」を熱唱。

その前後だったか。
地方の各FM局が選ぶベストミュージックで
AIR-G'賞を ミトさんが受賞したのだ。

受賞曲「キミがいれば」は全国34局のパワープレイを獲得していて
ラジオから初めて聴いたそのパワフルな唄声と音楽に
「地元出身でこんなスゴイ人がいるんだ!」と驚いた。
どんな人なんだろう?もっと聴きたい!と思った。

それからは
彼のHPをちょくちょく覗いたり、CDを聴いたりしながら
「ライブに行ってみたいなー。」と思っていたのだけれど
東京に軸足を移してしまっているミトさんのライブは
札幌ではなかなか実現しなかった。


そして。
今年の8月。
豊島園のビアガーデンで。
初めて!やっと!フリーライブを聴く事が出来た。嬉しかった。

けれど。
酔客の嬌声が響く中でのライブは
複雑な気持ちをジブンの中にもたらしてしまい
真っさらな感覚で彼の唄声を受け止めることは難しかった。
それが悔しかった。


だから。

札幌ワンマンの決定は本当に嬉しかった!

後援会発足もココロ強いなーと思った!




ライブの5日位前だったかな。
見慣れない携帯ナンバーから電話があった。

普段なら、知らないナンバーは出ないのだけれど
この時はなぜか「出てみよう」という気になった。

相手はミトさんのスタッフの方だった。

ライブチケットはHPから申し込み、一応受信済のメールが着たので
特に何も心配はしていなかったのだけれど

スタッフさんは「連絡が遅くなってすみません」と
「受付致しましたので、ライブでお待ちしています!」とわざわざ連絡をくださったのだ。

その細やかな心遣いにココロが温かくなった。

ミトさんだけではなく
スタッフさんもこのライブに対する想いが深くて熱いんだと
そう思っただけでジブンもすごく嬉しくなった。



と。
あまりにも前置きが長い(笑)



はい。
ミトさんのライブ!

某ビルのイベントスペースで行われたんだけれど
ここがね、ベランダがあって、夜空を見上げながらドリンクを飲めて
開放感のあるいいスペースだなーと思った。

でも、防音設備とかなさそう?だったから
音はダダ洩れだったと思う(笑)


お客さんは70人くらい?だったかな。
前から2列目の椅子に座ったんだけれど、距離がメチャクチャ近い!
途中、ハンドマイクで前に出てきて唄うミトさんは、すぐ目の前!

近すぎて、恥ずかしー(笑)
一番前の方達なんて、それこそ密着寸前の距離だよ!(笑)


1曲目は「ラブ・イズ・オーヴァー」

え?最初の曲がカバー?って
正直ビックリしたんだけれど

MCで
「この曲を唄って『あら、いーんじゃない!』ってことで
そのお店でバーテンしながら唄わせてもらうようになったきっかけの曲です。
なので、一番最初に唄おうと思いました!」
と、高校卒業後、札幌に出てきて(彼は白老出身!)音楽を始めた頃の事を語ってくれた。


ライブには、その頃から応援してきていた人達がたくさん来ているようで
1曲目から涙ぐんでいる女性もいた。

多分。
後援会発足と札幌ワンマンライブまでの長い道のりを考えて感極まったのかな。って。

2曲目で、そんなみんなの想いがグンと高まって会場内の熱量が上昇して
ジブンもなんだか胸が熱くなって泣きそうになってしまった。


メジャーデビューしてすぐに事務所がつぶれて。
その後、なんとか再デビューへの足がかりをつかめて。


本当にね。
今まで平坦な道のりじゃーなかったんだよね。


後援会会長の挨拶があったり。

札幌のお店で働いていた時に一緒に唄っていた方が出てきて
なんと!アース・ウィンド&ファイヤーの「宇宙のファンタジー」を
絶妙なハモりと!華麗な?笑ステップで!踊って唄ってくれたり。



ミトさん。
久しぶりに黒のスーツを着たら
「ピチピチのパツパツで、お尻が破けそう(笑)」って自ら言い出して。

ホントにねー。
ピアノから離れて前に出てきた時にパッと見たら

下半身が・・・あまりのパツパツぶりで
「これは見てはいけないものを見てしまった」みたいな気持ちになって(笑)

「いやー。ダイエットしますよ!」って言ってたけどさ。

某クマさんより、ムチムチでしょ。ミトさん!(笑)


ホントにね。至近距離で。
ハンドマイクで唄って踊られたら、視線のやり場が困ったよー(笑)

あ。
でも、つぶらな犬コロのような瞳がカッコよかったっす!

友達は「ストライクゾーンだよ」と言ってたし!(笑)



それにしても。
ピアノが奏でるグルーブ感がめちゃくちゃカッコよくて
「こんな風に弾けたら最高だろーなー」とシビレてしまった。

どんどん弾けて跳ね上がっていく声も
バラードでしっとり聴かせる温かな声も
鷲づかみに引き込まれていくミトワールドの魅力があふれんばかりに会場に満ちていて
久しぶりにいいライブだったなーと、今日も余韻にひたひたに浸っている。


オーガスタに入れてくれないかしら。

さかいゆうもいいけれど。
ミトカツユキもホントいいぞよ。

ひらがなもいいけれど。
カタカナも素晴らしいぞよ。←(笑)



ライブ後は、CD販売があったので。
まだ持っていないミニアルバムを買った。

「前にもライブに来ていただいた事がありますよね?」と
サインをしながら、ミトさんは言ってくれた。

多分。
「見たことある人だなー」くらいの記憶なんだろうけれど。
そう言ってもらえるのって、やっぱり嬉しいよね!!

8月の豊島園で「ぜひ札幌でライブを!」と願った事が
こんなに早く叶って嬉しいです!と答えると

くしゃくしゃの柔らかな笑顔で「ありがとうございます!」と
両手でぎゅっと握手してくれた。

その握手の仕方がねー。
最初包んでくれた手を
最後にもう一度「ぎゅっ」と握ってくれたんだよね。

これ。
反則だろー!

こんな握手の仕方をされたら、ドキドキしてしまうでないかー!(笑)


他のファンの方々とも、楽しげに話をしているのを見て
ミトさん、良かったねー!とココロからライブの開催を嬉しく思った。

ライブアンケートもしっかり書いてきたよ!


後援会も出来た事だし。
これからは、札幌でもどんどんライブをやってくれるかな。


また音楽の楽しみが増えて
忙しいけど・・やっぱり嬉しい!!


ミトさん。後援会の方々。スタッフさん。
昨夜は本当に素敵なライブをありがとう!!

mito091007.jpg


■09年10月7日(水)
 ミトカツユキ 札幌後援会発足記念 ワンマンライブ

 ~セットリスト~
①LOVE IS OVER
②会いたくて
③GO GOピアノバカ
④Identity
⑤True
⑥Somewere Somehow
⑦Everybody call me
⑧Bad
⑨宇宙のファンタジー (2人で)
⑩足跡
⑪39
〜アンコール〜
⑫KAGERO



ミトさんを知ったきっかけの曲。
「キミがいれば」も聴きたかったよー!






| ♪音楽 | COM(0) |
2009-08-31 (Mon)
 

「この番組が終了して
紹介できなくなるのが悔しいので
メーカーの了解を得て「先取公開」しちゃいます。」

「たとえ、あなたと平行線になって出会えなくなっても
この曲をこうしてあなたに届けられたことは、僕にとってかけがえのない幸せです。」

「FMノースウェーブ「asian wave」が独占公開します。
冨田ラボ × 松本 隆 × 秦 基博 『パラレルfeat. 秦 基博』」

20090828tomita.jpg




今日。
susuくんの番組が終了してしまった。

そして。
susuくんが、この曲をかけてくれた。


なんか。
泣きそうになったよー(泣)


基博の声が、いつもよりもSWEET。
柔かくて、温かくて、甘い甘い声。

ちょっと昔の歌謡曲のような。
松田聖子を思わせるような。(松本隆ワールドだ!)

今までと全く違う基博だったよ。


ほわーんと。ふわーんと。
聴きながら、溶けていきそうな感じだった。



それにしてもそれにしても!
susuくんの番組が終了してしまうのが哀しい。

あの、たゆたうような癒しの声が聴けないのは、本当に哀しい。


でも。きっと。
またすぐに戻ってきてくれる。そんな気がする。

だってさ。
susuくんのロッカー。残しておいてくれてるんだって!

FMノースも。
なかなか粋な事してくれるじゃん!うれしい!




あー。
上海。行きたい。
susuくんの故郷。いつか行きたいなぁ。


susuくん。
今まで本当にありがとう。お疲れ様でした。


そして。
また。いつか。どこかで。
その声を聴かせてね! 待ってるからね!









| ♪音楽 | COM(0) |
2009-08-20 (Thu)
今朝。めざましを見ていたら。
永ちゃんの初インストライブの模様が流れた。


「どうしよう。インストアライブ初めてだよオレ~!」

めちゃくちゃ、永ちゃんが可愛かった(笑)


「インストアライブって新人がよく『お願いします』ってやるやつだけど
インタビューで『4年ぶりのアルバムをひっさげてこれが、2回目のデビュー』
って言ってるから間違ってない。ピッタリだと思います」


なんかさ。
この人の人生。すごい波乱万丈なのに。
いつも前向きで、なんにでも目を輝かせて楽しんでる。

こんな60歳。いーよね。



で。
あの「名曲」も唄ったんだ。

チャイナタウン





永ちゃんと基博。
コラボしてくれないかなー♪←ハタオル投げ(笑)


パーマかけるより、リーゼントにしてみろ!基博!!(笑)






| ♪音楽 | COM(2) |
2009-08-01 (Sat)


今日。
予約してリアルタイムで見たやつ。

SMAP1.jpg

やっぱり、5人が揃うと気持ちが沸き立つ(笑)





SMAP2.jpg

行くぜぇー!!!
SoftBankに、行くぜぇー!!!←アンタauだろ(笑)


中居クンの腹の出具合とジャンプとターンが、年季入りすぎ(笑)

で。
はにかむ笑顔が、なぜか「まさよしさん」に見えた(笑)



みんな老けたけど。
やっぱりSMAPは、永遠に「SMAP」だ!


笑いがこみ上げるほどのカッコよさ。←それって(笑)


あー。
ウチワ振りたくなってきた!


ジブンも永遠にミーハーだ!


COME ON!!




・・・・・・・・・・・・・・。





寝よ(笑)






SMAPバンザイ!





| ♪音楽 | COM(2) |
2009-06-19 (Fri)
       豆しば
豆しば → ReadMore
| ♪音楽 | COM(4) |
2009-05-19 (Tue)
今。仕事の合間に。

久々に。
ちらっと、鹿島さんのブログを見たら。→ 5月4日

画像を見た瞬間に。
胸がキュンとなった。涙が出そうになった。

新しい命の誕生。

5月15日の日記には。
名前が決まったと。
10日ほどで、ずいぶんしっかりした顔つきになってる画像も。


あー。
いいなぁ。
こういう幸せは。
やっぱり嬉しいし。

おすそわけしてもらったようで。
ココロの中が、ポッと温かくなるね。

上の子達と、ずいぶん年が離れちゃったけど。
その分、めちゃくちゃかわいいんだろうなぁ。

まさに「子宝」

きっと、家族や、音楽仲間からのたくさんの愛情を受けて。
すくすくと育っていくんだろうね。

そして、鹿島さんも。
家族の笑顔をチカラに、ますますいい演奏をしていくんだろうなぁ。


おし。
なんだか、ジブンもチカラを貰ったので。

残りの仕事もがんばれそうです?(笑)

鹿島さーん。おめでとうー!!!!


| ♪音楽 | COM(0) |