123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-08-31 (Sat)

小雨がぱらつく8月最後の金曜日。
高橋優クンのライブに行ってきたよ。

昨年10月のライブ以来だから約10か月ぶり。
その間、シングルやアルバムCDが発売になってたけれど
アルバムは・・・まだ買ってない・聴いてない状態のジブン(ゴメンナサイ)

だって。
スキマと秦クンでいっぱいいっぱいだったし
なんといっても懐が寂しくて(あー笑)

だから今回の優クンライブはかなりまっさらな状態で会場へと向かったのでした。



※ライブのネタバレあるのでたたみまーす。


→ ReadMore
スポンサーサイト
| ♪高橋優 | COM(2) |
2012-10-25 (Thu)
ライブの余韻というか
そこから派生する想いがぐるぐる渦巻いて
おまけに夜中行われたゲリラライブのユーストを何度もリピートしては
またもや湧き出る想いに翻弄され眠り損ねたまま朝になってしまったライブ後。

そんな想いを持て余しながら、あの熱気を忘れないうちにと焦りながら
なかなか感想文を書く時間が取れなくて、昨夜しゃかりきになって書ききって
それを今やっとUPするという(はぁはぁ 笑)

「高橋優秋の全国ツアー~高橋は雨男?晴れ男?はっきりさせようじゃないか2012」

行ってきたよ。

胸の内がジュンと焦げていき
その匂いで息苦しくなる。切なくなる。
でも次第に嬉しくなって跳ね上がっていく。
そんな深い熱さのライブだったよ。




※ネタバレのため、たたみます。


→ ReadMore
| ♪高橋優 | COM(0) |
2012-05-28 (Mon)
先週末。
地元でのライブ。
1泊2日の茨城への旅。


もうね。
何から書いていいやら、整理がつかないまんま(笑)


だから。
高橋優クンの曲を掛けながら
セットリストなんかも思い出しながら(お助け下されぇー笑)
まずは、優クンのライブをキチンと振り返りたいなぁと思っているのだ。




DSC_0266.jpg



いつもながら、会場に到着したのが開演5分前(笑)

とりあえずは、ツアータオルを買いたいなぁと思ったけれど
この時間になってもグッズ売り場は長蛇の列。

グッズの横では、音楽処の石川さんやスタッフさんが
「CDはいかがですかー!?」と大きな声でセールスをしていた。
インディーズの頃から暖かく見守って応援していたオンドコさんだから
メジャーデビューを果たし、グングン成長していく優クンの活躍が本当に嬉しいんだろうなぁ。

と、そんな光景を横目に
ジブンはヒールの高いサンダルに履き替え(だからチビなんだもん 笑)
座席へと大急ぎで向かったのでありまする。



DSC_0228.jpg





※ネタバレ含むので畳みまーす。


→ ReadMore
| ♪高橋優 | COM(0) |
2012-05-26 (Sat)
■高橋優 全国ツアー ~この声って誰?高橋優じゃなぁい?2012

・日時:2012年5月25日(金)OPEN 18:30 START 19:00
・会場:札幌市教育文化会館 大ホール




行ってきたよー!

高橋優クンの初のホールツアー!

今まで行った優クンのライブは、小さめのライブハウスばかりだったから
ホールであの一体感を出せるのかなぁって正直不安だったし

座席もね。イマイチ良くなくてね。
(HPでの最初の先行予約で取ったのにーっ!)

ライブハウスの超至近距離で、かじり付くように見たことなんかを思い出したらね。
遠すぎるよぉー、見えないよぉー(浅田さぁーん!涙)なぁんて
気持ちがイマイチ盛り上がらないままだったんだけれど

当日になったら、ワクワクがハンパなくなってきて
始まってみたら、ちゃんとはっきり優クンの笑顔が(浅田さんの笑顔も 笑)見えたからホッとしたよ。

優クン、頑張ってたなぁ!!
もう気持ちがばんばん伝わってきた!!

最後の方は、声があやうくなりかけたくらいに
シャウトしてくれてたよ!!

6年間住んだ札幌。
個人的な想いが強すぎて・・って言ってくれてたよ!!

札幌で路上から音楽を始めて
初めてのホールツアーを、また一から札幌で始めることが出来て
すごく嬉しいって、言ってくれてたよ!!



今日はこれから茨城に行かなきゃいけないから
詳しくは書く時間がないけれど(オイ笑)

少しでも書いておかなきゃ
記憶のキャパが破裂しそうだから(GM@茨城が入る余地なくなるっ!笑)
少し書き残しておこう。



※ネタバレ含むので畳みます。


→ ReadMore
| ♪高橋優 | COM(0) |
2012-01-23 (Mon)


なんかね。

この間のフリーライブに行って
録画しておいた、NHKの「ドキュメント20min.」や「MUSIC FAIR」を見て
今、かなり "頭ん中高橋優ばっかり"になってるという(笑)


今になって「やっぱり・・握手しておけばよかったかな・・」なんて
ちょっぴり思ったりなんかしてるという(アホ 笑)


うん。
握手したいっていうよりは
実像の優クンをより確かめたかったっていうほうが合ってるかな。

優クンは確かにここにいて、歌を歌っているんですよね。って。
その歌の想いは確かにここにあるんですよね。って。
見て触れて確かめたかったという(なんなんだ 笑)



NHKの番組の中でね。
新曲をRECしている風景が映ったんだけどね。

インディーズの頃に作った歌の歌詞のワンフレーズが
どうしてもしっくりいかなかったみたいで。
考えに考えて、結局新しく書き直したんだよね。

「俺の知ったことじゃねぇぜ」を

「一度っきり尊い人生」へと。


路上で歌っていたころは
聴いてくれる人は、目の前にいる数人だけ。
その言葉の意味をどうとらえてくれているかは直に伝わるし
どんな想いを歌っても、その言葉への責任はほとんど背負う必要もなかったはず。

だけど今は。
歌う言葉のひとつひとつに沢山の聴いてくれる人の気持ちが集まってくる。
その言葉をどうとらえ感じたのか、知りえない人が見えない人がどんどん増えていく。

無責任なことは歌えない。

ある意味、重圧なのかもなぁ。

なんてね。
色々考えちゃったりしたね。


きっと。
同じような道を秦クンも通ったんだろうなぁとかね。




歌を作るって、
作った歌を歌うって、
苦しみの方が勝る時期があるのかもね。

でもその先には、
歌が聴いてくれる人のココロに伝わった先には、
全てのものを超越した景色が広がるんだろうなぁ。
だからまたきっと、歌を作り歌いたくなるんだろうなぁ。


とにかく今は、走れや走れ。
若者は前を真っ直ぐ向いて走らねば。
トップランナー目指して走らねば。
今はまだ。立ち止まってはいられないよね。

フリーライブに8000人を動員した次は
ホールツアーを成功させた次には
武道館?城ホール?アリーナ?
まだまだ大きな舞台が待っているんだもんね。


だけどさ。
ホントは初めて優クンの歌を聴いたあの小さなライブハウスのような
熱気と想いがぎゅっとなる場所でいつまでも聴いていたんだけど。ね(笑)





そうそう。
「MUSIC FAIR」。

見てて本当に楽しかったなぁ。

南こうせつさんと、ジュンスカのお2人と、優クンと。
4人が丸くなって座って唄った「福笑い」

優クン。
あっち見てこっち見て。ニコニコして。
めちゃくちゃ嬉しそうだったなぁ!

そして、こうせつさんの弾けた歌声!

音楽って、年齢もなにもかも超えて繋がるんだなぁって
ココロがほわんとなった。
感動した。



で。
こうせつさんの持ち歌の「愛する人へ」

画面に流れる歌詞を読みながら聴いていたら
この歌が35年も前の歌だとは、全く思えなかった。
今現在のことを歌っているのかと思うくらいだった。

そして、こうせつさんのお孫さんかと思えるほど
メガネをかける顔かたちがそっくりな優クンが歌っていると
これって、優クンの作った歌なのかな?と錯覚しそうなくらいだったよ。

あぁ、やっぱり音楽って、時空も何もかも超えて繋がるんだなぁって。
再び感激したんだよ。


最後に優クンが「卒業」を歌い始めた時にも
「愛する人よ~」のフレーズで
「やっぱり繋がってる!」なんて、鳥肌立ってしまったし(笑)

こうせつさんと優クン。
絶対繋がってる(笑)


そんなこんなを見て聴いてしまってからは
なお優クンの歌をヘビロテしてしまってるジブンなのでした(笑)


ホントにね。
優クンの声も、顔かたちも、特にジブンの好みではないんだよね。
(秦クンは全部好みだから困ってしまうという 笑)

だけど。
伝わる想いにココロが揺さぶられるんだよね。

そして。
自分自身をまっすぐにさらけ出す素直さと誠実さも好き。

ヘンにカッコつけようとか、大きく見せようとか、してないもんね。
優クンは優クン。
歌の中に正も負も全て含まれている。

若さゆえの前のめりした気持ちも、なんだかすがすがしく感じる。
それはきっと一生懸命すぎるだけだから。

こういうミュージシャンって、今まで会ったことなかったかもなぁ。


これから彼はどんな風に変化して成長していくのかなぁ?
作る歌はどんな世界を紡ぎだしていくのかなぁ?

まじめすぎるからさ。
つぶれちゃだめだよと、心配したりする。

でもそれ以上に期待してるんだ。


とにかく。
今は5月のライブが楽しみだなぁ!







| ♪高橋優 | COM(0) |
2012-01-18 (Wed)
いやー。
今年に入って全然ブログが更新できてない(笑)

なんだか。
文字を書くのがめちゃくちゃおっくうになってる。

なんでだろー。
なんでかなー。


とにかく。
ライブに行ったことぐらいは、書いておかなきゃ
生きてんだかどうなんだか分かんなくなるよね(笑)


うん。
高橋優クンの「卒業」発売記念のフリーライブに行ってきたよ!



※これからフリーライブ&握手会に参加する方のために一応畳みます☆



→ ReadMore
| ♪高橋優 | COM(0) |
2011-12-10 (Sat)
真夜中に何気なく見たPV。

映像が始まって「SAPPORO」の文字を見た瞬間から
ドキドキが止まらなくなった。

何度もああしてジブンもあの場所にいるから。

飛行機を降り、車窓から流れるのは、いつもの景色。
大好きなあのライブハウスへ。
地下への階段を降り、見渡す会場。

そして、あの日のライブ。

歌うゆう。

翌日早朝の札幌駅。

函館行きのJR。

フェリーでの光景。青森。


どれもこれも、全部見たことのある風景。
風も匂いも全て知っている風景。


なんだか。
涙がこぼれてきたよ。


あなたと出会えてよかった。

みんなの顔をココロから嬉しそうに見渡しながら、優クンは歌う。

シンプルな歌詞に込められた、深くて熱いコトバの意味が、胸の奥に響いていく。



高橋優 / 卒業






あぁ。
またフェリーの旅がしたい。

函館~青森は修学旅行で。
(港から大好きな人を見送ったこともあったっけ。)

小樽~舞鶴も何度か乗ったことがあるよ。

イルカの姿も見えるんだよ。

そういえば、夜行で東京~札幌に帰ったこともあったなぁ。

今は、時間をお金で買う感覚がある。
福岡まで2時間ちょっとで飛んじゃうなんて、あの頃からすれば夢のようだ(笑)

だけど。
なんにもなかったけど。
おっきな夢と、怖さ知らずの若さがあったあの頃は
ゆっくり流れゆく時間の中で色んなことを思い描いていた自由があったよなぁ。

そんなことも思い出させてくれた
高橋優クンの新曲PVでした。

優クンありがとう。




ゆるりと車窓の景色を眺めたり

潮の匂いを胸いっぱいに吸い込む。

そんな旅に行きたい。

またいつか、行けるかな。



うん。

まだ。
このままじゃ終わらないさ。ね(笑)





| ♪高橋優 | COM(0) |
2011-11-21 (Mon)
ライブからもう10日も経ったけれど(笑)

やっと、ぽちぽち感想文を書いてみたよ。
(ホントにねー、遅すぎ笑)


高橋優クンの秋のツアー。
大好きなペニーレーンでのライブ。
そして浅田さんにも会える!(笑)

7月のファーストツアーから、想像以上にパワーアップしていたよ!!!



整理番号はあまり良くなかったから
OPEN間近の時間でも全然大丈夫だろーなーと
ひとりプラプラと会場に到着。

11月だけど、外に並んでていても寒くなかった。
見上げた東の空には、煌々と満月が輝いて綺麗だった。

ちょうど4年前の11月の秦クンのワンマンもここだったから
ついつい感慨深くなってしまうんだ。
(あの日は凍える寒さの中トレモロの月を見上げていたっけ。)



111111_1816高橋優
(ボケた~笑)



会場に入る。
もちろんステージ向かって右側をキープ。

はい。
浅田さん側っす(笑)
整理番号の割には、まずまずの位置(やったー)

とりあえず視界確保出来た!と思い、始まるのを待っていたら
前にいる女性がちらっと後ろを振り向いた。
「あーっ!!」
お友達!!秦友さん!!

多分彼女も来てるだろーなーとは思っていたけれど
ジブンの目の前に立っていたとは!!全然気付かなかった!!
というか、振り向いてくれなかったら、ライブが終わるまで分からなかったかも!!
すごいミラクルにめちゃくちゃ嬉しくなったなぁ!!

俄然テンションUPして、お友達とあれこれ話していると
となりの方から紙で作ったお花(卒業式とかに飾るようなやつ)が回ってきた。
「あ、きっと“花のように”の時に振るんだね」とすぐに察しがつく(笑)

路上時代からの熱心なファンの方々なんだろーなー。
いつも振るのかなー。なんだか面白そうだなー。
そんな風に受け止めて、とりあえずはショルダーにしまう。
(ライブ後に"花"を振ることへの賛否両論を知るという・・笑)


今回のお客さんの雰囲気をぐるっと見渡すと・・若い人が多かったかなぁ?
親子連れもいたけれど、ぎゅうぎゅうのスタンディングではちょっとかわいそうに見えた。
あの女の子は優クンが全く見えなかったよね。怖くなかったかな(ちょっと心配だった)

7月のライブのcube gardenより、キャパは倍の500になってるのに
チケットはSOLD OUT!満員のお客さんで始まる前から熱気ムンムンだったよ。


あー。
ライブの詳細は薄れてる(毎度のことながら笑)
もう10日も前のことだもんね(笑)

だから、今回も思い出せることと、ジブンの気持ちのみっす(笑)




※畳みまーす♪





→ ReadMore
| ♪高橋優 | COM(0) |
2011-07-05 (Tue)
久しぶりに熱い感情が渦巻いた夜。

先週の土曜日。

高橋優クンの初の全国ワンマンライブツアー~唄う門にも福来たる2011~ に行ってきたよ。

20110702takahasiyu.jpg



ライブ会場は札幌cube garden。
昨年11月に行われたFM Air-G 主催のライブに出演した優クンを観たのもこの会場だったなぁ。
(うん。スキマV.I.Pもこの会場だった 笑)

この日で訪れるのが4度目だから迷うことなく余裕の気持ちで到着。
開場ギリギリの時間は余裕じゃなかったけど(笑)

で。
整理番号が微妙の割には、入場してみると余裕でドリンクをもらって
前から2列目の視界良好な場所を余裕で確保(笑)

はい。
この日はどれもが余裕のゆう!(笑)

前回は、路上ライブをやっていた頃からのファンの方が多かった。
「優さん、おかえり~」という掛け声がかかり
まるでホームのようなあったかさと優しさが満ちたライブだった。

で。
今回はどうなんだろう?と、会場内のお客さんをぐるっと見渡してみる。

中央にいる方達は、インディーズの頃からのファンの方達のようだったけれど
「初めてライブハウスに来ました」風な中高生も結構いたし(親子連れもちらほらいたなぁ)
初めて優クンのライブに来た地元の方たち・・。
全国から遠征組の熱いファンなどなど・・。
年齢層が幅広かった。
雰囲気も様々に感じたよ。


そうそう。
ライブ前から、ステージ前のすぐそばをカメラさんが準備をしながら動いていたから
「お願いだから映さないでぇ~」と隣にいた女性と苦笑いしたりなんかしてた(笑)
(また何かのCDの特典でライブ映像がつくのかな・・笑)


開演時間を10分ほど押して客電が落ち
おまちかねの高橋優クン&バンドメンバーの登場!!



※長くなるので畳みます♪

→ ReadMore
| ♪高橋優 | COM(0) |
2011-01-06 (Thu)
あー。

今日から仕事始めだけど
頭の中は、まだ休みモードで
なーんにもコトは進まないまま。
外は吹雪で雪が降り積もるまま。

こんなことぢゃいかんよなぁ。

と。
重い腰をあげて。
ブログも書きあげようと。←オイ(笑)

はい。
ネットうろうろした後に、つらつらと書き始める
なんだかシャキッとしないまんまのジブンなのでありますが(笑)


えと。
昨年末。
ジブンにとっての2010年ライブ納め。
中田雅史クンのワンマンライブ。

まずはそれを書きあげたいんだけど
それはそれで、夜にゆっくりとまとめたいなぁなんて思ったりしてて。



その前にね。
かなり前に見つけてね。
ずっとココロに残ってて。
やっぱりブログにUPしたくって。

大学4年の頃の高橋優クンを取り上げてた記事。⇒ F's People/サッポロファクトリー

以前誰かが、高橋優クンのことを
「水嶋ヒロに似てる」って言ってたなぁと
この記事の写真を見て、ふと思い出したほど
実はメガネを取るとかなりイケメンの優クンだよなぁ。

サッポロファクトリーの、あのステージで
優クンもライブをやってたんだなぁと
かなり感慨深い思いにもなったりしてしまう。
(そして、今現在頑張ってるあの彼も、次に続け!と切に願うのである)


この記事をもし、今の優クンに見てもらったとしたら、どんな風に感じるのかな。
大学4年の頃の自分に、どんな言葉をかけるのかな。


「胸を張って“シンガーソングライターです”と答えられる自分」

堂々となっているよ!って。
なんだか伝えたい気持ち。

もがき苦しんだ末に、今の輝く笑顔がある。

そして、もっと。上へ上へ。


高橋 優 / 福笑い




◆「高橋優初の全国ライブツアー~唄う門にも福来たる2011」開催決定!!  
高橋優初となる全国ワンマンツアーが決定!!全国8都市を巡ります!!
   
  
◇愛知
【日程】 5月28日(土) open 17:00/start 18:00
【会場】 名古屋CLUB QUATTRO
【券売】 4/2(土) 一般発売
【問合】 サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇大阪
【日程】 5月29日(日) open 17:15/start 18:00
【会場】 心斎橋CLUB QUATTRO
【券売】 3/26(土) 一般発売
【問合】 夢番地 大阪 06-6341-3525

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇東京
【日程】 6月10日(金) open 18:00/start 19:00
【会場】 渋谷CLUB QUATTRO
【券売】 4/23(土) 一般発売
【問合】 ディスクガレージ 03-5436-9600

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇宮城
【日程】 6月18日(土) open 17:30/start 18:00
【会場】 仙台CLUB JUNK BOX
【券売】 4/9(土) 一般発売
【問合】 キョードー東北 022-217-7788

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇秋田
【日程】 6月19日(日) open 17:00/start 17:30
【会場】 秋田LIVE SPOT 2000
【券売】 4/9(土) 一般発売
【問合】 キョードー東北 022-217-7788

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇広島
【日程】 6月25日(土) open 17:00/start 17:30
【会場】 広島Cave-Be
【券売】 4/9(土) 一般発売
【問合】 夢番地 広島 082-249-3571

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇福岡
【日程】 6月26日(日) open 16:30/start 17:00
【会場】 福岡BEAT STATION
【券売】 4/9(土) 一般発売
【問合】 BEA 092-712-4221

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇北海道
【日程】 7月2日(土) open 18:00/start 18:30
【会場】 札幌cube garden
【券売】 5/14(土) 一般発売
【問合】 マウントアライブ 011-211-5600




ファイナルが札幌!!
(いや、追加公演が東京であるな。絶対 笑)

会場は優クンを初めてみた場所・cube garden!!

楽しみですっ!!




| ♪高橋優 | COM(0) |
2010-11-04 (Thu)
昨日は久々に小さいハコのスタンディングライブに行ってきたよ。

■AIR-G' NOW&NEXT vol.4 POWERD
日時:2010年11月3日(水・祝)Open:18:00 Start:18:30
場所:cube garden
出演:SPYAIR、高橋優、LONREY↑D、ゲスト:Honey L Days



高橋の優クンを見たかったのだ!!!!

冷たい雨がパラパラ降りしきる中、外で整理番号順に並んで待つ。

昨年新しく出来たイベントスペースcube gardenに入ってみると
右スピーカー側が空いていたので、迷わずステージ前の2番目に滑り込む。

その日の1番バッター「SPYAIR」というバンドがハードなバリバリのロックで
右耳を完全にヤラレながら(難聴悪化 涙)なんとか聴き終わらせ(笑)

2番目に登場したのが、お待ちかねの高橋優クン。


最前列のファンの方達が手作りの大きな「高橋優タオル」を掲げると
あちこちから「優さーん」「お帰りー」と掛け声がかかって
めちゃくちゃホームな、まるでワンマンのようなあったかい雰囲気に会場は包まれたよ。

「故郷ってわけじゃないんですけど」と
「初めてお会いする方もいらっしゃるから、どうかなとは思うんですけど」なんて言いながら
「ただいまって言ってもいいかな?」と。

「ただいまー!!」
「おかえりー!!」

そんな、最初から超盛り上がりで、ライブは始まったのだ。



今まで彼の歌は、YOUTUBEで観て聴いただけ。
だけど、小さなPC画面からでも伝わってきた熱いメッセージは
こうしてジブンをライブ会場へと、強烈なチカラで引き寄せてくれた。

それまでの22インチの中で唄いまわっていたあの彼は
今はすぐ目の前でギターを奏でるワイドなリアルサイズに広がって
やっぱり、高橋優は間違いないっていう確信へと大きく弾けていったんだよね。

唄いたい伝えたいっていう強い明確な思いを
独自の視点と歌詞で紡ぎあげメロディーに乗せたその音楽。

一方通行じゃないんだよね。
一緒に思いを共有していこうと、ひとりひとり語りかけるように
全力疾走で声を張り上げて唄っているんだよね。

張り上げてるのに、ぶれない音程と芯の太い声。たくましいね。

でも、全力疾走だから
1曲歌い終えただけで汗がにじみ出て
3曲歌い終えたころには、噴出した汗の粒があちこちに飛び散っていく。

アコギを抱えたロッカーだなぁと思ったよ。


なんかね。
たくさんの人に支持される理由が分かったよ。

最後の「福笑い」では
優クンも満面の笑顔で弾けていて
唄いながら、みんなの笑顔を確かめるようにうなずいていて
いつの間にか会場がひとつになっている、あったかい空気を感じたよ。



「きっとこの世界の共通言語は 英語じゃなくて笑顔だと思う」


この歌詞に、はっとさせられたんだ。


高橋優「福笑い」




正直ね。
声もルックスも好みじゃない。

だけど、伝わってくるものが、めちゃくちゃ熱くて
はっと足を止め、振り返ってしまうんだよね。
そして、じっと聞き入りたくなる。不思議だな。




それにしても、スタンディングはやっぱりもう辛いなぁ(笑)
1時間立っていたら、腰も背中も痛くなってきたから
優クンが終わったらドリンクもらって、帰ってきちゃったよ。

だって、今日もあるからね。

はい。

さかいゆう!!

2日続けての、Wゆう!!!(笑)


今日は、一番最後。
ゲストととして、ゆうクンが出るから
ゆっくりめで会場に行こうかな。

最前列を狙わずに
一番隅っこでじっくり聴こう。なんて思ってる。





| ♪高橋優 | COM(0) |
2010-07-31 (Sat)
ずっと存在が気になっていた。

そして
今初めてこの人の歌を聴いて
閉じていた蓋を引きはがされたように
恐ろしいほどの記憶と感情がボーンと吹きあがってきた。

なんか。
まるで爆風。

肯定と否定と
もっとこの若者に伝えたい事実と現実と真実と。


「絶望」なんて平成の時代に突然降ってきたわけじゃない。
どの時代にも今の時代と同じような「絶望」があったはずだ。

だけど、昔は、ないものとしていた。
押し上げることの困難な重い蓋で覆い隠していただけだ。

幼児虐待もセクハラ教師も痴漢も露出狂も変態も、いじめも自殺も犯罪も
ジブンの子供時代にだって身近にあった。たくさんあった。

でも、ないものとしていた。していたんだよ。

需要があるから供給があるんだもん。とうそぶいて
ネオンの下で素肌をさらして、若さを簡単に切り売り出来るように
女子のかわいらしい笑顔の裏にも、したたかさが大きく脈打ってんだよ。



ジブンは知ってる。
全部知ってる。
全部見てきた。

でも。
ないものとしていた。してきた。


だって。
人間なんて、そんなもんだよ。

腐敗している感情を押し殺して
ファンデーション塗って口紅つけてヒラヒラスカート履いて
優しげな声で「おはよう」って言える生き物なんだよ。

時には寂しくて哀しくて泣きたくなって
辛くて苦しくて絶望して、世界でたったひとりぽっちのジブンを抹消してやりたくなるんだよ。

でも。
映画を見て本を読んで音楽を聴いて
すっと差しのべられた手の温かさや、子供のやわらかな笑顔や
何気なくかけられた優しい言葉や、大好きな人の匂いとぬくもりに
もうちょっと頑張ってみようって、やっぱり信じてみる勇気を与えられるんだよ。

白も黒も、両方併せ持つんだよ。

子供も大人も。
偉い人も市井の人も強い人も弱い人も。


今の時代はたぶん。
パンドラの箱が吹っ飛んで、国境越えて
あられもない中身が巻き散らかされた状態。

なんでもあり。
ありすぎて、なにをしてよいか分からない。ね。

空気を読んで読みすぎて酸欠に陥いって
小さなグラスの淀んだ水の中で、口をパクパクさせてる金魚のよう。


善で目立てない人は、悪で目立ってやる。
どうせなら世間を騒がすくらいの。すごい悪。

そんな考えが成立してしまう時代。なんだろうね。


「ちゃーんとお天道様が見てるんだから、悪いことは出来ないんだよ」と言えたのは遥か昔のこと。

タガが外れたような、降り止まない長雨、集中豪雨。決壊・崩壊・水害。
もう、お天道様のチカラ及ばず。
時に、お天道様までキレて猛暑。


なんでもあり。








高橋 優 「こどものうた」








高橋 優 「素晴らしき日常」





このヒリヒリとする感情と視点と切り口を
どこまで持ちながら唄い続けていけるか。

身を削りながら歌を作っていけるのか。

リスナーの求めるものに、縛られないように。

自由に唄い続けて欲しいなぁと思う。



箭内さんのプロデュースっていうのが、またすごく気になるよね。





なんだか、久々に、
忘れいたはずのあの頃に引き戻されてしまったね。



それもジブン。
そして今のジブンも、もちろんジブン。



人間って、おそろしいくらいに奥深いもんだよね。


だから、知りたくて理解したくて、きりきり舞いしちゃうんだ。




高橋優も、もっと聴いてみたい。





| ♪高橋優 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。