12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-10-31 (Sun)
いやー。
どうしたジブン。
どうしたブログ。

頭の隅に「義務感」という文字さえちらつくような(笑)


なんか。
書きたいこともないわけじゃないけど。
普段のつぶやきで、ちいさな欲求は解消していくわけで。

おそるべし。Twitter。


こうして人々は、簡便な方へと流れていくのでせうか?(笑)



いや。
特に主張したい!書きたい!ということも
きっとないんだろうと。そう思う。

書かなきゃ言わなきゃという
ブログを始めたころの追い立てられるような切実さは
今はすでにないもんなぁ。

ブレーキが効かないほどの走り出す止めようのない気持ち。
あまりにもカワイイというか。すでに懐かしいというか(笑)






そうそう。
この間の「僕音」で、KAN×秦基博「まゆみ」を聞いてから
頭の中ではこの曲がぐるぐるとして、離れなくなって
KANの歌をちょっとずつダウンロードしちゃったりしてる。

KANってさ。
「愛は勝つ」のイメージしかなかったの。
蝶ネクタイをしたボクが、元気にピアノを弾いて歌うっていう。
タイアップのテレビ番組が苦手だったせいもあるのかな。

なぁんか。
KANって、好きじゃないなーと、ずーっとずっと思ってた。


でも、今回僕音で聞いて、興味を持って
KANのプロフィールを調べたり、ほかの曲を聴いたりしていたら
「なんでもっと早くキチンと聴かなかったんだろうー」と
ちょっと後悔したなぁ。
昔のジブンが残念に思えたなぁ。

クラシックをずっとやっていたKANのピアノの音色の豊かさ。
澄んだ水の流れのように清らかで、カラダの細胞がみずみずしくなるような感覚。
ピアノを聴いているだけでも、なんだかとっても癒されるんだよね。

シンプルな歌詞だけれど、普通の生活の中の一等大事にしたい気持ちがぎゅっと詰まってる。

ある意味、普通の暮らしのぬくもりが大切なんだと思えるようになった今だからこそ
KANの歌もすっと染み入るんじゃないかなって、そう思ったりする。

以前は、普通の暮らしにあまり目を向けなかったからね。
普通の人にはなりたくなかったもん。

だけど、普通を積み重ねていくことが
ホントは一番難しくて、一番大事で、一番尊いんだと
回り道して、ここ何年間で、ようやく気付けたんだ。

KANの温かな気持ちを唄う曲たちは
今ようやくジブンにもしっくりくるようになったんだ。



KAN「よければ一緒に」





今は、この曲が、一番のお気に入り。



うん。
秦クンもさ。
アイを唄うなら、今度はこんな風に唄ってくれたら最高だなぁ。

アイは日常に普通にあるもの。
毎日食べる白いご飯のようなもの。
パンもパスタも食べるけど、うどんもお蕎麦も好きだけど
やっぱり、おにぎりのようにギュッとあったかさを握りしめ
いつもどんな時もそばにある、普通だけど一等大事なもの。

大げさに歌い上げるから、ちょっと引いちゃったのかもなぁって
今更ながら、思ったりする(笑)

いや。
具沢山の炊き込みご飯も、たまには豪華でいいけどね。



白いご飯と、お漬物と、お味噌汁だけで
ジブンはもういいかな。

普通が一番。



あ。
たまには、たらこも!!(笑)






スポンサーサイト
| ♪音楽 | COM(0) |
2010-10-26 (Tue)
最近。
ホントにブログが放置気味(笑)

先週のMフェアは見たけれど
日曜のラジオはうっかりしていて、半分以上聴きそびれてしまったよ。

明日の地元ラジオ「蝦夷グルーヴ」をチェックすれば
テレビもラジオも、怒涛の出演がそろそろ終わりになる。

なんか。
ちょっとした安堵感。

だってさ。
追っかけるのに疲れちゃったんだもん。

アルバム聴いて、音人のインタビュー記事読んで
ラジオとテレビをさらっとチェックしたら
もうそれだけで十分な気持ちなんだもん。



だけれど。
いろんな情報を目に耳にしてしまうと
一応はチェックしなきゃいけないかな?って思ってしまうし

でも、それがなんだか
追い立てられ煽られてるような気持ちにさせられてしまって

行けないライブも、聴けないラジオも、見れないテレビも
知らなきゃ知らんでいーじゃんね。って

ジブンのジブンなりの距離感で聴けばいーじゃんね。って

ソファに寝っころがりながら、ゆるゆると「Documentary」を聴いていたりしたんだよね。

もう、秦クンの言いたいことも十分受け止めたし
あとはツアーへの想いを膨らませていれば、それだけでOKだよね。





そうそう。
「Documentary」の感想を、結局書いてないままで
やっぱり何か書き記しておきたいなぁと思ったりするけれど
なんだか今さらになっちゃうよなぁと、ただただ聴いてるだけでいいよね。と
これまた寝っころがってゆるゆるしてるだけだったりする。



正直。
メトロのトーンで統一されたアルバムを想像していたから
初めて聴いたときには、色んな意味で「裏切られたわー」と
馴染めないあれこれに戸惑ったりもしたけれど

何度も聴いていくうちに、世界はどんどん変化していって
それがツアーではどんなカタチになるのか、ワクワク楽しみになってきた。



それにしても。
アルバムの流れで聴くシングルの曲たちが
バランス良く収まってることに、ちょっと嬉しさ倍増だったよ。

「アイ」なんて、食べすぎてお腹いっぱいで「もういりませーん」って
胸焼けしそうだからカンベンですーっていう心境だったのに

アルバムというコース料理の中の一品として、すっと差し出されると
「あ。やっぱりアイは美味しいね。いい歌だね」と再認識させられた感じ。


「猿みたいに~」の次に「Halation」という曲順も絶妙。
猿~の切ない青さと、Halationの夢を追う青さ。どちらも青春の色を切り取った歌。
猿~の後だからこそ、Halationの叫び歌う声がより強さを増してるように感じたし
「透明だった世界」への流れも、思春期から大人への移り変わる色の重なりに見えたんだよね。

「今日もきっと」は大人になってから見える景色へのエール。

だから、この4曲の流れは、時空間としてもカッチリ収まってるなぁとすごく思えるのだ。


「Documentary」で幕が開けて
「メトロ・フィルム」でアルバムの世界が閉じられるのも、なんだかホッとしたよ。

アゼリア~メトロは、ホントいいなぁ。
Documentaryというフルコース料理の、ふくよかなる余韻にじんわりと浸れるよなぁ。




で。
特にお気に入りの料理の中で特にこれおすすめ!と思うのが
だらしなくも男っぽい味に酔う「OPPO」と
透明感ある女性コーラスと鈍色の秦クンの声が、ゼリー状の綺麗な2層を見せているような「猿みたいにキスをする」

猿~の女性コーラス、すーっごくいいよね!
(ラップはあえて何も言いません笑)
スッとオレンジの午後の光が差し込んできたような感じのやわらかい声だよね。
その光に照らされて、部屋の中の埃がキラキラしている様まで見える感覚。

きっとさ。
こういう気持ちって、誰もが通過したことのある切なさで
秦クンの歌を聴いているうちに、いつのまにかタイムスリップしちゃってるジブンがいることにびっくりしてた。

歌詞のエロさや、ラップのありなしでしか批評されないのは、もったいないくらいの
あの頃のくるおしい気持ちを投映してくれるような歌だなぁと思う。



あとね。
音人のインタビュー記事。

「唄いたくない歌は唄いたくないし、言う必要のないことは言いたくない。」

この言葉に頼もしさを感じたね。
ジブンもそれでもうOKだなぁと思ったよ。

Twitterなんかで、ムリにつぶやかなくてもいいし(笑)

それがあんまりお気に召さない人は
他のお店に行ったほうがよいと、ジブンも思う!(笑)



それでいいのだ。ね(笑)




あとは、じっくりアルバムの味を愉しみながら
ツアーへの想いを温めていくのだ。

ホント。
ライブでどう響いてくるのかが、今の一番の楽しみ。

ゆったりと、焦らずに、12月を待っていよう。



| ♪秦 基博 | COM(0) |
2010-10-24 (Sun)

ちらりと情報は耳にしていたけれど。
こんなすごいことになっていたとは!!!!!!



★コンサドーレ札幌公式サポートソングオーディション「Let's Rock!」2011

◆このたび、『コンサドーレ札幌 サポートソングオーディション「Let's Rock!」2011』を実施することとなりました。当オーディションは北海道のインディーズミュージシャンからコンサドーレ札幌を応援する楽曲を募集し、採用楽曲を2011シーズンの公式サポートソングにするというものです。審査員は北海道出身の豪華トップミュージシャンと北海道民! あなたの歌が北海道を揺さぶる。是非、ご応募ください。

☆コンサドーレ札幌サポートソングオーディション「Let's Rock!」2011

■主 催: (株)北海道フットボールクラブ、株式会社カムイレコード
■特別審査員:(1次)
 ・上田健司(カムイレコード代表取締役)、
 ・曽田雄志(コンサドーレ札幌アドバイザリースタッフ)、
 ・TAKURO(GLAY)・増子直純(怒髪天)
 ・草刈愛美(サカナクション)
 ・山本博之(マウントアライブ代表取締役)
 ・村田雅宏(WESS)

※1次審査通過後、Webによる一般投票(2次審査)。最終審査は「2011コンサドーレ札幌キックオフイベント」でのライブステージを予定。

☆ 募集要項 ☆
■募集期間: 2010年10月 1日 ~ 12月19日

■審査について:
【1次審査】特別審査員による審査を行い、2次審査に進む5組を選出します。
【2次審査】1次審査を通過した5組の楽曲を公式Webサイトにアップロード、
      Webによる投票を行います。
【最終審査】
 2011年1月に行われる、コンサドーレ札幌ファン感謝祭にて最終5組のライブステージ
 2次審査の票と、当日のサポーターの票を合わせて採用楽曲を決定します。

■応募資格:
○北海道在住のインディーズバンド(ソロも可) ※ジャンル不問
○特定のレコードメーカー、プロダクションおよび音楽出版社との契約がある方はご遠慮ください。

■応募方法:
 専用Webページより代表者の氏名・性別・年齢・電話番号、バンドプロフィールをフォームに記入し、楽曲データファイル(MP3形式/5MBまで)を添付してエントリーして下さい。
*書類審査はありません。
*最終審査通過者は、デビューに向けて㈱カムイレコードのサポートを受けることが出来ます。

■注意事項:
・応募後の審査状況や選考結果に関するお問い合わせには応じておりません。
・エントリーが確認できない場合、オーディションに参加することはできません。
(直接の面接などは一切応じておりません。)
・最終審査を行う会場は、札幌ドームになります。
・最終審査の際の交通費は各自ご負担ください。
・未成年が応募する場合、保護者の同意が必要です。
・審査結果は通過者のみにご連絡させていただきます。
・通過者は、デビューに向けて㈱カムイレコードのサポートを受けることが出来ます。

■応募フォーム: http://www.consadole-sapporo.jp/audition/




いやー。
なにがすごいって。
特別審査員の方々でしょ!

GLAYのTAKUROさんに、今をときめくサカナクション!
マウントアライブ、WESSと、北海道の音楽を支える方々。
そして、ウエケンこと上田健司さん。カムイレコードを立ち上げたんだ。

最近はさ。
サカナは武道館ライブを成功させて、今すごく勢いがあるし
狸小路の路上ライブからの高橋優、ひいらぎなどなど、
北海道に縁のある人、道産子が、かなり頑張ってる!って思うんだよね。

その次を担うインディーズミュージシャンは誰か!?
すっごく興味があるぞよ!!

うん。
ぜひここから飛び出してほしいミュージシャンもいるし!


これからどんな音を奏でる、元気あふれるミュージシャンが選ばれるのか
すっごく期待しながら見守っていきたいなぁ。


ガンバレ!
道産子ミュージシャン!!





そして。
コンサドーレも、頑張ってくれー!!!!(切実 笑)









| ♪音楽 | COM(0) |
2010-10-19 (Tue)
これだけは絶対見逃したくなくて
リアルタイムにテレビの前で正座して見たんだ(笑)

■HTBテレビ「夢チカ18」夢チカ



yumetika5.jpg

「J-POPの未来を担う天才 待望の3rdアルバムリリース」


なんか。
すごい誉め方のテロップが出た(笑)






20101018yumetikae.jpg

今年1月に続いて2回目の夢チカ出演。
アミナに秦クンがいる。あのテーブルに座っている。









20101018yumetikab.jpg

「札幌はのんびりと、ほっこりした空気感・・・・」

突き抜けるような青空と、やわらかな緑と、凛と透き通る風。
鳥のさえずりと、木々が揺れる音と、芝生でのんびりするカップル。はしゃぎまわる子供たち。
今年の5月4日みどりの日は、まさしくGREEN MIND な日だったな。









20101018yumetikaa.jpg


26歳でデビューしてから、あっという間の4年間。
音楽に対する想いを、今回も熱く語ってくれていたよ。



夢は「唄い続けること」
これは、いつまでもずっと変わらないまま。









yumetika1_20101019015308.jpg


チケット。
SOLD OUT!なんだね!

とにかくまずは、クリスマスイブ@函館ライブがめちゃくちゃ楽しみ!
キャパが800なんだもん。ドキドキしちゃうよね。
クリスマスソングのサプライズもあるかな。




それにしても。
見慣れすぎた赤チェックシャツ(笑)

スタイリストさん。
そろそろ違うシャツを着せてあげてくださーい(笑)





やわらかな午後の日差しが、時折秦クンの腕を優しく照らしていた。
カフェのあの空気感も、きっと気に入ってくれたと、そう思う。






| ♪秦 基博 | COM(0) |
2010-10-18 (Mon)
もう。
5日くらい前になるんだけど。

届いたよ。
Home Ground継続特典が!


相も変わらず
A5版の小さな印刷物。
HGのMagazineをまとめた小冊子。

それでも。
ちゃんとカタチになってやってくるのが
ジブン的にはすごく嬉しかったりする。

最終ページの秦クンのメッセージも
アイも変わらず同じ色と同じ内容なんだけど(笑)

毎年、ひとつずつ増えていくものがあるよね。

それを密かに楽しみにしながら?
うれしうれしと、素直に喜ぼう(笑)

→ ReadMore
| ♪秦 基博 | COM(0) |
2010-10-16 (Sat)
久しぶりに22時台にお風呂に入って。

眠い目をこすりながら。

テレビの前で体育座りして。

リアルタイムで見たよ。

「僕らの音楽」を。






bokuon1.jpg


・・・・・。


なんか。

完璧「おじいちゃん」なんっすけど(笑)








でも。

秦基博×KANの「まゆみ」はよかった。




まゆみ たまには 大きな声で

さわいだり さけんだり

ぼくにあたったりしてもいいんだよ



bokuon4.jpg

ここのフレーズでほわんと胸の奥があったかくなった。



「まゆみ」って、知らないなぁーと思ったけれど
サビの部分が聞き覚えのあるメロディーと歌詞だった。

CMの曲だったんだね。



KANさん。

いいなぁ。



やっぱり、このライブに行きたくなってしまうよ。

行けないけど(涙)

■ GREENS 20th ANNIVERSARY LIVE ~Thanks to All!!~『星屑の隙間に木村基博』
公演日:2010年11月28日(日) OPEN 17:30 / START 18:30
会場:大阪城ホール
出演:KAN / スキマスイッチ / スターダスト・レビュー / 秦 基博(五十音順)





メトロは、トライアングルを奏でる光太郎さんが、やけにカッコよかった!(笑)


秦クンは、カメラアングルが久々のぐーるぐる。

で。
斜め後ろから撮る首元が・・・(ふとっ!笑)


やっぱり、アーティストは見た目も大事だぞよ。




「もう少し痩せてぇー」と

はたにあたってしまいそうだ(笑)









| ♪秦 基博 | COM(2) |
2010-10-11 (Mon)
はた もとひろ さま。

30さい。
おたんじょうび おめでとうございます。

いつも すてきなうたを ありがとう。

20だいのはたくんと
30だいのはたくんは
きっと あいもかわらず
おかしと まんがと げーむが すきなんだろーなーとおもいますが

きっと
20だいのはたくんがみていたけしきと
30だいのはたくんがみていくけしきは
おなじようで ちがってみえるんだろーなーと

それが どんないろなのか どんなかたちなのか
それを どんなおんがくで ひょうげんしてくれるのか
すごく たのしみにしています。


あたらしいあるばむも まいにち きいています。

まいにち あるばむのきょくが あたまのなかを ぐるぐるまわっています。

ぐるぐるが くるくるになったころに
すこし おちついたきもちで
かんそうぶんを かけたらいいなぁと おもっています。


これからも
はたくんのうたを ずっと きいていきたいです。

だから
はたくんも ずっと うたいつづけてくださいね。





20100215134551_pc.jpg

ほんとうに おめでとう!

いっぱい たべてくださいね(笑)









| ♪秦 基博 | COM(0) |
2010-10-08 (Fri)
少し汗ばむほどの日差しが眩しい秋晴れの昨日。
心地よい風に吹かれ、電車に揺られ、友達とランチをしに行った。


amina_20101008001936.jpg



もう何度も足を運んでいる場所。

音楽に身を委ねる至福の場所。

深呼吸すると木の香りが漂ってきそうな、趣きのある落ち着いた空間。



でも。
昼間に来るのは初めて。
馴染んでいる景色も、いつもとは違って見えた。

ランドセルを背負う子供たちの元気な姿。
閑静な住宅街らしいホノボノとした風景がすごく新鮮だった。

手触りのよい木のドアを開けると
マスターと女将さんはいつもの笑顔で温かく迎え入れてくれて
それが少し照れくさくも、なんだかホッとしたんだ。



お店自慢のグリーンカレーを頂く。

greencurry2.jpg


大好きなココナツが沢山。
久しぶりのグリーンカレー。美味しかったなぁ。

女将さんや友達とあれこれ話をしながら
ゆっくりと午後の時間は過ぎていった。






cafeole.jpg

食後には、アイスカフェオレ。
ホントはホットコーヒーを飲みたかったんだけれど
今日は、アイスカフェオレ。
どうしても、アイスカフェオレ。

それは、今まで飲んだカフェオレの中で一等深みのある美味しさだった。





なんだか。
ゆったりとした、いい時間を過ごしたなぁ。

行ってよかった。

一緒に過ごしてくれてありがとう。








そうだ。
テレビ情報が公式にやっとUPしたね。

■ 10/18(月)HTBテレビ「夢チカ18」

どんなことを語ってくれているのか、楽しみで仕方ない。








あ。
アルバムの感想は、明日こそ!(笑)



| ♪秦 基博 | COM(0) |
2010-10-07 (Thu)
昨日は夕方からあれやこれや翻弄されっぱなしだったよ。


まずは。
公式がリニューアルした!

トップがめちゃくちゃカッコよくなった!

多分。
今までの中で一等カッコいいと思う!!!

main_20101007023102.jpg




そしてなんと!

秦クンがついにTwitterを始めた!


絶対ツイッターなんてやらんだろうと思ってたのに。
オガスタの方針なのか。
金光さんや光太郎さんに強く勧められたからなのか。

でも。
多分、マネさんの現在進行形報告が主になるんだろうけど(笑)


もちろん。
フォローさせていただきやした!
ジブンがフォローしたときは240番目くらいだったのに
あれよあれよと言う間に増殖していって、今現在は2,357!

どこまで増えてくのかなー。

どんなつぶやきをしてくれんのかなー。

楽しみすぎて、ますますケイタイを手放せなくなりそう(笑)



そうそう。
オリコンのアルバムデイリーランキング。

「Documentary」は3位だった!

うーん。
1位はJUJUのカバーアルバム。
2位は浜田省吾のベストアルバム。

子供と動物の可愛さには勝てないって言うけれど
カバーとベストの安定感もなかなか手強いね。←イミフ(笑)

そろそろ本気で1位を取らなきゃと
あれやこれや企画が目白押しだったけど
なかなかその座を取るのはムズカシイね。

別に、ジブン的には全く気にならんし
いいなと思う音楽を聴けてライブに行ければ、それでOKなんだけど

プロになった限りは、目指す場所や位置があるんだろうなぁ。

秦クン自身は「ただ歌うだけ」としかいつも言わないけれど。



スキマがファーストアルバムでデイリー1位を取った時にジャイアン社長から

「今日、おまえらのCDが日本で一番売れてるぞ」って2人にメールが着たらしい。


秦クンにも。
いつかね。今度こそね。

なんて思いがあったりあったり、やっぱりあったり・・(笑)




あー。
アルバムはずーーーっとかけっぱなし状態で
ジブンの中にリアルに刻み込まれていってるんだけど
それに対する感情があっちこっちで泡のように膨らんでいくんだけど

昨日もそんなこんなで
なかなか文字に変換出来ないのだ。


明日か明後日か、次の次の日か。

ゆっくり記していこう。いかなきゃ。



「OPPO」の唄い方が、男っぽくてかなり好き。

そのあとの「猿のように~」で切なすぎでどうしようもなくなる。





寝なきゃいけないけど。

まだまだ聴いていたいよ。





| ♪秦 基博 | COM(2) |
2010-10-05 (Tue)
秦基博 New Album 2010.10.6. wed In Stores「Documentary」


はい。

待ち切れずに、フラゲってきたよ。




20101005HMV.jpg

HMVは入口から入ってすぐのベスポジに、どーんと大きなコーナーが出来ていて
スクリーンからは、手招きするように「アイ」が流れていたんだよ。








20101005タワレコ

タワレコは「メトロ・フィルム」の時と同じポジション。



アルバムの横にはタワレコのフリー誌「TOWER」が置かれていたよ。
今月号は秦クンが表紙で特集記事もある。
レジにも山積みしてあったので、数冊頂いてきたよ。

TOWER.jpg








結局。
AもBもお買い上げ。
アナザージャケットとステッカーが嬉しい。


20101005.jpg


初回限定特典がカバーCDのBは、最初買うつもりはなかったんだけど。

やっぱりね。
ジブンの大好きな「空中ブランコ」が入ってるからね。
それもGM@カナケンでの音源だもんね。

初回限定は、買う機会を逃すともうCDショップから姿を消してしまうから
やっぱりちゃんと複数買って、手元に残しておきたい気持ちが強い。

通常版にプラス300円でボーナスCD。
プラス900円でGMのDVDがつくんだもん。絶対お得でしょ。






でね。
とりあえず、紙ジャケの中に挟まっていた、カバーCDを聴きたくなったのだ。
「空中ブランコ」をまずは聴きたくて仕方なかったのだ。

Covers.jpg


既存のカバー曲も、色んなCDにバラバラに入っているから
意外と聴く機会がないんだよね。

こうして1枚にまとめてあるほうが、断然聴きやすい。
初めて秦基博のCDを買う人にも、挨拶代わりになると思う。

「Covers Hata Motohiro Sings 2007-2010」というシンプルな文字に
エスペシャリィティーを感じてしまった。


うん。
ストリングスの重奏感があるカナケンの「空中ブランコ」。
あの日会場で聴いたときも、嬉しくて鳥肌が立ったけれど
今、こうして蘇る想いと共に聴くのもすごくステキだよ。

この曲のメロディーが大好き。

一青窈が秦クンの「コントラスト」を聴いて
その中の「色彩」がすごく気に入って
「こんな曲をワタシにも作って欲しい」とオファーしたのが始まりらしく
「僕らの音楽」に初出演の時に唄った歌がこの曲。

あの時のドキドキハラハラは、ドラマチックなメロディーラインにも一因があると思う。

そのぐらい、好きな曲。
サビのファルセットの色気にいつもクラクラしてしまうのだ。

あの時は、一青窈のCDもすぐに買っちゃったくらいだからね(笑)



なので。
まだ、アルバムまでたどり着いておりませぬ(笑)

細切れに聴きたくないから。
何ものにも邪魔されずに、アルバムの世界観にどっぷり浸りたいから。

これからお風呂に入って
全てを終わらせてからゆっくりと、聴きこむ所存ですよ。






関東の某Y楽器店での、抽選による「弾き語りライブ」特典。

なんと。
福引の時によく使う、あの「ガラガラ」で当たり外れを決定したんだってね。

なんか。
外れた時のショックは辛いものがあるよなぁ。

特典でライブが当たるという企画があるのは、すっごくうらやましいけれど
外れた時のことを考えると、最初から無い地方の方が、あきらめがついてスッキリかも(笑)

これ以上ハラハラしたくないもん!

でもさ。
同じお金を出してCDを買うファンの立場から言わせてもらえば
最初から参加すら出来ないファンの気持ちをもうちょっと考えてほしいぞよ。

なぁんか。
損してる気分なんだもん。ちぇっ(笑)




そうそう。
3枚連続発売での特典。
今年のGMのブックレット。
これは応募者全員がもらえるんだよね!

2年前の抽選で外れたココロの傷は、いまだにしこりになって残ってるから。←しつこい(笑)

応募者全員!っていうのは、めちゃくちゃ嬉しいよ!

てか。
ジブン的には「当たり前だ」って言いたい(笑)

みんな、同じ思いでお金を出してCD買ってんだから
そこで当落を味わわせてほしくないわ。


2年前、さんざん言ったことが、少しはスタッフさんに届いたのかな。
だとしたら嬉しいぞよ。わーい。

忘れないうちに。
明日かあさってまでに、ちゃんとポストインしよう。





さ。
お風呂に入って。
「Documentary」の世界にどっぷり浸ろう。






| ♪秦 基博 | COM(0) |
2010-10-04 (Mon)
Air-G'「lief」
寺田さんの番組に、今日は中田雅史クンがゲストイン!

ラジオのタイマー録音もバッチリ憶えて
(取説読んで、出来るようになった!笑)

10分くらいの短い出演だったけれど
帰宅してからしっかりと聞いたよ。


なんかね。
双方が緊張感を漂わせていたかも(笑)


寺田さん。中田クン。
ジブンはどちらとも、少し言葉を交わしたくらいしかないんだけれど。

ブログを読んだり。
ライブを見に行ったり。
そこから浮かんでくる人となりを、何となく感じていて。

特に、音楽は正直だから
音の世界から、普段は見えない見せないような心情を
ひょいと窺い知ることが出来たりして。

だから。
彼らにはかなり特別な気持ちを持って見つめているジブンがいて。

だから。
番組もちょっぴり特別な気持ちで聴いていたりなんかしていて。



性格的には正反対の2人なんだろうなぁ。
でもきっと、シンクロできる部分があるように思えたよ。

寺田さんとの話の中で中田クンが言った

「海はどこにいっても繋がっているから」って言うコトバに、すごく共感したなぁ。


ジブンが空も海も大好きな理由のひとつには
今見える場所から、想いを馳せるあの場所まで
地球の裏側に行ったって、いつもどんな時でも
空をぐんと見上げ、海のはるかその先に
ちゃんと繋がっていると、そう確信出来る、安心できるからなんだよね。

旅をしているとね。
なおそれを強く感じるんだ。

だから。
「海空」は、全ての場所と、大事な人に、繋がってるんだね。


そういう意味合いも、もしかしたら含まれているのかな?と
ふと思ってしまうほど、リンクしている。

なんか、そんなことを中田クンの言葉から考えていたよ。



でも。
いいなぁ。
寺田さんも中田クンも、故郷の海がちゃんとある。

ジブンには、故郷なんてあるかな?
帰る場所なんてあるかな?待っていてくれる人はいるかな?


きっと、ずーっと
捜し求めている途中のような気がする。

途中のまんま、人生は続いていくんだろうな。




とにかく。

ラジオを聴いてよかった。




タイマーありがとう。バンザイ!

これからラジオも聞き逃さずにいけるぞよ。



でも。

ライブこそ、聴き逃したくないなぁ。

行きたいなぁ。



中田雅史/海空





11月のライブは絶対行くよ。
フルバンドで!あのペニーレーンで!

楽しみです!

★中田雅史ライブツアー2010海空~こんどはバンドで!~フィナーレ in札幌
・日時:11月14日(日)OPEN 18:00/START 18:30
・会場:ペニーレーン24
・料金:前売¥2800/当日¥3300(1ドリンク別)
・出演:中田雅史(Vo.G)、江口正祥(G)、西本明(Piano.Key)、
    吉浦芳一(Drum)、六川正彦(Bass)
<ペニーレーン24>
 〒063-8602北海道札幌市西区二十四軒4条5丁目5-21 W'Sビル
 電話:011-644-1911
【チケット取り扱い】
・札幌ペニーレーン24
・ローソンチケット Lコード:13887


| ♪中田雅史 | COM(0) |
2010-10-03 (Sun)
いよいよ秦基博3rdアルバム「Documentary」が今週発売になるね。
続々公式にUPしていくテレビ・ラジオ・雑誌・ネットの情報。

でも。
なんとなく。
意識的に避けてきたんだよね。
雑誌やネットの特集の数々なんかは特に。

曲への解釈は、今はまだ見たくない。
まっさらな気持ちで、アルバムの1曲目からその世界に入り込みたい。

本当にね。
先入観なしにね。
「まずきちんと曲を聴きたい」と強く思っていた。

だけど。
さっき何とはなしにクリックしてしまった exsite music の秦基博特集。
秦クンの画像に誘われたのかな。
おそるおそる対談の文字を拾ってしまった。

もし、曲の核心に触れそうな部分が出てきそうな雰囲気ならば
すぐにUターンするようなつもりでいたんだけれど。

アルバムへの大局的な見方の話しが主だったので
途中から緊張もほどけ、ふんふんと読み進めていったのだ。

そして。
このくだりで。
ジブンのココロはガツンと熱いものにぶつかった気がしたのだ。

“「頑張ろうよ」って歌うんじゃなく、頑張ってる人を描いて、聴く人に何かを思ってもらう”


そう。
そうなんだ。

「頑張ろう」とか「夢は叶うから」とか「あきらめないで」とか。
そういう風な言葉が満ち溢れた歌は正直苦手。

だってさ。
それなりに生きてきたらさ。
どんなに頑張っても、全てが報われるわけじゃないって分かってるし
夢は叶うからなんて、安易に言えるわけがない。

毎日。うまくいかないことなんて、数え切れないほどあって。
それが薄く積み重なって、重しのようにカラダを押さえつけていく。

水面上に見せる顔はなんとか笑顔を保っていても
水中では必死で沈まないように足をバタつかせてる。

そんな日々は沢山ある。よね。

だからこそ。
同じようにもがきながらも前を向いている人をみて
「あ、ワタシもガンバロウ」って何だか元気になれる。

秦クンの歌は、いつもそんな人のココロを
そっとゆるめて温めてくれる。

ガンバレガンバレを連呼せずに
うつむきながらも歩き出す人の風景を映しながら
大丈夫だよと背中を押してくれる。

秦クンの歌が好きな理由は、きっとそこなんだ。



そして今日は、ラジオを聴いた。
「Music Flag」

確か「キミメグ」発売時にもこの番組で特集があって
フットボールアワーの2人がナビゲーターだった。

あの時秦クンが語ってくれたことが
すごくジブンの胸の奥にストンと落ちていくことばかりで
いい番組だなぁと思っていたから、今回も絶対聴き逃したくないなぁと
初めてタイマー録音をして、今聴いている。

普段ラジオを聴かないジブンは、ジブンからチョイスしない限り
秦クンの歌を聴くことがないんだけれど

ラジオから流れてくる、オーライの頃の曲達。
今久しぶりに聴くと、清々しいほどの澄んだ色合と新鮮な感覚で
スッと胸に入り込んでくるのが不思議だなぁと思う。

あの曲もこの曲も、やっぱりいい歌だなって。
素直に思えるのが、何だか嬉しい。



そして。
メトロ・フィルムを始め、アルバム収録の新曲の数々。
どれも聴いた印象が
「気負ってないなぁ」
「自然体だなぁ」。

コントラストの、これから始まる衝動や熱量がぎっしり詰め込まれた1stアルバム。
オールライトの、方向を探し求めて悩み考えながら創り上げた2ndアルバム。

そのどちらの2枚からもほのかに浮き上がるのは
音楽に対して真摯に向き合うあまりに、気負い肩に力が入ってしまっている空気感。

でも。
今回のドキュメンタリーからはそれが全く感じられない。
なぜかどの曲も風通しの良さと緩やかさと
今の秦基博のドキュメンタリーそのものをさらりと手渡しされる感覚なのだ。

だから、どれも肌触りが優しく、心地よくカラダを預けられる。

秦クンが、少しココロを開いてくれたような、そんな歌の数々。

3枚目で、やっと素顔が見えてきた感じ。


なぁんか。
いいよね。


本当にアルバムが楽しみ。
きっとどの曲も大好きになりそうな予感。




さて。
今夜21時半からは「サウンドクリエイターズファイル」だよ。

sctitle_ht.jpg


秦クンがDJの番組!
もちろんリアルタイムで聴くよ。


楽しみだよ。



| ♪秦 基博 | COM(0) |
2010-10-01 (Fri)
昨日は穏やかな秋晴れで気持ちのよい日だったなぁ。
やっぱり秦クンのおかげで晴れだったのかなぁ。

STVラジオ「なまらん」での秦クン。⇒ STVなまらん

20100929STVなまらん

うーん。
顔がむくんでるだけなのか。
それともまた太ったのか(笑)




忙しさでぎゅうぎゅうだったんだろうけれど。
夜に友達から置き土産の嬉しい情報メールが着て、今からワクワクしている。

えっとね。
まずはね。
今年の1月に続いて今回も!
HTBの「夢チカ」の収録をしていったようだよ!
ロケ地もライブで何度も行ったことのある場所だったから、二重の喜び!

ローカルのテレビ番組。
それも音楽番組。それも夢チカ!
本当にうれしーよ。放送が待ち遠しいよ。

でも、まだ放送日は未定なのだ。
情報UPは夢チカHPが先か?公式が先か?
楽しみにチェックしていこう!

あー。
本当に嬉しい!!




あと。
音楽処の店主・石川さんの番組にも出る!
FM-AirG’深夜2時-3時「J-POPS REVIEW」!10月12日(火)放送予定!

インディーズからメジャーまで分け隔てなくミュージシャンを応援していて
北海道におけるミュージシャンの母と慕われている石川さん。
お店の音楽処には来札すると必ずみんな寄るみたい。
秦クンのサインも一等席に貼ってあるよ。

誰かのライブに行くと必ず姿をお見かけするし
CD販売時のハツラツとした声にジブンも元気をもらっている。
うん。あのぽっちゃり笑顔に癒されるのだ。
秦クンも癒されたのかな?(笑)

どんな話しをしていったのか、興味津々。




そしてそして。
寺田さんの番組。
FM-AirG'夜20時-21時「蝦夷Groove」!10月26日(火)放送予定!

とにかく、寺田さんと秦クンとの会話がどんな方向へ進むのか?
音楽の真面目な話から、ちょっとずれて男同士の話に向かう感じが、すごく楽しみ。
番組自体への思い入れも個人的にすごくあるので、録音して保存したいくらいの気持ちなのだ(笑)




と。
とりあえずは、ジブンが忘れない為の書き出しを兼ねながら(笑)
この3つの番組は、なにがなんでも見よう!聞こう!と思ってるのだ。


うん。

置き土産。

ウレシウレシ。マチドオシ。



| ♪秦 基博 | COM(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。