-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-04-30 (Mon)
秦クンの「アルタイル」も楽しみだったけれど
スキマの「ラストシーン」のニュースには、びっくりさせられたよ!!


■スキマスイッチ2012年第一弾シングル発売決定!!

スキマスイッチ2012年第一弾シングル「ラストシーン」が、映画『臨場 劇場版』イメージソングに決定!
新曲は、大切な人への溢れる想いを綴った珠玉のバラード!

スキマスイッチ New Single「ラストシーン」
2012.6.27 In Stores
●初回生産限定盤[Blu-spec CD(TM)+DVD]:AUCL-20020~21 ¥1,890(税込)
●通常盤[CD]:AUCL-89 ¥1,223(税込)

『臨場 劇場版』/配給:東映
6月30日(土)全国ロードショー



今度の映画タイアップ。
今までのようなアニメじゃなくて
人気ドラマの映画版なんだね!!

すごいすごい!!
この映画。絶対観に行くよ!! ⇒ 臨場 劇場版


まず朝イチでこの情報を知ったのは
スキマニアさんたちからのつぶやきで(笑)

ジブンもついランチを買うついでに
コンビニでスポーツ報知を買ってしまぃましたとさ(笑)

思い返してみれば。
映画タイアップ情報でスポーツ新聞を買いに行くなんて
“築地魚河岸三代目”で秦クンがタイアップした曲「虹が消えた日」以来だよ!!
(情報を知ってすぐに、コンビニへ転げるように慌てて走って買いに行ったなぁ。笑)

あの時は、映画がコケて・・(オイ笑)
秦クンの歌もあまり話題にならないままだったけれど(いい曲なのに!!)



今回の映画はねー。めちゃくちゃ期待大!!
スキマの「ラストシーン」も、もちろん期待大大大!!

あ。
この「臨場」のドラマは・・・見てなかったけど(スミマセン笑)

主演の内野聖陽さん。
確か・・初めて見たのがキムタクの「ラブジェネ」だったかな?
あれから、色んな役柄を見ては、この人すごい役者さんだなーって思っていて。
昨年の「JIN - 仁」での坂本龍馬役での大沢たかおさんとの熱演には、もう胸が熱くなって。
久しぶりに毎週放送を楽しみにしていたドラマだったから。

この映画にも(ドラマも見てみたいなぁ)感情が揺さぶられそう。

スキマの2人も大好きなドラマだったみたいだしネ!


DSC_0156.jpg


検視官の制服姿まで披露してくれちゃうなんて!⇒ スポーツ報知

以前、健マネがつぶやいていたのは、このことだったんだね!(笑)

タクヤくんの真っ直ぐ伸ばされた指先が、すごくカワイイ(笑)
シンタくんは、これから戦地に赴くかのような真剣な顔つきをしてるし(笑)


もうTVのCMとかで、「ラストシーン」が流れてるらしいけれど
まだ全然キャッチ出来てないよ(てか、あまりTVを観ないからか 笑)

で。
“イメージソング”って、どんな風に映画に使われるの?
映画内の重要なシーンで流されるの?
エンドロールの時には使われないの?

それとも。広報用のCMだけに使われるの?

全く分からないなぁー。

分からないけど。

こんな映画に使われるなんて。嬉しいなぁ。
この曲自体も、すごく特別な曲みたいだし。ね。






そしてそして。

かなり・・・・痩せたよね?(笑)

考えてみれば。
秦クンも、ゆうクンも(15キロ痩せたって!すごい!)痩せたしね!!

先輩だって、頑張れば出来るんだってところを、見せなくちゃならんもんね!!

とりあえずは「コブトリ」返上だって。
穂刈さんもつぶやいてたもんなぁ(笑)

そうか。
オーガスタからの至上命令だったのか!?(そんなー笑)


001_20120430035007.jpg


オフィシャルがニリューアル!!

タクヤくん!!
カッコイイ!!!
アーティスト然としてるよねー!!

シンタくん!!
髪みじかーい!!(え"笑)
髪型。イマイチ不評みたいだよぉー(前の方がヨカッタよー!笑)



こうなってくると。
福耳のMVが、めちゃくちゃ楽しみだなぁ。

みーんな。
スッキリほっそり。カッコイイんだもんなぁ。

まぁね。
そのスッキリ。
誰もがいつまで維持できるか、分かんないけど(爆)


これから、どんどんCDも出るし。ライブもあるし。
楽しみが目白押しのオーガスタ。だね!!


とりあえずは。
ラストシーンが流れる「臨場」のCM。
明日には見れるかなぁ。。。






スポンサーサイト
| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
2012-04-29 (Sun)
オープニングからいきなりドキンとしてしまった。

学校のグラウンド横の坂道を下っていくと、木々の緑が鮮やかに目に映る。
一瞬、アゼリアのあの坂道に見えたんだ。

ちょっとね。
あまりのシンクロしてる風景に
ドキドキがザワザワになってしまったよ。

多分。
秦クンもドキンとしたと、そう思う。

物語の舞台が九州というのも
繋がってると思う。

そして。
主人公のココロ模様も。


あー。
もっとピアノの旋律が聴きたかったなぁ。
2回目はもっと、色んな音の感情を見せてくれるかなぁ。


エンディングの秦クンの歌に
雪がちらちら舞い落ちる映像が
今度は「エンドロール」にシンクロしてるようで。

舞台は九州なのに。
雪があんなに積もるわけもないはずなのに。

ココロの中に降り積もる雪なのかなぁ?なんてね。
不思議な感覚に包まれながら、秦クンの歌声を聴いていたよ。


そしてやっと。
MVを見たのでした(笑)


でも。
やっぱり途中で終わってしまうから
物足りないままなのでした(笑)



うん。
やっぱり。
歌詞の「坂道」に反応してしまう。

坂道が全てを象徴しているように思う。

この詩の中の感情は、全部あの頃の秦クン・・・だよね?

やっぱりこのアニメと秦クンは
出会うべくして出会ったんだよなぁ。

アゼリアの坂道を歩いた昼下がりの
たまご色の太陽を、緑を、風を、思い出し
秦クンの歌声に浸っているジブンなのでした。



それにしても。
YUKIのやわらかな風のような歌声を聴きながら見る学校のグラウンド横の坂道。

ここの風景だけを
なんどもリピートして見てるジブンっていったい・・・(アホー笑)



うん。
来週からは、録画を観ようー(ネムイー笑)


もっともっと。
音でワクワクさせてくれる展開を想像しながら。




あ。
ポポロン。

買うの忘れたー(爆)




| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-04-28 (Sat)
何だか。俄然。
GMへの想いが熱くなってきた!(笑)

HGのreport。
「今年のGREEN MINDならではのこだわりが“照明とのコラボレーション”」
この一文がジブンの‘GMスイッチ’をバチンと押してくれたのだ。

今までのライブの灯りを思い出しつつ
今年のGMの灯りはどんな風になるのだろう?と
ココロの奥にも期待感いっぱいの灯りがポッとともったのだ。

うん。
秦クンのライブの灯りは大好き。

灯りが歌の世界を深めてくれている。

歌声とアコギの音色と。それを包む灯りと。
それだけでもう充分だよね。
それだけでライブが成立しちゃうのってすごいことだよね。

なぁんて。
ほわーんと、今まで行った秦クンのライブを思い出させてくれた
マネさんのreport。ちょっと感謝しちゃった(笑)


てかさ。
今までもどこかで書いてたかもしれないけれど。
マネさんの書く文章が、密かに大好きなジブンです(笑)

秦クンの日記も好きだけどさ。
秦クンは日記用の自分をちゃんと演出してるでしょ?(笑)

さりげなく、または大胆に、トラップがいっぱい仕掛けられてんだもん。
だからジブンも、仕掛けをつけたコメントを返したくなっちゃうんだよなぁ(アホ笑)

それが面白くもあり
面白くもなかったりする(オイ!爆)

日記用の秦クンじゃーなくて
たまには素顔の秦クンがみたいなー。なんて。ね(笑)

あんまり構えずに、フツーのことをフツーに書くことがあっても
そんな時がたまにはあっても、いいのになーって思ったりする(笑)

いつも一晩寝かした、一夜漬けのような、塩味が効いた日記じゃーなくて
生の野菜そのままをバリバリ食すような、素材だけの味の日記が読みたい。

でも多分。
そんなのは、恥ずかしくて書かないだろうけれど(笑)

きっとそれは。
アゴヒゲを剃っちゃった顔をさらすような恥ずかしさがあるのかもー(笑)


だからなのかなー。
マネさんのreportのストレートな味が
お腹にやさしいなぁーと感じたりするのかなー(笑)

マネさんの性格が顔をのぞかせてるもんね。

真面目で誠実で一生懸命で。

でも。
真面目だからこそ考えすぎるところもあって。
時に誤解を招きそうな文に傾いてしまうこともあるようで。
(ジブンは全くそう感じないんだけどね。ひとそれぞれなのかなー)

そんなこんなもひっくるめて。
マネさんが書く文章って、好きなんだよなぁ。


てか。
秦クンとマネさん。根底は一緒のように思う。
気持ちの表現の仕方が違うだけなのだろうなぁ。
(秦クンの場合は、変化球をつい投げたくなるだけなんだろうね 笑)

アーティストとマネージャーさんって。
ある意味、似てるよね。

一緒にいるとだんだん似てくるのかな?

それとも似てるからこそ、一緒にいれるのかな?



文は人なり。

どんなに綺麗で流暢な言葉を並べられても
全然ココロには響かない文章もあるし

つたないコトバをつなぎ合わせていても
その行間からあふれる感情に引き寄せられる文章もある。

だからさ。
書くということは、自分をさらけだすことでもあり
書き方ひとつで、その人となりが透けて見えてくるんだよね。

どんなにカッコつけたって、キミの本心はお見通しだいっ!って。
ブログやツイを読んでいても、色々見えてくることが多いよ。


てか。
書き進めていくうちに、怖くなってきた(笑)

ジブンも多分、お見通しされてる?(爆)



なぁんて。
今更とりつくろったところで、もうバレバレなんだろうし。
だからこれからも今までどおりに、書いていくしかないんだけれど・・ね(笑)



あ。
書いてるうちに、方向が見えなくなってきた(軌道修正~笑)



とにかく。
マネさんの文章が大好きで
これからも、いっぱい書いてくださいね!ってこと・・・もあるけれど(わはは笑)

今年のGMへの気持ちが熱くなってきた!ってこと・・・を言いたかったのだ(うんそうだ!笑)


添えられてた秦クンと照明さんの画像にも
なんだかキュンとなった、アホなジブンでした(笑)


あー。
HG会員限定グッズも楽しみだなぁ!

欲を言えばA4サイズくらいにして欲しかったけど。
(デコレーション例を見たら、A5より小さめ???)

いつもライブの時にもらうフライヤーも全て取っているから
それも一緒にまとめたかったんだけどなぁ。
(フライヤーを見れば、そのライブがあった時代も分かるから面白いのだ 笑)

てか。
そういうのまで取ってるのって、ジブンだけ?(爆)
(意外と過去を振り返る作業が好きだったりするー笑)


うん。
これはこれで色々使えそうだし。
ポスターカードも楽しみなのでし。



いよいよ。
来週はGM@島根かぁ。

山陰は、鳥取しか行ったことがないけど。
鳥取砂丘も、ラクダも、浜辺での打ち上げ花火も。
楽しい思い出がいっぱいなんだよなぁ。

海と砂浜と松林が織りなす景観。
あれこそ日本の海って感じだったよなぁ。
(波打ち際を武士が馬に乗って走ってくるイメージ笑)

一夜干しのイカが、めちゃくちゃ美味しかったなぁ。
20世紀梨も、また食べたいなぁ。

いつかまた。
山陰も行けたらいいなぁ。

それが秦クンのライブだったら、なおさらいいなぁ。


きっと。
デビュー10周年では、某先輩たちのように
ひとりギター担いで47都道府県を周ってくれるものと!(オイ!笑)

その時こそは、山陰も行っちゃうからね!と(もう勝手に決定!笑)


そんな5年後を想像しながら
今年のGMも楽しむ所存です(笑)


わーい!

テンションあがってきたぞーい!!



でもって。

空も明るくなってきたぞーい!!(はよ寝ろー!笑)






| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-04-27 (Fri)
「全部観て頂きたい気持ちをぐっとこらえて、まずは1コーラス分をどうぞ。」

そう、マネさんがつぶやいていたけれど。
やっぱり観れないのだよ。

だって。まだ。
「坂道のアポロン」さえも、観たい気持ちをぐっとこらえてんだから(笑)

北はまだアニメが始まってないんだよぉー!
放送してくれてないんだよぉー!(笑)

アニメと音楽の融合する世界をちゃんと感じ取りたいんだ。
なんだかホントに今回は楽しみにしてんだ。
(今までのアニメタイアップとは全く違う熱の入りよう 笑)


やっと。
明日の真夜中には観れるからさ。⇒ BSフジ「坂道のアポロン」

マネさんの気持ちをありがたく受け取りつつも(スマン 笑)
アニメの第一回目が終わってから、MVをゆっくり観るつもりだよ。


てか。
観てないくせに、貼りつけちゃうという(ジブンの為にねー 笑)

この天の邪鬼な性格。どーにかならないかひら?(ならないだろうねー笑)

うーん。
秦クンのこの姿が気になるー(まだホッソリを維持してるしー笑)

なぜこの静止画なんだー(もちろん秦ファンの気を惹くためー 笑)

気になるけど(なぜ目をつぶっているのだー笑)

やっぱりまだ観ないぞー(アホー笑)

明日の真夜中までお預けだー(アホすぎるー笑)

北の人間って、やっぱり我慢強い?(ただの意地っ張りー 笑)

この我慢強さは長い冬に鍛えられてるんだよね?(それはそうかもー笑)

そして明日の真夜中、春を喜び一気に咲き誇る花のようにジブンもなるのだー(アタマバクハツー笑)



てか。
普通のみなさまは。
どうぞごゆるりと、お先にご覧くださいませ(笑)


■秦 基博 meets 坂道のアポロン「アルタイル」Music Video<Short ver. Vol.1>












そう言えばさ。

つい「真夜中の ポポロン 」って言いそうになる(笑)

あの、某有名メーカーの
黄色い箱に入った、ひと口大のチョコシューのお菓子。

ポポロンロンロン ポポロンロン♪って
口ずさんでしまうジブンって・・・・(アンタは幾つだ!笑)


ポポロン。
今でも売ってるのでせうか?(明日探してみよー笑)


「真夜中のポポロン」食べながら
「坂道のアポロン」を観る。


すごいな。

すごい発見だ。

明日やってみよう(アホすぐるー笑)








| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-04-26 (Thu)
なんで。
こんなに切なくなるんだろう。

なんで。
涙まで出てくるんだろう。

MVに映ってる、後ろ姿がきっと
彼女に似てるからなんだろう。


中学1年の時。
我が家は念願のマイホームを買い引っ越しをした。
その家にやってきた生まれたばかりの小さな彼女。

毎朝一緒に河原を散歩したね。
私の姿が見えなくても足音だけで聞き分けて
「待ってたよーお帰りー」と大きな声を出し、尻尾を振ってくれてたね。

初めて彼氏を家に連れてきた時は
今にも噛みつかんばかりに怒って拗ねてたね。
許してくれるまでに1年もかかったね。
「オレやっと、チャコに認められたんだなぁ」
彼が嬉しそうに言ってたよね。

その後に起こった、我が家の荒れ狂う嵐のような出来事を
貴女はどんなふうに見ていたのですか?

家を出て行った私を、貴女はどんな目で見送っていたのですか?

そして。
父が亡くなり。すべてばらばらになり。

貴女がいなくなったことを
もう飼えないから、連れて行ったのだと
あとで母に告げられた時
私はどんな目でそれを聞いていたのだろう。

なんで。どうして。と責めたところで
もう飼えないんだから、そこに連れてくしかないでしょう。と。
そう言われれば返す言葉も見つからない、情けない私で。


亡くなった友人にあてたゆうクンの歌。
私には彼女への挽歌に聴こえてくる。


ごめんね。
あの頃の私は、なんにも出来なかった。

でもいつか。
また空の上で、一緒に散歩したいんだ。

本当にごめんなさい。




さかいゆう / 君と僕の挽歌 ~老犬と海編~









| *雑記 | COM(0) |
2012-04-25 (Wed)
福耳のジャケ写がUPしたんだね!!



■福耳 New Single『LOVE & LIVE LETTER』2012.6.13 発売決定!

slide05_20120425000415.jpg


福耳 New Single 6/13 On Sale
「LOVE & LIVE LETTER」

■初回生産限定盤[CD+DVD]:AUCL-86~87 ¥1,890(税込) ¥1,800(税抜)
■通常盤[CD]:AUCL-88 ¥1,223(税込) ¥1,165(税抜)

杏子、山崎まさよし、COIL、あらきゆうこ(mi-gu)、元ちとせ、スキマスイッチ、長澤知之、秦 基博、さかいゆう、個性際立つアーティストからなる超・豪華ユニット、福耳!
4年ぶりのニュー・シングル『LOVE & LIVE LETTER』は、参加各アーティストの歌声が存分に堪能できる美しいメロディ&楽曲構成による、極上のポップ・ミュージック!
オフィスオーガスタ20周年を記念しアニバーサリー・シングルとしてリリースされる今作はオーガスタのニュー・カマー、 さかいゆうによるプロデュース作品。
2曲目収録の「DISTANCIA~この胸の約束~<20 Years After Ver.>」は、山崎まさよし&間宮 工プロデュース、秦 基博コーラス参加により、杏子のソロ・デビューシングルをニュー・レコーディング。
初回生産限定盤は新曲『LOVE & LIVE LETTER』のVideo Clipに加え、山崎まさよし&さかいゆう、スキマスイッチ&元ちとせによる、貴重なコラボレーション・ライブ映像を収録した特典DVD付。

○DISC-1  [CD]
M1:LOVE & LIVE LETTER
M2:DISTANCIA~この胸の約束~<20 Years After Ver.>
M3:セロリ Live Ver. <A Night With Strings~Featuring 服部隆之~>
M4:夏はこれからだ! Live Ver.<Augusta Camp 2011>
M5:LOVE & LIVE LETTER<Backing Track>

○DISC-2 [DVD / 初回生産限定盤のみ]
M1:LOVE & LIVE LETTER <Video Clip>
M2:晴男 <Live>
M3:One more time,One more chance <Live>
M4:蛍星 <Live>
M5:雫 <Live>
M6:春の行人(ゆこうど)<Live>
※M2、M3 <山崎まさよし&さかいゆう 2011年7月9日 at 島原文化会館 Augusta Caravan Vol.1>
※M4、M5、M6 <元ちとせ&スキマスイッチ 2011年12月4日 at アミューズメント佐渡 Augusta Caravan Vol.2>



うん。
いいっ!!(笑)

4年前のフォーマルなやつもカッコ良かったけれど
こういうラフな雰囲気の方が断然好きだなぁ。

曲の雰囲気に合わせて、今回はこういう感じになったのかな?
てか。どんな曲か全然知らないんだけどー(笑)


で。
オーガスタが勢揃いしてる中で
まっ先に探してしまう人は・・・誰だろうね?(笑)

きっと、それぞれお目当てのアーティストなんだろうけれど。


ジブンはなんと。
今回まっ先に目がいった人は・・・・。

タクヤくんだった!(笑)


そっかぁ。
今のジブンは、秦クンよりタクヤくんの方が好きなのかぁ?(わはは笑)


うん。
ずーっと、スキマスイッチの曲ばっかり聴いてるし
スキマニアの方々のブログやツイばかり覗いてるし

秦クンのことも気になるんだけれど
とにかく今は、musiumの余韻に浸りっぱなしで
秋からの全県ツアーをひたすら楽しみにしているんだよね。


だから。
まっ先に視線が吸い寄せられたのは青シャツのタクヤくんの笑顔で。
そのすぐ横にいるシンタくんの姿に嬉しくなったりして。

その次に、秦クンを見て、おーっ!となったという(笑)


もうすぐ。
GMも始まるのにね。
みんな、楽しみにしてるのにね。

茨城はまだ1ヵ月も先だし、チケットも届かないから
全然実感がわかなくて、ぽーっとしてる状態なんだよー(笑)

あ。
HGはそれなりに覗いてるし、日記もチェックしてるけどね!(笑)



スキマも秦クンも、どっちも大好きだけど
いつもおんなじ分量で愛情を注ぐのは到底無理なことで

その時々で、シーソーのように、どっちかに比重が大きくなってしまうんだなぁ。



きっと。
1か月後のGM@茨城の後は
秦クン側にストンと傾くのだろうね。

あ。
その前に。
今週末深夜の「坂道のアポロン」を観たら
やっぱり秦クン好きー!って思うのかも。ね(笑)



でもでも。
今はやっぱりスキマの2人にストンと傾いてるのでし(笑)



ホント。
欲張りだよなぁ!(困ったもんだ!)






| ♪オーガスタ | COM(0) |
2012-04-23 (Mon)
そっかぁ。

やっぱり47都道府県。なんだね。

2人だけのツアー。

タクヤくんがギター背負って。
シンタくんが鍵盤持って。
全国のみんなに会いに歌いに来てくれる。
2人がインディーズの頃から願っていた47都道府県を周るライブ。

musiumでの“約束”が
こんなステキな形で、こんなに早く叶うなんて。

泣きそうになっちゃうね。



でね。
なんかさ。
安心したんだ。

デビュー10周年で行うライブが
アリーナとかドームとか。
そういう大きく派手なライブじゃーなくて。

全国のみんなに会いに来てくれるライブだということが
本当に本当に嬉しくて
すごくすごく安心したんだ。

ちゃんとファンのみんなを見ててくれてんだね。
どこに向けて歌を届けてるのか見えてるんだね。

きっとさ。
アリーナツアーを経て。
ソロ活動を経て。沢山の葛藤を経て。

今の2人だからこそ。
これから歩いていく道筋が見えてるんだよね。

てか。
まだ詳細が分からないから
あちこちから集めた情報による
ジブンの想像なんだけれど・・・ね(笑)

その想像だけで、胸が熱くなっちゃうよー。


北海道も、何カ所か周ってくれんだよね?

2人でウロウロするんだろうなぁ。
シンタくんなんてウキウキだろうなぁ。
(出来ればバイクで周りたいくらいだろうなぁ!笑)



ジブンは何カ所行けるか分からないけれど
(全国行脚しちゃうスキマニアもいるかも?笑)

2人が今日もどこかの街でギターと鍵盤だけで歌ってるって
そう思えるだけでいつも元気でいられる、笑顔でいられる、そんな気がする。



いいなぁ。

すっごくいいなぁ。

ホントにいいなぁ。嬉しいなぁ。





でね。

秦クンも。

10周年の時は、ギターひとつ背負って
47都道府県。周ってくれないかなぁ。

武道館も城ホールも、すごいことだけれど。

ギターひとつ持って全国を弾き語りで周る。
そういうライブを、ずーっとジブンは密かに待ってんだかんね(笑)



あー。ほんと。
秋からが楽しみだなぁ。

そのために。
今をきちんと生きてかないとね。



タクヤくん。シンタくん。

夢を希望を、ありがとう!!


そして。
musiumツアー。お疲れさまでした!!!




うん。
「時間の止め方」聴きながら今夜も寝よう。

そっと握りしめてる
あの約束を確かめながら。

また、会いに行くことを楽しみにして。ね。





| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
2012-04-22 (Sun)
musium@沖縄がどーだったのか。
気になって。知りたくて。教えてほしくて。
DELUXEを昨夜覗いてみたら。

なぁんと!!

こんなことが書いてあって、驚いたよぉぉー!!!
(てか、ツイッターでもつぶやいてたから、情報解禁なのね!!!笑)



◎スキマスイッチ全県ツアー決定!

スキマスイッチ全県ツアー決定!
今秋よりスタート!
近日詳細発表!



musium終わってしまって寂しさに暮れていたココロを
一気に上昇させてくれたこの情報!!

4か月に及びツアーが終わってすぐく
次のツアー発表があるなんて!!!

うれしー!!!
やったぁー!!!
全県ツアーだってー!!!

・・・・・え”!?

いや、ちょっと待て!!


全県・・だよね?

全県って・・・県って・・・。


道が・・入ってないんですけどー!!

北海道が・・・入ってないよぉー!!(汗)


てか。
都道府は・・・どうなってんのでしょうー!?


いや。
スキマデビュー10周年だしさ。

よもや。
東京、大阪、京都を飛ばすわけがないと。
そう思うんだけどさ。

北海道は、飛ばされるかも?

なんだか。めっちゃ。
心配なんですけどぉー!!!!(汗汗)


43県しか回らないのか??

それとも、47都道府県回ってくれるのか??

でも。
「全県ツアー」って銘打ってるってことは
やっぱり43県だけなのかも???


とにかく。
詳細を待つしかないのだけれど。
北海道も来てくれるかどうか、心配でならないのです。


あと。
どのくらいジブンがライブに行けるのかも。心配。


新たなツアー発表に
気持ちも血圧も上がったり下がったりで
カラダに良くないよー(泣)








| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
2012-04-20 (Fri)
いよいよ。
明日は、スキマスイッチ TOUR2012 musium @沖縄!!
ファイナルだね。

泣いても笑っても、もう最後。

だから。
行ける方は、思う存分!
泣いて!笑って!楽しんで!来てくださいね!

ジブンの想いも、全部、託すよー。




でね。
一昨日のセミファイナル。
musium@鹿児島に、お友達が初スキマライブ!に行ったんだけれど。

ライブMCのあれこれをメールしてきてくれて
それがなんとも可笑しくて。
笑ったなぁ。ほっこりしたなぁ(笑)


タクヤくん。
ライブ前に、鹿児島で一番大きいデパート"山形屋"に行ったんだって。

その山形屋はなんと!
「北海道物産展」の売上げが日本一なんだって。
(いつものように、シンタくんが調べてくれたんだね 笑)

そしたらタクヤくんが
「物産展で満足してないで、本物の北海道に行きなよ!」と(笑)

そのちょっと前。
空港でのことを話しした時に、会場のみんなが無反応だったので
「みんな、空港行かないの?鹿児島から出ないの?」って言ったらしく(オイオイ笑)

「だからこそ、飛行機で北海道に行きなさい!」ってなったらしい(笑)

多分。
シンタくんも「北海道いいよ~。釧路いいよ~」って
言ったんじゃーないかなぁ?(笑)

物産展で買うお土産じゃーなくて
北海道に行って、現地で食べておいでーって(笑)

もうね。
チラリと教えてもらっただけなのに
どんなことを2人が言ったのか、想像しただけで分かる!(笑)


でもさ。
鹿児島から北海道って。遠いよ。ね。

スキマの2人のように
そんな簡単に軽々と北の端までは行けないよ。ね。

普通、鹿児島ならバスか列車で福岡辺りまで行ってライブを観るとか
あとはもうちょっと頑張って、広島~神戸~大阪まで。
そして東京へ!って言う感じになるよね。

北海道へは、途中で飛行機乗り継がなきゃ行けないもん。
近場の海外より、時間もかかるしお金もかかる(笑)

それに。
縦に長-い日本列島。
同じ国とは思えないほど、北と南では何から何まで違う。

なかなか行けない上に、未知のことがいっぱい。
だからこそ、憧れちゃうんだよ。ね。

そういう気持ち。
北に住むジブンにもすごくある。

九州なんて、そうそう簡単に行けるトコロじゃないと、ずーっと思ってた。
だから、初めて福岡に行ったときは、海の色も草木も街並みも
目に映るすべてが新鮮で、すべてを焼き付けようとしてたなぁ。

長崎・・熊本・・。
見たもの、辿った場所、食べたもの、ぜーんぶが“初めて”だったもんなぁ。

宮崎も、鹿児島も、大分も・・まだまだ行きたいところは沢山。
だから九州はこれからもずーっと一生憧れの地であると思う。

そんな気持ち。
いつもツアーで日本国中行けるタクヤくんには
あまり分かんないかもなぁ(笑)

いや。
分かっているからこそ。
「北海道に行きなさいよ!」って、行ったのかも。ね(笑)


行ける可能性がすこしでもあるのなら
思い切って行っちゃいなよ!って、背中を押してたのかなぁ(笑)


うん。
ジブンも。
ライブがあったからこそ、色んなところに行けるんだよなぁ。

九州は、秦クンのおかげだったし。
四国は、スキマのおかげだもんなぁ。

だから、これからも。
行ける可能性がある限りは、行ってみるから。

九州の方々も、スキマのライブがてら、北海道に行こう!!(笑)




あ。
あとね。
たまたま、ジブンも、鹿児島ライブ当日に
ツイッターの検索をしていたら、そのつぶやきを発見してしまったんだけど。

タクヤくんが“山形屋”に行ったときに
「スキマスイッチの大橋さんご来店!」ってつぶやいた方がいて
その方のフォロワーさんとの会話が
「ちょいデブの方?」「そうそう・・」だったらしくて(笑)

それをシンタくんが見たらしくて。
(シンタくん、かなり色々調べたりしてんだね 笑)

タクヤくん。
「俺だって傷つくんだからね!」って笑って言ってたらしい(笑)


あぁ。
ツイッター。おそろしや(笑)



でもさ。
そんな風に、何でも気さくにあれやこれや話してくれるスキマの2人。
やっぱり、いいなぁ。大好きだなぁ。

ライブでは
「その辺にいる普通のお兄ちゃんだってことも知って欲しい」って言ってたもんね。


その親近感。
勘違いしてしまいそうなほど2人を身近に思えちゃって
どんどん膨らむ「好き」の大きさに、みんなモンモンとしてること。

分かってんのかなぁ。
分かってんだろうなぁ。
ホント。罪な奴らだなぁ(笑)



とにかく。
もっとライブに行きたい。会いたい。
そんな気持ちを持て余していたから

7月の北の夏フェス「JOIN ALIVE」のチケットを
とうとうポチしてしまったジブンなのだ(笑)

とりあえずは。
7月21日に北の青空の下でまた会えるぞー(笑)


そう。
7月の北海道はさわやかだぞー。

夏フェスと言っても、汗ダラダラクラクラにはならないぞー。

サラリ乾いた空気を感じながら飲む、野外のビールは美味しいぞー。

だから。
鹿児島のみんな。
北海道に行こう!飛行機に乗っていこう!スキマに会いに行こう!(オイオイ笑)


タクヤくんに背中を押されたら、本望だよ。ね(笑)



でも。
夏の時期って。飛行機代。

めちゃ高いんだよね・・・・・。
(やっぱり現実は厳しいのだぁ・・・・)







| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
2012-04-17 (Tue)
昨夜。
特に見たい番組もなくて
なにか録画でも観ようかなぁと
DVDの一覧をぽーっと眺めていたら

久しぶりに、本当に久しぶりに
これを見てみようかなぁと思って
ある番組の再生ボタンを押した。

2008年5月9日放送の「僕らの音楽」

秦クンがカブトムシのカバーを歌って
それが後にすごい反響になったあの番組。


当時はさ。
まだアナログ放送だったからさ。
デジタル放送では民放の番組でもダビングが1回しか出来ない規制がかかってたんだよね。

だから。
僕音初登場で一青窈との「空中ブランコ」や
Superflyとの「楓」は、DVDに落としてしまって
とうに録画一覧の中からは消えてしまっているんだけれど

この時のはね。
画質は劣ってしまうけれど
後で何度も見返したかったし、何度もダビングしたかったから
デジタルじゃーなくて、アナログで録画したんだ。

DVDに落とした後も、ずーっと消せないまま、今でもすぐに見れる状態のまま
もう4年も経ってしまった。

でもね。
最初は何回か再生したんだけれど。

すぐにね。
見れなくなった。
見たくなくなってしまった。

秦クンの「カブトムシ」がひとり歩きし始めて
持ち歌以上に取りだたされてしまうようになってからは
なんとなくジブンの中では封印しちゃったんだ。

すれてひずんだ歌声も
切なくゆがむその表情も
全てに魅了されていたのにね。

好きという気持ちに
どんどん濁った色が混ざってしまっていくようで
最初に見た時の切ない衝撃が、ゆがんで変形していくのがイヤだった。


でも。
なんとなくね。
もうそろそろ見てもいいかなって。
不思議と昨夜は思えたんだよね。

だから。
フラットな気持ちで再生ボタンをポチリとして
ちょうど4年前のあの頃のキモチなんかも蘇らせながら
久しぶりにカブトムシを聴いたんだ。

あ。
もしかしたら、頭の片隅に
あの東京タワーがあったからかもしれない。
HGのmagazineに映っていた桜の向こうのタワーが伏線になってんだ。きっと(笑)

秦クンが歌い終えたあと。
バックに幻想的に浮かび上がる東京タワーは一等印象的だったものね。


でね。
歌声を聴いて。

安心した。

秦クンがこの頃から、うーんとうんと進化してることに、安心した。

やっぱり、この頃が好きだなーって、もしそう思えたら
それはある意味、哀しいことだなって、どこかで気付いていたからかな。

秦クンの事が好きで好きで、全速力で追いかけていたあの頃。
今思い出すと、笑ってしまうほど、あきれてしまうほど、まっしぐらで(笑)
秦クン以外は全然見えていなかったと思う。アホだったなぁ(笑)

で。
秦クン自身も。
2008年の頃は記憶にないくらいに忙しく走り抜けていたって
そんなようなことを言っていたよね。
なんかあの頃のすさまじさを思い返すと、すごく分かる(笑)

ジブンも必死だったし
秦クンも必死だったんだ(笑)

そして今は。
秦クンが、マイペースで自分らしく音楽をやれるようになったように
ジブンも、マイペースで秦クンの音楽を聴けるようになったってことなんだ。


だから。
「カブトムシ」もわだかまりなく聴けるようになったんだなぁって。

それがなんだか嬉しかった。



そう言えば。
番組後、あちこちでの絶賛のコメントを見て
「これでとうとう秦クンも大ブレイクしてしまうー!」なんて
ハラハラワラワラしていたっけ(笑)


知名度はいまでもよく分からないけれど(笑)

武道館を即ソールドアウトしてしまうくらいの
すごいアーティストになったってことは確かだよね。。。



うん。
懐かしさと、ほろ苦くも甘い気持ちを噛みしめながら
久しぶりに秦クンの「カブトムシ」を見た夜。


やっぱり最後の東京タワーに見とれてしまったよ(笑)




あ。

「愛について」も、沁みたよ(涙)






| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-04-15 (Sun)
アポロン:ギリシャ神話で、光明・医術・音楽・予言をつかさどる若く美しい神。
ゼウスとレトの子で、女神アルテミスの双子の兄。
デルフォイの神殿で下したという託宣は特に名高い。
理知的で明るいギリシャ精神を代表する神とされる。ローマ神話では、アポロ。



うーん。
なかなか奥深い意味があるんだね。

「坂道のアポロン」

HPで第1話が見れるらしいけれど
秦クンの歌も聴けるらしいけれど

なぁんか。
慌てる必要もないかなと(笑)

日本全域では
BSフジ4月28日(土)深夜26時00分 - 26時30分

放送してくれるみたいだから。
それを毎週録画しながら、見ようかなって思ってるよ。

秦クンの詩の世界はどんなだろう?

ジャズの流れの中で見るアニメの世界も興味津々。

あれやこれや考えながらの2週間。

待つ時間も、また楽し。



そうそう。
この間行われた、さだまさしさんの還暦お祝いライブ。
「60人のまさしくんWORLD」(笑)

あれ、地上波で放送されるって言われてたけど ⇒ まさしんぐWORLD

調べたら北の方のフジ系列局では放送されないみたい(泣)

でも。
BSのほうで放送される「フジテレビ」は(BSフジじゃーなくて!)
関東で放送されるフジの番組だから、そっちで見れるみたい。
よかったぁ!(笑)

なので。
しっかり予約しちゃってる。

秦クンとさださんで"はたまさし"
「朝刊」を歌ったんだね。楽しみだ!

でもって。
"スキまさし"では「奇跡~大きな愛のように~」を歌ったんだ!!

この歌、ミトさんのカバーでよく聴いていたんだよなぁ。
壮大な世界観の歌を、タクヤくんのボーカルで聴かせてくれるんだね。
これも楽しみだなぁ!!



ワクワクする番組がポツポツあるし。

ライブもそのうちポツポツ行けるから。

待つ時間が、楽し。嬉し。だね(笑)


| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-04-14 (Sat)
NHKホール2DAYS。

無事に終わったみたいだね。

穂刈さんの昨日のつぶやき。
“各地のDJ、ディレクター、プロデューサーから「今回のスキマスイッチのライブ本当に良いですよね。
完成度が高い」と必ず言われる。しかも音楽ウルサ型ほど絶賛。”

めちゃくちゃ嬉しかったなぁ!!

本当にね。
今回のツアーライブはすごい!って思ったもん!!

そうだよ。
タクヤくんの声はでかい。太い。
声の線を何十本も束ねたようなたくましさ。
でもやわらかな繊細さも兼ね備えてんだよ。
そこにありったけの感情を込める。

進化してんだよなぁ。
見えない(見せない)ところで
相当の努力をしてんだろうなって
想像しただけで何だか泣きそうな気持ちになるのはなぜ?(笑)

お酒も飲むし。煙草も吸うし。
なのに、あれだけの声を出し続けられるのって凄過ぎる。

そう考えていたら
ドラモンのツアーライブファイナル@Zepp札幌の
あの日のことをふと思い出してしまった。

体調が悪くって。
前日のライブでも納得いく歌じゃないからと
最初から歌いなおしたせいもあって。

声が。
出なくって。
3曲歌って結局ライブが中止になってしまって。

タクヤくんが
「声が出ません。ごめんなさい」と
ポロポロ止まらない涙をおしぼりで何度もぬぐっていて。
そんなタクヤくんを見るのが辛くて哀しくて切なくて。

そしてその後に行われた振替公演での弾けた声。
歌えることの幸せを伝えてくれたあの笑顔。

あの時からきっと。
「歌う」ことへの想いは誰よりも強くなったんじゃないかな。

だからここまで彼の歌声は進化したんだ。
そしてこれからも進化し続けるんだと確信する。


musiumツアー。
あと、2つだね。

鹿児島と沖縄。
ジブンは行けないけど。
ツアーが終わってしまうのが寂しくて仕方ないよ。

今日もどこかの街で
スキマの2人がその土地のあれこれを満喫して
歌声と素晴らしい音楽を奏でている。
みんなと熱い時間を共有している。
そんなことを想像するだけであったかい気持ちになる日々だったから。


終わっちゃうよ。
musiumが閉館しちゃうよ。
さみしーよー(泣)


南の2つ。
行ける方は、うーんとうーんと楽しんできてね!!


なんてことを考えながら
釧路と札幌のライブを何度もココロの中でころがしながら、反芻しながら
「musium」を今夜も聴いているのでした。


「時間の止め方」

やっぱり鳥肌がたつよー(泣)




| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
2012-04-12 (Thu)
昨日。
HGがリニューアルしたんだね。
春らしい淡い色使いと柔らかな新緑のHG。

爽やかさがあふれてるね。
秦クンも相変わらずシュッとしたままの爽やか青年だし!(わはは笑)

で。
今回はなぜかあのタワーがテーマ?
赤とシルバーの塔が、空に向かってすっくとそびえたつさまは
先週歩いたアゼリアの町で見た鉄塔をつい思い出してしまったよ。

そして某公園。
一度行ってみたなぁと思っていた公園なんだよなぁ。
次に東京へ行ったときにはこの辺りのホテルに泊まろうかな。
夜のライトアップを眺めてみたい。
早朝にはタワーのたもとまでゆるゆると歩いてみたい。



でね。
magazine。
GM2012のくだりを読んでいたら、バーッと鳥肌が立ってしまったよ。

昨年末のGM@武道館を観てジブンが感じたこと。
その想いがもしかしたら叶う形になるライブが
GM2012なのかもしれないなぁって思えたから。
もう勝手ながら、シンクロした感覚になっちゃった(笑)

お客さんとの近い距離。音と照明だけのひとり弾き語り。
わぁ。もう何もいうことはありません(笑)

それに。
GMがルーティンワークになるのは嫌だなぁって思っていたら
秦クンも同じようなことを考えているんだと、またもや勝手ながらシンクロ感覚(笑)

新アルバムへの対峙する思いも
出会いと別れの、多くの人に囲まれることに固執しない部分も。
雪解け時期のザラザラすれた感触と、始まるようなまだまだのような、ゆらり定まらない気分も。

誠に勝手ながら(笑)シンクロさせていただきましたっ!


秦クンってさ。
やっぱり秦クンなんだ。
こんな秦クンだから好きなんだ!(笑)


今日は北も春らしい暖かさにホワンと包まれ
空気はちょっと埃っぽく、視界も擦れてる、ざにゃざにゃな感じ(笑)

その気分で、久しぶりに「エンドロール」の弾き語りを聴いたら
季節ひとつ分、あの世界観が遠のいてしまったことに気付かされて
なんだか泣きそうになってしまって困った。

うん。
シャーベットの季節は、もう終わったんだね。

けれど。
別れの次は出会いがある。

秦クンのアルタイル。
アニメはいつ見れるかわかんないけど(北はいつなのー?笑)

まずは新曲との出会いを楽しみに待っていよう。


ザラザラムズムズに目をこすりながら。
期待やちょっぴりの不安にヒリヒリしながら。

ココロもしばし、ざにゃざにゃ。



| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-04-11 (Wed)
まだまだ。
あれやこれやのライブの余韻に浸ってるのに。

これもあるでよ。あれもあるでよ。と。
どんどん新たなリリースやライブの情報がUPしてくるなぁ。

シカオさんのライブ!
FFかぁ。悩むなぁ。。

スキマスイッチがJOIN ALIVEに!
わぁ、どーしよう!?行きたいけど
他のミュージシャンはあまり興味ないし、チケットが高いからなぁ。。

さかいゆうクンのライブ!
もう今月末にチケット発券するだけだけど、CD発売はいつだったっけ?(笑)

長澤クンのワンマン!
初めて札幌に来てくれる!嬉しいなぁ。絶対行きたいなぁ。


でもって。
秦クンのGM追加公演。
岩手かぁ。世界遺産劇場かぁ。野外かぁ。

うーん。
行けなくてもいいかぁ(爆)

「5月の5公演とは内容が異なる、GREEN MINDツアー今年唯一の野外ライブ」ってことだから
GMと名はついているけれど、全く別のものになるのかもなぁ。

世界遺産ライブって、どんなんだろう??
行ったことないから、ライブの空気感は全然分からないんだけれど。

GMの野外と言えば、厳かな雰囲気よりも
ジブンはもっと自由で伸びやかで芝生の上で青空を見上げるイメージなんだよなぁ。

そう。
2010年GMの札幌真駒内芸術の森。
ジブンとしては野外ならあのイメージしかないもんなぁ。

そのうち。そのうちにね。
どこかの世界遺産ライブに行ければ、それでいいかぁ(笑)

今回は茨城だけで十分だよ。
行けるだけで幸せだよ。



てか。
ジブンの中では、行きたいライブの条件はだんだん決まりつつある。
特に秦クンに関しては、これは行きたい、これは別にいいや、と
もうちゃんと線引き出来るくらいになっている。

今まではさ。
年中いっぱいライブに行ける人と比べてしまってさ。
あーなんで行けないんだろ。北になんで来ないんだろ。って。
うつうつとした想いを抱えることも多かったけれど。

もうそろそろ。
沢山ライブに行ってる人がファンとしてすごいんだっていう価値観は
捨てちゃった方がいいよね?(笑)

年に1度しかライブに行けない人の方が
その1度のライブを宝物のように大事にしていて
想いは熱く深いかもしれないもんね。

行けないものは行けなくていいし
知らないものは知る必要もない。
自分だけの大事なライブを持っていれば、それで十分だよね。


とはいえ。
これからも衝動的に行くこともあると思うけど(そういうヤツです笑)

その前に。
ライブの前に。
もっと足元をみなきゃならないことがあるもの(笑)

そうなのだ。
毎日、生活をするということ。生きていくということ。
その日常のなかにある大切なものを、噛みしめている今日この頃なのだ。

今の一瞬を見逃してしまったら
その取り戻せない一瞬を後で悔やむことになるのだ。

永遠なんてない。
だからこの瞬間が愛しく思えるんだ。と。
某ミュージシャンも歌っているではないか!(オイ!笑)


それにきっと。
秦クンはそんな人達にこそ、歌を届けるべく
今回も「初めて行く場所」をGMの会場に選んでくれたんだろうし。ね。



というわけで。
もしかして、オーキャンも今年は行かないかもしれないし(え”!笑)


秦クン自身も
毎年あのライブもこのライブもやらなきゃならんという
固定観念を捨てちゃっても全然いいと思うし。
(なんてったって、忙しすぎるよね!)

曲をリリースすることも。ライブも。
ルーティンワークになってしまうのは辛いだろうから。

そろそろ。
自由に、ルーズなくらいになっても、いいかもね(笑)

ジブンも。
慌てず焦らずゆったりと受け止めていけばいいんだ。それでいいはずなんだ(笑)



と。
やっと少し春めいてきた風に吹かれながら
あれやこれやと考えているジブンなのでした(笑)


はぁ。
それにしても。
今年は桜の開花がゴールデンウィークに間に合いそうにないね。

クロッカスもまだ蕾すら見えないしなぁ。

やっぱり北の春はのんびり屋さんなんだなぁ。

でもいつかは春が来るんだから

慌てることないよね。





| ♪秦 基博 | COM(2) |
2012-04-10 (Tue)
なんだか。
毎日仕事や雑多なことに追われてる間に
色んな情報やら出来事やらがあったんだね。

正直。
昨夜は憤りを感じていた。
その勢いでブログを書いてしまったけれど
UPした後ですぐに消してしまった。

DELUXEの日記。
すぐにファンに対してメッセージを健マネは送ってくれてたから。
そっか。そうだよなぁ。あとは任せるしかないよなぁ。って。
いきり立った気持ちがなんとなくすっとラクになった。

それにさ。
あのタクヤくんのいつもの屈託のない笑顔!!

あの笑顔は本当にすべてのものを吹き飛ばしてくれるなぁ。無敵だなぁ。
きっと、みんなあの笑顔で救われた気持ちになったと思う。

色んな問題はあるけれど。
あの歌は特に沢山の想いが詰まってる、ファンにとっても大事な歌であるのだけれど。

彼の地でタクヤくんの歌がそれだけ愛されてるという事実。
そこだけを考えたら、きっとタクヤくんが純粋に嬉しく思えた部分はあったような気がする。
自分の歌が聴いてくれた人のココロに響いてることが、権利やお金のこと以上に嬉しく感じる。
タクヤくんはそういう人じゃないかなと思うから。
(だからこそ、今回のことはより悲しく思えたんだよ・・)


それに。
絶対にさ。
タクヤくんの歌が一等だって。
聴いた誰もがちゃんと分かってるはずだもんね。

久しぶりに聴いた「ありがとう」

国境を越えて、難問も越えて、クリアな形になって
沢山の人にもっともっと届けばいいな。







| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
2012-04-06 (Fri)
いつのまにかUPしてたんだね。
全然気付かなかったよ。

でも。
今夜ゆっくり歌詞を噛みしめながら、この歌を聴いていたら
なんだか色んな思い出と重なって、涙が出そうになった。

やっぱり。
秦クンの声はいいなぁ。
声に感情があふれてる。

秦クンは秦クンであって
秦クンの世界の中で息づくものはいつも
切なくてあったかくて、思わず空を見上げたくなる。

あのアゼリアの空気もちょっと思い出しちゃったよ。











やわらかい気配 作詞/土岐麻子 作曲/秦基博

確かなものなど どこにもないと嘆いた
あの頃 本当は ずっと何を探してたんだろう

少しゆっくり話すくせが
愛しくって まだ うつったまま

夏の雨と 秋の影と 冬のサイレン 春に舞うビル風を
胸のなかの
きみのやわらかい気配
抱きしめて歩いた
忘れたくないと泣いた


黙ってそれきり 出てゆくきみを見ていた
あの頃 本当は この弱さがただもどかしくて

きみの答えになれなかった
僕を残して夜が明ける

線路のさび 工場の壁 小さな歩道橋へとつづく道
胸の奥の
きみのやわらかい気配
ありふれた景色も
物語にしてくれた

つないだ指 負けず嫌い
シャツの匂い
笑う一瞬の美しさ
いまも残る
このやわらかい気配
きみが生きたすべては
確かな永遠だった

あのとききみは 本当は何を
幸せと感じていたの 分からない
さよなら
でも
このやわらかい気配
まだここで生きてる
確かな悲しみ抱いて




土岐さんの歌詞が素晴らしい。
これ、秦クンの世界観にがっちり繋がってるよね。

ことばの選び方ひとつひとつがホントに素敵。
漢字ではなく、あえてひらがなを使って
より“やわらかさ”を感じさせてくれるところがすごいなぁと思う。

特にね。
“つないだ指 負けず嫌い”
のところがキュンとなってしまうのです。

あー。
ジブンも負けず嫌いだなぁって、思ったから(笑)

「ほら、やってやるよ」って言われても
「いいもん。自分で出来るから」って
上手く出来ないくせに負けたくなくて、ムリしちゃって。

結局あたふたオロオロになって
内心もう降参の赤旗を出したい気持ちを隠していたら
「おまえ何やってんだよ」って笑われながら、最後には手を貸してもらって。

いとも簡単に難なくやってのけられてしまうことが
何だか悔しくて涙目になったりなんかして。

でも。
「ホントおまえは負けず嫌いだなぁ」って
頭をくしゃくしゃってされるのが実はキライじゃなかったりして。
もっともっと、くしゃくしゃって、して欲しかったりして。

そんな、特別でもなんでもない、よくあるいつものことを
ことさら愛おしく思う気持ちが「負けず嫌い」の一言に詰まってる気がする。



あ。
秦クンのつなぎ姿。
いっぱい見れたね(笑)

土岐さんに謝ってる風で、パシッと肩を叩かれてるトコロが
なんともいえず、秦クンらしいなぁと、笑ってしまったよ(笑)


この歌の世界観。

いいなぁ。

大好きだなぁ。



| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-04-05 (Thu)
ここのところ。
ココロがあっちこっち浮遊しちゃってたけど。

ようやく。

例のライブの録画を。

見・た・よー!!!



■Office Augusta 20th Anniversary Special
山崎まさよし スキマスイッチ 秦 基博  A Night With Strings
~Featuring 服部隆之~




バックステージの模様もちらほら入ってたから
ドキドキしちゃったよ。

あっち見て。そっち見て。
忙しいったらありゃしない(笑)



最初はスキマだったね。
タクヤくん、緊張してたね(笑)

久しぶりの「藍」。
サビのところで赤の照明がバーンと放たれる感じにヤラれました(笑)

やっぱりね。
musiumの余韻があるからね。
あの照明の迫力で、なんだかmusiumに入館したような錯覚さえ覚えてしまったという(笑)

「さいごのひ」も世界観が果てしなく広がっていく。

でもあまりの壮大さに、タクヤくんがストリングスの波に呑みこまれそうにも見えて
その中でシンタくんのピアノの音がタクヤくんを「こっちだよ」って導いてるように感じたなぁ。

2人組って。
こういう時に心強いね。
シンタくんが頼もしく思えたなぁ。

洋楽のカバーを聴いていたら
3年前のドラモン@Zeppを思い出しちゃったし!
「全力少年」は、やっぱり一緒に唄ってしまったし!

いやー。
それにしても。
テレビで顔がアップになるとハラハラしちゃうね。タクヤくんは(笑)

でも。
その“残念”さがいい。
完璧じゃないトコロに魅かれるんだ(笑)

ちょっと“ぶさかわいい”加減が・・大好きです(わはは笑)

そして。
あの笑顔は完全無敵!!

あんな柔らかい笑顔で「ごめん!」とか「サンキュー!」って言われると
いいよいいよ、タクヤくんだもん。って、何でも許してしまいそう(笑)

あー。
やばいなぁ。
タクヤ症候群にかかってしまってるかも知れない(笑)

やっぱりさ。
ライブのチカラはすごいもんだ。
まだまだスキマスイッチから離れられない。離れたくないよー!(笑)



と。
思っていたところへ。

お久しぶりの感さえある、秦クンの登場!

ホントにさー。
痩せちゃってさー。

カワイイボクみたいに見えちゃうんだよねー。
タクヤくんの後に見ると(爆)

やっぱり。
もうちょっとムチっていいよ(笑)

すらっとカッコよすぎちゃうと、なんだかつまんない(オイ笑)

"ぶさかわいい"秦基博。カムバック!(笑)



そして。
洋楽カバ―の時の、弾けそうで弾けきれない秦クン(笑)

あの笑いは大阪で鍛えられ身につけたもの?(笑)

で。
ハンドマイクにイマイチ馴染めず戸惑う姿も可愛すぎ(笑)
ギターがないと、落ち着かないんだろうね。

服部さんとの絡みも、どこまで絡んでいいのか?
まだまだオープンマインドしきれない様子が可愛い(笑)

いつか、我を忘れるくらいになってくれたら!

そう。
タクヤくんのトリップしちゃったような歌い方とか
ステージ上をフラフラしちゃうとか。飛び跳ねながら走り回って歌うような。

そんな秦クンの姿も見てみたいなぁと。
思ったり。思わなかったり(笑)


ボックス踏むのは、秦クンが一番張り切ってたなぁ(笑)

そして。いつのまにか。
秦クンがオーガスタの「お笑い担当」になりつつあることに
妙な期待感さえ芽生えてきているジブンなのでした(笑)

そのお笑いが、どこまで成長していくのか。今後に注目!(オイオイ笑)



などと。
全くストリングスのライブに関しての記述がないことに
ジブンでも困ったもんだなぁと思うのだけれど(笑)

スキマも秦クンも。
ストリングスがあってもなくても
その歌の世界が凄いことは十分わかってるからさ。

タクヤクンの歌声なんて、何もかもを越えちゃってるし。

秦クンも、ギターと声だけ何もいらないって思えちゃうし。

だからこそ、新たに織りなされる歌の世界でも
改めて、彼らの良さを再確認したストリングスライブなのでした!


あぁ。
スキマの「view」も聴きたかったなぁ!

秦クンの「エンドロール」はやっぱり惹きこまれるなぁ!



あ。
まさよしさん・・・・(笑)

やっぱり一番しっくり馴染んでいたね。
服部さんとの漫才のような掛け合いも
音の融合からくる親しさだなぁと思ったよ。

音楽で分かりあえる関係って、ホントいいなぁ。


そうそう。
見逃した方は、再放送があるみたいだよ ⇒ TBSテレビ

・5月12日(土)深夜0:00~1:30 だよ。

ジブンももう1回録画しておこうかな♪






| ♪オーガスタ | COM(0) |
2012-04-02 (Mon)


代々木駅。
少し早めに着いてしまったなぁ。

その時間を潰すというよりは
この時間で少し散策しようと
目的地とは反対の道をあてもなく歩き出してみた。

高架下の薄暗いトンネルを抜けると
小さな踏切がカンカンと甲高い声で止まれと叫んでいる。

電車が走り去り両手を上げた踏切をくぐり、左にカーブする緩やかな坂を上る。
右手のハンバーガー屋からは香ばしい肉の焦げるにおいが漂ってくる。
色の変わったのれんを垂らした中華料理屋。
ふと目を上げると、背の高い立派なビルディングが行く手を遮るように立ちそびえていた。

きっと、なんてことのない東京の風景なんだろうなぁ。
でも、北とは全く趣きが違う風景なんだよなぁ。

秘密の通路のような細い路地に好奇心が誘われる。
看板の字面にさえワクワクしてしまうジブンはきっと
どこかで東京のマジックにかけられてしまったのかもしれない。

なんてことを考えていたら
もうオープンの時間が迫ってきていた。

今来た道を小走りで戻り、両手を上げたままの踏切を渡り、駅前の交番を左に曲がる。
お店の前にはすでに長蛇の列が出来ていた。

20120401yoyogi.jpg
 
目的地はここ。



20120401asada.jpg

そして今夜はこのライブ。



彼の歌声を聴きたくて
目の前で歌ってる姿をどうしても見たくて
ワンマンライブがあると知り飛んできてしまったよ。

キャパが250くらいの小さなライブハウス。
中に入ると運よく真正面の間近に場所を取ることが出来た。

オープンニグアクトの川崎くん。
歌の世界観がどこか星野源くんに通じてる。
とぼけた自虐気味のMCは、なぜだかほわんとあたたかさが残る。

そしてそして。
お待ちかねの彼とサポメンの登場!

もうね。
そこからは、何だか夢のような時間だったよ。

ずーっと聴きたかった歌をすぐ目の前で歌ってくれてる奇蹟。
嬉しくて楽しくて。胸が苦しくて泣きそうになって。

MCなんかはね。
キュート。すっごくキュート。
歌ってるときはめちゃくちゃかっこいいのに
話し出すとかわいくなっちゃうのはどうして?(笑)

でね。
あの独特の高音がライブハスいっぱいにぐわんぐわんと響きこだまし
一瞬で彼の世界にぐいと引き込まれてしまった。
今ではプロデュースの仕事ばかりで、歌うこともあまりなくなったから
声は出るのかなぁ?どうなのかなぁ?なんてちょっぴり心配もあったけれど
全くの杞憂だったね。ホントにステキだった。
2時間ずっと夢心地だったよ。

アコギの弾き語りなんかは、ギターを弾くしぐささえ素敵すぎて
もうどうしたらいいんだろうね?どうなっちゃうんだろう?ジブン?(笑)
アホだなぁ。なんてアホ。って思ったよ(笑)

やっぱり彼はフロントマンだ。
彼こそがステージの中心でみんなをひっぱり歌声を響かせるべきなのだ。

それが一番似合っているなぁと思う。
そんな彼をこれからも見たいと切に思う。

こんなライブに行こうと思えばいつでも行ける東京の人が
心底うらやましく思った、魔法にかけられてしまった、それはそれは素敵な夜でした。

なんかね。
詳しいことをいっぱい書きたい気持ちもあるんだけどね。
書くのがもったいない方が勝っていたりする(笑)
誰にも手渡したくなかったりする。
一人反芻して大事にしまっておく(やっぱりアホ笑)


この感情は
秦クンに対してでもなく
タクヤくんに対してでもない
全く違う色の感情なんだよなぁ。不思議だなぁ。

こうして好きなアーティストが増えていくのは
正直困ってしまうんだけどね。時間もお金も潤沢にあるわけじゃないからね(笑)

でもまた絶対ライブに来るって、早くも次を願ってたりするアホです(笑)



そういえばさ。
秦クンがまだインディーズの頃に
F.A.Dで対バンだったことがあるみたいなんだよね。

彼はバンドを解散しソロでアルバムを出した時期。
秦クンはそのころ、どんな風に彼の歌を聴いていたのかなぁ。
きっと秦クンも学生時代に、そのバンドの歌を聴いていたはずだから。

そして秦クン自身は、どのくらいのお客さんを惹きつけることが出来たのかなぁ。

こんなふうに。
想いは、忙しくもあっちへいったり、こっちへきたり。
そんなジブンって、やっぱりアホ(笑)

ライブが終わると、隣りで聴いていた方に突然声をかけて頂き
「またライブがあった時にはぜひ一緒に」なんて。
早くもお友達まで出来てしまった(笑)

やっぱり。
東京っていいなぁ。
すごいなぁ。楽しいなぁ。嬉しいなぁ。

昼間はアゼリアの街を歩き
夜は素敵なライブに胸を熱くして
充実した、ウソじゃない、トーキョーでのエイプリルフールなのでした。(笑)

あー。
ホントにいい一日だった!









| ♪浅田信一(ex.SMILE) | COM(0) |
2012-04-02 (Mon)
買ったばかりの明るいベージュの春のブーツ。

一昨日、おろしたばかりなのに
もうあちこち黒い汚れがついてしまってる。

地下鉄で隣に座っていたその人は
眠りの底にぐっすりと沈み込んでいて
不意に下ろした足が隣に座るジブンの靴を踏みつけたことに
全く気付かずにいたんだよ。

沢山の人波にのみこまれ
ジブンがどこへ向かうのかもあやふやになりそうな
そんな東京の地下鉄の中でのありふれた出来事。

踏まれ踏み返し汚され汚し押され押し返しながら
いつの間にか誰かに傷つけられたり
知らぬ間に誰かを傷つけてしまっても
何も感じなくなっていってしまうのかな。
何も分からぬ知らぬを通していくのかな。

言葉に出せば空気はきっと和らぐはずなのに
無言の押し問答を繰り返し、ブーツはだんだん黒ずんでいく。

迷って立ち止まって悩んでいるうちに
小さなキズやシミなんかには無頓着になる。
少しくらいの汚れにいちいち悲しんではいられない。
このブーツのように。

そんなことを思いながら
黒い汚れをぼんやりと眺めていたら

薄暗かった車窓から突然明るい光が飛び込んできた。
頭の中では、あの歌が鳴りだす。

♪電車は長い東京の地下をくぐり抜け 川沿いの景色が顔を見せる

あたたかな光と伸びやかに広がる河原の風景。

その景色を見たくって、ずっとずっと前から見たくって
その景色をみるならば、季節は春がいいなって
良く晴れた日で、時刻は昼下がりだよなって
思い描いていたすべてが揃い、今やっと車中の人になった。

エイプリルフールだけれど、桜はまだ蕾だったけれど
ジブンのキモチは、いつわりのない喜びで満開になる。

隣のその人はまだ眠りこけていた。
よっぽど疲れてるのかな。大丈夫かな。

そっと席を立ち、手摺につかまる。背筋をすっと伸ばす。
投げやりじゃなく、穏やかな気持ちで
ブーツの汚れを見つめているジブンがいた。

河原で遊ぶ親子。野球をする少年たち。
暖かな春の日差し。水の匂いがする風。新緑の輝き。
芽生えたやわらかな気持ちは、この風景が与えてくれたんだね。




急な坂を上ったり下ったりしながら
彼が毎日目にした景色をたどってみた。

駅前の彩色の賑やかさは、あの角を曲がるとしだいに薄れ
手入れの行き届いた家々が並ぶ、豊かで静かな住宅街に変わる。

仰いだ空の青。吹き抜ける春の風。
色濃くなっていく道端の緑。公園で遊ぶ子供達。
太陽はゆっくり西へと傾き、たまご色のやわらかな光がこの町を包んでいる。

そして。
あの鉄塔はまさしく空に手を伸ばすように何本も高くそびえたっていた。
こちらからも、あちらからも、どこからでも、見上げることができる。
この光景に重ね合せた感情が、音楽に生まれ変わっていったんだね。

夕日のオレンジまで見ていたかったけれど
それはいつかまた来た時の楽しみにとっておこう。

少しずつ傾いていく日に照らされながら
またあの電車に揺られて繁華街へと戻る。

20120401b.jpg



初めて訪れたのに、懐かしい風景。
想像していた通りの、温かな風景。
きっとそれは、歌の中にすべてある風景だからだ。

ただ、電車に乗って、歩いて、戻る。
それだけの3時間。

でも。
あの空気に触れられただけでも幸せの極みだよ。




さて。
夜はライブへ向かおう。

山手線のある駅を降りてすぐの小さなライブハウス。
もしかしたら、かつてここで彼も歌ったことがあるかもしれない。
そんな想像はさらに幸せを増幅させてくれた。



おし。
もう踏みつけられたって、汚されたって、全然平気だ。
スタンディングで大いに飛び跳ねよう!盛り上がろう!

ライブライブライブ!!!




| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-04-01 (Sun)
はぁ。
1週間前はスキマスイッチの札幌ライブだったよなぁ。。

時間の止め方だけじゃなく
時間の戻し方も教えてくれないかなぁ。。

なぁんて。
寝ても覚めてもスキマのことばっかり考えてるジブン。

なんだかこの気持ちは
想いがグーンと高まっていてもたってもいられなくなって
とうとうDELUXEに入ってしまった時以来の熱さかもしれない。

久しぶりにね。
スキマニアの方々のブログやツイッター巡りなんかもしちゃって
密かにこの気持ちを共有できる場を求めたりなんかしちゃったという(笑)

で。
あちこち巡って思ったんだけれど。

ファンは一緒だよね。
音楽もそうだけど、ミュージシャン本人まるごと、好きになる。

ていうか。
ミュージシャン自身まで好きになるからこそ
あちこちのライブにまで飛んでっいたり
色んなことを考えては嬉しくなったり切なくなったりするんだよね。

音楽を紡ぎだすその人を
もっと知りたくて。分かりたくて。近づきたくて。

やっかいだなぁ。
ファン心理ってやつは(笑)



でもね。
いつも思うことは
スキマのファンって、2人のこともそうだけれど
曲の解釈をすごく深く考えてるなぁって感じる。

それは2人が、曲に沢山の仕掛けをしてるからなんだけれど
そのダブルミーニングや謎解き楽しみのひとつなんだよなぁ。

musiumの曲も、考えれば考えるほど深くって。

「LとR」なんかは
タクヤくんの気持ちがぎっしり詰まってるみたいで
軽快なメロディなのに、いつもキュンとなってしまうもんなぁ。

「Andersen」もそうだよね。

うん。
どれもこれも、その深い意味をたたえた世界観に
一度浸ってしまったら離れられなくなってしまうよ。

正面から見るのと、斜めから見た印象が違って見える
まるで絵画のようだよなぁ。

もしくは逆さ絵みたいな。

スキマミュージアムなんだよなぁ。


だからね。
閉館時間が過ぎちゃったのに
ずーっと、まだずーっと
このミュージアムにいたい気分なのです。

あんまりいたら、怒られるかな?(笑)

そろそろ、帰ってくださいって言われるかな?(笑)



なんていう風に、あれやこれや考えていたら
あっという間に4月になっちゃったんだけれど。

雪がちらつく春まだ遠い北から
今日はビューンと東へ行ってきます。

どうせ飛ぶならスキマのライブに行きたいよーなんて気持ちを
コラコラ何言ってんの!とたしなめながら
ある方の初ライブへ行っちゃうのです。

そして、ずーっとずーっと行ってみたかったあの場所へも
足を延ばしてみようと思っているのです。


うん。

スキマミュージアム。

またね。遊びに行くね。





| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。