12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-28 (Sun)

やっぱり気になって、昨日はこれに行って来た↓

さかいゆう
札幌初☆ニューシングル「まなざし☆デイドリーム」発売記念インストアLIVE
日時:2月27日(土)16:00~
場所:HMV札幌ステラプレイス 店内イベントスペース
HMV札幌ステラプレイスにて、2月3日(水)発売、さかいゆう2nd Single
『まなざし☆デイドリーム』(通常盤/AUCL-19・期間限定生産盤/AUCL-20)を
お買い上げのお客様に先着で握手会参加券を差し上げます。
イベント当日、握手会参加券をお持ちの方はライブ終了後の握手会へのご参加、
更に直筆サイン入りフォトカードをプレゼントさせて頂きます。
観覧はフリーです。




行こうかどうしようか迷ってたんだけど。
やっぱり、オーガスタの誰かが札幌に来る!となれば行きたくなるファミリーゴコロ(笑)

お昼過ぎに札駅に行って、ステラプレイスをふらーっと回って。
春物のブラウスを買っちゃったりなんかして。15時過ぎにHMVへ。
ステージ前に行ってみると、4~5人がすでに並んでいて。
その中に見覚えのある後ろ姿を見つける。

友達だ!
「きゃー。来てたんだねー!きっと誰かいると思ったよー!」なんて。
あれこれとはしゃいで話していたら。

ふらっと。
さかいゆうクン登場!!

あ。
メチャクチャ近すぎ!
なんて戸惑っているうちに、リハが始まってしまって。
申し訳ないくらいの至近距離で聴くことになってしまった(笑)

キーボードの音がHMV内に響き渡ると、あっという間に沢山の人が集まり出す。
ふと後ろを振り向くと、待ち合わせていた友達もやってきていた。
すぐ近くには、スキマ関連でよくお見かけする方も。
オーガスタファミリー。やっぱりみんな気になるんだよね!

私服のさかいゆうクンは、ポップ色満載。
ひときわ目を引くカラフルな春色のスニーカーが、すぐ目の前でリズムを踏んでいる。

ダイエットで一回り小さくなったカラダを大きく揺らして
ひとつひとつ音を確かめるように、噂のシルキーボイスで4~5曲?唄ってくれた。


いやー。
なんて言っていいんだろう。
さかいゆうってカワイイ!カワイイという言葉しか浮かばない(笑)

で。
カワイイんだけど、唄うとすごいんだぜ!っていう。意外性。

あれ?これって。
ほわんとしてるんだけど、唄うとすごいんだぜ!っていう、某H氏に似てるかも(笑)


16時近くなると、かなりの人が集まってきて、すでに熱気がムンムン。

ジャーン。
いつものスーツと帽子に着替えて、さかいゆうの登場!!!


でね。
本番のライブが始まってみれば
やっぱり、リハはリハでしかないんだなーと思ったね。

唄声の迫力が何倍にも増していて、あっという間に辺りの空気が変わった。
ビートルズのカバーとバラードで、しっとり聴かせた後は
デビュー曲の「ストーリー」で大盛り上がりに!!
手拍子を煽って唄いだすと、それを受けてジブンもどんどんカラダが反応していく。
歌詞の一部を“サッポロー!”に変えてくれて、それがまた嬉しくて!

特にね。
ピアノの演奏がすんばらしい!!!
フライドポテト10本並べたような、ムチッとした小さめの指から奏でられるメロディー。
間奏部分だけでもカッコよすぎて、ホレボレしてしまった。
ミスタッチさえもとにかく弾き倒す!くらいの迫力に終始圧倒されたね!
20才過ぎてから独学で憶えてこんなに弾けるなんて!!このリズム感は天性のもの!?

で。
「まなざし☆デイドリーム」で、もっともっと!と逸る気持ちになったよ。

この曲ってさ。
アニメ版「のだめ~」のオープニングの曲なんだもんね。
最初、ネットで聴いた時には「またもやポップ調なんだー」くらいの印象しかなかったけど。

今回、こうして目の前で聴いてみると
サウンドアレンジが「のだめ」に合わせて練りこまれていたり
歌詞にも「心の中にフォルテシモ」「見つめられるとピアニシモ」なんて
さすが鍵盤奏者!という感じの言葉が盛り込まれていることに気づいて、思わず感心!
タイアップ側から求められたものをクリアして、極上の音楽に仕上げたんだね!

でね。
デビュー前のブラックな音楽から、かなりポップ寄りな曲でデビューしたから
昔からのファンの方は、どんな気持ちで聴いているのかなーと思ったりしていたけど。

ちゃんとね。
ポップな中にもソウルフルな魂は息づいている!

何より、さかいゆうクンが本当に嬉しそうに楽しそうに唄っていて
それを見ている会場のみんなもどんどんヒートアップしていって
インストアライブとは思えないほどの盛り上がりになったんだよね!

絶対。彼も「サッポロ!最高!」と思っていたはず!(笑)

そうそう。
みんなの手拍子が、最後まで「走る」ことなくリズムを刻んでいたことにビックリして
「さすが!僕のファンはリズム感が良い!」って喜んでいた!

・・・・・・。

ゴメンナサイ。
たった今から、ファンになりますっ!!(爆)


そして。
最後の曲は、5月公開の映画のタイアップに決まったという「train」という曲。

歌詞をひとつひとつ噛みしめながら聴いていたら
なんだかぶわーっと熱い気持ちになったよ。


ライブが終わったらね。
「どうする?どうする?」と、友達同士みんなで顔を見合わせたんだけど。
(誰もCD予約はしていなくて、ライブ後に決めよう!と話ししていた笑)

100227.jpg


やっぱりね。
「すごく良かったです!」っていう気持ちは伝えたかったんだ!

面と向かったさかいゆうクンは、思った以上に小さかった!
そしてやっぱりかわいかった!!

正直、外見はまったく惹かれる要素はなかったのに。←オイ(笑)
歌を聴いて、嬉しそうな笑顔を見ていたら「かわいいじゃん!」って気にならなくなった(笑)

なんかね。
楽しくて嬉しくて飛び跳ねて唄っている、白い子犬みたいに思えたんだよね!


家に帰って、PCに落として、改めて歌詞を見ながら聴いてみると
本当にソングライティング能力が素晴らしいなーと感動した!

彼自身が唄うのはもちろんだけど。
どんどん他の人に楽曲提供していってもいいんじゃないかなーと思う。
先輩に続いて、ジャニーズ系に提供しちゃってもいいかも!
意外とそこから「さかいゆう」の認知度がグーンと上がるかも!(笑)


本当に楽しかった!
行って良かったよ!

さかいゆうクンのブログにも書いてあったよ。⇒ さかいゆう

スープカレー好きということにも親近感を覚えるぞ(笑)


あー。
ジブンも明日のお昼はスープカレーにしようかな。
いつものお店で、ライスは玄米。ヘルシーにいこう!


■セットリスト
1. Across The Universe
2. みち
3. ストーリー
4. まなざし☆デイドリーム
5. train

リハでは、trainは唄わなくて、sammyやみちを唄ってたような気がする。
まなざし☆~とか、1番だけ唄った歌もあったかな。

と。
家に帰って、CDを聴きながら思い出してみたから
合ってるかどうかは不明ですだ(笑)





スポンサーサイト
| ♪さかいゆう | COM(0) |
2010-02-28 (Sun)


秦基博情報をスルーしっぱなしだったから
昨日友達から「MAGAZINEがUPしてたね!」って言われても
一体何のことなのか分からなくて、きょとーんとしていた(笑)

えっと。マガジンマガジンマガジン・・・。
秦のマガジン?なんだそれ?

「アンケートの結果が・・」

あー!!!!
HGのマガジンね!!!


やっと思い出す(笑)
どんだけ記憶の彼方に行ってしまってたんだ!!

だってさ。
「ALRIGHTの中の好きな3曲アンケート」なんて、一体いつのことだっけ?
結果発表が1年も後になるなんてさー!!

言ってくれれば、ジブンが集計してやったのに!!←オイ(笑)

で。
その結果発表を見てみて、なおその思いが強くなったね!!
だって。投票総数から換算すると・・・。
あの頃のHG会員の1/4くらいしか投票しなかったってこと。

すぐ集計出来るやろー!(笑)
と思ったのは、多分投票した人全員・・・だよね?(笑)

で。
今、アンケートを取ったら、順位が全然違っていただろー!
と思ったのも、ジブンだけじゃないはず・・・だよね?(笑)


確かジブンは
「Honey Trap」
「花咲きポプラ」
「夜が明ける」
だった・・・・と思う。←多分(笑)

その時も、今も、「新しい歌」は1番じゃーなかったもん。
「夕暮れのたもと」と「新しい歌」のセットは
“これ、ファンが聴いたら絶対号泣するだろうし、寄りかかっちゃうよ。
 基博はそんな気持ちをちゃんと受け止めれるの?”って、思ったもんね。
以前のブログにもそんなことを書いたような気がする。

なんだかんだ言っても、音楽と自分は別ですって言っても。
現在の自分が一番感じてることが歌に滲んでくるのは当たり前のことで。
そこは頑なにならなくても、自然体でいいんじゃないかなーと思う。

あの時の僕は、こう感じていて。
今の僕は、こんなに幸せなんです。と。

いやいやいや。
全然そんなことありませんから!って否定されそうだけど(笑)


それにしてもさ。
「キミメグ」は、やっぱり評価が分かれるよね!
ジブンは結構好きなんだけどな。
イェー!って盛り上がれるアップテンポ系がもともと好きだってこともあるんだけど。

そんなに落ち込まずに。
また「キミメグ」系を作って欲しいなー!(笑)


で。
このアンケート結果とインタビューを読んで。
次のアルバム(「GREEN MIND」じゃなくて笑)が本当に正念場だなって思ったわ!

1枚目と2枚目で、秦基博のパーソナルは大体出し尽くしたからね。
次こそは、彼の創作という引き出しの奥行きや幅が問われるもんね。
どんなものが飛び出してくるのか。楽しみに待ちながら。
ひな祭りには、GREEN MINDを聴くことにしようー。



あ。
アイMV製作でのショット。

猫を抱く顔がこわばっている(無理めの笑顔)秦クンに、笑わせてもらったわー(笑)

なんで、あんなに動物がダメなんだろうね?
きっと、「予測不可能」な動きをするものには、対応出来ないのかもー(笑)
いきなりウォーとか怒られたら、どうしてよいのか分からないんだろう。ね。

で。
猫におそるおそるの秦クン。
アンパンマンのようなほっぺをテカテカさせてる秦クン。
ちょっと寒そうな裸足の爪先に力が入ってしまってる秦クン。
穏やかな顔つきでスタッフのみんなと談笑している秦クン。
その、どの佇まいにも惹かれてしまうのは、なんだかホントに悔しい(笑)

秦基博って、なんなんだろう?ね!





| ♪秦 基博 | COM(1) |
2010-02-27 (Sat)


寝る前にウロウロしていたら
今まで見過ごしていたのを見つけてしまって
真夜中にダーダー泣いてるんですけど(笑)


札幌のCDショップ「音楽処」の店主・石川さんは
北海道を拠点に活動するインディーズアーティストを応援していて。
(オーガスタアーティストも、札幌の母と慕う方なのだ!)

「オトキタ」というプロジェクトのプロデューサーでもあって。
オトキタサイトの中で、色んな紹介をしているのだけれど。

その中でのストリーミング配信。
昨年8月19日UPになんと!中田雅史クンがゲストインしていたのだ!!

インタビューとともに、
「オトキタ09」コンピレーションアルバムに収録されている「風にうたえば」を、江口さん、西本さんととものライブで歌っている模様と。
CDとはまた違ったアレンジでの「夕日に映える鴎」のスタジオライブ。


この2曲は、ジブンの中でもすごくすごく大きくて本当に大好きな曲。
沢山の人に聴いて欲しい!!!と思ってる!!!

特に「夕日に映える鴎」
何でだろう。いつもこの歌を聴くと泣けてくる。
泣くような歌じゃないのに、胸の奥に響く唄声にココロが揺さぶられる。

良かったら。
ぜひ。中田雅史クンを見て聴いてみてください!!!!!!⇒ OTOKITA Ch.
インタビューを受ける中田クンが、なかなかカッコカワイイんです! ナイスガイです!

70726f647563742f343439366137666131312e6a70670032353000.png

「オトキタ09」
“めざせ、音楽の地産地消、そして産地直送へ!”をテーマに、オトキタ実行委員会、石川千鶴子(音楽処)がプロデュースするコンピレーションアルバム。
“北海道で生まれ育った良質な音楽を届けたい”という想いのなか、オフィシャルウェブサイト登録アーティストの中から10組を収録。北海道インディーズの“今”がここに。

1. sealion / 君の心、僕の心、永遠に…
2. raufen / 淡色
3. natsu / Feel
4. ウェッジソール / 引っ越しのうた
5. 中田雅史 / 風にうたえば
6. けけけ / 世界と君に歌う
7. Guild / 心臓
8. SNARE COVER / レモネ
9. 海坊主 / Attraction!
10. A.F.R.O / 渚のマーメイド




| ♪中田雅史 | COM(3) |
2010-02-26 (Fri)



あー。
昨日はシンタくんの誕生日だったんだ。
すーっかり忘れてたんだけど。
トモコレを開いたら「オメデトー!」とお祝いしていて
そうかそうか!と思い出させてもらったわけなんだけど(笑)

・・・え?

トモコレ?

へへ。
ちゃーんとやってるよ。
お正月すぎからやりはじめて、島の住人が今や50人くらい。

でね。
これ、ほんとーに面白いの。
生年月日とか性格の傾向なんかを最初に入力するだけなのに
現実の人物となぜかすごく似ている(笑)
もっちゃんなんて「冬は寒いから外に出たくないです」とか言う(笑)

で。
不思議なことに。
始めて3日目くらいに、ジブンはもっちゃんに告白して!付き合うことになった!(笑)

びっくらこいたよ!!
トモコレの中でも、ジブンはもっちゃんが好きなんだって!(笑)

で。
まったりと付き合ってるなぁーと見守っていたら
ある日ジブンからもっちゃんを振ってしまった!
多分、つまんなかったんだと思う(笑)

2人で一緒にいても、ヤツは本を読んでいるだけ。全然アクティブじゃなかったもん。
ジブンはその横で眠気を抑えながらぽーと座っていた。
時折、ヤツが話しかけることに頷いたりしながら(笑)

ね。
絶対。現実にありそうだよね。
漫画に夢中で彼女はそっちのけ・・みたいな(笑)

いつのまにか。
友達たちはオーガスタの面々と付き合ったり結婚したりして、なんだか幸せそう。

ジブンは・・・・フリーですっ!(笑)
もっちゃんもフリー!
あ。中田クンも!(笑)

なんて。
アホだなーと思わないでね。
トモコレの中の出来事なんで。
彼らが自由気ままに生きている別の世界だからね(笑)




そうそう。
今日は朝から、みんなドキドキハラハラしていたよね!
真央ちゃんが何色のメダルを取るのか。

トリプルアクセルが飛べなくなって。どん底のスランプに陥って。
そこからここまで這い上がり、オリンピックに全てを合わせてこれたということが
どんなに大変だったのかは、日本中のみんなが知ってるもんね。


でも。
それでも。届かない金メダル。
努力が結果に結びつくかは分からないという現実。

実力があったって。
どんなに努力したって。
周りの人が応援して支えてくれたって。
絶対願う色のメダルが手に入るわけじゃない。
必ず成功するわけじゃない。

夢は強く願えば、努力すれば、叶う。
そう人は簡単に口にするけれど。
叶う人は、ほんの一握りで。

高橋大輔も、織田くんも、愛子ちゃんも。みんなみんな。
思うような夢が叶わなかった、その先にある姿。
その姿こそに、ジブンはすごくチカラをもらったんだよね。

叶わなくっても、投げ出さずにまたその先へと進む。
ハッピーエンドじゃない物語の方に、本当の意味があるような、そんな気がする。

努力の先にあるものが、どんな現実だとしても。
笑顔で前へいこう。そう思わせてくれた、今回のオリンピックなのでした。


あー。
ジブンなんか、何にもしてないもんね。
コツコツ積み上げていくということが、本当に苦手だもんね。
瞬発力はあるんだけど、継続力は皆無なのだ(笑)


でね。
今。胃が痛くなるほど気になっていることがあってね。
一日中、あーなるかもこーなるかもと、ハラハラしどおしだったりしてるんだけど。

どっちに転んでも。
ジブンはいつでも彼の味方でありたいなーと。
その笑顔をうしろからずっと見守っていきたいなーと。
ココロの中で「ガンバレー」とFlagを振っているのでした。

努力の先にあるものは見えないけど。
やっぱりやっぱり。願ってしまうのだ!


| *雑記 | COM(1) |
2010-02-25 (Thu)









夜のとばりのざわめきに包まれて、ホームにこだまする唄声。

路上でひとり、見知らぬミュージシャンが唄っている。

通りすがったら、思わず立ち止まって
その姿と声の前に吸い込まれていきそうだ。

そのまま夜が明けるまで、ずっと唄声を聴いていたい。


なんてね。
そんな気分になってしまった。
ぐわっと、鷲づかみで揺さぶられる琴線。


今年は、オーキャンのコンセプトも「弾き語り」だし。
より歌の芯の強さと優しさを真っ直ぐに届けるべく、頑張るんだろうな。





| ♪秦 基博 | COM(0) |
2010-02-24 (Wed)


久しぶりに、スキマDELUXEの日記を見たら
シンタくんがツアー中の各地の画像をUPしていた。

北海道のも満載!
札幌の会場の通路とか。(そこ通ったよ!笑)
丘珠空港から中標津へ飛ぶ飛行機とか。

そしてそして。
知床・ウトロの海。
はぐれ流氷と。
太陽柱(太陽が縦に長く伸びて見える自然現象)の神秘的な夕暮れの景色。

ジブンはそれを見て、わー!!と大声を上げてしまった。
ウトロの港だ!オロンコ岩だ!

なんかね。
知床にいた頃の記憶がぶわーっと蘇ってきてね。

そういえば、よくオロンコ岩に登って夕日を眺めてたっけ。
えっと。写真に撮ったはずだよ。

そう思ったら。もう止まらない。
クローゼットに直行して、アルバムをガサゴソ探し出してしまった。

うわー。うわー。うわー。
あった!あった!!
一緒に映ってる人は、確か東京からバイクで旅行に来てた人。
オロンコ岩を息を切らしながら頂上に登りきり
「やったー!登ったー!」と、しばし夕日に見惚れたあとに写した1枚。

なつかしーなー!!!!!

もうね。
こうなってしまうと、あれもこれもと見たくなる。

バイクで北海道1周した時のアルバムには
全国からやってきたライダー達とともに
眩しいくらいの笑顔の若きジブンが、今のジブンに向かってピースサインをしている。

なんだか、ドキッとさせられたよ。

写真から立ち上ってきそうな、草いきれや雨の匂い。
夏の北海道の澄んだ空気を感じて、思わず深呼吸してしまいそうになった。

晴れの日は、この上なく気持ちよく、風と景色と一体になって走りぬけたけど
雨の日は「なんでこんなに辛い思いをしてまで走ってるんだろう」って
泣きたくなる思いをしたこともたくさんあった。

一番辛かったなーと思い出すのは
叩きつけるような大雨に降られ、びしょ濡れになりながら越えた「美幌峠」

きついカーブと、すれ違う大型ダンプからの風圧と、激しい風。
濡れた路面に横滑りするタイヤ。
これでもかこれでもかと降りしきるどしゃ降りの雨に、視界はさえぎられる。
「ダメだー。もう死ぬかもしれないー。」と。本当に思った。

頭の中では、ヌクヌクとしたベッドの柔らかな感触が蘇ってきて
「なんでこんな思いをしてまで走ってんだろう。何やってんだろう。
今すぐワープしてあの部屋に帰りたい」って、泣きそうになった。

なんとか峠越えをした時には、足元が崩れそうになったなぁ。
その後も、道に迷ってなかなか宿にたどり着けなくて
真っ暗な闇を抜け、ようやく宿の明かりを見つけ、部屋に入った時には
「屋根があるって、なんてありがたいんだろう!!」って思ったっけ。

そうそう。
島牧の海の写真もあった!
函館から海岸線を走って、島牧ユースホステルに一泊したんだよね。
あの海を見ながら、中田クンは育ったんだね。
そう思うと、なんだかとても不思議な感じがする。


この旅では、本当に沢山のライダー、チャリダー、JRラーなどなど。
日本中から北海道を目指してやってきた旅の方々と出会って、語りつくしたことが
その次に進む指針を示してくれたんだよね。

実はね。
その時の旅の記録はね。
某バイク雑誌に沢山の写真を添えて、投稿したんだ。

で。
ジブン的には、すぐに載るかもしれない!なんて思って。←オイ(笑)
連絡が来るのを、今か今かと楽しみにしていたのに
いつまで経っても、何の音沙汰もなくって
「ちぇっ。あんなに一生懸命書いたのにな。写真くらい返して欲しいなぁ」なんて思いながら、ニュージーランドへ飛んでったんだけど(笑)

1年半後。
帰国したら母が「なんか、雑誌の人から連絡が着てたよー」と。
「載せてもいいかとか、なんだかんだ言ってたよー」と。
連絡先を書いたメモを渡してくれたのだった。

えー!!!!
今頃ー!!!!???

はい。
次号に4ページに渡って、ジブンの旅レポが雑誌にめでたく載りやした!(笑)

嬉しかったねー。
謝礼は、タンクバックだった。
今でも大事に取ってあるよ。もう、使う予定もないのに(笑)

雑誌もどこかにあるはず。
って。どこだっけ?探さなきゃ(笑)



なんてことを。
真夜中にやっていたわけで。

過去のジブンに「ねぇねぇ」と、呼ばれた気分になったわけで。

今年は、知床や島牧や
道内の色んなところにも行けたらいいなーと思ったりしたわけで。


うん。
過去のジブンへ胸を張って会いに行こう。
その足跡に、今のジブンの足跡を重ねてみよう。
なんて、考えてみたりしたのでした。


いや。ほんと。
昔のアルバムを見ると、キリがないよね。

でも。元気をもらったよ。


おーし。
あちこち行けるように頑張らなきゃ。ね!







| *雑記 | COM(0) |
2010-02-23 (Tue)


■ヲタル座 1周年 Anniversary Night~音の降る夜~
日時:2010年2月21日(日)
場所:小樽ヲタル座(ウイングベイ小樽3F)
時間:OPEN 18:00/START 18:30
出演:岩男潤子、中田雅史(Vo,Gu)、SE-NO

ヲタル座



大好きな小樽へ。
夕暮れの海を眺めながら、JRでビューンと行ってきたのだ。

途中、銭函の駅でつい降りたくなる衝動を抑えて(笑)
到着したのだ!ウイングベイ小樽!

いつもココに来ると、気持ちが弾むんだよね。
昨日はライブがあるからなおさらだったしね。

昼間に、吹き抜けのあのステージでフリーライブがあったみたいだけど
知らなかったよ。見落としてたよ。知ってても行けなかったけど。←オイ(笑)


会場のヲタル座に18時過ぎに着くと。
男性客多し!!(笑)
うん。多分ね。岩男潤子さんのファンの方々だね。

彼女は、元アイドルグループの一員だった方で
今はアニメの声優や歌などで活躍しているらしい。

うーん。
中田クン以外は初聞きだから、どんなライブになるのかまったく不明(笑)



トップバッターは、SE-NO。
稚内出身の兄弟デュオ。

お兄さんがハンドマイクで歌い、弟さんが歌とギターとハープ。
この2人のハーモニーがね。クリアで柔かくてすごく温かだった。
優しさが滲むような音色が素敵だった。

1曲目が終わると、同じ列に座っていた年配の女性が
大粒の涙をポロポロこぼし、しきりに目元を拭っていた。
そんなお客さんに、お兄さんは笑顔で語りかけていた。
2人の人柄がそのまんまあふれだしている音楽。気持ちがほわんとなったよ。

特に4曲目?5曲目?の歌は、キリンジを彷彿させるようなコードに柔かさも加わって。
カッコイイ!!と聴き入ってしまった。

MCも楽しかった!
本当に笑顔満開だったなぁ。お兄さんが!(笑)


そんな、会場の雰囲気がSE-NO色に包まれている中。
次は中田クンが登場!!

結構緊張した表情で、ジブンの方がちょっとドキドキしてしまった。
でも、今日も後ろには江口さんがいるからね。大丈夫大丈夫。

最初の曲は「風にうたえば」
うんうん。この曲でみんなをぐっと惹きつけて・・。
と、思っていたら。

この日の中田クンは、顔つきがキリリと引き締まっていて
ガンガン飛ばすぞー!的な「攻め」の唄い方だった!

言うなれば「アルペン滑降」
難所のターンも勢いそのままで、ガンガン前のめりに攻めていくような
やるときゃやったるぜ!という唄声で(あくまでジブン的感覚 笑)

最後のHappy Birthdayのゴールまで滑り降りた時には
雪煙舞い上がるようなビューンとした風を感じたりして(だからあくまでジブン的感覚 笑)

でも。
どこまでも攻めて攻めて滑りきった中田選手は
メチャクチャカッコよかったっす!(オリンピックの見過ぎだ 笑)

SE-NO色に染まったステージを、中田色に染め替えてやろうと
ぐいぐい引っ張って唄っていたなぁ。

どの歌も、前日に聴いた歌とは全然違う迫力がみなぎっていた。
だから、ライブって何度も行きたくなるんだよね。
その日その時の、その一瞬だけの歌を聴きたくなるんだよね。

やっぱりホールでのライブもいいもんだよなぁって、改めて思ったし!

そうそう。
6月には、このヲタル座でワンマンライブをやります!という告知があったよ!
それも、ギターの江口さんと、キーボードの西本さんと3人で!

今からすっごい楽しみだ!
西本さんのキーボードが聴けるのもワクワクもんです!




で。
休憩の後は、男性陣お待ちかねの岩男潤子さんが登場。

うーん。
なんと例えればいいのだろう。。
透明感のある唄声に、いくつになっても「アイドル」らしさを失わないしぐさや語り方。
先のアコースティックな2組とは完全に対極なライブ。

いつの間にやら、一番前の席は強面の方も混じる男性陣がズラリと並び、じっと彼女の唄声とピアノに聴き入っていました。

きっと。
アイドル時代の彼女に「じゅんこちゃーーーん!」と掛け声をかけていたであろう、そんな若い日々を噛みしめ懐かしむような男性陣の後ろ姿を、ただただジブンはぽーっと眺めながら、綿菓子のようにとけていく甘く透き通る唄声を聴いていたのでありました。

いえいえ。
最初の緊張も解け唄い進めるうちに、高音がパーンと弾けるように伸びていく力強さも加わり、ピアノの方も、バンマスのベースの方の演奏も熱を帯び、男性陣もますます内なる想いをヒートアップさせているようで、アンコールの拍手も力強く、彼女の涙ぐむ姿にみんな感動していました。
(なぜか、語り口も折り目正しくなってしまうのでした笑)

あー。
アイドルの方は、いくつになってもアイドルなんだなー。と。
妙にジブンも感動。みたいな(笑)

ライブが終わった後のサイン会(彼女だけ)には、男性陣の長蛇の列!


すげーよ!!
岩男潤子!!(←語り口が突然戻る 笑)


三者三様の音楽を楽しんで、小樽の夜は更けていったのでありまする(笑)


帰りのJRで、闇に暗く映る波しぶきをぽーっと眺めて
駅に降り立ち、空を見上げると、雲にぼんやり滲む半月のやわらかな光。

2日続けて、中田クンの歌を聴きに行けてよかったなーと、そんな想いを滲む光に重ね合わせながら、家路を急いだのでありまする。←夜道は怖い(笑)

うん。
楽しかった!!
いい週末だった!!

来月も待ち遠しいぞ!!

中田クン、江口さん。お疲れ様でした!
胸に響く歌とギターの音色をありがとうございました!



■ヲタル座 1周年 Anniversary Night~音の降る夜~
2010年2月21日(日)小樽ヲタル座(ウイングベイ小樽3F)
・中田雅史(Vo,Gu)/ 江口正祥(Gu)

・セットリスト
①風にうたえば
②夕日に映える鴎
③最低なヤツ
④永遠を伝うもの
⑤旅人の唄
⑥Happy Birthday



| ♪中田雅史 | COM(0) |
2010-02-22 (Mon)


週末。
2日続けて中田クンのライブに行ってきたよ。


まず。
21日(土)は、恒例のマンスリーライブ。

100220.jpg


今回は友達と一緒だったから
ライブが始まるまで心細くなかった(笑)

それに、中田クンの生歌は初聞きの友達だけれど。
彼女ならね。きっとね。
歌の中から彼女なりの何かを感じ取ってくれるだろうっていう期待と安心感があってね。
すごくリラックスした気持ちでライブが始まるのを待っていられた。


今回のライブは、最初の4曲が中田クンだけの弾き語りだった。

CDでしか聴いたことのなかった、少し昔の曲が続いてすごく嬉しかったな。
そして、その歌はどれもなぜだか新しい感じがした。
きっと、唄いこんでいくうちに、歌自身が育っていったんだね。


5曲目からは、ギターの江口さんが加わって。
中田クンの唄声が、より重厚で深みのある音と重なり合い溶けていく。

大好きなあの歌も、アレンジが毎回少しずつ変わっていて。
歌の情景も色合いも見え方が変化して、大きく広がりを増している。

アンコールでの最後の新曲も
タイトルと歌詞が練り直されて、よりココロに真っ直ぐ届く歌へと成長していた。



そういえば。
「散歩道」の歌詞。
ジブンはてっきり“小さな恋の物語”というか
島牧にいた頃の淡い恋の歌なのかなーなんて、勝手に想像していたんだけれど。
亡くなった愛犬との思い出の歌だったんだと、歌う前のMCで知った。

でね。
その話しを聞いてなおのこと、歌詞のひとつひとつが痛いくらいにヒリヒリと沁みた。

「君が教えてくれた歩き方」
「君が教えてくれた歌い方」

ジブンにもそんなことを教えてくれた「君」がいた。
通いなれた「散歩道」があった。
ちぎれそうなほど尻尾を振って、豪快に笑ってくれる君だった。
でも。生涯を全うできなかった。させてあげれなかった。
ジブン達の家族の身勝手な荒波の中で溺れさせてしまった。
もうずいぶん昔のことなのに、笑顔の君を思い出して泣きそうになった。
なんだか、切なくてぎゅっと抱きしめたくなる歌だなって思った。「君」の代わりに。


あ。
またまた、感情が感傷になっていく。
いかんいかんいかん(笑)


えっとえっと(笑)
そうそう。MC。中田クンのバレンタインの思い出。

「チョコレートを食べ過ぎると鼻血がでる」
これを中学のときに実践したそうだ(そのくらいチョコをもらったってことだ!笑)

結果。
胸がだんだんドキドキしてきて、本当に鼻血が出たんだって!(笑)

うんうん。
うちの兄もチョコが大好きで、食べ過ぎて鼻血を出したのを見たことがある。←おー!

でもさ。
男子が鼻血を出すのを見たことあるけど
女子がチョコを食べ過ぎて鼻血・・っていうのは見たことがない(気がする笑)

思うに。
思春期の男子特有の現象なのかも?←オイ(笑)

江口さんは「ライスチョコ」なんていう、懐かし駄菓子の話しをしちゃうし。
(これが分かる人は年代バレバレ笑)

あー。
チョコ話しは可笑しかった!(笑)


大笑いしたり。ちょっと泣きそうになったり。
体を揺らしたり。一緒に手拍子したり。みんな笑顔で唄ったり。

やっぱりさ。
ワンマンはいいね!最高だね!
いつもライブの後は、満たされてあったかい気持ちになる。

そして、新しいライブCDもお買い上げしたよ。

旅人の足跡

バンドVer.です。
すっごくイイです。
ぜひ聴いてみて欲しいのです。

ていうか。
バンドVer.のライブに今度は絶対行きたい!(笑)


■中田雅史マンスリーワンマンライブvol.5
日時:2010年2月20日(土)
場所:札幌らぐたいむ
時間:OPEN 19:00/START 19:30
出演:中田雅史(Vo,Gu),江口正祥(Gu)

・セットリスト
①路上        (弾き語り)
②君と同じ風に吹かれて  ↓
③いとこベル
④See you again

⑤夕日に映える鴎   (With 江口さん)
⑥夜風の音        ↓
⑦散歩道
⑧最低なヤツ
⑨みかんの皮
⑩カボチャスープ
⑪風にうたえば
⑫旅人の唄
⑬Happy Birthday

~アンコール~
⑭永遠を伝うもの
⑮澄空(?)

※曲も順番も自信なし!(笑)



来月で、マンスリーワンマンはラスト。
なんだか寂しいな。
ずっと続いていくような。そんな気持ちになるくらいに。
ジブンの中でもマンスリーが馴染んできたんだけど。

次のステップへと進むんだなって。
新しいその先を期待したいなーと思うのでありまする。

うん。
5月くらいに、新しいアルバムがでるみたいだし!

とにかく、来月のマンスリーラストライブも楽しみにしてる!のだ!



さ。
次はヲタル座だ。


| ♪中田雅史 | COM(0) |
2010-02-19 (Fri)


やっと。
今週末がやってくる。
中田クンのライブだ。

今年のライブ初めは、中田クンだったけれど。
その時のジブンは、泣きそうで崩れそうなジブンで。

その後に、スキマやミトさん、寺田さんのライブに行って
元気になって、音楽って楽しい!って笑顔になっていたはずなのに。

久しぶりに、中田クンの唄声を聴いたら
なんだか知らないけれど、涙がダーダー流れてきて止まらなくなって。

辛いとか哀しいとか、そんなことは全然ないのに
どの歌を聴いても、やっぱり涙がダーダー出てくるのには困ってしまった。

なんかね。
ジブンのココロのどこかに確実に響子する唄声。
やわらかく温めてくれるんだよね。

大丈夫かなー。
ライブで泣いたらはずかしーなー。
今回は友達も一緒だから、なおさらはずかしーなー。

でも。
久しぶりの彼のライブだから、うんと楽しんでこよう。
楽しくて楽しくて、それで涙が出るんなら、仕方ないや。ね(笑)


人それぞれだけど。
好きな声や、歌のジャンルがあるから「絶対」と強引には言えないけど。
今のジブンが「すっごくいいよ!」と一番勧めたいのが彼の唄声です。



ってことで。
中田クンのライブ情報!


■02/20(土)札幌らぐたいむ
題名:中田雅史マンスリーワンマンライブvol.5
時間:OPEN 19:00/START 19:30
料金:前売り¥2500/当日¥3000(1D別)
出演:中田雅史(Vo,Gu),江口正祥(Gu,ex尾崎豊)
場所:札幌らぐたいむ
〒064-0808札幌市中央区南8条西14丁目3-17
電話:011-551-1260

-----------------------------------
■02/21(日)小樽ヲタル座
題名:ヲタル座 1周年 Anniversary Night~音の降る夜~
時間:OPEN 18:00/START 18:30
料金:前売り¥2,800/当日¥3,300
出演:岩男潤子、中田雅史(Vo,Gu)、SE-NO
場所:ヲタル座
小樽市築港11 ウイングベイ小樽3F
電話: 0134-21-5555 0134-21-5555
主催:ナッツハウス
※ご予約はナッツハウスまで
予約・お問い合わせ先 oto0221@gmail.com
御予約受付メールフォーム https://ssl.form-mailer.jp/fms/400325a677463


そしてそして。
九州・関西・関東!
行ける方はぜひ!!!

東京もあるからねー!
ぜひ、行ってみてねー!←誰に叫んでる?(笑)



■03/7(日)熊本 酔ing-swing-
題名:「まさしとたらのオーバーザディスタンス」
時間:open14:30 start15:00
料金:前売り¥2000円/当日¥2500(1D別)
出演:中田雅史(from北海道)、TARA
場所:酔ing-swing- http://swing-live.jp/top.htm
住所:熊本市花畑町10-10 中山ビル2F
電話:096-356-2052

-------------------------------
■03/10(金)広島 楽座
題名:「中田雅史ワンマンライブ」
時間:開場19:00 開演19:30
料金:前売り2000円 当日2500円/ワンドリンク別
出演:中田雅史(Vo,Gu)
場所:広島楽座http://www13.ocn.ne.jp/~rakuza/
住所:〒730-0032広島市中区立町6-1 立町ウィング BF1-A
電話:082-246-1019
MAIL:rakuza★herb.ocn.ne.jp

-------------------------------
■03/21(日)兵庫 芦屋市総合公園野外ステージ
題名:芦屋マルクト「芦屋音まつり」
時間:START 10:00~
料金:無料
出演:カケラバンク、中田雅史(Vo,Gu)、Tambling Dice (タンブリング・ダイス)、ザ・クレージー・ダイス、Cocodrilo (ココドリロ)
場所:芦屋市総合公園野外ステージ
住所:兵庫県芦屋市陽光町1-1
問合:http://ashiyamarkte.com/form/form.cgi?type=default

-------------------------------
■03/26(金)東京三軒茶屋 ラヂヲデイズ
題名:「中田雅史ワンマンライブ」
時間:OPEN18:30 START19:30
料金:前売2500円/当日3000円/(ワンドリンク別)
出演:中田雅史(Vo,Gu)、江口正祥(Gu)
場所:http://www003.upp.so-net.ne.jp/kei_music/radiodays.html

-------------------------------
ライブの予約は、中田雅史HPからどうぞ♪⇒ 中田雅史HP




熊本とか芦屋とか、いいなー。
暖かい春の風に吹かれて、中田クンの歌を聴いてみたいなー。
南の土地で聴く唄声は、きっとその土地の色が加わるんだろう。
そんな違いをうんと感じてみたい。


北は今日も雪が降っているけど。
ゆっくりと春が近づいているのは、日が長くなったことからも感じられるし
暮れゆくオレンジの光が、たまらなく幸せな気持ちにしてくれる。
木々の芽も、こんなに寒いのに、ちゃんと膨らみ始めているしね!

季節が静かに移り変わっている。
確実に暖かな方へと向かっている。
それがすごく嬉しい!!

てか。
犬並みの嗅覚で(笑)毎年、春を探しているジブンだったりして(笑)
それぐらい、北国の住人は春が待ち遠しいんだよね!

で。
今年の春。
4月初めは、初の四国へ!行くよ!
ホント。待ち遠しいよー!


その前に。
明日が待ち遠しい!


| ♪中田雅史 | COM(2) |
2010-02-17 (Wed)



公式TOPが白シャツに変わった!
やっぱり、秦クンは無彩色が似合うし、
上向き加減のアングルからのほうが、痩せて見える(笑)

でも、ふと。
「鱗」「青い蝶」のジャケ写を思い出して
なにげに確認してみたんだけどさ。


・・・・・・・・。


歳月の流れを感じた(笑)



てか。
HGはいつになったらTOPが変わるんだろう。
こっちも早く変わって欲しいぞー!!
ファンクラブをないがしろにするなぁー!!(笑)



あと。
この情報なんだけど↓

■「BEST OF GREEN MIND '09」が本人からのメッセージ付きでいち早く聴ける!CDショップにて先行試聴実施中!

まだ、アルバム予約もしてないんで。←オイ(笑)
予約ついでに聴いてみようかな~と思うけど。

別に“先行試聴”もしたくないし(逆に、買うまで聴きたくない派 笑)
本人メッセージも、いつもと同じことしか言わないんだろーなーとか。
そんなに気持ちを煽られなかったりする(笑)

てか。
煽られたくない!(笑)

いいなぁ、聴きたいなぁ、欲しいなぁ、と思うものは
別に特典とか先行なんちゃらなんてなくても、ちゃんと買うんだからさ。

「付録」よりも「本体」に魅力を増して欲しいですだ。はい。


最近ね。
特にね。
「売る」ために、あんなこと、こんなこと。とか。
「動員」するために、あんな情報、こんな情報。とか。

そういうものは、受け付けない体質になりつつあります(笑)


付録も、添加物も、要らないよ。
肌触りの良い、そのまんまの秦クンの「歌」を受け取りたいっす。


多分ね。
コテコテのデコラティブには、そろそろみんな飽きてきてる気がする。
シンプルに「歌」を手にして、「ライブ」に行ければ、それでいい。

そこにパワーがあって、感動出来ることが、一番重要だ。

アコースティックなら、なおさらだ。

そうだよね。








| ♪秦 基博 | COM(0) |
2010-02-16 (Tue)

書きたいことは、毎日頭の中に浮かぶんだけど。
気力体力尽き果てて、夜はとにかく眠たい眠たいねむたい・・・(笑)

ミトさんのライブ感想文も、後で記録だけでも残そうと思いつつ。←いつだよ(笑)
とりあえずは、忘れないうちに、先週金曜日の、このライブのことを書き残したい!


■2010年2月12日(金)21:00~
日之出音楽事務所主催
「歌飲しみ会(うたのしみかい)」
~今夜は日の出まで、いいだろSP


会場『slowhand』
札幌市中央区南7西4 第2北海ビルアバンティ4F

寺田英夫、長谷川幸裕主催の飲み会やります。
会費、1500円でワンドリンク以降
キャッシュオンで、出入り自由
時間は、21時から~つぶれるまで

出演
寺田英夫
長谷川幸裕
The Bulldogs

100212_2102~0001



AirG'のDJ:寺田英夫さん出演のライブ!!

いやー。
楽しかった!!!!
ホントにホントに楽しかった!!!

STARTが21時からっていうのが、夕方からのライブと比べて慌しくなく行きやすかったし
聴く方も唄う方も、酔いの波に気持ちよく漂いながら聴けた、いいライブだった。

時間ギリギリに着くと、店内はぎっちりの満員状態。
お客さんは30人くらいかな。
すでに熱気がこもっていて、寺田さんが笑顔で迎えてくれた。



でね。
長谷川幸裕さん。
寺田さんと同じ「日之出事務所」の方。

彼のことは全く知らなくて
"事務所の後輩かなー?"くらいに思っていたんだけど。

まずは、長谷川さんがギターの弾き語りで唄い始めた途端。
彼の唄声の持つ吸引力。誰もをグイグイ引きずり込む物凄さに圧倒された。

ハスキーだけれど、高音もそのまま伸びていく力強い唄声。
オリジナル曲の独特の世界観は、さっきまでの緩やかな空気の色をガラリと変えていた。

で。
もっとビックリしたのが、バンド!
お店のマスターがギターを弾いていた"The Bulldogs"でのボーカルの長谷川さん。

ジブンはトイレから戻ってきてドアを開けたときに
目の前でスタンドマイクを握り締め、ジャーンと唄いだした彼を見て正直ぶっ飛んだ(笑)

さっきの弾き語りとは別人のような"ロッカー"だった!
シャウトしている姿はメチャクチャカッコよかった!

唄っていたのは「15の夜」だったのだけど
最初はオリジナルの曲に聞こえたほど、尾崎豊の色が全く消えていた。

尾崎の歌って、誰が唄ってもやっぱり尾崎の歌にしか聞こえないことがほとんどだけど
この歌は完全に、長谷川さんの、大人の、「15の夜」だった。
これはすごい衝撃だった。

この後も、弾き語りでサザンなんかも唄ってくれてたんだけれど
やっぱり、桑田さんの色は全く感じなくて
長谷川幸裕の「涙のキッス」だった。

北海道千歳市出身の、寺田さんと同い年の彼。
今は東京中心に活動している、爆発的なボーカル力のある方です!⇒ 長谷川幸裕


と。
長谷川さんのことばかりを誉めてしまったけれど(笑)

この日の寺田さんの唄声も、今までジブンが聴いた中で一番!の迫力があった。
透明な声が高くどこまでもグングンと伸びていく。
オープンした声とココロが、聴く人に束となってまっすぐ届く、強い光のような唄声だった。



21時から始まったライブは、2時間ちょっとでひとまず終了。
その後は食べたり飲んだり他愛ない話しをしたり。
なんだかまったりとした飲み会感覚が本当に居心地良くて
結局、友達と地下鉄最終を見送り(笑)まだまだその夜を楽しんでしまったのだった。

で。
その後の"ボーナスステージ"は、もっと素晴らしくて!

長谷川さんは、この日のために!とニッカの「余市 SINGLE CASK 15年」を持参し
みんなに勧めながら自分もストレートで飲みつつ、歌を唄ってくれていた。
寺田さんも酔いでリラックスした柔かい笑顔で、本当に楽しそうに唄っていた。
この2人は音楽の「戦友」らしく、お互いにジョークを飛ばしたり突っ込みを入れながら
気心の知れた温かな雰囲気が会話の中からも感じられて
それが2人のハーモニーにも滲み出ていて、聴いていてすごく心地よかった。

寺田さんは「今までカバーするのは洋楽が多かったんだけど。
自分よりも年下でキャリアも長くて、ラジオの仕事しか一緒にしたことはないけれど
秦基博くんの、彼の歌を聴いて「日本の歌っていいなぁ」とあらためて感じさせられた」と語り、ユーミンなどのカバーを限りなく優しい声で唄ってくれた。


なんかね。
大人の「お楽しみ会」ならぬ「歌飲しみ会」は
唄う方も聴く方も、飲みながら酔いながらまったりとしながらも
時にはシャウトしたりバンドで弾けたり、弾き語りで聞かせたりハーモニーを奏でたり
なんて心地よいんだろう、なんて素晴らしいんだろうと
歌とお酒と更けゆく夜に酔いしれる、楽しい楽しい時間だった。


でね。
帰りの道を歩きながら、友達と思ったことはね。
こういう近い距離間だからこそのライブの良さってあるよね!ってことだったのだ。

「音楽」を志す人は、やっぱり「売れて」「大きな会場でのライブ」を目指すのだろうけれど。
そういうライブの、ウエイブが巻き起こるような良さも凄さも、十分に分かっているのだけれど。

目の前にいる、何十人かの人達、ひとりひとりに間違いなくきっちりと届いて
「音」を「楽しむ」瞬間を人数分で増幅して共有出来るライブは
本当に贅沢で、音楽というものの原点なんだろうなぁと感じさせられた。

ちゃんと手渡し出来る距離間で
大事に受け取ってくれる人へ、ココロを込めて伝える音楽。

休養の期間を経て、音楽を昨年から再開した寺田さんは
そういう音楽をしたいんだろうなぁと気づかされたライブだった。


本当に、充実したライブだった!

寺田さんも長谷川さんも、素晴らしいミュージシャンです!

ちょっとね。ライブ中に泣きそうになったよ(笑)
今のジブンに、元気をたくさんたくさん与えてもらえた。
帰り際に「ありがとう」をちゃんと伝えたかったな。



おし。
元気をもらって充電したからね。

まだまだ頑張るぞー!

音楽って本当に本当に素敵だ!!!



| ♪寺田英夫 | COM(0) |
2010-02-12 (Fri)

『Augusta Camp 2010』開催決定!

Augusta Camp 2010

日程:8月14日(土)15日(日)
会場:都立 夢の島公園 陸上競技場(東京都江東区夢の島3-2)
時間:OPEN 12:00 / START 14:00
出演:杏子 山崎まさよし スガ シカオ 岡本定義(COIL) 元 ちとせ スキマスイッチ 
   長澤知之 秦 基博 さかいゆう
料金:¥6,800(税込)レジャーシート付き(座席種類と座席図面は後日発表!)
※雨天決行、荒天中止
※5歳以上有料
一般発売:6月26日(土)AM10:00~ 各プレイガイドにて一斉発売
お問合せ: ソーゴー東京 03-3405-9999
(月~土 12:00~13:00/16:00~19:00 ※日・祝除く)

公式サイト:http://www.office-augusta.com/ac2010/
公式携帯サイト:http://augusta-mobile.com/ac2010/


今年のお盆はオーキャン!

うーん。
FC先行予約まで、まだ時間があるからじっくり考えよう。

行きたいけど行けるかなー。
てか。
ジブンの体力・気力・財力の「3力」が一番心配なんだけど!(笑)

2日間持つのか?炎天下で生きていけるのか?
夢の島で、本当に夢の彼方へ倒れてしまったらどーしよう?(笑)



あと。
これも発売になるのね!

■「Bank Band with Great Artists Live & Documentary ap bank fes'09」発売決定!

05年から、『eco-reso(=エコ意識の共振・共鳴)』をテーマにつま恋(静岡県掛川市)で開催してきたap bank fes。
5回目の節目となった昨年は、これまでの集大成として“原点回帰”をテーマに開催されました。
ap bank fesプロデューサーである、音楽プロデューサー小林武史、櫻井和寿(Mr.Children)を中心に日本を代表するミュージシャンによって編成されているBank Bandと豪華アーティストをゲストに迎えての競演、初回からap bank fesの主旨に賛同し出演するMr.Childrenのap bank fesのみで披露されるスペシャルステージ、そして3日目にシークレットで登場した矢沢永吉さんの圧巻のパフォーマンスなど、本作は、出演したミュージシャン、スタッフ、オーディエンス、その一人ひとりの想いが、笑顔が、凝縮された最高傑作の完成。

Bank Band with Great Artists
Live & Documentary
ap bank fes'09

2010.04.21 Release!

<DVD収録アーティスト>
中村 中/GAKU-MC/My Little Lover/福原 美穂/大塚 愛/甲斐よしひろ/トータス松本/伊藤由奈/KREVA/Salyu/スガ シカオ/今井美樹/石井竜也/キマグレン/JUJU/秦 基博/一青 窈/倖田來未/矢沢永吉(出演順)
Mr.Children/Bank Band

フツーに見てみたいな。
でも。高そう(笑)




そして。
昨日は秦クンはFM802で頑張ってたんだね!

6a0120a68c2859970c0128778c89f0970c-800wi.jpg

9時間生放送かぁー。
すごいんだけど、聴く方も大変だ(笑)






6a0120a68c2859970c0128778dbec8970c-800wi.jpg

だから、早く髪を切れ!(笑)

そして、後ろのプレゼント郡が気になる・・。
きっと、バレンタインチョコなんだろうなー。
またまた、太るぞー!(笑)







そしてそして。
昨日、北ではこのイベントをやっていたんだよね!

JFL SPECIAL「Message For The Future」@新千歳空港

□日時/2月11日(祝・木)13:30~14:30
□会場/新千歳空港センタープラザ2階特設ステージ
□ゲスト/元ちとせ、山崎まさよし、岡本定義ほか
□DJ/杏子

yawarakana_jacket.jpg



結局、ジブンは行けなかったー(涙)
友達は見に行って楽しんできたみたい♪
で。今年もオガスタアーティストのエコパネルのメッセージがあるみたいだよ!

秦クンのもある!
友達が送ってくれた写メを見たら、相変わらずのエコぶりで笑ってしまった!(笑)
近いうちに見に行ってみよう~!!




ふー。
なんか、情報が多すぎて、久しぶりに追っかけたら疲れたわ(笑)

さ。寝よ寝よ~。


| ♪オーガスタ | COM(0) |
2010-02-10 (Wed)

誕生日おめでとー!!

そして、ありがとー!!!



てなわけで。
本日。2月10日。
ワタクシめの誕生日なのでありまする。おめでとー。ありがとー。←(笑)



誕生日ケーキで無事に?お祝いしまして。
それも昨年と同様、バレンタイン仕様のケーキでして。←それしか売ってないらしい(笑)
もはや年の数なぞ完全に無視で、ありったけのろうそくをザクザク刺したりしまして。

でも。揺れるろうそくの灯りを見つめていると
「あーやっぱりうれしーなー」なんて思ったりしまして。

○○回目の誕生日の夜は更けていくのでありまする。


CA8YOS5O.jpg

※「St. Valentine's Day」と書かれたチョコが笑える!



友達からも、メールや電話でお祝いを頂きました。
うれしかったよ。本当にありがとう。



で。
まずは。
スキマDELUXEからのお祝いメールも11時半に到着。

うんうん。
タクヤくんもシンタくんも、本当にありがとう!!(笑)
2人の気持ちはしかと受け止めたよー!!

などと、思っていたのだが。


肝心の秦HGからは、なかなかやってこない。

・・・・・15時にやってきた。

お祝い事は午前中にって言うだろー!(笑)


なんて思いつつ、昨年、一昨年のBirthdayメールを見てみたら。

DELUXEは11時半に配信で。
HGは15時に配信。そう決まっているみたいなのだね。

ふーん。そっか。
絶対、午前中に配信した方が良いよ。HG!!(笑)


あと。
モバイルからもやってきたよ。
こちらはなぜか10時。
うん。やっぱり早めにやってくると、すごく嬉しかったよ。



で。
内容は。
毎年変わんないねー(爆)

特に、モバイルは変わらんねー。

ある意味。
秦基博キャラを貫き通している感じで、すがすがしいかも(笑)

そうそう。
HGからのやつ。今年はなぜかハンドルネーム宛てでやってきた。
いつもは本名なのに。なぜなんだろう?
ハンドルネームは正直、違和感ありありだったよー。
やっぱり、本名で送って欲しいものですだ。はい。


と。
色々文句をたれているジブンですが(笑)

こうして、無事に元気で誕生日を迎えられて
本当にありがたいことだなーとしみじみ思います。

これからの1年は、どんな1年を過ごすことができるのか
お正月明けからの出来事のあれこれを考えると、不安も無きにしも非ずだけど。

やっぱり色んなことに前向きでありたい!
そう思って、笑顔になる瞬間をひとつずつ重ねていけたらなーと思います。


なので。
誕生日おめでとー!!

そして、みんなみんなありがとー!!!


この1年も、変わらずよろしくお願いします(ペコリ)。









| *私事 | COM(11) |
2010-02-09 (Tue)

週末は大荒れの天気だったけれど
昨日は寒さが緩んで穏やかな一日だった。

札幌は雪祭りの真っ最中。
メインの大通り会場がある街中は、観光の方々がたくさん来札している。
すれ違いざまに、色んな国の言葉が聞こえてきて、なんだかワクワクしたりする(笑)

7日(日)は、ミトさんのライブに行った。
ライブの後は打ち上げの飲み会もあって(感想文はまた後日)。
楽しい時間を過ごしていたから、全く見てなかったんだけど。


フジの「新堂本兄弟」!!

さっき。
録画をやっと見たよー!!(笑)



いやぁ。
今回は辛口のダメ出しを沢山しそうなジブンが怖いわ(笑)


do-moto5.jpg

・・・・なんで。
こんな“秦 残念 基博”になっちゃったんだ!(笑)


スタイリストさん!
お願いしますだ!!

秦クンは、髪をセットしちゃーいけないんだよ。
まるで、パーマをあてたオバサンのようになってしまうんだよ。
洋服も、もう少し形や色合いを何とかして欲しいのだよ。
どう見たって、彼だけ“連れてこられました”的な感じじゃーないか(笑)

後ろに座ってる深キョンも
「いい人っぽいけど、全く恋愛対象外ね・・」っていう冷めた目をしてるじゃーないか。←オイ(笑)

テレビに出るといつも残念感が漂うのが本当に悔しい!



それでも。ジブン的には。
背が高くってホワンとした佇まいにやっぱり惹かれてしまうんだけど。←アホ(笑)

do-moto2.jpg

ね!秦クンのほうが絶対カッコイイよね!←贔屓目(笑)



でね。
笑いを取りにいこうとしていた秦クンに、ハラハラしていた(笑)
三男坊気質で、周りの空気を読みすぎてしまうからかな?
それとも、自分が笑いを取りにいきたいのかな?
ってことは。これからもバラエティー番組出演の度に、ハラハラは続いていくんだね(笑)




do-moto1.jpg

トークより、唄っている姿がやっぱり一番だ!(笑)



でもさ。
ミスチルの「名もなき詩」。

歌の上手さは伝わったと思うけれど。
正直。合ってないなーと思った(笑)

だって。
やっぱり、ミスチルは偉大だ。偉大すぎる。

大好きな秦クンの唄声で聴いているのに
つい、桜井さんの唄い癖や、声のかけらを捜してしまっているジブンにビックリした。

もうね。
何をどうしたって、誰がどう唄ったって
もともと持っている歌自身の力が大きすぎるし
桜井さんの歌声があってこそなんだよね。

ミスチルの歌は、カバーする!っていうよりも
気楽にカラオケ気分で楽しんで唄うっていうほうがいいのかもね。



だから。
最後にショートVer.でいいから「アイ」を唄って欲しかったなぁ!

秦クンの色を出しきれずに終わってしまって、やっぱり“秦 残念 基博”になった感じ。
「人の良さそうな歌の上手い人」っていう好印象は残せたと思うけど!←オイ(笑)

テレビ出演って。
ホントに難しいね!!

やっぱり秦クンの魅力を存分に見せてくれるのは
「僕らの音楽」だよなぁと改めて思った!




で。
実は、同じ日にCSのフジでやっていたミスチル特集も録画していて
堂本兄弟の後に、それもざっと見たんだけど。

桜井さん。
やっぱり素敵すぎるー。
「CROSS ROAD」を聴いて衝撃を受けたあの頃を思い出してしまった(笑)

「Everything ~It's you」の方が、秦クンに合ってたかもなぁ(ぜひ唄って欲しい!笑)
なんて、これだけ言ってるのに思ってしまうという。←アンタね(笑)

てか。
想い出がありすぎるんだよね。ミスチルの歌には。
どの曲を聴いても「あの頃」の「あの気持ち」が浮かんでくる。


考えてみれば。
秦クンの歌は、秦クン自身をずっとずっと追って聴いてきたから
秦クンの「あの頃」を思い出しても
重なる何かや誰かとの想い出には、あまり結び付かない。

だから。これからは。
秦クンの歌で「誰かとの想い出」が浮かぶような
そんな距離感で聴いていきたいなぁと、ミスチルを聴いていて思った。

なんだか。
最後はそんなおかしな気持ちになったのだった。

そして。今夜は。
久々にミスチルを聴いて寝ようかなと思っているのだった(笑)


たまには、いいよね。





| ♪秦 基博 | COM(2) |
2010-02-07 (Sun)

先日のスキマスイッチのライブ。
TOUR 2010 ラグランジュポイント@札幌 が終わって、あれから早2週間が過ぎたんだね。

ライブの感想文を書いたら
かなりの方がスキマでたどり着いて来てくれていて。

なんだかとっても嬉しかったな。
感動をどこかの誰かと共有しているんだなって思った。

で。
ジブンも、あちこち覗いてみたりした(笑)
中標津のライブ内容もすごく気になったしネ。

なにより、MCを知りたかったんだ!

だってだってだって。
札幌公演のMCも、ほとんど聞き取れなかったんだ(笑)

小さいキャパのライブハウスなら
何とか聞き取れるんだけど(それでも分からないことが多々ある笑)

ホールになるとね。
全く聞こえないわ。
なぜみんなが笑ってるのか、よく分かんないくせに
その場の雰囲気で、ジブンも笑ってしまっているという・・。←なんだコイツ(笑)


で。
中標津ライブ!
シンタくんはなんと!
前日に知床(ウトロ)まで流氷を見に行ったらしい!

ウトロー!!
ジブン。昔。ウトロのホテルでバイトしてたよー!!(笑)

まだ流氷が海岸沿いを埋め尽くしている頃から
鮭が川に戻り紅葉が美しく山を彩る頃まで過ごした、約7ヶ月間。

知床の自然からたくさんの啓示を受けたように思う。
そして、さまざまな人と暮らして出会って、色んな事を見つめ直した貴重な時間。
振り返れば、あの時期がジブンのターニングポイントだったなぁとしみじみ思う。

だから、ジブンにとっての知床はすごく大事な場所。
そこにシンタくんも行ったんだ!と嬉しくなった。

てか。
シンタくんはライダーだからね。
今までも道内をあちこちツーリングしているし
北海道の自然をこよなく愛してくれていて(と思う笑)。

いつだったか。
DELUXEの日記で「セイコーマート(北海道のコンビニ)のちくわパンがうまい!」と
画像も一緒に載せてくれていたこともあったし(ジブンもちくわパン大好き!)。

バイクとか旅の話しとか。
シンタくんといっぱい語って見たいなぁなんて思ってみたりする。
シンタくんとなら、普通に友情を育めるような気がする。←オイ(笑)

と。
ひとりで勝手にシンパシーを感じていたジブン。←アホ(笑)



で。
今回のアルバム「ナユタとフカシギ」の中でも、ジブンが一番好きな曲「SL9」は
シンタくんの高校の頃の体験を基に作ったらしいんだけど。

この歌を聴いていると、すごくその時の情景が見えてくるんだ。
まだ、自分がどんな風に未来への道を辿っていけばよいのか全く分からずに
悶々としていた頃のシンタ少年を想像してしまって、なんだか胸がキュンとなるんだ。
ジブンもそんな頃が確かにあったなぁって、重ね合わせてしまう。


「SL9」って、「シューメイカーレヴィー第9彗星」と言って
1994年に木星に衝突したことで有名な彗星なんだって。⇒ Wiki

その模様を、ふと点けたテレビで映し出されるのを見て、衝撃を受けるシンタ少年。

「散らかった六畳間」にいる普通の少年が
壮大な宇宙で起こった出来事と、テレビの映像を通して繋がっている。
この不思議な対比が、詩の世界でちゃんと息づいているのがすごいと思う。

そして、もっとすごいのが
宇宙の壮大さや、シンタくんの中で起きたココロの衝突を
メロディーとアレンジの「音」で、その世界を見せてくれていることだ。
タクヤくんの限界ギリギリの張り上げる唄声も、きちんと計算され尽くしている。

これを2人で(特にシンタくんの手腕が大きい)創りあげているんだよ。
すっごいよ。スキマスイッチって!!

世間的には「奏」や「全力少年」のイメージが強くて
ソングライティングやアレンジメントのチカラを、あまり気づいてもらってない気がしちゃうんだけど。

アルバムを聴くと、奥深さが分かると思う。
てか。分かって欲しい!!(笑)






「SL9」 作詞/作曲 スキマスイッチ

風も動かない熱帯夜 94年の夏
その夜も寝苦しくって 夢の誘いも来なくて
ふとつけたテレビから流れた信じられないニュース
セミが一度だけ鳴いた

21個の光が何度も映し出されて
聞いた事のない名前の彗星が急降下して
画面に入りきらない木星に衝突したんだ
思わず西の空 見上げた

遠く遥か宇宙から呼びかける
散らかった六畳間への言葉のないメッセージ
夢も希望もどこかリアルじゃなかった僕は
気の抜けた生ぬるいコーラを飲んで明かりを消したんだ


夜空は何も変わんない いつものように見下ろして
歩き出そうとしない僕を臆病モノだと笑う
見えもしないものでも想像して行動すりゃ
望む人の、手の中にある

遠く遥か宇宙から呼びかける
散らかった六畳間への言葉のないメッセージ

感情が走り出す 忘れてた未来へのイメージ
ざわめいた胸の鼓動を抱えて夜が明けていく

遠く遥か
宇宙から
呼びかける







またライブでこの歌を聴きたい!!!

今週末は、青森・盛岡でライブ!
2月10~11日はNHKホール!
・・・誕生日プレゼントに行きたかったなぁ(笑)




| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
2010-02-04 (Thu)

やっと見たよ。
「僕らの音楽」1月22日放送分。

録画を見る前に、あちこちのブログをメグっちゃって
あんなんだった、こんなんだったって、読んじゃったりしてたけど。

実際見てみたら、ジブンの感じ方はかなり違っていて
受け止め方は人それぞれなんだなぁ、面白いなぁって思ったりしたよ。

てか。
年代によって違うのかも?(笑)


で。
その前に。
1月30日のMFは、リアルタイムで見た。

いつも思うんだけど。
ジブン的には、MFの秦クンにはあんまり魅力を感じないんだよね(笑)

どうしても大御所メインの構成になってしまうせいもあるんだろうけど。
もともとマジメで冒険をあまりしない彼だから「正統派」「真面目」なイメージのMFでは
番組の雰囲気の枠を超えられないまま、無難に終わってしまう感じにみえる。

上手いんだけど、なんかつまんないなーと思えちゃうんだよね。
親戚のおじちゃんおばちゃんに可愛がられる、優等生の基博少年って感じで(笑)

あと。
スタジオの照明の色合いも、彼には合ってないなぁと思う。

明るい日光のような健康的な光だと(まるで学校のような“正しさ”に映る)
平坦で平凡な基博少年しか浮かび上がってはこない。

ガラスと鋼の歪んだ声の魅力を発揮できる色合いは
やっぱり夕暮れのようなオレンジ色の薄暗さなんだと思う。



だから。
「僕らの音楽」の秦基博のほうが、絶対好き!

あの番組の照明の加減は絶妙だなぁと、いつも思う。
今のところ、彼の魅力を最大限に魅せてくれるのが「僕らの音楽」なんじゃないかな。

だってね。多分ね。
僕音で秦基博を知ってファンになった人って、かなりいるんじゃない?
MFでファンになった人は、少ないと思う。←オイ(笑)

なので。
今回の僕音も、じっくり何度も見ようって思ってた。
時間がある時に慌てずに見ようって思ってた。うん。もう5回は見た!(笑)



bokuonn2.jpg

いやー。
大沢たかおさん。
年を重ねて、本当に素敵な人になった。
若い頃の彼には、全く興味が湧かなかったんだけど。←ファンの方ゴメンナサイ(笑)
「築地魚河岸~」の映画を観たときも思ったけれど
良い年の取り方をしてるなぁ。カッコイイなぁ。と思ったもんね。

若い頃は「破綻」してたっていうのも、ジブンと大いに重なるし(笑)
今の自分の方がずっと好きだっていう感覚も、同じように実感出来るから。
うんうんと大きくうなずいて見ていた。


でも。
でもね。
でもでもでもね。
やっぱりジブンは、秦クンのイスに座っている佇まいに、どうしようもなく惹かれるんだ。
世間的なカッコ良さから言えば、大沢さんの方が絶対に上なんだろうけど(笑)

ジブン的には。
背が高くって、重量感のある体格で(ほどよい筋肉と多めの脂肪笑)
笑うと目が糸のように細くって、顔がくしゃくしゃっとほころぶさまに、安心感を憶えて。

でも。
笑顔がどこか醒めているというか、心底楽しんでいるようには見えなくて。
楽しさの裏の哀しさや寂しさも、合わせ鏡のように持つ彼であって。

そして。
華やかさは感じられないのに、なぜか人を惹き付けるやわらかなオーラを漂わせていて。

そんな全てにやっぱり、グッと引き寄せられてしまうジブンなのである。←あー(笑)



伊勢昭三さんとの「なごり雪」

白いシャツにドキッとさせられた。
雪のイメージで着ただけなのかも知れないけど。
やっぱり彼は無彩色が良く似合う。
きっと彼は自分自身の「色」を表にあまり出さない人だからなのかも知れない。
すごく心を許した親しい人だけに、内面の鮮やかな色を見せるんだろう。

で。
座ってギターを弾いて唄う時って、必ず左足でリズムを刻んでいるんだよね。
ジブンもライブで座って聴いている時は、つい足でリズムを刻んでしまうから
その感覚が同じみたいで、嬉しくなったりする。←単純(笑)

なごり雪のキーは伊勢さんに合わせていたのか、彼には少し低めだったから
サビの上のパートでハモっていた声が一番良かった。雪の透明感のような声だった。




そしてそして!
bokuonn.jpg

ジャーン!
田島貴男さん!!

オリジナルラブ!
昔、結構好きだった!
秦クンと同じように「聴いたことがない世界」に思えた。

ていうか。
それって大人の世界でしょ。どきどきするでしょ。
田島さんの唄声も音の世界もすごく扇情的で。
聴いていると胸の奥に火をつけられるような、そんな感覚になる。

でも。
久しぶりに聴いた田島さんの唄声は、かなり変化していて
正直、最初は違和感を覚えたんだけど。

やっぱりね。
サビのアカペラの唄声には、絡め取られるような感覚になってしまった。
田島さんの世界は、一度入ったら簡単には抜け出せない、底なし沼のような妖艶さだ!

「接吻」
やっぱり名曲!!

そして。
我らが秦基博の「接吻」

唄いだしの♪な~が~く~ ・・・完璧にやられた(笑)

さっきの「なごり雪」を唄っていた人と同じ人とは、とても思えない!
表情も漂わせる雰囲気も、唄声もなにもかも。
狂おしくなるような色気をそこかしこに、まき散らしている。

まったくね。悔しいね!(笑)
これ。ライブで唄って欲しい。
髪を振り乱したりして唄う姿を見たい。
「夜をぶっとばせ」の次は「接吻」のカバーをして欲しい!



でね。
可笑しくて笑っちゃったのが。
合間に入ったCMが松井秀喜のヤツだったこと(笑)

それさえも計算していたとしたら。
きくちP。めちゃくちゃいい仕事してくれてるね!

この番組の録画を後で編集(シーンカット)したんだけど
松井のCMはあえて残しておいたもん!(笑)

松井のCMに続く、秦クンの弾き語り「アイ」。
この番組を家で秦クンが見ていたとしたら、泣いて喜んでいただろう!(笑)



そんな松井からのバトンを受けた後の?「アイ」は
やっぱりMFの「アイ」より全然良かった!!

MFで唄っていた「アイ」はどこか硬い感じだったけれど
僕音の「アイ」はリラックスして声がすごく伸びていた。

胸の奥に響子するミドルボイスが、本当に心地よくって。
歌詞のひとつひとつが染み入る「アイ」だった。

最後の歌詞♪じんわりあふれる~ と唄ったあとで
すーっと大きく息を吸った秦クンの表情は、すごく満ち足りていて。
ジブンも思わず、すーっと息を吸ってしまったよ(笑)
そして、じんわりあふれて、その余韻に浸っていた。

僕音。
ホントにいい番組だ!

そういえば。明日も↓
■2/5(金)フジテレビ系「僕らの音楽」 ※過去出演時の映像がオンエアされます。

うんうん。録画予約したよ。OKだよ!

願わくば。
初めて登場したときのやつ。
一青窈との「空中ブランコ」を見たい!

あの時のハラハラドキドキ感。
画面に「秦基博」って名前が映し出されて
カメラが秦クンを中心にぐーるぐるとまわって
耳たぶを真っ赤にして緊張した秦クンと、余裕の笑みで見つめ合う一青窈。
あの2人の醸し出す、官能的で妖しく溶け合う空気感に倒れそうだった。←アンタだけだよ(笑)
あれから「一青窈」を特別視(ライバル?笑)してしまっていたっけ・・(笑)

「カブトムシ」も「愛について」も「楓」もいいけれど。
初登場の、あの「空中ブランコ」を、ぜひ見たい!!

とにかく。
明日の僕音が楽しみ!

そして。
■2/7(日)フジテレビ「新堂本兄弟」
ミスチルの「名もなき詩」を唄うのが楽しみだー!





ふー。
てなわけで。
やっと、ここまで辿りついた。

というのはね。
実は昨夜も1時間くらい、あれこれ書き進めていたのに
ここのブログ。FC2。
突然フリーズして消去しちゃうんだもん。
あー。1時間分の書いた文章。もう同じものは書けない(涙)
ガックリ落胆して疲れ果て、ベッドに入ったものの、なかなか寝付けず。
もうイヤ。FC2のバカバカって。思ってたんだよね(涙涙)

で。
今日も再チャレンジして、あれこれ書いていたんだけど。
2度。消えましたぁー(怒)
だから、昔のPCのように、少し書いては上書き・・少し書いてはまた上書き・・。
ホントにストレスたまり放題なのだ。あー。肩凝る。胃も凝る(笑)

とりあえずは、まだまだ書きたいことはあったけど(書いたはずだけど笑)
これにてUP致しまする。
どーか。消えませんように(笑)


秦クンのこと。
たまには、いっぱい書かなきゃなぁ。
普段もいろーんなことを考えたりしてるんだけど。
なかなか書く時間もなくて。書いても消えちゃって。←はぁー(涙)

まぁ。めげずにまたボチボチ書こう。

あ。
次は、スキマのことも書きたい!
先日のライブで色々考えたりしたことを、いっぱい書きたい!

その次は・・・。

マイペースで、気持ちのまま、書き続けていこう!



| ♪秦 基博 | COM(0) |
2010-02-02 (Tue)


あらら。
いつのまにやら、もう2月になってしまった。

とりあえずは。
毎日の荒波を乗り越えて生きておりまする。

冬の日本海。
白い波しぶきが、寒々しい。

うん。
寒いんだ。
めっちゃくちゃ寒いんだ。
勘弁して欲しいほど寒いんだ。

もう。
寒いのは、いやだぁぁぁー。←海に向かって絶叫(笑)



で。
そんな寒さを物ともせずに?
巷では、色んな情報が流れているようで。

「BEST OF GREEN MIND '09」のジャケ写発表だとか。
hata_bogm_jacket200a.jpg
(まだ予約していない笑)


オーキャンDVD収録曲発表だとか。
(これもまだ予約していない笑)

さかいゆうのインストライブがHMV札幌であるだとか。
(行ってみようかなと思うけど、握手会は別にいい笑)

オガスタ関連は、“目次”をちらりと見ただけで済ませてる。



でも!
でもでも!
ライブは今月もあれこれ行く予定!

中田雅史クンのワンマン!予約したし。
翌日の小樽でのライブのチケットも着たし。

CASALJV0.jpg



あと。
ミトさんのライブも行くし。

ライブのあれこれと。その他諸々。
カレンダーに書き込まれていく予定が、これでもかこれでもかと増えていく(笑)


だからね。
ブログに書きたいことは、山ほどあるんだけど。
体力気力尽き果てて、キーボードを打つ時間が惜しいくらい眠たい(笑)


やっぱり。
1月の疲れが、ドッと来たね。北ね(笑)


で。
今月は、またもや年をひとつ取るわけで。
バースデイってやつがやってくるわけで。

なんかさ。
ひとつ取るのもふたつ取るのも、もうあんまり変わんない気がするから。
今年はまとめて10コくらい、年取っておこうかなーとか思ってみたりする。←アホ(笑)

10コ先取りしたら「うそー!すごい若いね!そんな年に見えないよ!」って
ビックリされて嬉しいかもとか思ってみたりする。←絶対アホ(笑)

でも。
やっぱり。
「2月」はジブンにとって「特別」な月であるし。
1年で一番寒くて凍える月に生まれたってことは「特別」だって思えるし。

2月が誕生月でよかったなぁと。
やっぱりしっかり感じるのでありまする。


うん。
2月って。
寒いんだ。
めっちゃくちゃ寒いんだ。
勘弁して欲しいほど寒いんだ。

だけど。
寒いからこそ、舞い降りてくる見えるもの触れるもの感じるものが
きっと今のジブンを育んでくれてきたんだろうから
寒さもいとおしんでいきたい。ね。

寒いぞー。
だけど、寒いからジブンなんだー。←イミフ(笑)



てなわけで。
今月もマイペースながらも、いつも通りのシャカシャカでいくつもりです!


バンザイ!2月!



| *雑記 | COM(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。