123456789101112131415161718192021222324252627282930
2011-04-28 (Thu)
聴いてしまった。

というか。
聴かされてしまった。

秦クンに(笑)


発売まで、聴きたくないな。聴かないもんね。と。
そう思っていたのにな。

中途半端な聴き方は、もうしたくなかったのにな。

でも。
今回は仕方ないかぁ。

手書きの歌詞まで見せられたら
素直に「ありがとう」というしかないかぁ。


HGの罠。
messageを見たら、新曲「水無月」が流れた。

ハニートラップだ。まさに(笑)




単純な言葉で 愛を今 叫ぼう あるがままの僕らの声を集めて・・・
力強く響く歌声とメロディ、秦 基博 待望の2011年第一弾シングル!!
「水無月+BEST OF GREEN MIND 2010」 全17曲(シングル3曲+アコースティック・ライブ音源14曲)
収録の豪華2CDプレミアム・パッケージ同時発売!


Z322006216.jpg





- 2011.11.8 5th Anniversary -
New Single 「水無月」
2011.6.15 wed. In Stores


■ 「水無月+BEST OF GREEN MIND 2010」 期間限定生産 2CDプレミアム・パッケージ仕様:
AUCL-61~62 ¥2,730(税込)全17曲収録|2011年12月末迄の期間限定生産

genntei.jpg

<シングル収録曲>(3曲+backing track)
M1. 水無月
M2. 夕凪の街
M3. 猿みたいにキスをする(Live at The Room) <「Documentary」収録曲のスタジオ・ライブ・レコーディングver.>
M4. 水無月(backing track)
<「BEST OF GREEN MIND 2010」 収録曲>(アコースティック・ライブ音源14曲)
M1. Theme of GREEN MIND M2. 休日 M3. 新しい歌 M4. 青 M5. トブタメニ
M6. 夕暮れのたもと M7. 風景 M8. 鱗(うろこ) M9. 透明だった世界 M10. 夜が明ける
M11. 今日もきっと M12. 虹が消えた日 M13. アイ M14. フォーエバーソング




■「水無月」通常盤:AUCL-60 ¥1,223(税込)|3曲+backing track(4track収録)

tuujyou.jpg

<シングル収録曲>
M1. 水無月
M2. 夕凪の街
M3. 猿みたいにキスをする(Live at The Room) <「Documentary」収録曲のスタジオ・ライブ・レコーディングver.>
M4. 水無月(backing track)
<期間限定盤のシングル盤と同一の内容になります>



水無月・・夕凪・・。
タイトルが秦クンらしいね。

うん。秦クンそのもの。

プールやdotに通じる世界なのかな。

でも多分。
抽象画のような世界はもう描かないんだろうな。

何を描きたいのか、どう伝えたいのか。
きっと今では迷わずに、青やオレンジの色彩を筆にのせ描くんだろうな。

ちらり聴いたサビの歌詞が、あまりにも力強くて、少したじろいでしまったくらいだもの。

歩む方向を悩み捜していた頃の、あの陰った繊細な世界はもう戻らないのかもしれないけれど
たくましく一歩一歩を踏みしめる足音のような音楽こそ、きっと今の彼なんだろう。

人は変わる。変わり続ける。
そのさまを、楽しみにしている。していくよ。






あ。
そう言えば。
HGの甘い罠は、まだまだあったなぁ。

なんだか。
どこをクリックしても、ドキドキしっぱなしだった(笑)

ミニトマトをつまむ指に漂う緊張感には、笑ってしまったけれど(笑)


そして。日向夏。
ジブンも大好き。
南の太陽をいっぱい浴びた果実。
実はこの間まで、冷蔵庫の中にいっぱいあったよ。
(いつも本当にありがとう!)

CAOTV0L0.jpg

包丁で皮をするする剥くと、凛としたさわやかな香りがキッチンいっぱいに広がって
その香りは、しばらく辺りを包み、穏やかな幸せを感じさせてくれる。
思わず何度も深呼吸してしまう。
そして、その豊かに甘い果実を味わう至福のひととき。






そういえば。
今年の北の夏フェスに、秦クンがとうとう来てくれることになったね!⇒ JOIN ALIVE 2011

昨年このフェスには、スキマとまさよしさんが出演したから
多分今年は秦クンが出るんだろうなぁと、予想はしていたけれど。

日曜日に出演とは。意外だった。

毎年出演している福岡のフェスがそのあたりにあるだろうし
他のフェスからも声がかかってるんだろうなぁ。

行ったり来たり。
また忙しい夏を送るんだろうなぁ。大変だなぁ。


でも。
Sapporo City jazzのチケットを取れなかった友達が
「地元のライブに来てくれる!」って大喜びでメールをくれた。

良かった!
本当に良かった!
自分の住む町に来てくれるって、やっぱり特別だもんね!

彼女にも笑顔が戻ったのが、なにより嬉しい。



あれ?
ジブンは意外と気持ちが落ち着いてたりする(笑)

なんかさ。
ジブンにとっての大事なライブに行ければいいかなって。
そう思えるようになったからかな。

欲張って、あれもこれも行きたいって思ってしまったら
ココロもカラダもパンクしちゃうからね。

まだ行けるかどうか分からないけれど。
もし行けるとしたら。
当日券でも買って、ふらっとのんびり見に行こう。

後ろの芝生で足をうーんと伸ばして
北の夏のさわやかな風に吹かれながら、唄声を聴ければいい。

気持ちは「夏のGM」みたいな感じで(笑)

うん。行けたらね。
ひとりGMのつもりで、緑の上でゴロンとしよう。



そういえば。
もうすぐホントの(笑)GM@宮崎だ!

お天気晴れますように。

いや、絶対晴れるね!

晴れ男だもん。

きっとみんなのココロも晴れ渡るように。

今年の夏もあちこちで唄声を響せてくれるのだろう。


ジブンもどこかで聴ければいい。
どこかで幸せになれればいい。


それはきっと。
日向夏の香りに包まれるような幸せなんだろうな。




あ。
それとも、戸村のタレでガンガン焼肉の匂い?(笑)

夏だから、体力つけなきゃ?

それも、いいかも?

焼肉ノムコウに、秦クンのまーるい笑顔が見えそうだ(笑)




<追記>

そういえば、ハタと思い出した!

でもって、探してみたら、あった!(笑)



→ ReadMore
スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(0) |
2011-04-23 (Sat)
昨日は、久々にホテルランチ。


考えて見れば。
友達とランチなんて、ずーっと行ってなかった。

昨年の秋頃からかなぁ。
なんだかジブンがジブンでないような。
まるっきりジブンがジブンを信じられなくなって。

おまけに、次々と持ちあがる難題な問題。
どうしてこうなるんだろうと、頭を抱えたくなることばかり。
胃がキリキリと痛んで、円形脱毛まで出来ちゃって。

そうしてるうちに
誰とも会いたくないし、どこへも行きたくなくなって。

やらなきゃいけない仕事をなんとかこなしたら
あとは電池切れの役に立たない代物。
家に閉じこもり気味。ひきこもり気味。

ジブン、大丈夫だろうか?と不安になっていた。

唯一。音楽だけが救いだった。

でも。
今日は久々に、ホテルの中庭を眺めながら
美味しい食事と友達との会話を楽しんだ。

3時間以上、いっぱい食べて、いっぱい話しして。

じゃあまたね。と、別れ際に握手した彼女の手は
ふっくらして、とっても温かかった。


わたしはわたし。
それでいいんだよね。

そう認めてくれる人がいるのは、幸せだ。

気持ちが軽くなったよ。
ありがとう。



CAL76LAT.jpg



もうね。
ここのホテルのランチはね。
シェフが丁寧に作っているのがよく分かる。
お料理が本当に美味しいし、デザートも抜群。
アイスもホテルメイドで、いくらでも食べれちゃう。
(アイスまで美味しいところって、実はあまりないんだよね 笑)

ゆったりとした高級感のあるレストランの雰囲気も大好き。

あー。
またすぐにでも行きたくなっちゃった。

それとも今度は某ホテルの鉄板焼きのお店もいいかな。
(目の前で焼いてくれる贅沢さと、高層からの景色が最高!)



出掛けよう。という気持ちが湧いてきたということは
やっと気持ちも上向きになってきたということのかな。

でも。
春のお天気のように、まだ不安定。
無理せず、ちょっとずつ、進もう。




あ。
帰りにHMVに寄った。


CAYBE0AM.jpg


入口に、等身大の高橋優クンがいた(笑)




優クンって、事務所がアミューズなんだね。
サザンの桑田さんが呼びかけて同じ事務所のみんなと歌った復興支援ソング。

そのMVのずっと後ろの方に
ギターを抱えて歌っている優クンを発見した(笑)

なるほどなぁ。
アミューズかぁ。
優クンの売り出し方がうまいのは当然かぁ。

なんて、ちょっと納得(笑)

で。ファーストアルバムをお買い上げ。



帰りの電車から見える山々の景色をぼーっと眺めながら
また明日も頑張ろうと思った、そんな一日だったよ。

楽しかった!





| *雑記 | COM(0) |
2011-04-20 (Wed)
ツイッターをやめたら
見事にスマホ熱が冷めた。

もう3年近く経つ携帯だけど
特に不便を感じなくなった。

というか、
携帯を開く時間が大幅に減った。

楽しみにしていたドラマの世界に2時間どっぷりと浸り、涙した。

借りっぱなしだった宮部みゆきの上下巻も
やっと読み始めることが出来た。

朝刊の震災関連の記事を読みっぱなしにするのが惜しくて
切り抜いたものをまとめて保存することにした。


なんか。
アナログになってきた?(笑)


まぁね。
そのうち、やっぱり、ツイッターをやり始めたり
スマホに機種変したりするんだろうけれど

とりあえず今は、これでいいかなぁと、思う。


そう言えば。
以前、炊飯ジャーが壊れてしまった時
2カ月くらい、お鍋で毎日ご飯を炊いていた事があったなぁ。

新しいのを買えばいいのに
なぜか、お鍋で炊いてみたくなって。

炊き始めたら面白くなって
どこまで続けられるかなぁなんて思えてきたりなんかして。

必要だと思い込んでたものって
意外と無くても平気なのかもしれない。

あれば便利。
だけど、無くても結構大丈夫。

そういうものを少しずつ減らしていけば
暮らしはもっとシンプルになるのかもね。

そんなシンプルさを楽しめれば、電力ももっと減らせるんだろうにね。



うん。
今は、シンプルが一番。
身の回りのものも、人間関係も。

ジブンのキャパを考えたら、もうこれが限界だ(笑)

ついでに、余分なお肉もシンプルにしたいぞよ。

スリムになって、夏の日をうーんと楽しみたいな。








そう。この方もね。スリムにね(笑)

1008.jpg










あの夏の日のようにね。

痩せてると流し目さえも色っぽさが50%増しになるし(笑)

0707.jpg









ホラ。コンナニカッコイイ(笑)

0707a.jpg








最近。
4年前の夏の映像を何度も観ては
ドキドキしているアホなジブン(笑)




あれから。

やっぱり。

気持ちは全く変わってないんだよ。





| ♪秦 基博 | COM(0) |
2011-04-16 (Sat)
ふー。
ハラハラドキドキを通過して
桜咲く嬉しい結果になったよ!


もう待ちきれなくて
すぐにお財布握りしめ自転車に飛び乗る(笑)

両手ハンドルなのに、なぜかぐらついて
(気持ちが急いている 笑)

でも さらにペダル踏み込んでやるっ!

ころんでもいいや ころぶくらいでいいやと、ローソンに何とか到着。

そして。
手を伸ばしてつかまえたのだ。

ロッピーから出てきたピロピロくん。

レジでチケット代のお支払い済領収に変える。

OK!

これこそ「青い蝶」やーん!←あほ(笑)





今年も、テントでこの木を見上げれるんだなぁ。

2008sapporo city jazz







そして、今年のうちわはどんな色のかな?と想像してみる。

せっせとサインを書くさまも想像してみる(笑)


2008utiwa.jpg

やっぱり、ペンの持ち方がヘン。←そこかよ(笑)






CAFYX4T7.jpg


緑・黄・水色・・・。

で、今年は何色?








そんなこんなを考えながら
今夜は久しぶりにコントラスト初回のDVDを観ている。

相変わらず、ギターの弦を張り替える姿にドキドキしながら(笑)




CA3TZA3R.jpg



おし。

OKだ!(笑)


| ♪秦 基博 | COM(0) |
2011-04-12 (Tue)
パンフレットがもうあるかな?と、チラリ寄ってみた。

でもまだなかった。

1か月前くらいにやっと出来あがって来るんですよって
申し訳なさそうに言われてしまった。

そっか。
まだ早いよね。



なので。
帰宅してからつい、3年前のを引っ張り出してみた。


CAFN59PK.jpg



今回はどんな写真を使うのかなぁ。
もしかして新曲用のかも?

楽しみだなぁ。
待ち遠しいなぁ。





大通りの緑が色濃くなる頃には、ホワイトテントロックも建てられるよね。


ホワイトロックミュージックテント







そしてもうひとつの楽しみ。

CITY JAZZと連動している番組。
FM AIR-G'「蝦夷Groove」
DJが寺田さん。


3年前の時は(番組名は違ったけれど)
秦クンがゲストに出てくれたり
毎週のようにインタビューを流してくれたりしたなぁ。

2人の空気感が心地よくて、会話が楽しくて。
秦クンの意外な一面もいっぱい知ることが出来て。

せっせとメールを送り、せっせとレポを書いていたなぁ。

そんなことを思い出しつつ。
今夜もまた耳を傾けた。



そして。
久しぶりのドキドキ。

ありがとうございます。

嬉しさが加速していく夜。

夜風もあの頃のように
次第に甘く暖かくなっていくのだろう。

楽しみすぎて切なくなる。

おかしいね(笑)




| ♪秦 基博 | COM(0) |
2011-04-12 (Tue)
昨日。

14時46分。

NHKを見ながら
被災地の方々と一緒に祈りをささげた。

あの日も、昨日のように気持ちの良いほど晴れた午後だった。


あれから1か月。
変わらず朝は、新聞の記事を食い入るように読んでいる。

ジブン達の日常は、いつも通りに戻っていき
心沸き立つ夏の予定や、毎日の小さな楽しみに、だんだんと彩られていくけれど
被災地はこれからが本当に大変な時期を迎えるのだと思う。

だから、いつもココロに留めておきたい。
微力だけど、これからもずっと長く留めておかなくてはいけないよね。



そうそう。
先週末、本屋さんに寄った時に「音楽と人」を手に取った。
今月号の秦クンチャレンジはなんだっけ?と思って。

けれど。
目次を見ても、ページをいくらめくっても
秦クンのチャレンジのコーナーが見つからなかった。

秦チャレは、お休みだった。

考えてみたら。
1か月前、秦クン自身もチャレンジどころではなかったんだ。

そう気づき、胸が苦しくなる。



ふと、高橋優クンの記事が目に留まる。

故郷秋田で被災後のインタビュー。
彼の言葉ひとつひとつはどうしてこんなに吸引力があるのだろう。

"ひねくれてる天邪鬼的なところがある"なんて、まるでジブンのことみたいだな。

思わずその場で夢中になって読んだ。

読みながら「今月号は秦チャレお休みだけれど、音人を買おう」と思った。
もっとじっくりと何度も読みたいと思った。

高橋優クン以外は、特に好きなアーティストが載っているわけではないけれど
それぞれのインタビューのいくつかが、震災後のものだったから。

みんな同じように「自分たちに何が出来るか」ということで苦悩していた。

ミュージシャンならなおのこと。

ようやくアルバムが完成し、ツアーを楽しみにしていたあるバンドマンは
強烈な虚無感に襲われ、音楽をやる意味すら見失っていた。

逆に、被災地の友達が困っていることをきっかけに
ツイッターで呼び掛け物資を運ぶアクションを起こしている人もいた。
(実際動いてるからこそ「Youtubeで曲作りましたとか、歌しか唄えないとかいうやつら、アクションしろよ!」という言葉は、すごく切実で重い。)



そんな中。
変わらず自分のスタイルでやれることをやり
次への希望をつなごうとしている人もいた。

山崎まさよし。
「今夜はおごります」のコーナー。

多分、まさよしさんファンの方が読んだら嬉しいだろうな。
ジブンも読んでて嬉しかったもの。
胸が熱くなったもの。

やっぱりいいな。彼は。

ココロの芯がしっかりしている。ぶれない。
周りがどう変化しようと、自分のやりたいこと、やるべきことが分かっている。

ジブンもこうなりたいな。

周りに惑わされずに、いたいな。





そう。
ツイッター。
やらなくなって、実は解放感があったりする。

携帯に縛られなくなったし
様々な140文字の感情に惑わされたり、煽られなくなったことだ。

電車からの車窓をのんびり眺められるのは幸せだ。

沢山の情報を集めていたような気になっていたけれど
実はその情報に踊らされていたこともあったかもしれない。
(震災時の情報の真偽とか)




だからね。
そんなところからも、まさよしさんって、いいなって思う。

ただ単に、携帯が嫌いなだけなのかもしれないけど(笑)




まぁね。
ジブンなんかは、またいつか、気持ちが上向きになったら
ツイッターを始めたりしちゃうんだろうけれど
(ネットの繋がりの素晴らしさも、やっぱり信じてる)

その時は、ジブンのペースでぼちぼちと歩いていきたいな。
空を見上げたり、足元の小さな花にも立ち止まれるように。




そう言えば。
1カ月経ったからなのかな。

秦クンのライブ情報もまた発表されたね。

少しずつ、動きだしている。

進み始めている。





被災地の方々も
一歩、いや半歩でも、前に進むことができますように。

心から祈っています。




| *雑記 | COM(0) |
2011-04-08 (Fri)


先月。
3月9日に、山崎まさよしワンマンライブ「OKST」に行ってきて
感想文を書き始めた日にあの大震災が起きてしまって
なかなか続きを書けずにいたのだけれど。。。

もうライブから1か月も経ってしまったけれど。。。

あの日の幸せな気持ちが、大震災でプツンと断ち切られたけれど。。。


やっと、今日続きを書いた。
少しずつ思い出しては、言葉を繋いでみた。

今回のまさよしさんのツアーは、3月末から東北各地を周り
福島県いわき市が千秋楽だったんだよね。

そして。
その東北公演は中止になってしまった。

でもきっと、また歌を響かせることが出来る日がくる。
まさよしさんも、スキマも、ライブを予定していた沢山のアーティストも
その日が来るのを祈っていると思う。

うん。
その日が来たら、ジブンも東北へ行こう。

今は祈ることしか出来ないけれど
沢山の苦労を乗り越えていく東北へと、行かせてもらおう。


そう思いながら
ライブの感想文を書いたよ。

アホみたいな、はしゃいだ文章だけど。

音楽を聴いてはしゃげるって、笑顔になれるって、なんて幸せなことなんだと
改めて噛みしめながら、楽しく書いてみた。


もう、ツアーも終わっちゃったから、ネタバレとかも関係ないけど、畳んだよ(笑)


てか。
記憶が薄れて、ジブンの思い入れのみ(笑)





→ ReadMore
| ♪山崎まさよし | COM(2) |
2011-04-05 (Tue)
昨夜。
お友達からのメールで、心臓がドキン。

慌てて、HGや主催者のHPをチェックしてたら
心臓がドキンドキン波打って、過呼吸になってきた。

今朝なんか、全然食欲がわかないほどワラワラして
あちこちチェックし直しては、心臓が痛くなってしまった(笑)



そう。
今年の「SAPPORO CITY JAZZ」になんと!秦クンが出演する!

3年ぶりだよ。

2008年8月1日。大通のホワイトロックミュージックテント。

あの夏。ジブンも参加したライブ。

思わず、過去ブログを読み返しては
真夜中に、秦の悦に浸ってしまったよ。





HI3B0138.jpg

札幌大通2丁目に夏の間出現する「ホワイトテントミュージックロック」






20080801 sinpojiumu

あの日のお昼は、エコのシンポジウムも行われて、秦クンもパネリストとして参加!!
Air-G'のDJ寺田さんが司会で、和やかにエコの話が展開されたんだよね。
(秦クンは右から2番目のグレーシャツ)

ジブンも、ライブ前に間近で秦クンの顔を見つめてポーッとしたっけ(笑)

そういえば。
この時「エコ・アーティスト」として任命?された秦クンだけど
それから目立った行動は・・・ないなぁ(笑)

あ。
マイボトルは使ってるね!(笑)


※テントライブの照明などの電源はなんと、廃油(家庭やお店から出た使用済みの油)がエネルギー。
エコなライブがコンセプトの「SAPPORO CITY JAZZ]なのです。







HI3B0172.jpg






ライブ中、テントの中は色鮮やかな光が交差し、様々な模様が浮かびあがる。

ライトに誘われて、虫たちが入り込み飛び交ったり
オブジェのようにテント内に取り込んだ大通リ公園の大きな木が、ゆったりと揺れていたり。

食事やお酒を楽しみながらのライブ。
ほろ酔いで秦クンの歌が聴けるなんて、最高。

あの日は豊平川の花火大会で、ライブ中に花火のドドーンという音も響いてきて
秦クンもお客さんたちもびっくりしながら、夏らしい雰囲気に酔いしれていたなぁ。








20080801 tento


ライブチケットを万が一取れなくても、秦クンの歌は実は聴ける。
会場はテントなので、音がダダ漏れ。

大通公園2丁目辺りは、秦クンの歌が響き渡って
芝生に座りながら聞き入るファンの方が大勢いたよ。
その芝生組にも秦クンは最後に「ありがとう」と声をかけてくれたんだよ。


そうそう。
実はコータローさんもこのライブにサポメンとして来てくれてた。
この時から、コータローさんのファンになったジブン(笑)




このライブや、新曲(虹が消えた日)発売などもあって
2008年の夏は秦クンは札幌のメディアに沢山出演してくれていた。





08.06.12大通公園

大通公園のベンチに座って、テレビのインタビューに答えたり
(夕方のニュースに出たんだよ)





20080615-hatakun.jpg



080611STVなまらん


ラジオにも沢山出てくれてた。






HI3B0074.jpg


深夜番組にも。







HI3B0069001.jpg


道新にも!







08.06.12大通公園.見上げた空

秦クンが見上げた大通の空を、ジブンも何度も見上げながら
足跡を追っかけていた、そんな夏だったなぁ。







今年の夏も、そんな夏になるのかな。


まずはチケットを取れるよう頑張ろう!


ホント。
そのことを考えるだけで、胃が痛いっ!(笑)








そんなワラワラハラハラを、ほんのちょっとは癒してくれるかな。




最後に。




080509_1249~0001


ハタヨガー!!(爆)







いやぁ。
ホント久しぶりに、色んな画像を引っ張り出しちゃった!(笑)




さて。

もーすぐ12時だ!!!

みんな行けますように!!!!





それにしても。

やっぱり秦クンは、ジブンにとっての元気の源だ。

だって、北に来てくれるって思っただけで、こんなに気持ちが湧き立つんだもの。



秦クン。

ありがとう!




| ♪秦 基博 | COM(4) |
2011-04-03 (Sun)
いた。

確かに、ワタシは、そこに、いた。



今夜は、CSで秦クンのカナケンファイナルライブが放送された。

HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2010-2011 -Documentary-2011.2.23@神奈川県民ホール




あの日の秦クンをもう一度なぞるように見る不思議な感覚。

そうだった。
こうだった。も、あるし

勘違いだった。
こんな風だったんだ。と、今更ながらの思い込みに気づくこともあるし

やっぱりなんだか不思議な感覚だ。


でも、あの笑顔も唄声も
ライトの色合いも、そこに流れていた空気も
今や皮膚感覚で思い出せるんだよ。


そしてやっぱり
秦クンの全てがいいなと、思う。

全ての想いは音楽に込めて。

ホントに、そうだよね。

それだけでいいよね。




20110223a.jpg



ココロに響く音楽は
実はそう多くはない。必要ない。

音の波に溺れないように。惑わされないように。


ジブンのキャパはそんなに広くないしね。

大事に思える音楽だけを、今は温めていきたいな。

きっとそれは
曇ったココロを明るく照らしてくれる「光」なのかな。



| ♪秦 基博 | COM(0) |
2011-04-02 (Sat)
早いな。
もう4月だ。

いつの間にか
背丈より高く積もった雪が融け
春の匂いがそこかしこにあふれている。

秦クンのライブツアーも、もうずいぶん前のことみたいだ。

どんどん加速していく月日の流れ。


でも。
ジブンはその流れの速さに乗り切れない。

ストンと時間の狭間に滑り落ちてしまったよう。
移り変わりゆく風景をすきまからこぼれる光で眺めているだけだ。

楽しげな会話からも、今は一歩二歩と退いてしまう。

3月11日。
あの日から、ジブンの時計も止まってしまったのかな。



スーパーへ行くと、また以前のように食品が山積みされている。

手に入りづらかったヨーグルトが格安になり

青々とした野菜たちは
九州や四国から空輸された「安全」といわれるものばかり。

テレビをつけると、バラエティー番組の特番。
枝野さんの会見はどのチャンネルに変えても、もう流してはいない。

お笑いも好きだ。音楽も大好きだ。
だけれど、今はココロが動かない。
被災地の今、原発のゆくえが、どうしても気になってしまう。

新聞はあの日から、食い入るように毎日読んでいる。
数ページに渡って特集され続けている被災地の様子を
一文字たりとも取りこぼさぬよう追い続けている。

自らも被災されているのに、懸命にみんなの為にと働く、町の職員の方々。

ある日は、がれきに埋もれた郵便ポストを「救出」しようと
日本郵便の社員の方々が1時間上かかって引きずり出す写真が載っていた。

ポストの中には子供の字で書かれたはがきや、泥まみれの郵便物が多数。
年度末は特に重要な書類も多いらしい。

「預かったものは必ず届けるのが仕事」

こんな現状でもなお、役割を果たそうとする方々。



水没している瓦礫の中を潜り、行方不明者を探す海上保安庁の潜水士の方々。
津波の影響で海中は濁り、視界はほとんどきかない。
2人が手をつなぎ、海底の泥を巻き上げぬよう注意深く手探りで捜す。
漂流物が数多く漂い、危険が多く、捜索も命がけだ。

それでも海保は
「ひとりでも多くの人を家族の元にかえしてあげたい。」と
捜索態勢を縮小せず、冷たい海中を潜り続ける。



町の消防団の方々も、地震翌日から休みなしに捜索を続けている。
だが、発見は日に日に難しくなり、遺体の腐敗も進む。
強烈な腐敗臭で、思わず何度も嘔吐しながらの遺体回収。

「気安く『頑張れ』と言って欲しくない。
 これ以上何を頑張れというのか。
 何をどう復興していけばいいのか」



生と死が今現在も隣合わせの中
それぞれの使命を律義に懸命にまっとうしながら
ただただ一日一日を必死に「生き抜く」。
明日のこと、ましてやその先のことは、分からない。



そんなギリギリの状態での被災地の様子を
暖かな部屋で、温かな飲み物を片手に、テレビの音声が流れる中、読む。

こんなにも恵まれているのに
なんにも出来ないジブンが、はがゆい。

綺麗な服を着てお化粧をして明るい電気の下
「ガンバレ、ニッポン」などと言われても、あまりにも軽く感じてしまう。

そんな言葉も、音楽も、本当に届いているのだろうか。
届いていても、被災された方々のココロまで、届いているのだろうか。


「ありがとう」と思う気持ちと
「上から目線の施しはいらない」と反発する気持ちが
交差してるのではないのだろうか。

きっと、ジブンなら、そうだと思う。そうなってしまうと思う。


だから。今は。
温かな場所に違和感を感じて仕方がない。

最低限のことはしなくては!と力むけれど
ふっとチカラを抜けば、起き上がれなくなってしまう、無力感。

分かってる。
元気な人たちは、経済を回して行かないと
自粛自粛で、萎縮してはいけないことは、十分分かってる。

でもやっぱり、気持ちはついていかない。



自身のうつうつする問題も抱えてるせいもあるのかな。

ジブンもとにかく、一日一日を進むだけ。


明るい言葉を紡ぐことは、今はしんどい。

メールの返信も、なかなか出来なくてごめんなさい。

フォローして下さった方々には、本当に申し訳ないけれど
ツイッターもお休みした。
(短い間でしたが、本当にありがとうございました)


とりあえずは。
ブログでポツポツと近況を書いていきます。


多分。
もう少ししたら、元気になるから。ならなくちゃ。ね。


そして。
被災地の方々にも、明日への希望がみえることを祈ってます。




| *雑記 | COM(1) |