12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-03-29 (Thu)
釧路に沢山の想いを残したまま
興奮状態でほとんど眠れなかったまま
昨日と同じく、特急という名がつくスーパーじゃない走りの「おおぞら」で帰ったよ(笑)

札幌は曇り空に小雪が舞い
ジブンを迎えてくれたのはPC横に積み上げられた沢山の仕事(笑)

はい。
楽しみの後には苦しみも待っている(笑)

だけど。
明日にはまたスキマに会えるんだもんね!

それだけを頼りに過ごしながら
でももうすでに寂しさじんわり包まれながら
翌日前回のツアーと同じ会場に夕方いそいそと出かけたよ。

ツアーグッズ。
タオルなんかもう何枚もあるしなー。
パンフも結構高いしなー。
(秦クンにもかなりつぎ込んでるしなー笑)

そんなんで、最初は買う気持ちは特になかったんだけど。

釧路の夜を超えたら
ジブンの気持ちもスコーンと超えてしまった!

お・お金なんてどーにかなるさ!(笑)

グッズ売り場の長蛇の列に並び
まずはライブで必需品?(いつの間に?笑)のタオルと
カレンダー・パンフまで買ってしまったよー(笑)

20120325.jpg




うん。
帰ってからじっくり読んだら
パンフは買って大正解だったなぁと。
改めてスキマの2人の気持ちにジーンとしてしまった。


札幌の座席はセンター。
距離も近くてしっかり表情も見えそう!
今回のチケットはどこも(名古屋もセンターだったんだよ!)なかなかの良席で
DELUXEよ。ありがとう。と久々に感謝の念を抱いたよ(笑)
(V.I.Pでの苦い思い出がやっと解消されたかなー笑)






※ここからネタバレです♪

→ ReadMore
スポンサーサイト
| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
2012-03-29 (Thu)
うわーん。
スキマツアー「musium」@釧路ライブから
早くも1週間が過ぎてしまっただよー(涙)

時間の経過と共に細かな記憶はどんどん薄れゆく。
でも熱い想いだけは凝縮されたままポツンと取り残されていく状況。

ライブに行きたいよぉー。
スキマにまだまだ会いたいよぉー。
今や「musium」のアルバムしか耳は受け付けなくなり
「時間の止め方」のイントロですぐに泣きそうになる・・(重症 笑)


それにしても。

釧路。
霧の釧路。
湿原の釧路。

シンタくんと同じく(笑)バイクで北海道一周して以来の
ホントにホントにお久しぶりの釧路。

釧路って道内なのにあまりよく知らなくて
釧路のライブもどんな雰囲気になるのか全く想像つかなかったんだけれど。

道東のライブは熱くなる。
そう確信していたからね。
実は札幌よりも密かに楽しみにしていたという(笑)

そして。
その期待をはるかに超えたライブだった!

自由すぎる釧路人!なまらあったかかったー!!
いつしかジブンも釧路人に馴染んでしまっただよー!!(笑)



でね。
せっかく久しぶりに行くのだから
早めの時間のJRに乗って観光もしたいなぁと思っていたけれど
なかなか思い通りに行かないのが人生と遠征(笑)

結局お昼間近の出発になっちゃって
相変わらずいつも通りのバタバタ(笑)

おまけに列車の名前には「スーパー」がついてるくせに
全然スーパーな走りじゃーない「おおぞら」くん(笑)

釧路駅に降り立ったのは夕方近く。
あぁ。遠かったどー。でっかいどー。ほっかいどー(笑)

20120323kusiro1.jpg




とりあえずホテルにチェックイン。その後港の方へとブラブラ。

世界三大夕日のひとつと言われている
釧路の夕日が見れるかなぁと楽しみにしていたけれど

この日は薄雲が早めに空を覆ってしまったから
ギリギリこんな感じでしか見れなかった。

20120323kusiro3.jpg



次第にライトアップされていく町並み。

20120323kusiro2.jpg

20120323kusiro4.jpg



人影はあまりなく
浜風だけがやたら人懐っこそうに
ジブンのカラダにまとわりついてくるのだった。

寒い!(ブルブル)

早く会場へ行こう!(タクシー!)




20120323kusiro5.jpg



ライブ前に、例の展示物を鑑賞(笑)
石膏で作られたタクヤくん・シンタくんの顔。手。足。
相方をイメージしてしたためた迫力ある書。
ホント、スキマミュージアムだね。
こんな遊び心がスキマらしくて大好き!


でね。
釧路の座席は一桁前半。
チケットを見た時は、おおっ!!と喜んだのもつかの間。
調べてみたら端っこの端っこ(笑)

うーん。
タクヤクンの横顔を見つめ続けるのかぁ。でも近いもんね!
などと、来る前にあれやこれや想像していたんだけれど。

着席してみると。
チビにはちょっと辛い状況だった(笑)

♪どーして 私の前は ノッポさんしかいないんだろう~(笑)

前回のツアーで遠征した高松もすごくいい番号だったのに
男性&背の高い女性が前をズラリと並んで辛かったんだよなぁ。

てか。
ジブンがチビすぎるのか(笑)

うん。
今回のスキマライブも文字通り
人のスキマとスキマの間から見えるライブだったのだ!(笑)







※ネタバレの為畳みます♪


→ ReadMore
| ♪スキマスイッチ | COM(2) |
2012-03-26 (Mon)
札幌のライブに行く前に
釧路のことを書こうと思っていたのに

結局はそんな時間が全然取れず
もんもんとした気持ちを持て余しながら

ジブンにとっての“あとひとつ”。
スキマスイッチ TOUR2012 "musium"@札幌に行ってきたよ!


そして。
またもや書きたいことが倍々になって
もんもんも倍々の倍々になっちゃって(笑)

でも今から書き始めたら
朝になっちゃうのは確実だから我慢して(笑)

セットリストだけは忘れないように書いておこう。



やっぱりさぁ。
ライブってさぁ。
その場所・その時に集まったみんなが
ミュージシャンと創り上げていくものなんだよね。

だから、どのライブも全部
その日だけの唯一無二のものなんだよね。

そんなことを改めて思った夜。でした。


あーあ。
まだまだまだまだ・・・スキマのライブに行きたい。
タクヤクンのあの歌声を浴びるようにカラダ全部で感じたい。


明日からまたいつもの毎日が始まるなぁ。

でも。
その‘いつもの毎日’を積み重ねた先に
あの‘幸せな3時間’がやってくるはずだから

♪満たされない何かがあって 得られる喜びがあると思う

少なくとも、
今の私もそうだよ。

うん。
頑張ろう。


そして記憶の記録。
まずは釧路のことを明日こそ書かなくちゃ!(笑)








※セットリストなので見たくない方は注意!


→ ReadMore
| ♪スキマスイッチ | COM(4) |
2012-03-25 (Sun)
やっぱり、道東のライブは熱い。
ぜったい、道東では何かがある。

今回のスキマツアー。
本当は名古屋にも行くはずだったんだけれど
3月の慌ただしさ&仕事の忙しさで、行けなくなっちゃって
(でもすごく良い方に譲ることが出来てよかった!)

地元だけかぁ。
釧路と札幌だけかぁ。なんて
ちょっぴりいじけ気分交りだったんだけれど。

もうね。
何もかもが吹き飛んでしまった!!

釧路。
最高の夜でした!!
最高すぎて、興奮しすぎて
早朝の列車で帰宅して、大量の仕事の山に埋もれながら
感想文を書きたくてウズウズしてる!!(笑)

記憶が薄れない前に―と思いながらも
そう簡単には薄れるはずのない濃くて熱い夜。

釧路は浜風が寒かったけれど
釧路っ子は、スキマライブは、なまら熱かったべや!!!

札幌ライブの前に
この気持ちもなにもかも、ぜーんぶ、記憶を記録しておきたいっ!

しばし待たれよ。

ホント。
スキマスイッチ。最高!!

多分。
ジブンのスキマライブの中で1、2を争うかもしれないライブだったなぁと。

そんな渦巻く気持ちで、今日も眠れなさそうな夜です。
(てか、仕事してんだけど 笑)

ネタバレ一切見ないようにしていたけれど
ホント、それが正解だったなぁ!

もしこれからがスキマツアーにやっと行けるのよ!って方は
ぜひとも真っ新なココロとアタマで行ってくださいネ。


さぁて。
とりあえずこれをやっつけて、キリの良いところで中断して寝よう(笑)


そうそう。
タクヤくんもシンタくんもデラの日記をUPしてくれてたね!!

釧路ライブ後に早速書いてくれるなんて、嬉しい。
シンタくんはコンサの試合観に行ってたんだね(笑)

今夜も2人と同じ空の下だ。

同じ空気を感じてるんだ。




うん。
あとひとつ。
札幌ライブでまたスキマと会えるもんね。

でももうすでに
淋しい気持ちが沸いてきてるよ。







あ。
とりあえずはセットリストのみを書いておくっ!!


※ライブがまだの方はお気をつけあれ。




→ ReadMore
| ♪スキマスイッチ | COM(4) |
2012-03-23 (Fri)
なんだかぞくぞく色んな情報がUPされるね!


■秦 基博NEW SINGLE『アルタイル』発売決定!

2012年5月30日(水)NEW SINGLE『アルタイル』発売が決定しました。
フジテレビ“ノイタミナ”アニメ「坂道のアポロン」エンディング・テーマ
※“秦 基博 meets 坂道のアポロン”名義でのリリースとなります

★NEW SINGLE『アルタイル』
2012年5月30日(水)発売
1) 初回生産限定盤(CD+DVD):AUCL-83~84 ¥1,260(税込)/¥1,200(税抜)
初回特典DVD(初回生産限定盤のみ)にMusic Videoを収録
2)通常盤(CD):AUCL-85 ¥840(税込)/¥800(税抜)
*初回盤/通常盤共通:小玉ユキ先生 描き下ろし「坂道のアポロン」オリジナル・ジャケット仕様

-収録曲-
M1. アルタイル[作詞:秦 基博 / 作曲・編曲:菅野よう子]
M2. アルタイル <backing track>

TVアニメ「坂道のアポロン」(原作:小玉ユキ/小学館「月刊フラワーズ」連載)
4月12日より毎週木曜24:45~フジテレビ“ノイタミナ” にて放送!
ほか各局でも放送!
関西テレビ(KTV)/東海テレビ(THK)/秋田テレビ(AKT)/岩手めんこいテレビ(MIT)/仙台放送(OX)/
さくらんぼテレビジョン(SAY)/福島テレビ(FTV)/新潟総合テレビ(NST)/ テレビ静岡(SUT)/
テレビ新広島(TSS)/テレビ愛媛(EBC)/サガテレビ(STS)/テレビ熊本(TKU)/鹿児島テレビ(KTS)/BSフジ
オフィシャルHP  http://www.noitamina-apollon.com/ 

【秦 基博コメント】
レコーディングスタジオの本棚に置いてあった『坂道のアポロン』。
何気なく手を伸ばし読み始めた僕は、気付けば作品の中にどっぷり浸かっていました。
なのでテーマソングを歌うというお話を頂いた時には、なにか不思議な縁を感じました。
原作の主人公達が持っている青春時代特有のきらめき、儚さをイメージして詞を書き、歌いました。
菅野よう子さんの美しい音楽の世界と供に、楽しんで頂けたら嬉しいです。



北では観れる?
BSフジなら大丈夫?

真夜中放送のアニメのエンディング曲。
(オープニング曲はYUKI!こっちの歌も楽しみ!)

4年前の「いたキス」でのキミメグを思い出すなぁ。
秦クンの歌声を聴きたくて、リアルタイムで何度か観たなぁ。
歌を聴いたらすぐにいつも寝ちゃったけどね(笑)

でも今回のアニメは観たい。
秦クンの歌とは関係なくとも(オイ笑)
あまりアニメに興味のないジブンでも
なんだかココロ誘われるストーリーみたいなんだもの。⇒ 坂道のアポロン


でね。
なんかね。
坂道のアポロンのサイトを見ていたら
無性に「スウィングガールズ」が観たくなった。

当時、映画館で観た上に、DVDも借りて何度も観た映画。
最後の「Sing Sing Sing」が圧巻だったなぁ。

上野樹里のカラダからあふれ出るリズム。
この映画があったからこそ、のだめのブレイクに繋がったんだもんね。

久々に観たら、サックスやりたくなった!
部屋の隅っこでふてくされてるアルトサックス。
今年こそ上手く吹けるようになりたいっ!

スウィングするべ!(笑)

Swing Girls





秦クンのライブでも、管楽器が加わればまた面白いだろうなぁ。


で。
明日というか今日は、釧路へ行ってきます。

スキマスイッチだよ。
久々のツアーライブ。

スキマのライブのトランペットやフルートの音色も大好きなんだ。


秦クンばっかりで
最近スキマはご無沙汰だったから

うーんと楽しんできまーす!



| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-03-22 (Thu)
思わず。
「別人!!」って。
叫んでしまった(笑)

てか。
あまりにもシャープな横顔に
赤面してしまった(笑)

直視できない。

大好きなたくましすぎる上腕二頭筋も
なんだか細くスラリと伸びている(笑)

「秦 シャープ 基博」を認めざるを得ない事態に
唖然茫然としているジブン(笑)


いやいや。
きっとこれは、一番痩せているあの頃に撮ったものに違いなく
深海に潜っている今現在はきっと、少しずつリバウンドしているものと思われ・・。

などと。
混乱気味の頭の中は
なんとかムチへの軌道修正を試みている(笑)

あれほど。
太ったむくんだなんだかんだと言っていたくせに
本当に痩せてしまったら、なんでこんなにアタフタしちゃうんだろうね?(笑)


そういえば。
SMAPの中居クンが以前言っていたなぁ。
「女の子は少し‘残念’なくらいのほうがカワイイんだよ」

うん。
男子だってさ。
少し‘残念’なほうがいい。

モデルばりの彫り深系の顔立ちにキメキメポーズの男子は
どうしたって好きにはなれないんだよ。

完璧じゃない、不完全な部分が、ホントは一等愛おしいんだよね。


考えてみれば。
今の痩せ具合って、実はジブンが秦クンを好きになった頃みたいで
だからもっと「やったぁー!あの頃に戻ったー!」と喜んでもいいはずなのに。

なんか違う。
痩せ具合は一緒だけど、なんか違う。

初々しさや、戸惑いや、この場にまだなじめない感は、もうないもんね。
撮られることに堂々としてるもんね。

今でも一等大好きな「コントラスト」のジャケ写と見比べながら
すっかり垢ぬけて、自信に満ちている秦クンに
ちょっとね。感慨深い思いになったよ(もう母目線!笑)


main1203.jpg




5年間。
すごく充実したいい時間を過ごしてきた顔だなぁ。

悔しいけどさ。
(何でいつもこう思っちゃうんだろう?笑)

秦基博は、やっぱりいい男だよ!


あー。
ちくしょー。
くやしいー。

きっとまたどこかで(深海で)のんびりしながら
「オレだってやればこんなにすげーんだよ!」って思ってんだ(笑)


完敗した気分を引きずりながら
でもそれはなぜか心地よくて
保存した画像をスマホの壁紙にしちゃいましたとさ(笑)
(あ。今月からやっとスマホです!笑)



ちっくしょー!!

秦基博カッコイイぞー!!(笑)




| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-03-21 (Wed)
「ガンバレ」「負けるな」「夢は願えばきっと叶う」的ソング。
なんだか安直に思えて大の苦手だったのに。

絶対これからも、彼らの歌を好きになることはないって
友達と話したこともあったのに。

そしてあのバンドの歌も
テレビやラジオからいくら流れてきても
ココロ動かされることは今まで全くなかったのに。

私の感覚が変化したのかな。
彼らの「伝えるチカラ」がより強く深くなったせいかな。

それにやっぱり
「卒業」という場で聴くことにより
歌はまた新たな意味を与えられるんだろうね。

「あとひとつ」に鼻の奥がツーンとなり
「3月9日」に涙こぼれそうになった日。

特別な感情が添えられた歌は
こうやってまた増えていくんだ。


そして。
秦クンの歌とは真逆の歌を好み
普段はほとんど聴くこともなく過ごしてきた人が

何かの場で秦クンの歌を聴いて
その時の想いと共にココロに残る歌に変わることもあるんだろうなぁ。

歌って、そうやって、その人だけのものになっていくんだなぁ。

うるんだ眼でそんなことを思った
春まだ遠く雪がちらつくハレの日。


でね。
秦クンの歌にも「卒業」の時に選ばれ
歌い継がれていくものがあればいいのに!なんて
思っちゃったよ。ちゃったね(笑)

結婚式とかでは「アイ」がよく使われるらしいけれど
卒業のシーズンで流れるのって・・あまりないかも?

いや。
ふさわしい歌はあると言えばあるんだけれど
知名度が低いから使われない・・のかな(わはは笑)

それに秦クンの歌は
「ガンバレ」「夢は叶う」的ソングじゃーないし。

いかにもその季節に合わせた歌を作るのも
秦クンはきっとあまり好きじゃないような気もするし。

聴く人の気持ちが、その歌に傾いた時・重なる時に
季節も場所も越えて、その人だけの歌になればいいなって
そんな風に思ってるような気がする。

気がするだけだけど(笑)

実は内心狙ってるかも知れないけど(わはは笑)



そうだ。
これは狙ってなかったんだろうか?
次の福耳の新曲はオレの担当になるだろう!なるはずだ!って(笑)

■福耳 New Single「LOVE & LIVE LETTER」
 2012年6月13日(水) 発売


初回生産限定盤[CD+DVD]:AUCL-86~87 ¥1,890(税込)\1,800(税抜)
通常盤:AUCL-88 \1,223(税込)¥1,165(税抜)

●収録曲
≪初回生産限定盤 [CD+DVD]≫
○DISC1 (CD:収録予定曲)
M1:LOVE & LIVE LETTER
作詞・作曲・プロデュース: さかいゆう
(参加アーティスト:杏子 山崎まさよし COIL あらきゆうこ 元ちとせ スキマスイッチ 長澤知之 秦 基博 さかいゆう)
M2:DISTANCIA ~この胸の約束~ (プロデュース: 山崎まさよし/間宮 工)
M3:セロリ Live Ver.
(山崎まさよし スキマスイッチ 秦 基博 A Night With Strings ~Featuring 服部之~ 2012年2月25日 at 日本武道館)
M4:夏はこれからだ! Live Ver.
(Augusta Camp 2011 2011年7月30日 at 横浜赤レンガパーク野外特設ステージ)
M5:LOVE & LIVE LETTER (Backing Track)

※収録内容・曲順は変更の可能性あり。

○DISC2 (DVD:収録予定曲)
M1:LOVE & LIVE LETTER  Video Clip
M2:晴男 Live  (山崎まさよし&さかいゆう 2011年7月9日 at 島原文化会館 Augusta Caravan Vol.1)
M3:One more time,One more chance Live
(山崎まさよし&さかいゆう 2011年7月9日 at 島原文化会館 Augusta Caravan Vol.1)
M4:蛍星 Live (元ちとせ&スキマスイッチ 2011年12月4日 at アミューズメント佐渡 Augusta Caravan Vol.2)
M5:雫 (元ちとせ&スキマスイッチ 2011年12月4日 at アミューズメント佐渡 Augusta Caravan Vol.2)
M6:春の行人(ゆこうど)
( 元ちとせ&スキマスイッチ 2011年12月4日 at アミューズメント佐渡 Augusta Caravan Vol.2)

≪通常盤:[CD]≫
○上記DISC1(CD)収録内容と同一。




スキマもデビュー5年くらいで「惑星タイマー」を作ったしね。

「きっと次はオレが担当するはずだ!」なんて
チラリ期待なんかしちゃってなかったんだろうか?(笑)

でも。
みんなを束ねるのも面倒だから
誰か作ってくれたのに乗っかる方がいいさーなんて
のほほんとしてるほうが、いつもの秦クンらしいかも(笑)

ゆうクンが作るなら
これももう期待大になっちゃうしなぁ。

てか。
考えてみれば、オーガスタの誰が作っても
素晴らしい曲になることは間違いないんだよね。


楽しみだなぁ。
4年ぶりだもんなぁ。

絶対買うよ。
もちろん盛りだくさんの初回限定をね。


そして。
次の福耳の新曲こそは
秦クンが担当して欲しいなぁ。

狙って欲しいなぁ。

でもやっぱり狙わないだろうなぁ(笑)








| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-03-19 (Mon)
昼間からチラチラ降り積もった雪。
また白黒の世界に逆戻りしちゃったなぁ。

雪マークが並ぶ天気予報は
春の足踏みを告げているよ。

でもね。
ジブンのココロもちょっと足踏みしてる。
冬がまだ続いて欲しいような
まだまだ今のままでいて欲しいような
この雪の白のように無邪気なままでいて欲しいような。
そんなことはムリだって分かっているのだけれど。

寂しさと嬉しさが行ったり来たり。
足踏みする季節にココロも揺れる。そんな3月です。



そうそう。
ミュージックフェア。
先々週は録画を忘れてしまったけれど
先週のはちゃんとバッチリ。昨日観たよ。

MIWAちゃんの曲「オトシモノ」。

MIWAちゃん世代とはだいぶ離れているジブンなのに(わはは笑)
歌詞を拾いながら聴いていたら
なんだかすごく切なくなった。

特に2番の歌詞。
♪夢に近づくほど 離れてくのが怖くて逃げていたの
 逢いたいと思う気持ちは 同じはずなのにすれ違う

ふと昔のジブンの気持ちと重なる感覚になって
懐かしさと苦しさが蘇ってきたなぁ。

夢と恋。
両立させるのはなかなか難しいよね。
きっとMIWAちゃんも、そんな道を辿ってきたんだろうなぁ。

その先に進む不安な気持ちのありようが
なんとなく「僕つな」に繋がるように思えた。


うん。
「虹が消えた日」をコラボした時は
正直、MIWAちゃんが背伸びしてる感があったけれど

「オトシモノ」は
MIWAちゃんの声(気持ち)を秦クンがそっと支えてるように聴こえたよ。

秦クンが一等頼もしく(大きな体からも 笑)感じられたなぁ。




それにしても。
秦クンが歌うと歌の色合いがガラリと変わるね。

MIWAちゃんはパステルカラーだけれど
秦クンは擦れた色が加わってシャーベットカラーになる。

秦クンがこの歌をカバーしてひとりで歌ったら
全然違う世界観の歌になるんだろうなぁ。

歌詞のひとつひとつも、また別の意味を描き出すんだろうね。

やっぱり。
秦クンが歌う"ほの甘い女子の歌"は魅惑的だ。

なんで女子のキモチをこんなにも増幅させて歌えるんだろう。
あの声とひずんだ歌い方は、ある意味反則(笑)

歌う姿も表情も、悔しいくらいに素敵。
悔し過ぎるくらいにベタ褒めしちゃうジブンにジダバタ(くそー笑)



オトシモノ。

いいなぁ。
もう1回。観てから寝よう。






| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-03-15 (Thu)
みんな、元気ですか?

私はあまり元気じゃないです。

ある種の哀しみに暮れています。


うん。
気をつけなきゃいけなかったんだよね。

気をつけて防げるものじゃーないんだけれど
それでも気をつけるべきだったのかもしれないね。

人生って、何かと気をつけなければいけないことが多いから、多すぎるから
全てに目が行き届かないこともあるから、気をつけなきゃいけないんだよね。


てか。
やっぱりシュンとしちゃったんだよ。

ぬくぬくの布団の中で読む秦クンのTHANK YOU BOOK。
それは寝る前のあたたかな至福のひとときだったのに。

らしいよってことを書いてあるのを目にして
確かめに行ってみたらやっぱリそれは本当で
何だか胸の奥の大事な想いまでも踏みつけられたような
そんな哀しい気持ちになっちゃったんだよ。

・・・ヤフオクかぁ(涙)

一人2冊申し込み出来る親切さが仇になってしまったの?

てか。
ネット社会なんてそんなもんさ。
気をつけてもどうしようもないことがいっぱいあるさ。
こんなことは日常茶飯事だよ。と、どこか諦観しているジブンもまた哀しい。


はぁ(涙)
秦クンの日記更新を読んで嬉しい気持ちになった
そんなすぐ後のことだから尚更なんです。

とにかく今は哀しい。


ビー、ケアフル。

ココロにキズが出来たみたい。

ヒリヒリするから黄色い絆創膏を貼って今夜は寝ます。。。。








| ♪秦 基博 | COM(2) |
2012-03-14 (Wed)
わぁ。
いい匂いだなぁ。

想像よりずっと立派で厚みと重みのある黄色い本。

その表紙をそっと開いた時に
真新しい印刷物の匂いがふわっと広がった。

閉じ込められてた秦クンの想いも一緒に開け放たれたような感じがしたよ。

もとより本の匂いは大好きだけれど
この本はもっともっと特別な匂いが込められてるよね。

しばし。
この匂いと‘スペシャル誌上ライブ’に浸ってしまったよ(笑)


一気に全部読むのは何だかもったいなくて
懐かしさなんか噛みしめながら前半を読んで寝た最初の夜。
なんと!秦クンの夢を見てしまったよ!(笑)

でもその夢の内容がなんだか哀しかったけれど(笑)

秦クンのフリーライブにいそいそと一人出掛けたジブン。
入場前の列に並んでいると、周りの方が手にしているチケットに違和感。
「あれ?ジブンの持ってるチケットと違う!」
焦って確認すると全然違うライブのチケットしかお財布の中に入っていない。

「そうだ・・このライブは抽選で外れたんだっけ・・」
ライブ前の期待感で盛り上がる秦ファンの列からすごすごと離れトボトボと歩きだす。
何だかすぐに帰る気持ちにもなれず。結局近くのカフェで休憩。

すると。
そこにライブ後?の秦クンが突然入ってきたものだから
ジブンはあまりの嬉しさに号泣してしまったという(笑)
(秦クン登場の場面は、キラキラ後光が差して眩しいくらいだった 笑)

で。
秦クンはファンへのプレゼントの紙袋を2つ下げていて
ジャジャジャーン!さぁどうぞー!と
まずはジブンの隣に座っていた女子に手渡していた。

わーわー。
もうひとつの紙袋。
もちろんジブンにくれるんだよね?
期待に大きく膨らむココロ。
もうこの気持ち破裂しそうなの どうにかなりそうだよーと
秦クンに手を出しかけたその時。

秦クンは全然違う人にその紙袋を渡してしまいましたとさ(笑)

唖然とするジブン。
そこで目が覚めたという(なんなんだ笑)

で。
本の後半を読み終えて寝た次の日の夜も
秦クンの夢を見たんだ(笑)
(この夢の内容は忘れてしまった 笑)


そんな。
本を読むと秦クンが夢に出てくるくらいの
沢山の想いがギューギューに詰めこまれていて
かなりのずっしり感が本当に嬉しいサンキューBOOK。

ジブンの名前もちゃんと確認出来たし。
(でもやっぱり以前の名前にしたかったかも・・)

わははあり。
なつかしーあり。
キュンキュンあり。
なるほどなぁあり。
最後に。ありがとうあり。

手作りのしおりもめちゃくちゃ嬉しい。
(うっかり落として失くさないように気をつけなきゃ!)


うん。
今夜もサンキューBOOKを読み返して寝る所存です。

秦クン。
また夢に出てくれるかなー(笑)


出てきてほしいなー。

そして。
今夜こそ。

あの紙袋。
ジブンにください!(オイ~笑)



| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-03-11 (Sun)
まだ1年。なのか。
もう1年。なのか。

まだ被災地。と言われるのか。
もう復興地。と言うことが出来るのか。

ここ数日増えてきた震災の番組や新聞の特集を読みながら
様々な問題が山積みなままの今を考える。

近づく春の暖かな日差しや風景は
ジブンのココロをほっこり和ませてくれるけれど

また巡ってきたこの季節にあの日の慟哭を呼び戻され
早春を喜びとして受け止められない彼の地の方々の今を思う。


「3.11」
震災のことをこう呼んでいるのをあちこちで見聞きするけれど
ジブンはこの言い方が正直キライだ。

記号のような言葉で総称なんてしたくないよ。
どこか俯瞰し他人事のように片づけたくはないよ。

そこで起きたひとつひとつの哀しみは
どれもがひとつひとつの温もりを持っているのだから。


けれど。
そう言う私こそ。
あれから何か出来たかな。
いつのまにか記憶も関心も薄れてしまっているんじゃないかな。

そんなことを思いながら
秦クンが歌ってくれたこの歌を今日は何度もリピートしている。

秦クンがこの歌に込めた沢山の想い。
あの頃のジブンの感情とシンクロして
その全てがギュッと詰まっている。泣きそうになる。

うん。
この歌を聴いてジブンも沢山元気をもらったんだ。


今日もきっと / 秦基博






そういえば。
秦クンのサンキューBOOKが届き始めてるみたいだね。

鮮やかな黄色の表紙。
秦クンの色と言えば緑のはずなのになぜこの色にしたのかなぁ。

でもなんだかしっくりもするんだ。
ジブンにはふと“幸せの黄色いハンカチ”のように思えたから(笑)

震災で哀しい思いをした秦ファンも沢山いるはずだから
このBOOKが幸せを運んでくれればそれが一番だよね。

もちろん。
ジブンもココロ待ちにしているよ。
黄色の幸せを今か今かと待っているよ。



今日には来るかなぁ。

そして今日は3月11日。なんだよなぁ。


14時46分。
空を見上げ沢山の方々に
それぞれの幸せがいつか届きますようにと祈ろう。



| ♪秦 基博 | COM(4) |
2012-03-06 (Tue)
積み上げられた雪はまたひと回り小さくなった。
ザクザクとつま先で蹴散らす歩道のシャーベット。
すっかり乾いたアスファルトの黒は、行き交う車のスピードを加速させている。
外窓に吹き付けられた白い模様は
春の兆しを告げるちょっと迷惑な訪問者・黄砂のしわざだ。

なんだかね。
一気に近づいてきた感があるね。
今日はコートの前を開けてさっそうと歩いてみたよ。
うっすら春の匂いのする風をカラダ全部で受けてみたくなったんだよ。

ムートンブーツもマフラーも、何だかもう重たく感じるね。
街中は今春流行りのシャーベットカラーで彩られてるしね。
早く身もココロも軽くなって駆け出したいなぁ。

白黒の世界が少しずつ変わっていくさまに嬉しさが募る。
北国のみんなは春の到来が一等待ち遠しいのです。


うん。
そんな春めいてきた一昨日の夜に録画した例のやつ(笑)
今日やっと見たよ。
ざっとだけどね(笑)

■WOWOWライブ「秦 基博 AT BUDOKAN -弾く、語る、歌う-」

そう。
結局、WOWOWを契約してしまったのだ!(わぁー笑)

最初はね。
見なくてもいいかぁって思ってたんだけどね。
昨年末の武道館弾き語り公演を中心に盛り沢山の内容でお送りする100分間・・・
なぁんてつぶやかれたら、やっぱり見たくなってしまうファンゴコロ(笑)

おまけに。
サイン入りオリジナルピックを5名様にプレゼント!ってやつも応募しちゃったという(笑)

まんまと策略?にハマってしまった?(わはは笑)



だけどさ。
ほんとはさ。
行けなかったライブならぜひにでも観たいけれど
実際に体感したライブは正直あまり観たくないんだ。
あの時だけの感情や記憶を、ライブ映像で上書きしたくないんだ。

ジブンが感じたあのライブは、ジブンだけのものだし、他の誰とも共有したくないし
多くの人々に送り届ける為のライブ映像とは、絶対沢山の誤差があるはずだし。

その誤差を埋めたくないんだよね。
埋めなくてもいいんだとも思うんだよね。
ジブンの感じたものだけ。大事にしまっておきたい。


多分。
他のアーティストなら喜んでライブ映像を見るんだろうけどなぁ。
秦クンのライブに関しては、そういう感情は沸かないんだ。
こういう独特な感情を持つのは、秦クンだけなんだ。

なんでだろう?
なんなんだろう?
秦基博って。本当になんなんだろう?

いつもこうして、なんなんだろう?と堂々巡りになる秦基博って
本当にナンテヤツなんだろう????

不思議であり。
やっかいであり。
でもすごく大事であり。
一等特別な存在なんだと改めて感じてしまうのです。



だからさ。
ざっとしか、見れなかったんだ。

5周年記念ライブの時のぽっちゃりが
1か月半後のGM@武道館では、かなりスッキリしたよなぁ。とか。

最後に映し出されたライブ後楽屋での興奮と感動冷めやらずの面持ちとか。

歌以外のところはかなりキュンと見入ってしまってたけどね(オイ笑)



とりわけ。
秦クンの表情がすごく素敵だったね。
MCの時も。歌っている時も。
武道館のお客さんを見やる視線のやわらかさ。
とっても楽しそうで。嬉しそうで。笑顔に満ち満ちていて。

そんな秦クンを見ているだけで
ジブンも胸いっぱいの幸せな気持ちになれたよ。

だから。
このライブ映像はやっぱりあまり見たくない。
何度も見返していくうちに、この感情が摩耗していくのが怖いから。
ジップロックに真空パックして、そっとしまっておきたい。

何年か後。
記憶が薄れたころに観たいなぁ。

ジップロックを開けた途端、ぶわっと全てが蘇るね。
あまりの懐かしさに鳥肌が立って倒れるだろうね。
そして切なさで呼吸困難になるんだろうね。

・・・・・・・大丈夫か?ジブン(笑)





てか。
いつだったか
秦クンもそんなこと言ってたか書いてたような気がするー(はて?笑)




うん。
ライブはやっぱりその時だけのもの。なんだよね。


だから。頑張ってでも行く価値があるんだ。きっと。




さて。
WOWOW。
いつ解約しようかな?(爆)









| ♪秦 基博 | COM(4) |
2012-03-03 (Sat)
出会いとサヨナラ。
色んな感情がギュッパッ。
今年の"3月と私"は、ギュッパッに切なくなりそうだ。

時間って、その瞬間は永遠に感じても
過ぎた後で振り返ると、あっという間だったなぁと思うよね。

とりこぼしていたであろう日々を、今からでも拾いに行きたくなるよ。
取り戻せない一瞬を抱きしめたくなるよ。

キミガ セイチョウスルジカンハ アマリニモハヤクスギテイクンダヨ。

嬉しいというよりも寂しいという感情で
いっぱい涙してしまいそうな、そんな"3月と私"です。



なぁんて。
ちょっとセンチメンタルなパステルカラーの3月。

秦クンが日記を更新してくれてたぞよ!

てかさ。
仕事を終えてPC閉じる寸前に、なんとなくHGを覗いてみたら
秦クンが日記を書き終えたばかりだったからビックリしたんだよ!
まさに今まだ、ネット回線で秦クンと繋がってんじゃないかと、ドキドキしたんだよ!(まさか 笑)
おまけにコメントはゼロだったしね。

あわわ。
何か書かなきゃ。
一番乗りで書けるぞ。
なぁんてヘンな欲が出てきちゃったりなんかして(笑)

で。
パッと浮かんだコトバが

「捕ったどー!!」(笑)

あの日記を読んでたら
"よゐこ"の濱口が銛を持って海に潜る姿がまっ先に浮かんだんだよぉー(笑)

てか。
秦クンがウエットスーツを着て、無人島の海を潜る姿を想像してしまったんだよぉー(オイ!笑)

だけど。
濱口みたいに俊敏に潜れなくて
何度も息継ぎのために海面に顔を出したり
荒れた波に翻弄されておぼれそうになったり

やっと海底まで潜れたと思ったら
岩に潜む大海蛇に逆襲されて大慌てで逃げちゃったり

そんな姿しか想像できなかったんだよぉー(笑)

秦クンって。
ガッツリ泳げるのかな?(だって海が嫌いなハズ 笑)

秦クンって。
大物の魚を釣り上げてもビビらずに素手で掴めるのかな?(だってベタベタが苦手なハズ 笑)


いやいや。
製作という名の大海原ならば
濱口よりも凛々しく大物を仕留めて「捕ったどー!!」と雄叫びをあげるはず!!(笑)

うん。
音楽の海ならね。
きっと大丈夫だよね。

♯や♭の波を軽々と乗り越えて
メロディーの流れに身を任せて
深海に潜むエイまでもをエイッ!!(笑)

秦クンが仕留める魚はどんなのかなぁ。
図鑑にも載ってない魚なんだろうなぁ。
どんな色をして、どんな形をして、それをどんな風に調理するのかなぁ。

うん。
楽しみだね!!

うーんとお腹すかせて、待っていよう!!(笑)

で。
前人未到の遠海って。
秦クン、どこまで泳いでいくつもり?(笑)



そんな流れで。
晩ごはんを食べそびれつつ。
秦クンのラジオを聴いちゃったのだよ。

19時からの FM愛知「メニコン ミュージックトライアングル」


で。
番組の今日のテーマ。
面白いアルバイト経験。

すごい偶然なんだけれど。
昨日そのことを書いてあるサイトを久しぶりに見たんだよ。

秦クンを好きになった頃に見つけたサイトで
お気に入りにずーっと入れていたやつなんだけれど
「まだこのページは見れるのかなぁ?」とクリックしてみたら
まだちゃんと見れる状態で置いてあって
(昔のページなんかはけっこうNot Foundだったりするもんね)
なつかしーなーと、久しぶりに読んだんだよね。

だから、その話が出てきてかなりびっくりした!!(笑) ⇒ an セレクト



やっぱり。
秦クンの歌は絵画だね。

今度の絵にはきっと豊かな海の色も加わるんだろうなぁ。

地上に顔を出した時に目に映る、青い空も白い雲も
空を飛ぶ海鳥も、夜空に煌めく星も、きっとアクセントになるんだろうなぁ。

髭ボーボーで(クマのようなその姿も見たいっ 笑)

捕ったどー!!と叫ぶのを楽しみに待っているね。



| ♪秦 基博 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。