12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2016-07-23 (Sat)


JOIN ALIVE2016。
あれから早1週間が過ぎてしまった(笑)
JOINのこと、書きたいこと、いっぱいある。
けれど、なかなかじっくり書く時間が取れなくて、ジリジリ(笑)

夏のサラリとした風に吹かれ
どこかに飛んで言ってしまう前に、書かねば-!!!(笑)

まずは、さかいゆうくんことを記さねば。。

でも、ちょっと待って!(笑)
JOINのことの前に、先日テレビで放送された
「FNSうたの夏まつり」のことも書いておきたい!

フジテレビの音楽番組って
夏とか年末とかいろいろやっているけれど
毎回、秦クンやスキマの出番の少なさ(というか、持ち歌を歌わせてもらえない 笑)
「なんだかなー」と正直モヤモヤとした思いで見ていたのだけれど-。

今年はなんかすごかったね!!
秦クン、スキマ、ゆうくん、オーガスタコラボやらなにやら、かなり出番があったよね!

とくにゆうくん!
「薔薇とローズ」でのブレイクは車のCMはもちろんだけれど
フジテレビの「テラスハウス」で流れたのが大きなきっかけで。
きっと、熱烈なゆうくんファンが関係者の中にいるように思う。
今回のFNSはゆうくんの出演が多かったものね!!

・クリス・ハート、K、と3人で「夏休み」(吉田拓郎カバー)
・秦クンと「揺れる想い」(ZARDカバー)
・スキマと「まなざし☆デイドリーム」(持ち歌!)
・新妻聖子、水樹奈々と3人で「RIDE ON TIME」(山下達郎カバー)

どの曲も歌う時間は短かったけれど
透明感があり、高音がスコーンと伸びる、あの声の魅力を
地上波で披露出来たんじゃないかなぁと思う。

「揺れる想い」の時は、秦くんのキーに合わせてたから
まだまだ余力たっぷりの歌声だったし

タクヤくんとの「まなざし☆デイドリーム」では
高音が伸びる2人の声のハモリが聴いていて本当に気持ちよかったし


20160718FNS.jpg

(さかいゆう公式Twitterより)





なんといっても、「RIDE ON TIME」の入りの迫力といったら!!
♪アア!!とーきめーきへーとー の
"アア"のフォルテシモっぷりったら!!

達郎さんばりの歌い方も力強くてカッコいい!
女子2人と同じキーの高さを難なく歌い上げていたしね!!
尊敬してるミュージシャンの歌。
あふれる高揚感についつい顔がゆるんでしまってたなぁ。
本当に気合いが漲っていたし、嬉しそうだったなぁ!!
もうなんども"アア"の歌声を聴きたくて、リピしてる私です(笑)

ただね。ひとつだけ不満がね、あるんだけどね、、、、
鍵盤。ただの飾りだったんだよね。
とりあえず、弾いてる感じで~ってスタッフさんに言われてたのかなぁ。

タクヤくんとのコラボの時にチラッと見えたけれど
鍵盤のテンポが出る小さな液晶盤がオフになってたから
電源入ってなかったんだろうなぁ(ハウスバンドがいるし、そこは仕方ないんだけどね)
それっぽく振る舞うのが苦手であろうゆうくん。
弾くに弾けなくて、指がとまどったまんま。
音も聴こえないしね。

ああ、、、
さかいゆうは鍵盤のテクニックも物凄いのに!!

あの小さな手から奏でられる音。リズム。
きっと初めて聴く人の度肝を抜くはずなのに!!

まあ、あの番組構成で、あれだけ出演することが出来ただけでも
今回は良かったのかなぁ、、、


でもね。
かつてあったフジテレビの金曜夜の番組「僕らの音楽」。
あの番組がもしまだあれば、、、あますことなく魅力を伝えられるのに、、、。

秦クンもあの番組で認知度が上がったものね。
(aiko「カブトムシ」カバーの反響はものすごかったものね)

また、あの番組、復活して欲しいなぁ、、、、(願)



何はともあれ
今回のFNSうたの夏まつりは
オーガスタの面々のコラボが思いの外、沢山聴けたし!
さかいゆうという素晴らしきミュージシャンを多くの人に知ってもらえたようだし!

良かったね!!

(スキマのことはまた後ほど 笑)

そうそう。
MCの時。司会の森高千里さんのうしろあたりのカメラに丁度入り込む位置に座り
照れが入り混じったニヤニヤを抑えきれないでいるゆうくん、、

番組最後の出演者集合の時も
クリス・ハートの横の、カメラに収められる絶妙な位置で
ニコニコしていたゆうクン、、

サラリと映り込んでるゆうくんの姿に
私までニヤニヤニコニコしちゃいました(笑)

なんてカワイイんだろう!!(笑)







ではでは。

次は今年のJOIN ALIVE!
ゆうくんのステージ!

こちらも本当に楽しかったです!!



※閉じます☆




→ ReadMore
スポンサーサイト
| ♪さかいゆう | COM(5) |
2016-06-21 (Tue)


例年ならカラリと晴れた日が続く6月。
梅雨とは無縁。1年で一番気持ちの良い季節。

なのにー。
今年は雨続き。
毎日ジメジメして肌寒い。
とうとう、北海道も梅雨の季節の仲間入り??

せっかく半年ぶりに、ゆうクンが来てくれたのに
快晴の青でお迎えできなかったー。
冷たい雨がしとしとー。


でもね。
そんなうっとうしさを跳ね飛ばし
熱すぎるほどに燃え上がった夜!!

さかいゆう TOUR2016 “4YU”!!
ツアー初日とは思えないほどの、ヤバすぎるライブでした!!



※ネタバレあります☆

→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(2) |
2015-12-16 (Wed)


もう1週間経ってしまったんだ!

さかいゆうクンの久しぶりのワンマンライブ。
ジャスミンを引っ提げてのツアー。リリースパーティ。

場所は札幌cube garden。
ここはワタシにとって地元で一等お気に入りのライブハウス。

そして約2年半前。
ゆうクンのTOUR 2012 “How’s it going?”のファイナルを行った場所でもあり
色々な意味で思い出深いハコでもある。

なので。
昨年7月以来のワンマンを
とてもとても楽しみにしていたワタシです。


※ネタバレあるので閉じます☆



→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(0) |
2015-10-31 (Sat)


天気予報の雪マークはハズレたみたい。
でも身が引き締まるような寒さはしんしんと募る週末。

昨夏のSapporo City Jazz以来。
新曲「ジャスミン」のキャンペーンで
1年3か月ぶりに札幌へさかいゆうくんが来てくれました。

インストアライブの場所は札幌HMV。
ゆうクンが初めて札幌で歌った場所もここだったね。
なんとあれから5年半の月日が流れたのだね。
あの時を思い出しながら、急く気持ちをなだめながら、HMVへと向かいました。



→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(0) |
2015-05-21 (Thu)



先日放送された
さかいゆうクンが出演したNHK「The Covers」。
NHK The Covers「さかいゆう」 2015-5-11

ちょうどその日は東京へ行っていたので
録画しておいたものをやっと昨夜見たんだけれどー。

なんだか。
ジーンときちゃったね。
思わず鼻の奥がツンとなっちゃったね。

特にマッキーの「遠く遠く」のカバー。
言わずと知れた名曲でこの歌に想いを寄せる人は沢山いるはずで
今までいろんなミュージシャンのカバーも聴いたりしたんだけれど
(秦クンもマッキーと一緒に歌ったりしてたよね)

私自身は正直この歌にあまり思い入れがなく
というか、この歌の詩自体を上手く咀嚼出来ず
意味をはかりかねている部分があって
良いメロディだなぁ、沁みるよねぇ、と感じることはあっても
みんなが言うほど「感動します」という真っ直ぐな気持ちは
あまり沸いてこなかった曲なんだけれど
(スミマセン、完全なるあまのじゃくなヤツです 笑)

高知から上京してきたときのエピソードに加え
ライブで歌った時にスイッチが入って泣いてしまったという話しのあとに
この歌を弾き語りで聴いた時。

詩の意味が、込められた想いが、
素直にスッとココロの奥に入り込んできて
ああそうか、そういう意味なんだ、そういう歌なんだ、と
胸がじわんと熱くなったのでした。


♪遠く遠く 離れていても
 僕のことが分かるように
 力いっぱい輝ける日を
 この街で迎えたい

 僕の夢をかなえる場所は
 この街と決めたから



夢を抱え、故郷を離れ、上京するー。
そういう体験をしたことのないワタシは

「遠く離れていても僕のことが分かるように」
という詩の風景がどうも浮かんでこなかったんだけれど

ゆうクンの歌を聴いていたら
「あ、そうかそうなんだ、
この詩はまさにゆうクンのことなんだ…」と
ようやく、意味を悟ったのでした。

ゆうクンはこの"歌"をかなえて
今こうしてテレビで歌ってるんだ、

遠く離れていても、
同窓会で近況報告などしなくても、
彼の元気な姿を故郷のみんなは知ることができるんだ、

遠く離れていても、
"この街"で夢をかなえ、
さらに上を目指してゆく姿をみんな見守ってくれてるんだ、、、

なんだか、リリーさんの言うように
「今夜うちでご飯食べていきなよ」と

そして「もっと話しがききたいよ」
という気持ちになりました。


色んなミュージシャンが好きで
あちこちライブへと足を運ぶワタシだけれど
ゆうクンのライブはちょっと別格。

ライブの中で全ての想いを昇華して
ライブが終われば「ああ楽しかった、幸せな時間だった」と
笑顔でまっすぐ帰ることが出来る、そんなヒト。

そしてインタビュー記事を読み、
ますます彼の想いや考えを知り、好きになる。
けれど、彼の私生活を知りたいだとか、
彼のなにかにもっとちかづけたらだとか、
そんな邪な気持ちは一切沸いてこない。
ただただ、音楽と、ライブと、彼の想いや考えを知る。
それだけで全てが満たされる、多幸感に包まれる、そんな存在。

こういう距離間が一番理想的で、心地いいよね。
音楽として、人として、ゆうクンいいなぁ、大好きだなぁ、ライブに行きたいなぁと思う。
それだけでいいんだよなぁ、なんて、ゆったりと思える。

それにね。
彼のライブに行くといつも
なにかの啓示を受けたような
そんな感覚になったりもするんだよね。不思議なんだけれど。
ひとり勝手にシンパシーをばしばし感じています(笑)

この番組でも、また、新たな気づきを与えてもらったことに感謝。



リリーさんが言っていたこと。
今でも頭の中をぐるぐる。

「その人の思い満点でくるんじゃなくて
 誰の気持ちにも寄り添える声だよね」

そうだよね。
彼自身も満点でくることなく
サラリとした肌触りの距離間だよね。

でも。
「歌」や「インタビュー」で語られる
選び取った言葉の余白から
伝えたいことがにじみでてくる。

そう多くはない言葉の中に
真意の原石が埋め込まれていて
いつもそれを見つけるたびにドキンとなる。

ウソも誇張も迷いもない。
真っ直ぐに好きなことを見つめ努力を重ねた結果が
今なんです、と淡々と伝えてくれる。
(彼の書く文章もとても好きなワタシです)



ああ。
ゆうクンのライブ、行きたいなぁ。
昨年のSAPPORO CITY JAZZのようなライブだったら
最高なんだけどなぁ。
JOIN ALIVEに来てくれたらいいなぁ。

なぁんて。
思ったりしています(笑)



うん。
ワタシはやっぱり欲張りだな。

真っ直ぐで思い満点できてくれる大男も大好きだし
誰にでも寄り添えるサラリとしたやわらかさのメガネさんも大好きだし
2人組の先輩も、鋼とガラスの彼も大好きだし。

それぞれと、それぞれの距離間で
これからも末永くよろしく、という気持ちです(笑)


それにしても。
本家のマッキーではよく分からなかった「遠く遠く」を
ココロの奥に沁み込ませてくれたゆうクン。

やっぱりすごい人です。


今夜もきっと、聴いてしまうだろうなぁ。



で。
ふと。
ワタシも。
「上京物語」
やっておけばよかったなぁ、なんて
思ったりしています(笑)

うん。
まだ…できるかも??(笑)




| ♪さかいゆう | COM(0) |
2014-10-27 (Mon)


ああ。
またもやブログ放置状態(笑)

季節の変わり目。
なんだか体調もすぐれなくって
長文を書く元気が出てこなくって(笑)
時間があればひたすらぼーっとしていたのです。ぼーっと(笑)

でもやっぱりジブンの忘備録の為にも
この映画を観たことは記しておかなくては!と。
ただでさえ憂鬱な月曜。おまけに朝から冷たい雨。
おまけに低気圧は偏頭痛と胃痛まで連れてきた。そんな中(アンタ大丈夫!?笑)
薄れかけた記憶をグイッと呼び戻してみたい。そんな昼前なのです(わはは 笑)


この映画。
イオンシネマでの上映なので札幌市内では観ることが出来なくて
近郊の小樽にトコトコ出かけて行ったのだけれど。
(北海道では 小樽、江別、北見、釧路の4ヶ所でしか観れないのだ)

平日のお昼過ぎという上映時間を差し引いて考えても
観客がワタシひとりだけという驚きと淋しさに襲われながらの鑑賞。
ホントにね。もったいないよね。
札幌市内でも観れたらもっと違っただろうになぁ。
上映スケジュールを見てみたら、北海道は11月7日までみたいです。
もう夜の時間帯しかないけれど、出来ればもう一度観たいくらい
「音楽ってすごい!すばらしい!」と鳥肌が立つ瞬間が何度もあった
そんなドキュメンタリー映画でした。
いや、ライブ映画!!
(観ながら思わずカラダが勝手に揺れてしまったよ!)


→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(2) |
2014-07-11 (Fri)


7月7日。月曜日。快晴。
日中は30度近くまで気温が上がり、空気も重たく蒸し暑かったけれど
夕方、大通公園に着くと風はクールダウンし始め
緑の濃い匂いが漂う、北の夏らしい爽やかな夕暮れへと傾いていたよ。
肌にサラサラ触れてゆく夕風がめちゃくちゃ気持ちいいー。


DSC_2104.jpg




ドーム型からテント型になり
入場口も反対側に変わっていたんだね。

最初はそのことに気づかず、あれ?誰もまだ来てないの??と、一瞬のんびりしたけれど
でももしや??と反対側を見てみたら、沢山の方々が整列待ちをしていて焦りました(やばいやばい 笑)

チケット発売日に近所のセブンへ買いに行ったら
(土曜10時発売ってネットに繋がらなくなることも多いので最近は直接買いに行っちゃうのです 笑)
なんと!一桁の整理番号が出てきて「おお!!」とビックリしたジブン。
そのラッキーも整列時間に遅れたら元も子もないものね!(笑)




     DSC_2109.jpg


 
     DSC_2106.jpg





→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(5) |
2014-07-07 (Mon)


土曜日は駅前通りと大通公園をブラブラしてきたよ。
あちこちでバーゲンも始まってるから、合間に洋服も買っちゃったりなんかして(笑)

でね。
なんといっても。今年も大通公園2丁目に建てられた
Sapporo City Jazz Music Tent を観たかったんだけど。

地上に出てみてビックリ!
もうあのドーム型じゃーなくなったんだね!!
てか、昨年からこのテント型になってたなんて全然知らなかったよー。
(おかしいなぁ。昨年は見てなかったのかなぁ???笑)


DSC_2085.jpg


やっぱりまぁるいドーム型の方がステキだなぁと思うのだけれど
収容人数が600人に増え、2階建になり、プレミアムカウンター席なるものもあるようで
大人っぽくゴージャスな雰囲気の会場になったみたいなんだよね。
⇒  Sapporo City Jazz

明日はいよいよ、さかいゆうクンのライブ!!
バンドで来てくれるようだから、きっとジャズテイストのアレンジをふんだんに加えて
いつものあの曲やその曲もカッコ良くなって聴けるとワクワクしちゃってます。

6年前と3年前に秦クンもここでライブをしてくれたんだよなぁ(遠い目 笑)

最初の頃なんてチケットに整理番号が振ってはいなかったので
(チケット取るのも電話予約のみだったからドキドキで手が震えたっけ 笑)

座席指定のために早朝から並んで大変だった記憶が鮮明に残ってるのだけれど
(炎天下ひたすら並んでクタクタになったよー涙)

今は最初からチケット購入順で整理番号が振ってあるので
夕方に座席指定をしに行けばいいだけから本当に助かります。
(最初からそういうシステムだったら良かったのにー 笑)

ライブ前の食事もすごく楽しみ。
チョリソーはあるかひら??(笑)
ジャンバラヤがあれば絶対に食べる!(笑)
でも飲み過ぎて眠くならないように気をつけなきゃ~(笑)


         DSC_2079.jpg







Music Tent を確認した後は駅前通りのホコ天へ。
夏は毎週土日、この通りは歩行者天国となり、様々な催しが行われるらしい。。
(近年は全然行ってないからよく分かってない 笑)

来週の土日は「さっぽろ市民音楽祭」が行われるので
あちこちに作られるステージの辺りを見に行ってみたよ。
(狸小路前のたぬきステージあたりを要チェック! )

そうしたらなんと。
そこにはリングが組まれ、アマチュアプロレスが行われてたのだ!!(ビックリ!!笑)

なんだかすごいなぁ!!(笑)

DSC_2099.jpg






パルコ前ではお神輿も。

DSC_2092.jpg


熱気がムンムンしてたのだ(笑)



明日は楽しみ。
週末も楽しみ。

唯一心配なのがお天気。
(台風が接近してくるかも??)

どうか雨が降らずに楽しめますように。


とりま。
明日はゆうクン!!

当日券が発売されるようなので
行こうかなと迷ってる方はぜひに!!!

◎7/7 SAPPORO MUSIC TENT LIVE
*出演:さかいゆう
*開場:18:00 開演:19:30
*座席指定:1階席/17:00 2階席/17:30
当日券販売:15:00から発売します。
1階席/有 2階席/無 2階プレミアムカウンター席/2枚


おし。
明日のために早く寝なくては(^O^)/



<追記>

たった今!!
録画しておいた「マキハラといっしょ」を観たよ!!
(番組タイトルがNHKの某番組に掛けているんだよね~きっと 笑)

いやぁもう・・・・言葉が出てこないくらい・・・良かったなぁ。
これからゆうクンのライブに行く前に観る番組としては最高だった!!

「ストーリー」でぶわーっと鳥肌。
これ、絶対今夜歌ってくれるよね????

で。
マッキーの歌声ってハイトーンなイメージだったんだけれど
ストーリーを歌うと、あれ??って感じてしまうほどに
ゆうクンの声の方がさらにその上を行くハイトーンなことが分かって
"やっぱり、さかいゆうって只者ではないなぁ・・・"と思い知らされたりなんかして。

あとね。
「音楽は言葉と同じ」と言う感覚。

ナインスコードのことを「小難しいことを言う人」だけれど
話しを聞いてるうちに、言ってることが分かるようになる。という感覚。

すーっごく共感したーーー(笑)

いつもジブンが音楽から感じていて、上手く言えなかったことを
ゆうクンはサラリと、当たり前のことのように、言語化してくれたなぁって、感動。

達郎さんの「RIDE ON TIME」のセッションも素晴らしかった。

マッキーとゆうクン。
2人なりの"達郎リスペクト"が歌声に現れていたよね。
とっても嬉しそうに楽しそうに歌う姿が、本当に観ていて気持ち良かった!!

そしてなにより。
才能あふれる後輩ミュージシャンのことを
「すごいねすごいね」って素直に認め受け入れるマッキーの懐の深さが伝わる番組でもあったなぁ。
(番組進行上の為の、リアクションが含まれていたとしてもー)


今夜。なおのこと楽しみになってきたよ!!

だからね。
行こうかどうか迷ってる方はぜひに!!!





| ♪さかいゆう | COM(0) |
2014-06-17 (Tue)


天気予報を覆し青空が!と思ったのもつかの間。
すぐに雲で日差しが遮られる北の空。

北には梅雨がないなんてもう♪むーかーしのはなしー(笑)
今日でもう12日間雨続き。太陽が見れるのは今週末らしい。
連続真夏日で日照り続きに「雨よー!」と祈ってみれば
次はこの長雨というお天道様の仕打ち・・(相当怒ってるのかな・・)
農家の方々大丈夫でしょうか。心配です。
北海道は日本の食糧基地の役割も担ってるのだし。ね。

そんな、気持ちまで鬱々としそうな(すでになっている 笑)お天気に比例して?
日曜のワールドカップの結果にまたまた鬱々。。(はい。ガッツリ観てます 笑)


スカッと晴れ渡る日はいつかなぁ。。
なんて思っていたところに、ゆうクンのこのニュース!

◎さかいゆう、盟友に囲まれた渋公で新作&ツアー発表 ⇒ ナタリー LIVE レポ



sakai6153.jpg


やっぱりね。
みんな予想していたとおりに、ゲストに秦クンも出て「ピエロチック」を歌ったんだね。
(正直、それを期待してチケット取った方が結構いるよね 笑)

うらやましい~とは思うけれど
ゲストなしの札幌ライブも本当に良かったし
ゆうクンはゆうクンの世界だけで聴きたい気持ちの方が大きいから
あえて秦クンにココロ奪われる瞬間はなくてもいいかな。なんて思うへそまがりなヤツ(笑)

そのくらい、"さかいゆう"にじっくりと浸って楽しみたいという気持ちが
ライブに行くたびに膨らんでいくのを自覚しつつある今のジブンです。

だからね。
この日に発表されたツアー。
行こうかどうかすごく迷ったんだよね。
今でもまだ迷ってる。でも。。。どうしよう??(笑)

■さかいゆう TOUR “ONLY YU” #4 ⇒ SAKAI YU Official WebSite

もうね。
浜松" 窓枠"   松阪"M'AXA" 郡山" 創空間 富や蔵"・・・・。
会場名を見ただけでワクワクするね。
秦クンのGM@’09年を思い出してしまうよ。
それぞれに趣きのある小さな会場でゆうクンの弾き語りを聴けるなんてね!

で。北の会場はというと・・・・初めて知った場所: 旭川" 島田音楽堂"。
すぐに調べてみたら・・・これがもうすごい北海道らしい素敵な会場で!!
Mount Alive 旭川 島田音楽堂

もっと詳しく知りたくて調べてみたらなお素敵なことにビックリ。
cafe susiee Cooper

「豊かな自然とふれあうことが出来る江丹別地区にある牛舎を改造して創られた音楽堂。
天井が高く、床が石張りとなっているため、残響の多い素晴らしい独特の音が楽しめます。
ショパン国際コンクール(ワルシャワ)の歴代入賞者が演奏した由緒あるピアノがおいてあります。」

宮沢和史さん、矢野顕子さんもライブを行ったことがあるそうな。
ゆうクンがここでやりたい!と思った気持ち。大いに納得しちゃいます。

しかーし。
アクセスが。。
Google Map 旭川 島田音楽堂

旭川なら日帰り出来るかもーと思ったのは甘かった(笑)
車がないとこの場所はちょっと厳しいかも(ペーパーなワタシ 笑)
JR駅から車で15分。行きはタクシーだとしても帰りはどうしよ??
てか、最終の特急に間に合わない可能性が大・・(笑)

うーん。うーん。うーん。。。。
行ける行けない行ける行けない行ける行けな・・・(花占いか!笑)
いっそのこと泊まり?という手もあることにはあるけれど。
9月のライブ予定・・・多分他の人で遠征したくなりそうな予感(笑)
来月は札幌City Jazzでこれまたスペシャルなライブのゆうクンを観れるしなぁ。。

悩みに悩んで今回はパスをしようかなと(あーでも行きたいー)

ホント。この特別な空間で弾き語りを聴けるだなんて、もう二度とないかも。
デビュー5周年のゆうクン。映画出演もあるし、アニバーサリーライブもあるし
これからもっともっと大きく飛躍していきそう・・。

なので。
旭川方面の方。そして車で行けそうな方。
ぜひにぜひに。ここでのライブ。行って欲しいなぁと願います!!
行ける方に想いを託しちゃう(勝手に 笑)
ジブンの分も観てきてもらっちゃう(ホント勝手に 笑)
ただ今、オフィシャルHP+オーガスタモバイル先行受付実施中ですよ~(受付期間:6月15日23:00~7/6 23:59)

ああ。
ホント。行きたいライブがありすぎて困る。
でもお金も時間も限りがあるしジブンの立場もあるわけで(笑)
なかなか思うようにはいかないのだよなぁ。
仕方ないよね。うん。仕方ない(言い聞かせる 笑)

でも。ホント。行ける方はぜひに!!!
いつも札幌までプチ遠征でいらしてる旭川方面のみなさん。ぜひに!!(笑)

そうそう。
札幌CIty Jazzのチケットもまだ1階席はあるようなので
こちらもぜひに!!!
Sapporo City Jazz
※ちなみに、2008年(8/1)・2011年(7/21)の過去レポに秦クンのライブ画像が載ってます。
 2008年は"Earth Frienda シンポジウム"にも出演していますよ~☆

この空間も本当に本当に素敵なんだよなぁ。
2008年・2011年には秦クンのライブが行われて運良く2回とも参加出来て(間近で見れて)
今でも思い出すたびにあの時の興奮が瞬時に蘇るほど。
お酒と食事を楽しみながらライブも観れるなんて、こんなことそうそうないものね。

テントに映し出される歌とリンクする映像。
ゆったりと流れる夏の空気。とてもとても素敵ですよ。
まだチケットを取ってない方はぜひにぜひに!!


あー。
なんか今回は、オーガスタの回し者みたくなってしまった(わはは 笑)

でもホントに素敵なライブになること間違いなしのあちらにこちら。

ぜひにー!!!(笑)






| ♪さかいゆう | COM(2) |
2014-04-22 (Tue)


ガーン。。
うっかりソファで寝落ちしてた(笑)

でも。
DVDよ。ありがとう(笑)

録画を何度も観てジーンとしているジブンです・・・。


「SMAP×SMAP」に、ゆうクンが初登場!!

「Yes we are」をさかいゆう×SMAP で歌ってくれたね!!!





→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(0) |
2014-04-16 (Wed)


うーん。。。
先日の両国国技館「ピアノジャンボリー」のセトリを見て
うわーうわーうわー!!と声を上げてしまったジブンです(笑)
 ⇒ ナタリー「KAN、スキマ、kahoら国技館でピアノ弾き語り競演」

札幌ライブの翌日にブンブンブンと飛んでったゆうクンの歌声は相変わらず凄かったんだろうし
スキマの連弾!!だとか、KANさんとのコラボだとか、なんだこれー!!ってなくらい羨ましさ満載のライブ。

ま。
いーんだけどさ。
土曜のゆうクンライブで幸せがじんわりと続いてるんだからさ(笑)


風はまだまだ冬の名残りを含む冷たさだったけれど
春に向かう夕焼けのオレンジがとーってもやわらかで。
これから始まるライブへの期待をも照らしてくれているようで。

週末の人込みの中を弾む足取りでススキノ駅から会場に向かったよ。

札幌KRAPS HALL。
ちょうど3年前。待ち望んでいたゆうクンの札幌初ワンマンが行われた会場。

あの時は新作アルバムを引っ提げての“ONLY YU”のツアーだったから
ひとり多重奏のライブだったんだよね。

開場の半分が椅子席。後方がスタンディングという形式。
それでも残念なことに満員御礼とはいかなかったっけ。
自分の部屋で弾いてるようだとマイペースで奏で歌うゆうクンと
ゆったり座ったままそれぞれ思い思いに聴き入っていたライブ。

でも今回はオールスタンディング!!
おまけにチケットは早々にソールドアウト!!
キャパ300をかるーく埋め尽くしての熱いライブな予感!!

チケット番号だって、今まではずっと2ケタ前半が取れてたのに今回は3ケタ。
ゆうクン人気が確実に上がってることの証だよね。

開場前の列に並ぶと、お友達が声をかけてくれて嬉しさ倍増。
いつものスタッフのお姉さんの髪型の変化に驚きながら(どんどん過激になるって一体? 笑)
並んでる間にコートやマフラーをロッカーに預けて身軽になりココロはグーンとUP!!

いざ!!会場内へ!!!


はい。
前方中央。
距離的にはかなり近いはずなんだけれどー。
周りのみなさんとても背が高ーい !!(笑)
ジブン。完全に埋もれてました(笑)

でももしこれが、ギターで弾き語るHクンのライブだとしたら・・。
一重の涼しげな表情も、ギターを弾く指先も、ラクに見えるはずなんだろうなぁ(笑)
流し目をバシバシとキャッチしすぎて卒倒するくらいの近さなんだろうなぁ(笑)

はい。
今ここにHクンが現れたら・・なんて突然の妄想に襲われドキドキしていたジブンです(アホ 笑)
だよなぁ。久しくHクンに会ってない感じだもんなぁ・・(いや、昨年末横浜で会ったけれど遠かっただけ・・笑)



それにしても。
今回はバンドを従えてのワンマン。
コーラスの方もいるんだからね!!どんなライブになるんだろう?

気持ちを切り替え腕時計を見ると18時を5分回っていた。

いよいよ始まる!!






※ネタバレあるはず~。
 
 たたみまーす(笑)





→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(4) |
2014-04-12 (Sat)


あちこちでは桜の花びらが舞っているというのに
北では春遠くまだまだ雪が舞っていた昨日-。

はぁー。
寒い寒い寒い!!

春物のコートじゃしのぎ切れない寒さだけれど
今更冬物には戻れないのだよ。
季節の後戻りはしたくないのだよ。

そんな、まだまだ"キャッチーな寒さ"の札幌に
ゆうクンが来てくれてる。今日はツアー2日目だ。

昨日はどこのカレーを食べに行ったのかなぁ?
ライブで教えてくれるかなぁ??

そんなことを考えながら
ゆうクンのアルバムを聴きながら
久しぶりにHPのブログを読んだんだけどね。。

高知に帰郷したことを書いてる文を読みながら
ゆうクンの柔らかな歌声に包まれていたら
なぁんだか・・・泣きそうになった(笑)

なんていうか。。
ゆうクンのブログっていつも飾らない言葉が綴ってあって
カッコつけようとか、うまくまとめてやろうとか、
妙な飾りをつけようとしてないところが、すごく好きなんだよね。

まるで友人に宛てたメッセージのように
素直なココロをさらっと綴ってる。
そんなトコロに強張ってた気持ちがやわらいでいく。

沢山の人に向けて音楽を届ける立場にいて
それでもいつも飾らないでいてくれるゆうクンが、やっぱり好きだなぁって思うのです。

うん。
今日のライブでもっともっとやわやわにしてもらおう!

あ。でも。
今回はもしかしてオールスタンディングなのかな??
バンドVer.ってことはそんな気がするんだけど、どうなんだろう??

ワーッとはしゃぎたい気持ちも大だけれど
正直椅子が無いのはツライぞよ(笑)

ココロはやわやわになれても
足腰はガチガチになってしまう(笑)

そんな不安?もありながらも
バンドメンバーにもワクワクが募ってたりして
今夜のライブがとてもとても楽しみです。

今年は夏のSapporo City Jazzのテントライブにも来てくれるし
(ステキな番号のチケットをすでにゲットしました!笑)

ゆうクンに会える機会が多くて嬉しいな。



| ♪さかいゆう | COM(0) |
2014-01-20 (Mon)

案の定。
あれからずっと「Coming Up Roses」だけを聴いている。
ゆうクンのライブの余韻にひたひたになっている。

ほんの30分ほどのミニライブだったけれど
あの空間で受けた多幸感とあたたかな余韻は
今もまだジブンの胸をじんわりとさせてくれるのだ。

そしてやっと。
「Coming Up Roses」の特設サイトをクリックしたよ。
「Coming Up Roses」Special Site

うん。
アルバムを聴く前に
ライナーノーツやインタビュー記事などは見たくなかった。
妙な先入観は持ちたくなかった。

真っさらなままジブンが楽曲から感じたことと
ゆうクンが楽曲に込めた想いと音の数々。
ふたつをそっと照らし合わせてみる作業。

でもそれは、単なる答え合せではなくて
彼がこう思ってることと、ジブンがこう感じたこと
その違いを新たに発見する喜びの作業なのだ。

そしてなぜか、重なり合うことよりも、違いを知ることの方が
もっと深く分かり合える気がするから不思議なのだ。

「薔薇とローズ」の、さらりと胸襟を開くゆうクンのエピソードに
この曲への愛着がさらに深くなり

「愛するケダモノ」の、胸を突くフリューゲルの音色と歌詞の意味を
ゆうクンの女性観から知らされたり

もうね。
読めば読むほど、曲をすぐに聴きたくなってしまうライナーノーツです。


あとね。
インタビュー記事での言葉。

「誰にも魂を売らずに、それでもこうして商業音楽にたずさわることができてる」

ゆうクンってさ。
いつも本質をえぐってくれるよね。それも爽やかに。なにげない風で。

「誰にも魂を売らない」ブレない姿勢は
やっぱり音楽を始めたあの場所からくるものなんだろうなぁ。

空の上の彼に、いつでも胸を張れるように。

だからさ。
もしもこの先、魂を売ることにならざるを得ないような状況がきたならば
その時は、サラリとその立ち位置を離れるだろうし、事務所からも離れるだろうし
もしかしたら、音楽からもしばらくは離れる・・・ように思うんだよね。。

そんなことを、先日の秦クンのGMチケット販売での小さな棘がサクリと刺さったままのジブンは
「魂を売らない」という意味の深さと共に、考えてしまっていたのでした。
(秦クン自身は"そのこと"をどう考えているのか一番知りたい・・・ネ・・)


うん。
インタビュー記事を読んでいて、久しぶりに胸のすく想いがしたのでした。

ゆうクンは
「自分のファンなんて、もしかしたらほとんどいないんじゃないかと思ってるんで。
 いるとしたら、曲のファンだったり、声のファンだったりするだけなんじゃないかな。
 僕はそれでいいと思ってます(笑)」

なぁんて語っているけれど。

ここにいるからね(笑)

ゆうクンのパーソナルにも惹かれているファンが
確かにここにひとり、いるからね(笑)

そう、ちいさく、つぶやいてるジブンです(笑)



あー。
もう、ほんと。いいなぁ!!

ジタバタしちゃいたいくらいに
さかいゆうっていいよ!!って伝えたい(笑)


やっぱりさ。
音楽がいいって思っても
それを創り奏で歌う人自身もいいって思えないと
その先まで、ずっと先まで、一緒に行こうなんて思えないから。

やっと開き始めたその花が
次々とあちこちで鮮やかに大きく咲き誇るさまを
見守っていきたいなぁと。

そう思っています(^。^)









| ♪さかいゆう | COM(0) |
2014-01-19 (Sun)

行ってきたよ。
ゆうクンのミニライブ。

会場は昨年4月に行われたミニライブと同じく
札幌駅地下のショッピングモールの中にある「テルミヌス広場」。

最初の頃のインストアライブはHMVの売場に即席で作ったミニミニステージだったもんなぁ。
ずっと立ちっぱなしでのライブだったし、何より集まった方々も少なかったもんなぁ。。。

でも。ここだと椅子席がある!ざっと75席くらいかな。(また数えてる・・笑)
前回はライブ開始30分くらい前に行っても余裕で座れたから
とりあえず今回は1時間前なら大丈夫かな??って思って行ってみたら・・。

わわわ!!
座席が半分以上埋まっていて、ちょっと焦る(笑)

ポツリポツリと空いていた前の方の席があったので
そこになんとか滑り込みセーフ!!
今回もなかなかの席をキープできました!(笑)

てか。
横の方に「どのくらい前から来たんですか?」って聞いてみると
「あ、私は30分くらい前ですけど・・最前列の方は朝から並んだって言ってましたよ~」と!(驚!)

その方はミニライブは初めてらしくて。
(反対側に座っていた方も初めてみたいだった 笑)

リハでゆうクンが出てきたときには「すごーい!!お得だねー!!」と大喜びしていたよ。

ゆうクンを迎える沢山の方々の拍手と歓声。
ゆうクンに向ける最前列の方々のハートマークの熱視線。

すごーい!!!
やっぱりゆうクン人気は確実に上昇してるんだ!!!

振り返ると立ち見の方々もいっぱい!!!!
ざっと数えてみても(椅子席・立ち見両方で)150人位はいたんじゃないかな??
いや、それ以上かな???
(どんだけ数えるのが好きなんだ!笑)



→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(4) |
2014-01-17 (Fri)

ふー。
小一時間。
いい汗かいてきたぜよ。

雪かきでね!!(爆)

もういい加減にしろー!って恨めしく空を見上げるほどに
毎日絶え間なくモサモサと降り積もる雪だけれど

ここ最近の雪は粉砂糖のようにさらっさら。
俗に言う"パウダースノー"ってやつ。ホントにふわっふわのさらっさら。

雪だるまはおろか、雪玉でさえなかなかうまく作れないくらい。
新雪に足を踏み入れるとふわふわ~と舞い上がるほどの軽さ。

うん。これぞ、♪ふわり羽根のよう~(オイ 笑)

外灯に照らされキラキラ輝く雪の中を歩く。
踏まれた雪が思わずキュッキュッと声を上げる。
その声は辺りを覆う雪の壁の中へとまた吸い込まれていく。
しんとした世界の中で聞こえるのは規則正しい鳴き声だけ。
雪がやんだ夜空を見上げると満月がキリキリと輝っているー。

頬は冷たく痛いほど凍れるけれど
そんな冬の夕闇を歩くのがとても好きなジブンです。

でも。やっぱり。

寒いけどね!!!!!!(笑)

だって今日も最高気温が-4度・・・(冷凍庫~笑)




そんな寒ーい北に
今日は、ゆうクンがやってきてくれてるみたい。
明日はアルバム発売記念のミニライブがあるから、前入りするんだね。

夏場は当日入りが多かったりするけれど
冬は雪で飛行機がダイヤ通りに飛ばないこともあるから早めにくるんだろうなぁ。
(そういえば、秦クンもここ最近は前入りばかりだなぁ 笑)

ラジオ出演のあとは、あちこちのCDショップに寄ったりして
今夜はぬくぬくと美味しいものでも食べるんだろうなぁー。
(そういえば、秦クンはジンギスカンを食べてたなぁ 笑)



あ。
そうそう。
昨日やっと、ゆうクンのアルバムを取りに行ったんだ!(笑)

昨年のワンマンライブの時に予約しておいたからね。
HMVに行ったら、ちゃーんと大きく展開されてたよ!







→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(0) |
2013-12-07 (Sat)


さすが師走だ(笑)
時間が倍速で過ぎていくよう。
それも3倍速くらいの勢いで(笑)

ゆうクンのライブからもう1週間経ってしまったし。
その間、ジブン、何をしてたんだろう?って振り返っても記憶が薄い。出がらしのお茶より薄い(笑)
(あ、FNS歌謡祭は見た・・笑)


とにかく早く、ゆうクンのライブのことを記しておかないと
色の無いお茶になっちゃいそうー(なんだよそれー笑)

だから今日こそは!とちょっと頑張って書いちゃう。

うん、書くのだ。



※ネタバレありなので、ライブがまだの方はご注意を!



→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(2) |
2013-10-24 (Thu)


このところ心身共にバタバタしていて
日曜にあったハタペのユーストも「ま、見なくてもいいか~」ってスルーしちゃって(笑)

秦クンがラジオで話す姿をこっそりと覗き見状態って
ジブン的にはどうにも恥ずかしくなっちゃって(わはは 笑)

やっぱりラジオは、話してる姿を想像しながら聴いた方が楽しいよねっていう
そんな結論に導かれた前回のユーストだったという(はい、あまのじゃく~笑)

あ。でも。
先日のハタペも半分しか聴けなかったー(笑)

ま。そんなユルさでいーんだよ。
ユーストがちゃんと映らなくてヒドイわヒドイわーとか、秦クンをはよ映せ~とか、
そんな必死になっても仕方ないじゃん。ね(笑)

「パソコンを信じるな」
パイセン・スキマのタクヤくんの名言をふと思い出す。素晴らしいわ~(笑)


それよりも。
昨日発売したゆうクンの「薔薇とローズ」!!

これはちゃんとフラゲったよ!!




→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(0) |
2013-05-30 (Thu)

自分のブログをチェックするときに
なにげに気になるのが"検索キーワード"。

このブログにどんなキーワードでたどり着いてくださったのか?
これを見ると注目されてる記事や事柄がよく分かる。

でね。
ここ最近多いのが
「さかいゆう CM ウツクシeK」というキーワード。

やっぱりあのCMで歌ってる人は誰?どんな人?って
気になってる方がすごく多いってことなんだね!!

なんだかすごく嬉しい!!
ゆうクンはもっともっと注目されるべき人だと思うもの!!

とりあえず、気になる方はゆうクンのHPをチェックして
ぜひライブにも足を運んでみて下さい!!
生の歌は何十倍も素晴らしいんですよ!!
さかいゆう offcial web site

それにしても。
あのeKワゴンのCM。
テレビから流れるたびにゆうクンの歌声にドキッとして
サビの部分でキュンとなるよなぁ。
早くフルで聴いてみたいなぁ。。





| ♪さかいゆう | COM(0) |
2013-05-22 (Wed)

今朝。
なにげに見ていたテレビのCMからの歌声に
一瞬にして耳を奪われて。

「え?この声、このメロディー、誰なの?」とめちゃくちゃ気になって。

そうしたらラッキーなことに続けてもう1度同じCMが流れ出したから
慌てて画面左下に映し出されるであろうミュージシャンの名前を確認したら

哀しいかな。
表示されてる時刻に隠れて名前がよく見えなくてー(涙)
でも、ひらがなの「さかい」っていう文字だけはハッキリと分かって

「えー!!このCM曲、ゆうクンなの!?やっぱりあの声、あのメロディー!?」ってドキドキ!

慌てて色々調べてみたのだけれど
イマイチ情報が掴みきれなかったんだけれど
(公式HPにもUPされてなかったし)

夕方にTwitterでやっと教えてくれたね!(もっと早く教えてよー笑)

多分、あの今朝のCMが初オンエアーだったのかも!
偶然にも遭遇出来て、朝からとってもいい気分になれました!

■さかいゆう新曲が“三菱自動車 eKワゴン”のCMソングに決定!!
本日より「ウツクシeK ティザー篇」オンエア開始!

⇒ ウツクシeK 三菱新型eKワゴン 

井川遥さんのたおやかで美しいさまに重なる
ゆうクンの透き通ったハイトーンの声とメロディー。

このCM。
絶対話題になると思う!
これ歌ってる「さかいゆう」って誰?ってつい調べたくなると思う!

ジブンも思わずハッとしちゃったもの。
瞬時にして惹きつけられてしまったもの。

早くフルでこの曲を聴きたいなぁ!!

今朝は、日テレ「ZIP!」の"もこみちコーナー"の前に、立て続けで2回流れたから
多分明日も、この番組の同じ時間帯に流れると予想しまーす!


あ。
なかなかチェック出来ない方は
とりあえずこれを見るといいかも。

キャッチーなメロディーと歌詞は
このCMの為に書き下ろしたんだろうなぁ。

そして以前ここでも書いたけれど
先輩・まさよしさんとの対談で語られていたことが
このCMの曲作りにも繋がってたんだなぁと嬉しくなりました。

だってね。。
何度聴いてもね。
忘れられないフレーズとメロディーと歌声なんだもの!!


→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(0) |
2013-05-06 (Mon)
わぁー。
そうなんだ。
そうだったんだ。
ゆうクンがオーガスタに入るのはやっぱり必然だったんだ。

なぁんだかね。
これを観てすごく納得したし
ゆうクンがこの曲を選んだこと自体がめちゃくちゃ嬉しかった。

シンタくんが弾く鍵盤も、ゆうクンに繋がってたなんて!
今年のオーキャンの期待値がなおのことUPしちゃってる。

もしかして。
この曲を一緒に歌うのかなぁ。
それってきっとありだよね!

ぜひ、ゆうクンが熱く語ってるところを見てください。
スキマファンの方々も必見ですよ!


■さかいゆうが選ぶスキマスイッチのこの1曲!!





そして。
多分この次は
後輩1の秦クンが「この1曲」を熱く語ってくれるものと期待してます!(^。^)

果たして、どの曲だろう??
楽しみだ♪



| ♪さかいゆう | COM(0) |
2013-05-03 (Fri)

本当は。
このことを早くブログに書きたかったのだけれど
ゆうクンのインストアライブが終わってから・・と思っているうちに
なかなかタイミングがつかめないまま、今になってしまった。


◎SMAP新曲「Yes we are」作詞・作曲をさかいゆうが担当!
■SMAP新曲「Yes we are」
 ・作詞・作曲:さかいゆう
 ・編曲:森 俊之
 ☆TBS系ニュース番組「Nスタ」テーマ曲

この曲を作った時のことを
ゆうクンがブログに書いてくれてる。 ⇒ さかいゆう オフィシャルブログ

これを読んだ時、すぐ頭に浮かんだのが
昨年TV放送されたゆうクンの特集の番組の中で写った高知の景色だった。

ゆうクンが親友の「彼」のことを語りながら歩いていた道。そして海。
その頃のゆうクンが、今のゆうクンに至るまでの道のりを
「彼」はずっと空の上から見ていてくれてるんだなぁって
番組を観ていた時にも「彼」の気配をなんとなく感じていたんだけれど
今回のブログを読んでさらにその感覚が深まった。

やっぱり。
歩いていく道の途中で出会う人って
偶然じゃなくて、必然なんだと思う。

そして。
どういう人と出会うかは
自分自身の背筋がちゃんとピンと真っ直ぐ伸びてるかどうかで決まるんだと思う。

ゆうクンが出会った「彼」は
そんなゆうクンだからこそ引き合えて親友になったんだと思うし

音楽を目指しデビューするまで、そして今までを支えてくれる人たちと出会えたのも
そんなゆうクンだからこそ巡り会えたんだと思う。

ジブンの経験からも、すごく実感してることだけれど
後ろ向きの時には、同じような人しか寄ってこないし

逆に、真っ直ぐ前向きに目標を持って頑張っていると
必ずそれを支えてくれる人に導かれ出会えるものだと思う。

だから。
「彼」とのことも「SMAP」とのことも
ゆうクンの今は、ゆうクン自身がちゃんと引き寄せた必然なんだって確信する。

うん。
ゆうクンはいつも「Yes!!」って歌うことが多いけれど
(1stアルバムのタイトルも「Yes!!」だもんね!)
いつでも前向きに「そうだよ!OKだよ!」と進みゆく姿に
ラッキーはちゃんとついてくるんだと思う。

SMAPの新曲は今のところニュース番組「Nスタ」でしか聞けないみたい。
早く曲も歌詞もちゃんと聴きたいな。



あ。
先日買った「僕たちの不確かな前途」。
あれから変わらずに、ずっとずーっと毎日このCDばかり聴いてる。

今は「ONE WOMAN」が一番のお気に入り。

この曲も 森雪之丞さんの作詞なんだけれど
歌詞だけを読むのと、ゆうクンがメロディーに乗せて歌うのとでは、印象がガラリと変わる。

ゆうクンの歌声で、メロディーとピアノで
やっとこの歌詞が息づいてくる。情景に色が添えられる。

これってすごいことだよなぁと、聴くたびに思いながら
胸に染み込む温かさにいつも癒されています。





※「ウーマン スマイル カンパニー 千趣会」イメージソング になっています。




| ♪さかいゆう | COM(2) |
2013-04-28 (Sun)


行ってきたよ。
ゆうクンの久々のイベントライブ。
昨年のワンマンツアー以来だから約1年ぶり。

先日のニコ生で見たゆうクンそのまま。
少し痩せて男っぽさが増したかっこいいゆうクンでした。



→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(0) |
2013-04-25 (Thu)

正直ね。
シングルは次のアルバムに収録されるはずだから
申し訳ないけれど今回は買わずに済まそうなんて思ってたんだけどね。

やっぱり。
欲しいな!って、買わなきゃ!って、思わされた!!

リアルタイムで観れなくて
つい寝る前にシフトタイム予約したのを見始めたら止められなくなって
案の定今日も寝不足の体で使い物にならないポーッとしたジブンです(笑)


さかいゆうスぺシャルライブ@​2.5D ~4.24「僕たち​の不確かな前途」リリースセッ​ション~

◎セットリスト
ONE WOMAN
春とメガネ(仮)
100%
CREEP(RADIOHEADカバー)
僕たちの不確かな前途
バーモントキッス(相対性理論カバー)
Superstition (Stevie Wonderカバー )
君と僕の挽歌



「100%」良かったなぁ!!

途中の歌詞ど忘れを救ってくれたのは
多分スタッフさん(マネさん?)だよね?(笑)

ほとんど女子ばかりという観客を前に
内心ドキドキしてたせいかもしれないね(笑)

「僕たちの不確かな前途」は
弾き語りVer.の方が好みかもしれないって思った!

そして。
カバーのカッコ良さと言ったら!!!
このリズム感は天性のもの?
ピアノを叩く運指につい見入ってしまう。
すごいすごいとひとり真夜中PCの前で感嘆の声を上げてしまう。

でもゆうクンのことを「天才」とは言いたくないんだ。
だって見せない努力を普通の人の何百倍もしてるはずだから。

最後の「君と僕の挽歌」
やっぱり泣かされてしまったなぁ。


それにしても。
ゆうクン。痩せたね!(笑)

なんだか以前とはカッコ良さが3割・・いや5割増し!に見えた!(笑)
かわいいよりも男っぽさが上回ってたなぁ。

でね。
曲の終わりの〆る時に必ず左側に小首をかしげるその仕草が
なんだか秦クンにやたら似てた(笑)

ていうか。
一重顔のその雰囲気。
ゆうクンと秦クンは絶対同じカテゴリーに入ると思う!(笑)

2人の共通項をついつい探しながら
ライブに見入っていたジブンです(笑)

で。
やっぱり明後日は観に行こうと思ったジブンです。


うん。
今回もCDリリースイベントが北でも行われる!

ていうか。
東京と大阪。そして札幌。
とりあえずは3ヶ所だけのイベントなんだよね。

これって、絶対、ゆうクンは札幌を気に入ってくれてると
そう勝手に思いこんでもいいんだよね?(わはは笑)

だって前回のツアーもファイナルが札幌だったし。
きっとピタリ揃ったお客さんの手拍子を聴きたいはずだし。

あ。
でももしかして大好きなスープカレーがあるから?食べたいから?(笑)

どちらにしろ。
ちゃんとCDをお買い上げして
明後日のゆうクンのイベントを観に行く!

楽しみ!


ああ。それにしても。
やっぱり昨夜もハタペは聴けなかった(笑)

てか。
ハタペをやってる時間に
ゆうクンライブのタイムシフトを見てるジブンを
誰かガッツリ叱ってください(爆)




| ♪さかいゆう | COM(2) |
2012-06-15 (Fri)
録画してたけど。
やっぱりリアルタイムで観たよ。

さかいゆうクン出演の
BSジャパン「Music Travel」。


音楽を通して自分のルーツを辿る旅。
やっぱり始まりは出身地の「高知」

ゆうクンが過ごした風景がいっぱい。

雑草生茂る歩道を歩きながら
親友が亡くなった時のことを話してくれるゆうクン。

その場に吹く風の温度とか匂いが伝わってきそうだったなぁ。

天からの啓示のような「ミュージシャンになれよ」という言葉を
ジブンも聞けたような、そんな感覚になったなぁ。

故郷の海。母校。
繁華街。路面電車。
よく通ったラーメン屋さん。
ライブハウス替わりに練習した天神橋の下。


あぁ。
なんかもう。ねぇ。
こういうのを見ちゃうと、涙腺緩んじゃうよね。

特に。
山下達郎の「FUTARI」を聞きながら
新聞屋さんのバイトに向かうエピソード。
なんだかジブンと重なる部分があって
またもや勝手ながらシンパシーを感じてしまって
胸が苦しくなってしまったんだよ。

ジブンも外国へ行こうって決めた時には
早朝から真夜中までバイト3つ掛け持ちして半年で70万貯めたよなぁ。って。

吐く息も白い夜明け前のうす暗い空の下。
夜の喧騒が足元にうずくまっている繁華街をひとりお店に向かって歩いて行ったよなぁって。
沢山の希望と背中合わせの不安さえも、ある意味誇らしかったよなぁって。

そんな若かりしき頃を思い出して、胸が苦しくなってしまったんだよ。



うん。
高知ライブ。

ゆうクン。
カメラ入ってたから?故郷でのライブだから?
やたら緊張していた感じだったなぁ。

札幌の方がリラックスしてたね(笑)

「君と僕の挽歌」
音楽番組で歌っていた時とは魂の熱さが違う。
やっぱりこの曲こそ、ライブで聴いて欲しい曲だ。

テレビからも想いは十分感じとれるけれど
直に聴くこの歌は数段すごいよ。別格です。

ゆうクンの良さが映像からちゃんと伝わったかな。
この番組で沢山の人にゆうクンの音楽が伝わればいいな。

ホント。
ますます、ゆうクンが好きになりました。

彼を育んでくれた高知にもいつか絶対行きたいな。
(オーキャン行ければなぁ!)



そうそう。
杏子さんが
「あんなに指が短くて、なんであんなに弾けるんだろう?」って言ってたけど

本当にジブンもそう思う!

でもね。
指は短くともね。
手の平は大きくて、ガッチリと男らしい手だからね。

それにね。
なんで?どうして?って質問したら
「一日18時間も練習してたからね。」って。
さらっと答えてしまうんだろうしね。


みんな。
ゆうクンのこと。天才だって言ってたけれど。

隠れていた才能をここまで引き出すための20歳からの道のりは
並大抵じゃー出来ないことばかりだったと、やっぱり思うのだよ。


ホント。
すごいよ。
さかいゆう。



あ。
坂本龍馬の銅像の前で、ゆうクンが「アニマル浜口ー!」と言いながらとっていたポーズ。

あれ。
札幌のライブでもアンコール終了後にやってたよなぁ(笑)

プロレス愛好家のゆうクンだから
いつでもやってんのかな?

あれって。武藤のポーズ・・・だよね?
(よく分かってないジブンです笑)



おし。
今夜は「How's it going」を聴いて寝よう。




さかいゆう / 君と僕の挽歌 ~老犬と海編~






やっぱり。
MVはこっちの方が断然好きだ。

この海って・・・どこだろう?

高知・・・ではないよね?






で。
今日、煮詰めて煮詰まっていたという秦クン。

"はた 負けず嫌い もとひろ"クンは、きっと、
"さかい 天才と言われる ゆう"クンに負けたくないなーって
ちくしょー!年上の後輩に負けないように、いい歌作ってやるぞー!って

そう思ってるような・・・気がする(笑)



うん。
4~5年前。
ハタクヤが騒がれてた頃は
タクヤくんが、後輩の秦基博に負けてたまるか!って内心強烈に思ってたんだろうし。


この、淀みなく回るいい循環。
オーガスタアーティストの切磋琢磨するさまが
いい歌を創り出す要素のひとつになってるんだろうね。




たのしみだよ。




でも今夜はやっぱり

ゆうクンにどっぷり浸るよ。




| ♪さかいゆう | COM(0) |
2012-06-11 (Mon)
これを書きながら
エンドレスで「How's it going」をかけていて
もう何十周したのかな?と思うくらい聴いているのに

最初の「Intro」で、相変わらずすぐに気持ちが浮き立ってくるのは
このアルバムの凄さを証明している。って、そう思う。



早く書き上げたいなって思うけれど

書くことでもう一度ライブを体感しているような、そんな気持ちになれるから

なんだかとても満たされて穏やかなココロなのです。





※畳みまーす☆



→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(0) |
2012-06-10 (Sun)
やっと。
週末になった!!

やっと。
ライブの感想を書ける!!

色んなことをフツフツと思い出しながら
早くまとめたいなぁって思っていたんだけれど

いかんせん、いつものようにゆっくり書く時間がなかなか取れなかっただよー(笑)




うん。
行ってきたよ!!
さかいゆうクンのツアーファイナル@札幌。

またもや、この気持ちを表す言葉を見つけられずに
余韻に浸りっぱなしでいるのだよ!!

そう。
「くん」じゃーなくて
「さん」と呼ばなきゃ!と思わせられたライブだった!!

でも。
「天才」とは言わない。言いたくない。

ここに至るまでの彼が歩いてきた道のりを思うと
「天才」だから・・なんて、その一言で済ませちゃいけない気がする。



何から書いていいのか、まだ分からないけれど。

思いつくままにでも書いておかなきゃ、するすると記憶がこぼれ落ちてしまうから

またもや(笑)のろのろとPCの前に座っとります。






※畳みまーす☆








→ ReadMore
| ♪さかいゆう | COM(0) |
2012-05-22 (Tue)
フラゲした!

PCに落としながら
まっ先に歌詞カードを開いた!

うろ覚えの歌詞をなぞりながら
やっとホントの意味をぎゅっと手にしたんだよ!

曲が始まる前から胸の奥がふるふるとしたんだよ!



うん!!
「Lalalai」の可愛さったら!!

弾んで跳ねる嬉しい気持ちが
ラララ~イになって飛んでってんだなぁ!!

さりげなく韻を踏んで、軽やかにステップも踏んで。

ジブンまでラララ~イ!って笑顔になっちゃうよ!!




今までのさかいゆうをひょいと超えてっちゃったね。

胸の内がオープンになるってことは
こんな風に変わっていけるってことなんだね。

もうね。
スクリーン越しのもどかしさがないもんね。
だからこそこんなに細胞レベルで音符が染み入っていくんだね。



そうそう。
さかいゆう trio ver. の LOVE&LIVE LETTER。

ゆうクンの歌声だけだと
手触りがやわらかめで、優しいパステルカラーの歌になってる。

だから。
杏子さんの歌声が、タクヤくん・秦クンの歌声が
どれほど濃淡に彩られゴツゴツザラザラしているのか
別の歌に感じられるほど、その違いがよく見える。ね。

ていうか。
正直言って。
あのサビの部分は、杏子さんのあの歌声じゃないと物足りないかも?(笑)

ラ・ララ♪の部分も、エロさが欲しくなったりして?(笑)


あのMV Part2 の中で
ゆうクンが杏子さんの歌声を聴いて、あまりの嬉しさに
うはうはと笑ってしまう気持ちが、すっごく分かるよ!!




そして。
「君と僕の挽歌」

今、ジブン、弾き語りで練習中!!(笑)

これねー。
コードがあまり凝ってないから耳コピで拾いやすいんだ。

それは、あえてゆうクンがシンプルにメロディーを作ったからなんだろうなぁ。
シンプルに正直にまっすぐに、気持ちを綴って歌にしたんだからだなぁ。って。

弾きながら、サビの部分に鳥肌立ちながら、ゆうクンの想いまでも感じながら
ジブンで弾き語ることのスペシャルな気持ち良さ!!

普通の男性ならキーが高すぎて歌えないよね?
だから女性の方がちょうどいいくらいのキーだと思う。
ファルセットで歌う部分も地声で張り上げちゃうと、胸がすーっとするよ。


あー。
ジブンももっともっと鍵盤練習して上手くなりたいっ!

アコギの音色も大好きだけれど
やっぱりジブンは鍵盤で育った人間だからさ。
ピアノの音の響きで今までのジブンの音までもがぐわんと蘇る感覚になってしまうんだよ。



いいなぁ!!

さかいゆう!!最高だなぁ!!





てか。

しあさっては、別のゆうクン!

高橋優クンのライブなんだけどなぁ。

どうしよう。
ぜんぜんあっちのゆうクンの歌が聴けてない(笑)

こっちのゆうクンにココロが奪われてる(笑)



てか。
今度の土曜は、秦基博だぜぇー!!(笑)


こまったこまったこまったこまーーったぁー(笑)




でも多分。

ライブに行ったら、ぐいっと引き寄せられるはずだし
その久しぶりの音にまた、カラダごとぐらりとさせられるはずだから



いまはしばし
さかいゆうに浸っていてもいいよ・・・・ね?(笑)


あ。
今は。
「サンバ☆エロティカ」が流れてるるー。


・・・・・ゆうクンがエロ。


・・・・・ちょっと・・赤面(爆)




なんてふり幅が広いんだろう?
すごいとしか言いようがないよなぁ。






うん。

さかいゆう「How's it going?」


これ、絶対、買わないと、聴かないと、ソンするよ。











| ♪さかいゆう | COM(0) |
2012-05-05 (Sat)
北は時おり激しく雨が降り続く連休後半だったけれど。

島根は、晴れたんだね。
さすが、晴れ男・秦基博!
GM初日に合わせて“青空”まで持って来ちゃったんだね。

どんなライブだったのかなぁ?なんて思ったりもするけれど。
モバイルオーガスタのブログなんぞをちらちら見ながら。
茨城へと想いはつなげておくのです。
うん。慌てないのです(笑)

DVD?ブルーレイ?
よく分かんないけど(笑)
GM@武道館&5周年@大阪城ホのライブ発売にも
別段ワラワラ~なんて風には慌てないのです(まだポカーンとしてるから笑)


というかね。
今日は、秦クンのことも気になるけれど。
もっと語りたいことがあったりするのだ。


多分連休明けだろーなーって思っていて。
それでも何気に本屋さんの音楽コーナーを覗いてみたら。

あったのだよ。
「音楽と人 6月号」が(笑)

珍しく早く店頭に並んでるじゃん!と嬉しくなって
とりあえずは手に取り、パラパラとページをめくってみて。
(もうこの時点で、立ち読みで済ませようという気持ちが99%!笑)

まずは真っ先にスキマのmusiumツアーのレポを読み。
あとは秦クンのチャレ学だなぁと思い、ページを探してみたら。

まさよしさん~さかいゆうクン~秦クン という
いつものオーガスタ流れでページが続いていて。

秦クンのページを開いたそのついでに
ゆうクンの記事をチラリめくって読み始めたら。

「これ。買う。買わなきゃ!」って。
じっくりこのインタビュー記事と向き合いたいという強烈な思いに襲われて(笑)
すぐに本を手にしてレジへと歩いて行っちゃった。
(残り1%の「買う」気持ちが勝った!笑)

こんな衝動的に雑誌を買うなんて、すごく久しぶりで
そのくらい、ゆうクンのインタビューで語られている全てに胸を打たれたんだ。


さかいゆう「君と僕の挽歌」

ここ最近ずーっと。
頭の中で、いや胸の中で、この歌が鳴り響いている。
ココロの奥にやわらかく語りかけてくる。

スマホにまでDLして
もう何度も何度もリピートしてる(禁断のイヤホンを使っちゃってまで!)

♪How's it going?
 調子どうですか?
 こちらはツライこともありますが

このへんでいつも、ぐわーっと想いがこみ上げてきて
鼻の奥がツーンとなる。目がうるうるしてくる。


ゆうクンの歌を初めて生で聴いたのは
彼がデビューする直前。09年秋の大阪でのイベントライブ。
それからは北で行われたイベントライブも、HMVのインストアライブも、ワンマンも。
多分ほとんど聴きに行っていると思うんだけれど。

ゆうクンの声もメロディーもいいなぁって。
すごいなぁって、ずっと思ってはいたけれど。

彼のパーソナルがどうも見えてこなくて。
実は彼がどういう人で、どんな音楽を目指して
どんな思いで歌を作り歌っているのか、イマイチ良く分からなくて。
(デビュー前のブラックな彼をようつべで見ていたから
 今の可愛らしさ満載の格好とポップな音楽が、本当に彼が望んでいるものなのか?
 もしかしたら売れ筋を狙って?なんて、正直計りかねていた部分もあったんだよね・・)


今回のこのインタビューを読んでね。
そんなわだかまりがすーっと氷解した。

彼が音楽を始めた原点。そのことへの想い。
ブラックだとか、ポップだとか。
そんな見た目や音楽スタイルを軽く越えて
音楽の芯の部分が確固としていること。

それを教えてもらえた気がした。
オープンな「さかいゆう」にやっと触れられたと思えたんだ。


インタビュアーの石井さんの引き出し方もすごく良かった。

なんかさ。
震災後からのミュージシャンへのインタビュアーって
「震災を受けて・・こういう歌が出来たんですよね?」という
あえて大きな意味をその新曲に持たせようとするかのような問いを必ずしてきていたし
(もちろん、そういう部分はどのミュージシャンも持っているだろうけれど)

この「~挽歌」の歌の背景が
ミュージシャン志望の友達を亡くして、そこから始まったものだと知れば
「友の遺志を引き継いで悲しみを胸に歌い続けるミュージシャン」みたいな
お涙頂戴的なストーリーと冠をかぶせられてしまうのが常だけれど
(その方が分かりやすいというか、売り出す"目玉"にさえなってしまえるものね)

そういう視点では見ないよと最初に言ってくれてたもんね。
でもキチンとそこにも踏み込んでいて。
ゆうクンのホントの想いまでもを引き出してくれてたんだ。

ゆうクンが素顔を見せてくれてる。
そのことがすごく嬉しかった。

「悲しみ」と「淋しさ」。
その違いは、ああそう!そうだよね!って。
ジブンの中の感情としっかりリンクしていたから
言葉のひとつひとつを拾いながら、ココロが震えて泣きそうになった。


ていうか。
これ以上このインタビューを詳しくは書きたくない。

もうね。
読んでほしい。
さかいゆうの「君と僕の挽歌」を聴いて
この歌いいな!って思った人全員に、このインタビューを読んでほしい。

震災に限らず、大事な人を失くした悲しさを抱えてる人には、特に読んでほしい。

絶対、なにかが見えてくると思う。
淋しさを持ち続けていくことの意味を
この歌で共有出来る気持ちになれると思う。


ジブンにとっても。
すごく大事な歌になったよ。

この歌がお守りになると思えるよ。



ゆうクン。

ありがとう。



さかいゆう / 君と僕の挽歌~老犬と海編~







ますます。
6月のツアーライブが楽しみになった!
(札幌はファイナルだし!)

チケットも引き取ってきた(番号も良かった・・かな笑)
「君と僕の挽歌」を生で聴けることの嬉しさ。
今からすごくすごーく待ち遠しいよ。



そうそう。
長澤クンのワンマンも。
シカオさんのヒトリも。チケットが無事取れた!
5月は秦クン。
6月はゆうクン。シカオさん。長澤クン。
そして。7月にはスキマ!

うれしーな!!!


うん。
これでまた。頑張れる。



| ♪さかいゆう | COM(0) |
2011-03-28 (Mon)
昨夜。
3月27日(日)は。
さかいゆうクンの初ワンマンライブに行った。

「さかいゆうTOUR 2011“ONLY YU”#1」@札幌・KRAPS HALL


でもね。
ごめんね。

ゆうクンの3月9日発売だった
完全セルフ・プロデュース&一人多重奏による新作アルバム「ONLY YU」。

買ってないし、聴いてなかった・・。


秦クンのカナケンファイナルの後は
その余韻に浸りっぱなしで、秦クンの音楽以外は聴けなくて

なんとなく、ゆうクンのアルバムを買いそびれているうちに
あの未曾有の大震災が東北を、日本全体を襲い・呑み込んでしまい
それからは、秦クンの音楽もなかなか聴けない気持ちになってしまっていた。

自身の憂うつを引きずるもろもろもあり
ライブへの想いはなかなか熱くはならなかった。

出来ればひとり、会場の片隅で、ポツンと聴きたい心境だった。

自分の中の笑顔の電池は、充電切れ寸前で
友達に合わせて笑いあえる余裕は、すごくすごく少なかった。申し訳なかった。


でもね。
ライブが始まり、ゆうクンがステージに出てきたときに
ふわっと自然と笑顔が広がったんだよね。あったかくなったんだよね。

歌声を聴いたときには、体が何センチか浮き上がるような、ふわふわした感覚になった。


アルバムの曲は、どれも初聴きなので
タイトルも分からないし、まだ馴染めない感覚の曲もいくつかあったけれど

一昨年デビューで、まだ「売り出し中」であろう彼が
自分の好きな音楽スタイルを貫こうと、セルフプロデュースのアルバムを制作し
それを引っ提げてのワンマンツアーを行えることは、彼にとってすごく幸せなことだろうし

その幸せな音楽を間近で受け取れる、この夜に集ったファンのみんな、そしてジブンは
本当に恵まれている、幸せであると、しみじみ噛みしめた夜だったんだよね。

まだ音楽を受け取る余裕のない、被災地の方々のことが、頭の中をちらりとよぎる。

ゆうクンは何度も
「楽しいなぁ」と言い
「家でやってるような感覚だ」とつぶやき
「緊張感がないんだよなぁ」と終始マイペースでリラックスな笑顔をみせていた。

ジブンも
上がったり落ち着いたりを繰り返すライブの空気に、まったりと漂っていた。

その、延々と終わりがないよう時間の流れが
とても優しく心地よく感じる、そんな不思議なライブだった。


正直ね。
満員御礼とはいかなかった。
盛り上がり方も中途半端だったかもしれない。

でも。
そこに集まったお客さんは誰もみな
ゆうクンの音楽を聴きたくて純粋に集まった方々だったと思う。
3列目から見えるお客さんの姿は、一音たりとも逃さぬようにと大事に聞き入っている姿だったから。

この第一歩が次へと繋がるのだろうね。

だから。
次のライブも楽しみにしているよ。


ライブ後に、久しぶりの友達の元気な姿にも会え
グッズ売り場の近くの募金箱にも、少額ながら気持ちを入れさせていただき
ほっこりした気持ちを抱えて会場を後にしたよ。


あ。
セトリは全然分かんない(笑)

ただただ、ゆうクンの創り出す音の世界と唄声に酔いしれていました。

こうして音楽を楽しめる今を、ありがたく感じながら。




ゆうクン。

また、札幌に来てね。

スープカレーいっぱい食べていってね。

札幌の手拍子は、いつでも正確で最強だよ(笑)


マネさんも、お疲れ様でした!!

次のライブも、楽しみに待ってます!


本当にありがとう!!






・・・・・3/9に行った、まさよしさんライブ感想文も早くUPしなきゃ・・(笑)


| ♪さかいゆう | COM(0) |
2010-11-05 (Fri)
■「NOW&NEXT」AirG主催

日時:2010年11月4日(木)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:cube garden


昨年は出演アーティストとして。
今年はゲストとして、一番最後に出てきた、さかいゆうクン。

うん。
やっぱり彼のライブを待ち焦がれていたみんなの熱気がすごかった。
1曲唄うごとにヒューヒューの大盛り上がりで
アンコールを含めた5曲があっという間だったよ。

ライブ途中から会場へ入っていったのだけれど
ミュージシャンが変わるたびに、ファンも入れ替わるから
ゆうクンの時には、前から2列目までいけたという(笑)
今回も至近距離で見れて聴けて、本当に良かった!!

この日は、赤と黒でまとめていたような(服装が思い出せないっ!笑)
靴は赤と黒のチェックのハイカットスニーカー。
帽子も黒にチェックのリボンがついてるやつ・・・だったかな。←おぼろげ(笑)

アンコールが「ふるさと」
「train」もやっぱりよかったー!


早く札幌でもワンマンやって欲しいよ!

約束したんだかんね!!

待ってるよ!!



| ♪さかいゆう | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。