12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-05-30 (Wed)

秦クンのアルタイル。
ちゃんとフラゲしてきたよ。


DSC_0256-1.jpg


レジのお兄さんが奥の引き出しから取り出しながら
「アナザージャケットとステッカーがつきますから」と言ったときには
思わず「はい!!」って大きな声で返事をしてしまった(笑)

ステッカーつくこと、すっかり忘れてたからね(笑)

あれ。
オーガスタフェアだったっけ?
ポイント集めたら、オーキャン奄美とか、サイン入りなんちゃらとかが当たるフェア。

正直。
オーキャン奄美が当たっても行ける確率がほとんどないし
サイン入りなんちゃらも、さして欲しくはないし
(誰に向けたか分からないサインは特に興味がないのです。
 ちゃんと目の前で書いてもらったサインが一番欲しい 笑)

それに。
当る気がしないもーん(笑)

このグッズの当りで自分の持ってる"運"を使いたくないわ。
その"運"は、ライブでめちゃくちゃいい座席がくるとか
偶然ばったりどこかで会っちゃうとか
そういう時の為に残しておきたい(そっちの方が欲張り!笑)

でも。
こういうファンばかりなら
オーガスタもフェアをやる気が萎えちゃうだろうな(ホント、スミマセン 笑)


だからね。
アナジャケとステッカーをもらえて
もうそれだけで今回は大満足なのでした(曲も聴け!曲も!笑)




いや。
ていうかさ。

GM@茨城ファイナル。

帰ってきてからは
いつものように色々な事に追われたり
高橋優クンのライブの感想も書きたかったりで

まだね。
秦クンのトコロまで、たどり着けないままでいる。


でもね。
今回はね。
忙しいとか、時間が足りないとか
そういう物理的なことだけじゃーないんだよね。

ライブのひとつひとつを思い返すたびに
あの時の気持ちを、どんな言葉で表して良いのか分からなくて
探しても探しても、あの瞬間にふさわしい言葉が見つからなくて

放心状態のまま、4日も過ぎてしまってる。

そんな感じなのです。


語彙力なさすぎ。
ホント情けなさすぎ。
できれば、広辞苑を頭の中にムギューと押し込みたい(笑)
もしくは、某作家さんの脳みそと今だけでも入れ替えたい(笑)

いつものジブンが連ねる、あちこちで使いまわされた陳腐な言葉で
あの日のライブのことを綴りたくない。

だけどさ。
広辞苑も作家さんも脳みそに入り込んではくれなさそうだから(当たり前だ!笑)

のろのろと、PC前に座ってみたよ。
茨城への足取りなんかから、ちらほら書き始めることにしたよ。

うん。
これ。助走ね。
プラプラ歩き出して、そのうち早歩きになって、軽く走りだしてみる。
まずは、第一歩を踏み出さないとね。始まらないからね。





GMファイナルの会場は茨城県結城市。

北からは、遠かったなぁ(笑)

朝9時半頃に家を出て、お昼前の飛行機に乗り
羽田から電車を2回乗り継いで、小山という町に到着したのが16時過ぎ。

とりあえず駅前のホテルにチェックイン。
バックをそこらへんに投げ出して、疲れた体もベッドに投げ出して(笑)

新幹線に乗ったらもっと早く着いたんだろうけどね。
ローカル線でぼちぼち行きたかったんだよね。
車窓から流れゆく風景を、ゆっくりと見たかったんだ。

東京の人込みやグレーに光るビル群が
いつの間にか車内の人もまばらになり
畑や田んぼのみずみずしい緑の景色に移り変わっていく。

電車はひたすら遠くへ遠くへとジブンを運んでいく。
その先に秦クンの歌がある。

景色の移り変わりも、時間の流れも、この全てがジブンにとってのGMなんだなぁって思ったんだ。


思えば遠くへ来たもんだ。

そんな誰かの歌の歌詞をふと思い出す。


この地の空と風を通り抜け、響いてくる秦クンの歌は
どんな風にジブンの内を彩ってくれるのだろう。

あの揺れる稲のように、しなやかな緑色になれるかな。



DSC_0246.jpg






ホテルでひと休みしてから、17時過ぎに小山駅へと向かった。
そこから2駅で結城駅。だから余裕で18時までには間に合うと思ったのだ。

が。
しかし。
駅に着いて電車の時間を見ると・・次の発車は17時40分頃!!

ぎょぇー!!
確か結城駅からは会場まで徒歩10分って書いてなかったっけ?

間に合うのだろうか?やばいやばい(アセアセ)


結城駅に着いたのが、開演12分くらい前。
同じように、駅の階段を大急ぎで降りていく人たちはみんな、ハターさんだと確信する(笑)

あの人も、この人も。そしてジブンも。
駅を出たら、会場までダッシュし始めたよ(笑)

なんかさ。
みんな、マラソンランナーのようだったよ(笑)

ジブンの前も後ろも、ハターさん達。
みんな必死に走る走る走る走る(笑)

でもこれは競争ではない。
一緒に走っていることでの安心感と
いつの間にかココロの中では連帯感さえ生まれてきたからね(笑)

とにかく、走れ走れ走れ走れー!!(笑)

前を走るハターさんについていったから
会場までの道のりを全く迷うことなく行けたんだ(ありがとー笑)


うごー!!
18時2分前くらいに到着したぞー!!(ゼイゼイ笑)


そうか。
いつも、どんなライブでも、だいたい10~15分くらい押して始まるのは
今日のジブン達(もう走ってたハターさんみんな仲間 笑)のように
遅刻しそうな人達の為に、わざわざ待っていてくれてるからだったんだね!!!

ありがたやありがたや。
先に来ていたみなさま。スタッフの方々。そして秦クン。
お待たせして申し訳ありませんでしたぁぁぁ!!

おかげで、座席に座る前に、写メる余裕すらありましたわよ(オイッ!!笑)



DSC_0236.jpg

■会場入り口。







DSC_0240.jpg

■ホワイトボードに書かれた「秦基博」という文字にキュン。









DSC_0241.jpg

■今日のお花。







スーツ姿のスタッフさんたちに「間もなくライブが始まりますよー」と声を掛けられ
あわてて会場に入ったけれど、座席がすぐには分からずウロウロ(笑)


あ。カメラが入っている。
立ち見の方達もちらほら。
ファイナルの雰囲気に満ち満ちている会場。


やっと、ジブンの座席を見つける。

ドキドキドキドキ。

心臓が高鳴り。手の震えが止まらない。


あ。
これはライブが始まる胸の高鳴りではなく
マラソンランナーよろしく、必死に走ったためであることは明白(本当にすみません 笑)

あちー。
あちーよー。

熱いのはココロじゃーなく、もちろんカラダだよー(汗が噴き出す笑)



そして。
15分押しくらいで(ありがとうございますっ!)

秦基博@GM2012ファイナルが始まりました。


スミマセン。
助走が思いのほか長すぎたわー。
(マラソンランナーすぎるってば!!笑)




※一応畳みます。




→ ReadMore
スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-05-28 (Mon)
先週末。
地元でのライブ。
1泊2日の茨城への旅。


もうね。
何から書いていいやら、整理がつかないまんま(笑)


だから。
高橋優クンの曲を掛けながら
セットリストなんかも思い出しながら(お助け下されぇー笑)
まずは、優クンのライブをキチンと振り返りたいなぁと思っているのだ。




DSC_0266.jpg



いつもながら、会場に到着したのが開演5分前(笑)

とりあえずは、ツアータオルを買いたいなぁと思ったけれど
この時間になってもグッズ売り場は長蛇の列。

グッズの横では、音楽処の石川さんやスタッフさんが
「CDはいかがですかー!?」と大きな声でセールスをしていた。
インディーズの頃から暖かく見守って応援していたオンドコさんだから
メジャーデビューを果たし、グングン成長していく優クンの活躍が本当に嬉しいんだろうなぁ。

と、そんな光景を横目に
ジブンはヒールの高いサンダルに履き替え(だからチビなんだもん 笑)
座席へと大急ぎで向かったのでありまする。



DSC_0228.jpg





※ネタバレ含むので畳みまーす。


→ ReadMore
| ♪高橋優 | COM(0) |
2012-05-26 (Sat)
■高橋優 全国ツアー ~この声って誰?高橋優じゃなぁい?2012

・日時:2012年5月25日(金)OPEN 18:30 START 19:00
・会場:札幌市教育文化会館 大ホール




行ってきたよー!

高橋優クンの初のホールツアー!

今まで行った優クンのライブは、小さめのライブハウスばかりだったから
ホールであの一体感を出せるのかなぁって正直不安だったし

座席もね。イマイチ良くなくてね。
(HPでの最初の先行予約で取ったのにーっ!)

ライブハウスの超至近距離で、かじり付くように見たことなんかを思い出したらね。
遠すぎるよぉー、見えないよぉー(浅田さぁーん!涙)なぁんて
気持ちがイマイチ盛り上がらないままだったんだけれど

当日になったら、ワクワクがハンパなくなってきて
始まってみたら、ちゃんとはっきり優クンの笑顔が(浅田さんの笑顔も 笑)見えたからホッとしたよ。

優クン、頑張ってたなぁ!!
もう気持ちがばんばん伝わってきた!!

最後の方は、声があやうくなりかけたくらいに
シャウトしてくれてたよ!!

6年間住んだ札幌。
個人的な想いが強すぎて・・って言ってくれてたよ!!

札幌で路上から音楽を始めて
初めてのホールツアーを、また一から札幌で始めることが出来て
すごく嬉しいって、言ってくれてたよ!!



今日はこれから茨城に行かなきゃいけないから
詳しくは書く時間がないけれど(オイ笑)

少しでも書いておかなきゃ
記憶のキャパが破裂しそうだから(GM@茨城が入る余地なくなるっ!笑)
少し書き残しておこう。



※ネタバレ含むので畳みます。


→ ReadMore
| ♪高橋優 | COM(0) |
2012-05-25 (Fri)
はー。

明日というか、今日だね、もう(笑)

秦クンのGM@茨城2DAYSがやってきたんだね。


なんか。
まだ全然実感沸かないというか。

茨城までのアクセス方法もよく調べてないし(笑)

ちゃんと行けるのかなーとか、秦クンの歌をちゃんと聴けるのかなーとか
秦クンのライブへ行くということ自体が久々過ぎて
もう何がなんだかよく分からん感覚に陥っているという(笑)


あ。
でも実は。
ネタバレ見ないつもりだったのに
ずーっと前から見てるブログは2つ読んでしまった!!
立ち寄るだけで、読むつもりはなかったのにーっ!!(笑)

でもその方達のブログは
いつも気持ちいいくらいにバシバシ書いてくれてるから。
(そう、あなたとあなたです!・・って、誰だよ笑)

賞賛オンリーはね、毒にも薬にもならんからね。
(てか、今のジブンには重すぎて読めない・・笑)

なぁんて。
ジブンが毒吐いてどーする!(笑)


多分。
人の感情にすぐ惑わされちゃうんだろうな。ジブンって(意外?笑)

誰かが何気なく言ったひとことが
いつの間にかココロの底に潜んでしまって

ライブ中に秦クンが歌っているその時に
ぶわっと蘇ったりしちゃうんだよね。

あ。
誰かが言ってたことって、このことだーって。

でもさ。
それを感じたのは、その誰かであって
ジブンではないんだよね。


ライブ中でも、
周りの人の感情の発露するさまがどうしても気になっちゃって
集中できなくなったり、感情を引っ張られそうになったりする時がある。

そうなるとさ。
他人のフィルターを通して秦クンを見てるように思えちゃって
それがどんどん苦痛になってくるんだ。

他のミュージシャンなら、ほとんど左右されないし
全然気にならないし、むしろ嬉しいって思えることだったりするのに

秦クンに関してはダメなんだ。
そういうささいなことも受け止められないんだ。

秦クンから受ける感覚は、誰とも似てなくていいし
むしろ、ジブンだけのものであっていて欲しいし
ましてや、共有はしたくないんだ。



もうね。
迷いのない一直線を引きたい。

ライブの2時間半は、他の線は一切いらない。

特に弾き語りはね。
その線上にジブンの感情だけを乗せて見つめてたい。


そう思うようになって
どのくらい・・経ったのでせう?(笑)





あ。
なんだか書き始めたら、すげー長くなってきた(爆)



さらっと書いて、寝るつもりだったのに(笑)



だめだなぁ。

やっぱり、秦クンのことになると、アホになるんだなぁ(笑)




きっと。
こんな偏ってる感情を理解してくれる人は、そうそういないような気がするから
やっぱりライブはひとりでいい、ひとりがいい、と思ってるアホなジブンです(笑)



なので。
茨城もビューンとひとりで飛ぶのがすがすがしくも楽しく思え
車窓からの景色をぼーと見る時間も嬉しく思え・・


あ。
やっと。
行く気持ちになれてきた!!(笑)



よかったぁー!!(笑)




でも。

その前に。

今日は、高橋優クンの、ライブなんだぞ!!!(わはー笑)



というわけで。
今は、優クンのアルバムを聴きながら、これを書いているのでした(笑)




外はもう明るいぞ!!


ほな。

もう寝る!!!



| ♪秦 基博 | COM(3) |
2012-05-22 (Tue)
フラゲした!

PCに落としながら
まっ先に歌詞カードを開いた!

うろ覚えの歌詞をなぞりながら
やっとホントの意味をぎゅっと手にしたんだよ!

曲が始まる前から胸の奥がふるふるとしたんだよ!



うん!!
「Lalalai」の可愛さったら!!

弾んで跳ねる嬉しい気持ちが
ラララ~イになって飛んでってんだなぁ!!

さりげなく韻を踏んで、軽やかにステップも踏んで。

ジブンまでラララ~イ!って笑顔になっちゃうよ!!




今までのさかいゆうをひょいと超えてっちゃったね。

胸の内がオープンになるってことは
こんな風に変わっていけるってことなんだね。

もうね。
スクリーン越しのもどかしさがないもんね。
だからこそこんなに細胞レベルで音符が染み入っていくんだね。



そうそう。
さかいゆう trio ver. の LOVE&LIVE LETTER。

ゆうクンの歌声だけだと
手触りがやわらかめで、優しいパステルカラーの歌になってる。

だから。
杏子さんの歌声が、タクヤくん・秦クンの歌声が
どれほど濃淡に彩られゴツゴツザラザラしているのか
別の歌に感じられるほど、その違いがよく見える。ね。

ていうか。
正直言って。
あのサビの部分は、杏子さんのあの歌声じゃないと物足りないかも?(笑)

ラ・ララ♪の部分も、エロさが欲しくなったりして?(笑)


あのMV Part2 の中で
ゆうクンが杏子さんの歌声を聴いて、あまりの嬉しさに
うはうはと笑ってしまう気持ちが、すっごく分かるよ!!




そして。
「君と僕の挽歌」

今、ジブン、弾き語りで練習中!!(笑)

これねー。
コードがあまり凝ってないから耳コピで拾いやすいんだ。

それは、あえてゆうクンがシンプルにメロディーを作ったからなんだろうなぁ。
シンプルに正直にまっすぐに、気持ちを綴って歌にしたんだからだなぁ。って。

弾きながら、サビの部分に鳥肌立ちながら、ゆうクンの想いまでも感じながら
ジブンで弾き語ることのスペシャルな気持ち良さ!!

普通の男性ならキーが高すぎて歌えないよね?
だから女性の方がちょうどいいくらいのキーだと思う。
ファルセットで歌う部分も地声で張り上げちゃうと、胸がすーっとするよ。


あー。
ジブンももっともっと鍵盤練習して上手くなりたいっ!

アコギの音色も大好きだけれど
やっぱりジブンは鍵盤で育った人間だからさ。
ピアノの音の響きで今までのジブンの音までもがぐわんと蘇る感覚になってしまうんだよ。



いいなぁ!!

さかいゆう!!最高だなぁ!!





てか。

しあさっては、別のゆうクン!

高橋優クンのライブなんだけどなぁ。

どうしよう。
ぜんぜんあっちのゆうクンの歌が聴けてない(笑)

こっちのゆうクンにココロが奪われてる(笑)



てか。
今度の土曜は、秦基博だぜぇー!!(笑)


こまったこまったこまったこまーーったぁー(笑)




でも多分。

ライブに行ったら、ぐいっと引き寄せられるはずだし
その久しぶりの音にまた、カラダごとぐらりとさせられるはずだから



いまはしばし
さかいゆうに浸っていてもいいよ・・・・ね?(笑)


あ。
今は。
「サンバ☆エロティカ」が流れてるるー。


・・・・・ゆうクンがエロ。


・・・・・ちょっと・・赤面(爆)




なんてふり幅が広いんだろう?
すごいとしか言いようがないよなぁ。






うん。

さかいゆう「How's it going?」


これ、絶対、買わないと、聴かないと、ソンするよ。











| ♪さかいゆう | COM(0) |
2012-05-18 (Fri)
あのね。
正直言ってね。
CDを買うかどうかさえ迷っていたのに(え"っ笑)

こんな特典を見せられたら
やっぱりいつも通りに初回限定盤を買わなければと焦るよ。

HMV? タワレコ?
どっちにしようか迷うよ(でも両方は買わないっ!笑)



■秦 基博 meets 坂道のアポロン Sg「アルタイル」購入特典のお知らせ

◎2012年5月30日(水)発売のNew Single「アルタイル」
(初回生産限定盤[AUCL-83~84]/通常盤[AUCL-85]のいずれか)を
対象店舗にてお買い求めいただいた方へ先着で特典をプレゼント致します!
各店舗とも特典は無くなり次第終了となりますので、お早めのご予約・ご購入をおすすめ致します。
※お近くに対象店舗が無い場合は、オンライン・ショップをご利用下さい。



altair_support_tokuten200.jpg    altair_tower_tokuten200.jpg
■応援SHOP特典                  ■TOWER RECORDS特典


なんか。
一時期の痩せ方と比べたら、ちょっと肉付きよくなった?
(淡い色の服のせいでそう見えるのかも?笑)


うん。
これくらいでいい。
いや、もうすこしムチがいい。

その広い肩幅と発達した上腕二頭筋が大好きなんだからね。安心感を覚えるんだからね。
だからもうこれ以上、痩せたらダメだからね。許さんからね!(アンタって何様・・笑)



で。
この小さい画像を見比べて(大きいのが見当たらなかった 笑)

どっちにしようか・・いま、決めたよ。



やっぱり・・・・こっちですっ!!!(どっちだよー笑)






てかさ。
楽しみなんだけどさ。
5~6月の出費を考えるとアタマが痛くなってくるね(涙)


だって。

まず来週は
ゆうクンのアルバムを買って・・

翌週には
秦クンのアポロン買って・・

その次の週は
長澤クンのミニアルバム発売で・・

その次の次の週は
福耳のLOVE&LIVE LETTER発売で・・

その次の次の次の週は
スキマのラストシーンと
秦クンの5周年ライブブルーレイ発売で・・・


・・・・・・・・。


破産。するよ(うぎゃー笑)



どれかひとつくらい、買わなくてもいいかな?なんて思ったりするけど
ひとつやめても結局はあまり変わらないし
だったらやっぱり全部買い?なんて太っ腹になってみたり(半分やけくそ笑)



・・・・・・・・。



ホント。
まいったなぁ。

でもどれも欲しいもんなぁ。
それも初回限定が欲しいもんなぁ。
そして特典のアナザージャケットは絶対欲しいもんなぁ。



・・・・・・・・。





はぁ。
ホント。
まいっちゃうよなぁ。




こんな時こそ。

ドリームジャンボ。当らないかなぁ。



でも。
当るためにはまず、宝くじを買わなきゃならないもんなぁ。




CD&ブルーレイ代 + 宝くじ代。




・・・・・・・・。





もうね。
細胞が黙っちゃいない様相になってるよ! そうさ、金欠細胞が!!(笑)






・・・・・・・・。




お金あればいいけど、お金なくてもいいや。
秦クンとオーガスタのみんなと楽しめたなら。びんぼーたれ。




・・・・・・・・・。



つーことで、よろしく頼むよ!!(錯乱中 笑)




| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-05-17 (Thu)
今夜はすんなりと寝ようと思ってたのに
きゃー!っていうこの情報を知ってしまって
PCを開いてウロウロしちゃってるという(笑)

仕事とか他のこともこのくらい熱心なら
今頃ジブンは何かを成し得ていたのかも・・・(笑)

ホント。
ファンって。アホだよー!(笑)




■アメトーークにシンタくんが出演!! ⇒ テレビ朝日 アメトーーク

☆5月31日(木)はサッカー日本代表応援芸人
土田晃之&スキマスイッチ常田&ペナルティ&千鳥ノブ&
ライセンス井本&パンサー尾形


アメトーク



シンタくん。

いつの間に"芸人"になったんだろう?(爆)



なんか。
ミュージシャンって書いてもらえないのには納得がいかないけど

とりあえずは。
シンタくんがアメトーークに出るっ!!!!

ビックリしながらも
忘れないようにと予約録画をON!!


やっぱ。
この顔ぶれの中では
シンタくんのユニフォーム姿が一番似合ってるよね。

こういう姿を見るとね。
一昨年の12月のフットサルの試合で
札幌に来てくれてプレイしたことを思い出しちゃうね。⇒ 2010.12.8 フットサル初観戦。


でもさ。
アメトーークでのシンタくん。

ちゃんと発言する時間を確保出来るのだろうか?
ちゃんと話しをフッてもらえるのだろうか?

みやさこぉー!
ほとちゃーん!
頼むよぉー!!!(笑)





あと。
いつの間にかジャケ写もUPされたんだね!
もう、秦クンやら福耳やらゆうクンやら
あれもこれも色々キャッチしなきゃいけなくて
頭の中が混乱したままなんですけどー(笑)


~喜怒哀楽で染まる 僕の生き方すべてが 君の人生の道しるべになれるように・・・
2012年第一弾シングルは、大切な人へ伝えたい、自分の“生き様”をテーマに綴った
珠玉のバラードソング!映画『臨場 劇場版』イメージソングに決定。~

■2012.6.27 wed. In Stores New Single「ラストシーン」

sukima_lastscene_shokai_sleeve200.jpg  sukima_lastscene_tsujo_jk200.jpg
■初回生産限定盤               ■通常盤


1.初回生産限定盤[Blu-spec CD(tm)+DVD]:AUCL-20020〜21 \1,890税込
2.通常盤[CD]:AUCL-89 \1,223税込

<収録曲>( CD4track収録|初回生産限定盤・通常盤共通)
M1.ラストシーン 〜『臨場 劇場版』イメージソング〜
M2.またね。 (betsu-oke ver.)
M3.フォノグラフ(Instrumental)
M4.ラストシーン(backing track)
*M2は最新AL「musium」に収録の「またね。」を別オケver.で収録
all songs written, arranged&produced by SUKIMASWITCH

【初回生産限定盤】
1.高品質CD:Blu-spec CD(tm) &スリーブケース仕様
2.「ラストシーン」Video Clip&「Self Cover Best Recording Diary 」を収録した
特典DVD付
※超大作のVideo Clipに加え、セルフカバー・ベストのとある一日のレコーディング
に密着した貴重なメイキング映像を収録!

●『臨場 劇場版』/配給:東映
6月30日(土)全国ロードショー http://www.rinjo-movie.jp/




淡く滲む優しい色合いの2つ魂のようなイラスト。
これにはきっと深い意味合いが込められているのだろうけれど。

やっぱり2人が映っている通常盤のジャケがいいなーと思ってしまうよね。


ていうか。
オーガスタお得意の
“両方とも買わせる戦法”なんでしょ?(笑)


もうね。
秦クンでもおなじみの戦法だけれど(笑)
これに引っかかってしまったら、お金がいくらあっても足りないからね!


それにさ。
5~6月にCD発売が集中しすぎでしょ!

秦クンの5周年ライブのあれ。
ブルーレイの高い方のやつも(ブルーレイ持ってないくせに!笑)
買わなきゃなんないしね!



どんだけオーガスタに貢ぐんだろうなぁ。。



ほんと。
もうそろそろ勘弁して下さい。おねげーしますだ(笑)





とりあえずは。
アメトーーク!!!!!


楽しみだよ!!!!


| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
2012-05-16 (Wed)
わーい。
福耳新曲の"秦クンいっぱーいVer."がUPされたよ!(杏子さんもいっぱい・・笑)


ていうか。
秦クンの歌入れの姿を楽しみに観始めたのに
ずっと観ているうちに一番感じたことが

「ゆうクン、めっちゃかわいいなぁー。」ってことだった(笑)



秦クン。
この日はJ-50も持ってきたんだね。
(ゆうクンの為に持ってきたのかなぁ・・なぁんて笑)

2人で一緒にギターを弾いてるときのゆうクンの
一生懸命コードを追っている姿。なんてカワイイんだろう!

鍵盤弾きだから、ギターに憧れてんだろうなぁ。
(秦クンは逆に鍵盤弾けるようになりたいって言ってたもんね)

もうね。
秦クンの方がお兄ちゃんのように思えてね。

色々教えてもらいながら弾いてる図が
ほのぼの感いっぱいで、あったかーい気持ちになったんだよね。



あと。
杏子さんの歌入れの時。

ゆうクン。
たまらなく嬉しそうに、うっはうはと笑ってたよね。

「好きなアーティストの方に自分の曲を歌ってもらえるのが嬉しいなぁって。
 しみじみ思いますね・・・。
 スピーカーから日常聴いてる人の声が
 僕の曲のメロディーになって飛んでくるのは不思議な感覚だった」


ゆうクンが「この人ならこう歌ってくれるだろう」と想像していたものを
はるかに超えた杏子さんの歌声だったんだろうなぁ。

もうね。
その時の鳥肌ものの感覚が伝わってくるもん。
ゆうクンのMAXな心拍数が見えてきそうだもん。

その鳥肌が、ドキドキが、照れくさくって。くすぐったくて。
思わず笑いでごまかしちゃったりなんかしてる。
(ホント。杏子さんの歌声はめちゃくちゃパワフルでカッコイイ!!)

すげーよすげーよ!
俺の曲がこんなにすげー曲になっちゃってるよ!もう最高だよ!って。
ココロの中で叫んじゃってたと思う!!

もしスタジオでゆうクンひとりだったら
嬉しすぎて子犬のようにくるくる走り周ってたんじゃないかなーと思うよ(笑)

そのくらい、コーフンしてるゆうクン。

きっと。
杏子さんのエロ加減絶妙の「ら・らら」も採用しちゃうつもり・・だよね?




うん。
よかったねぇ。
空の上の友達も一緒に喜んでるよねぇ。

なぁんて。
母目線で「いい子やなぁ。」と思ってしまうという(笑)

今回の福耳新曲をゆうクンが手がけてくれて
本当に良かったなぁと、楽しみだなぁと、思っているのでした。




■ 福耳「LOVE & LIVE LETTER」メイキング映像[Part2]







あ。

肝心の秦クン。

微妙に、ぽっちゃり感が戻ってきて・・る?(爆)

3分44秒あたりで映ってる(こまかっ!笑)
斜め後ろからの見た秦クンの首回りや背中の広さ(だからこまかっ!笑)

妙に安心感たっぷりの肉付き具合に見えてしまうのは
"ムチよ、カムバーック!"と欲しているココロのせいだけではないと思われ(しつこっ!笑)

そんな秦クンを何度も見たくて
メイキング映像を何度も戻して観てるうちに
画面が固まってしまって、にっちもさっちもいかなくなってるという(わはは笑)




おまけにね。
ヘッドホンの撒いてあるコードをクルクルほどきながら

♪うーたーわーれることを待つ―メロディー

口ずさんでいる秦クン。

きっと。
家ではこんな風にいつも色んな歌を口ずさんでんだろーなーって。

毎日、傍で、マイクを通さないこんな何気ない歌声を聴けたら
どんなに幸せだろーなーって。


・・・・・・・・。


はい。
こういうしょ-もない気持ちは、初武道館後の例のあの発表時から
封印したつもりなんですけど(爆)

歌だけでいいだろ!歌だけで!って。
そうジブンにいつも言い聞かせてるんですけど(わはは笑)

でも。
こういう限りなく"素"に近い秦クンを見てしまうと
やっぱりそんなことを考えてしまうんだよなぁ。

ファンって。

ほんと。アホだね(笑)



そうだ。
歌入れの時には、もう鼻にテープをしないんだろうか?
もうテープなんかしなくても、声を出す技術を習得したってことなんだろうか?



fukumimi2008.jpg

(なつかしいーっ!このアンパンマンのような表情を作る秦クン・・)


ね。
4年前の福耳の歌入れの時もちゃーんと鼻テープしていて
「なんでテープなんかしてんの?」って
ちいちゃんに笑われてたんだよなぁ(笑)




うん。
あれから。
4年なんて。
早いなぁ。あっという間だなぁ。

あの大阪の夏のオーキャンを思い出しながら
今年は行けるかなぁ、どうだろうなぁと、思いながら

長澤クンの成長も、ゆうクンの君と挽歌も
オーガスタ勢揃いでのLOVE & LIVE LETTERの生歌も
見たいよなぁ聴きたいよなぁ、でも行けなくても仕方ないよなぁと
やけにスッキリとしてる気分に安心しながら

福耳の新曲発売を心待ちにしているのでした。


わーい。

もう一回。観よーっと!!






| ♪オーガスタ | COM(2) |
2012-05-14 (Mon)
やっと。
今朝から聴き始めたよ。秦基博を(笑)

何にしよーかなーって、しばし悩んで手にしたのは・・・コントラスト。


うん。
初期衝動を感じたくなったんだ。


秦クンの創り出す色彩に
ジブンの衝動をシンクロさせる。

5年前の夏に出会った鱗雲と
その時の君とはもう出会えないけれど

トレモロ降る夜にココロが揺れて
Lilyの花びらに青い蝶が舞って

つたえたいコトバをずっと握りしめて
僕らをつなぐものを感じていたんだ。

赤が沈む夕暮れをトブタメニ
鋼とガラスの歌声を聴きながら観た風景。



・・・・・・・・・(ムリヤリすぎだろ 笑)



転んでもいいや 転ぶくらいでいいやと自転車走らせて
ヤ〇ダ電機で(ポイント付くし 笑)買ったコントラスト!!

ちゃーんと特典のでっかいポスターだってもらえたさ!(レジ横にいっぱいあったよ!笑)

その日から初めての秦@ワンマンツアーライブまで
毎日のように聴き、初回限定特典のDVDを観て
秦ワールドにぐいぐいと引き込まれていったんだ。

てか。
完全に「恋」したんだ・・ね(笑)


「僕つな」「鱗」「青い蝶」「コントラスト」の特典ライブ映像は
文字通り"擦り切れる"ほどに日替わりで毎晩観ていたんだ。

もうなにもかも、いちいちが、ジブンの感情をぐらぐらさせて
秦基博という人が実在しているのか、この目で耳で確かめたくって(笑)

ライブハウスですぐ間近にいる秦クンを感じた時の衝撃を思い返すと
やっぱり今までの秦ライブの中ではあまりにも特別で、No.1だなぁと思えてしまうんだ。

「コントラスト」を聴くと、いとも簡単に
あの時の感情に巻き戻されてしまう。

ちょっとね。
持て余すくらいの感傷に襲われるんだよね(笑)

そっか。
あの頃みたいに、今の秦クンは痩せてしまったから
あの頃のような、切ない恋心を抱いて茨城に行けば丁度いいのか!(笑)


あ。
今は「風景」が流れてるー。
あの川沿いの風景が頭の中で流れるよー。
やっぱり好きだー。いい歌だー。




そういえば。
GM@平泉のベース・・鹿島さんなんだね!

鹿島さんのベースを聴きたい聴きたいっ!
そんな衝動に襲われた今日の午後(笑)

やっぱり巻き戻されるココロ。



で。
今は。

♪ぼーくらーてーをーつーないだぁー



シンクロも好きだ。
どうしようもないくらい好きだ。大好きだ。


なんか。
やっぱり。

秦基博。好きだ。好きだ。好きなんだ。


なんでか知らんけど。
連呼したくなるくらいの気持ちが、ばーっと蘇ってきた(笑)




おそるべし!

コントラスト!!

この初期衝動を!! ありがとー!!!



contrast.jpg







| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-05-11 (Fri)
うほほー。
GM@滋賀も無事終了したみたいだね!

琵琶湖パワーおそるべし!かぁ。

なるほどなぁ。
会場の造りも素晴らしいもんね。
2階3階からの歓声や拍手が振り注ぐ
熱い一体感のステキなライブになったんだろうなぁ。

ふーん。
よかったねぇ。
みんな楽しかったんだろうねぇ。。。。

などと。
思ってみたりはするのだけど。

まだまだ。
気持ちがあまりぐっと入ってこないという今現在(笑)



モバイルオーガスタのスタッフブログで
本日の秦クンの姿を見たらなおのこと

・・・・・秦クン・・だよね?

などと。
こんなに痩せてしまったことが何だか哀しくて
(ムチよ、カムバーック!笑)

知ってるのに知らない人を見るような
そんなつるんとした感触が手に残るだけの今現在(笑)



秦クンからずいぶん遠ざかってしまってる。

気の抜けたコーラを口に含んだ時の
甘ったるい風味を持て余して
ボトルを握ったまま、途方に暮れている。
そんな気分のジブンです(笑)


あー。
早く、あの燃えたぎり萌えたぎる、甘くて熱い気持ちが(シュワシュワ弾けるココロ!)
戻ってくればいいなー戻ってこいよーという哀願の今現在(笑)


うん。
やっと到着した茨城チケットの座席番号も
ジブンの気持ちを熱くはしてくれなかった・・(FCの意味をまたもや見失いそう 笑)



あと2週間。
ジブンは無事に茨城へと行けるのでせうか?

秦ワールドへと導かれていかれるのでせうか?



♪こーんなきーもちのまーまじゃー

どーこへもいーけーやーしなーいー・・・・。



あぁ。
ユーミンの歌がなぜだか浮かんできたよ(笑)



♪つーめたーいーあーめーにーうたれてぇー

まーちをーさーまよーったーのぉー。




彷徨い続けた末に
秦クンの歌にたどり着けますように(笑)



そう。
そうなんだよ。
この歌のせいなんだよ。
(おまけに「LOVE & LIVE LETTER」のイントロが脳内ヘビロテ中だし!)

まだ秦クンの歌を聴いてない、聴けてない、ジブン。



さかいゆうパワーおそるべし!(笑)

さかいゆう / 君と僕の挽歌 MusicVideo





部屋に響きわたるサビのアカペラ。
少しくぐもってるその声が、めちゃくちゃあたたかくて。

なんだろね。
この歌の持つチカラが胸の奥にぐりぐり入り込んでくる。




この感情を超えるものを
秦クンのライブで感じ取りたい。

知りえた感動のさらに上をいく
未知なる感動をどっひゃーんと受け取りたい。



おーい!

秦クーン!

How's it going?



こちらはツライこともあるけれど

もうすぐ、会いに行くからねー!!




| ♪秦 基博 | COM(1) |
2012-05-09 (Wed)
あー。
日々忙しさに追われて。
ブログ更新も滞りがち。がちがち(笑)

色々。
思ったり考えたりしてんだけどね。
それをコトバにまとめる気力・体力がない(眠すぎるー笑)

やっぱりさ。
1日30時間。欲しいよ。

30時間あったら
増えた6時間で、あれやこれやできる。
余った時間を睡眠に回すことも出来る。

なぁんて。
日本人なら、増えた時間で仕事しちゃうかもなぁ。
それなら逆に辛い時間がふえちゃうってことになるのかぁ。

もっとゆったり生きていければいいのに。ね(笑)


そんな中。
今日はつぶやきでほっこりしちゃったよ。

5月9日。
スキマ・大橋卓弥クンの誕生日!
健マネがツイッターで実況中継してくれたおかげで
ラガーマネ手作りケーキでのサプライズを
みんなと一緒に参加してる感覚になれて嬉しかったなぁ!

アイコンも2人の手書きの大作?に変わって
デラの日記に製作過程を載せてくれちゃってるし。

ほんと。
こういうアットホームな雰囲気で
何でもみんなと共有しようとしてくれる
スキマチームの優しさがすごく嬉しいね。

そして。
タクヤくん。
34歳の誕生日。おめでとう!!
これからもその唯一無二の歌声を響かせて
無敵の笑顔でみんなを魅了しつづけてね!!
ジブンもずーっとデラクサーとして応援していきます!!



そうそう。
これ。今日からUPしたんだよね!!


■福耳「LOVE & LIVE LETTER」メイキング映像[Part1]




ここのところ。
さかいゆうクンのあの歌をずーっと聴いていて
ゆうクンの歌の世界にずーっと浸っているから

ゆうクンワールド全開のこの福耳の曲も
イントロのピアノの旋律ですでにふるふるしてきちゃうのです。
ゆうクンとタクヤくんの歌声にわーっと鳥肌が立ってしまうのです。

ていうか。
これ、まだちらっとしか聴けてない範囲での印象だけど。

豪華オーガスタアーティストによる「We Are The World」!!
そういう、宇宙を仰ぐような、壮大な曲に聴こえてくるんだよ!!

ひとりひとりの声が、音が、それぞれの個性を主張しながら共和して世界を作り上げている。


やっぱり。
ゆうクンはすごいっ!!

そして。
オーガスタのアーティストたち。みんな。
誰もがすごい!!すごすぎるっ!!!

でもって。
今すぐに鍵盤を弾きたくなってきた!

あのイントロを弾きたいっ!

弾いてくるっ!(笑)





うん。
そして。
早くPart2も見たい!!

だって。
秦クンももっと見たいもの!(笑)
冒頭にギター抱えて歌ってる姿がチラリ映っただけしかまだ見れてないもの。

もっともっと。
シャウトしてギターをかき鳴らす姿とか。
和気藹々としてる時のやわらかな笑顔とか。
(4年前の福耳メイキングでは、ゆうこりんといい顔してたんだよなぁ・・)


色んな秦クンの姿と歌声を見たい・聴きたいのだ。


楽しみだなぁ。




あ。
そういえば。
GM@茨城のチケット発送メールが着てた!

いよいよ。
秦クンの歌を聴き込む時期がやってきたってことだなぁ。
(最近は全然聴いてないから 笑)


ネタバレ見たくないせいもあるし。
スキマやゆうクンのことの方に気持ちがいってたせいもあって。
全く秦ブログやツイを見てない日々だったりする(笑)


ていうか。
もう秦クンに関しては
わいのわいのと、みんなで大騒ぎする時期は過ぎちゃってるから。

じっくりと一直線に秦クンと向き合えれば
もうそれだけで満足なんだ。

だからライブなんかも
これからも相変わらずひとり(笑)

色んな雑音に惑わされないよう
ジブンのペースでひとりゆっくり世界に浸るんだ。



なんて。
とりとめのないことを
まとまりがつかないままに
つらつらと書き綴ってしまった(笑)


ま。
なんでもいいか。
だって。日記なんだもん。
ムリする必要は全くないよね(笑)


明日も気力があれば何か書こう。


「坂道のアポロン」の2週目とか
「ガンフーフー」とか
あれこれ観て色々思い考えたこととか。

地味に書き綴りたいことはあるから。




では。

また明日。



てか。

もうすでに・・・すごく・・・・・眠い(爆)





| ♪オーガスタ | COM(0) |
2012-05-05 (Sat)
北は時おり激しく雨が降り続く連休後半だったけれど。

島根は、晴れたんだね。
さすが、晴れ男・秦基博!
GM初日に合わせて“青空”まで持って来ちゃったんだね。

どんなライブだったのかなぁ?なんて思ったりもするけれど。
モバイルオーガスタのブログなんぞをちらちら見ながら。
茨城へと想いはつなげておくのです。
うん。慌てないのです(笑)

DVD?ブルーレイ?
よく分かんないけど(笑)
GM@武道館&5周年@大阪城ホのライブ発売にも
別段ワラワラ~なんて風には慌てないのです(まだポカーンとしてるから笑)


というかね。
今日は、秦クンのことも気になるけれど。
もっと語りたいことがあったりするのだ。


多分連休明けだろーなーって思っていて。
それでも何気に本屋さんの音楽コーナーを覗いてみたら。

あったのだよ。
「音楽と人 6月号」が(笑)

珍しく早く店頭に並んでるじゃん!と嬉しくなって
とりあえずは手に取り、パラパラとページをめくってみて。
(もうこの時点で、立ち読みで済ませようという気持ちが99%!笑)

まずは真っ先にスキマのmusiumツアーのレポを読み。
あとは秦クンのチャレ学だなぁと思い、ページを探してみたら。

まさよしさん~さかいゆうクン~秦クン という
いつものオーガスタ流れでページが続いていて。

秦クンのページを開いたそのついでに
ゆうクンの記事をチラリめくって読み始めたら。

「これ。買う。買わなきゃ!」って。
じっくりこのインタビュー記事と向き合いたいという強烈な思いに襲われて(笑)
すぐに本を手にしてレジへと歩いて行っちゃった。
(残り1%の「買う」気持ちが勝った!笑)

こんな衝動的に雑誌を買うなんて、すごく久しぶりで
そのくらい、ゆうクンのインタビューで語られている全てに胸を打たれたんだ。


さかいゆう「君と僕の挽歌」

ここ最近ずーっと。
頭の中で、いや胸の中で、この歌が鳴り響いている。
ココロの奥にやわらかく語りかけてくる。

スマホにまでDLして
もう何度も何度もリピートしてる(禁断のイヤホンを使っちゃってまで!)

♪How's it going?
 調子どうですか?
 こちらはツライこともありますが

このへんでいつも、ぐわーっと想いがこみ上げてきて
鼻の奥がツーンとなる。目がうるうるしてくる。


ゆうクンの歌を初めて生で聴いたのは
彼がデビューする直前。09年秋の大阪でのイベントライブ。
それからは北で行われたイベントライブも、HMVのインストアライブも、ワンマンも。
多分ほとんど聴きに行っていると思うんだけれど。

ゆうクンの声もメロディーもいいなぁって。
すごいなぁって、ずっと思ってはいたけれど。

彼のパーソナルがどうも見えてこなくて。
実は彼がどういう人で、どんな音楽を目指して
どんな思いで歌を作り歌っているのか、イマイチ良く分からなくて。
(デビュー前のブラックな彼をようつべで見ていたから
 今の可愛らしさ満載の格好とポップな音楽が、本当に彼が望んでいるものなのか?
 もしかしたら売れ筋を狙って?なんて、正直計りかねていた部分もあったんだよね・・)


今回のこのインタビューを読んでね。
そんなわだかまりがすーっと氷解した。

彼が音楽を始めた原点。そのことへの想い。
ブラックだとか、ポップだとか。
そんな見た目や音楽スタイルを軽く越えて
音楽の芯の部分が確固としていること。

それを教えてもらえた気がした。
オープンな「さかいゆう」にやっと触れられたと思えたんだ。


インタビュアーの石井さんの引き出し方もすごく良かった。

なんかさ。
震災後からのミュージシャンへのインタビュアーって
「震災を受けて・・こういう歌が出来たんですよね?」という
あえて大きな意味をその新曲に持たせようとするかのような問いを必ずしてきていたし
(もちろん、そういう部分はどのミュージシャンも持っているだろうけれど)

この「~挽歌」の歌の背景が
ミュージシャン志望の友達を亡くして、そこから始まったものだと知れば
「友の遺志を引き継いで悲しみを胸に歌い続けるミュージシャン」みたいな
お涙頂戴的なストーリーと冠をかぶせられてしまうのが常だけれど
(その方が分かりやすいというか、売り出す"目玉"にさえなってしまえるものね)

そういう視点では見ないよと最初に言ってくれてたもんね。
でもキチンとそこにも踏み込んでいて。
ゆうクンのホントの想いまでもを引き出してくれてたんだ。

ゆうクンが素顔を見せてくれてる。
そのことがすごく嬉しかった。

「悲しみ」と「淋しさ」。
その違いは、ああそう!そうだよね!って。
ジブンの中の感情としっかりリンクしていたから
言葉のひとつひとつを拾いながら、ココロが震えて泣きそうになった。


ていうか。
これ以上このインタビューを詳しくは書きたくない。

もうね。
読んでほしい。
さかいゆうの「君と僕の挽歌」を聴いて
この歌いいな!って思った人全員に、このインタビューを読んでほしい。

震災に限らず、大事な人を失くした悲しさを抱えてる人には、特に読んでほしい。

絶対、なにかが見えてくると思う。
淋しさを持ち続けていくことの意味を
この歌で共有出来る気持ちになれると思う。


ジブンにとっても。
すごく大事な歌になったよ。

この歌がお守りになると思えるよ。



ゆうクン。

ありがとう。



さかいゆう / 君と僕の挽歌~老犬と海編~







ますます。
6月のツアーライブが楽しみになった!
(札幌はファイナルだし!)

チケットも引き取ってきた(番号も良かった・・かな笑)
「君と僕の挽歌」を生で聴けることの嬉しさ。
今からすごくすごーく待ち遠しいよ。



そうそう。
長澤クンのワンマンも。
シカオさんのヒトリも。チケットが無事取れた!
5月は秦クン。
6月はゆうクン。シカオさん。長澤クン。
そして。7月にはスキマ!

うれしーな!!!


うん。
これでまた。頑張れる。



| ♪さかいゆう | COM(0) |
2012-05-03 (Thu)
もう。
2週間も前のことなんだけれど。
久しぶりに寺田さんのライブに行ったんだよ。

だからね。
ちゃんと。記しておこう。
なによりも。ジブンのために。ね(笑)




【名曲喫茶 声屋 最終回】

■2012年4月21日(土)
■OPEN 19:00 / START 19:30
■会場 cafe amina (カフェ アミナ)
■出演 寺田英夫&声屋従業員 他。



そう。
ジブンの大好きだった「声屋」が
とうとう最終回になってしまった(涙)

というのも。
専務秘書のアナウンサー 吉田理恵さんが
HTBを退社して故郷に戻ることになったそうで。
その送別会も兼ねて、声屋最終回を行うことになったみたいなのだ。


そっかぁ。
それぞれみんな。
新たな道を見つけたり。
環境が変わりつつあるんだなぁ。

某シンガーソングライターも歌ってたように(もちろんあのトラノコ 笑)
“♪永遠なんてない~”って、また思ってしまったんだ。

一緒に音楽を奏でる瞬間。
その音をお客さんと共有する瞬間。
すべての瞬間は、その時だけの奇跡の瞬間なんだよね。
だからこそ、一等愛おしい時間に思えるんだよね。

そんなことをしみじみ感じた声屋最終回でした。


この日は、一部が声屋従業員とのコーラスメドレー。

専務秘書の吉田さんと、会長の美由紀さんと寺田さんと。
3人でカバーを5曲歌ってくれたよ。

寺田さんはアコギ。
キーボードとカホンは、初めて見る女性の方々だった。
奏でる音も歌声も、女性ならではの優しさが満ちていて
その中で唯一男性の寺田さんのアコギの音は、より男っぽい力強さを放っていたなぁ。
めちゃくちゃカッコよかったです!

2部は、寺田さんひとり。
アコギの弾き語りで熱唱してくれました。
弦の響きにぐいぐい惹きこまれていったなぁ。

たくさんの想いが詰まっているその歌声には
やっぱり涙腺がゆるんでしまったよ。


声屋。
終わってしまって、すごく寂しいけれど。

また。ライブ。
やってくれるよね?

その時を楽しみに待っています。

ずっとずーっと、変わらずに応援していきます!!


~セットリスト~
<一部>
①花は桜 君は美し (いきものがかり)
②Fly me to the moon
③素直になれなくて (シカゴ)
④世界中の誰よりきっと (中山美穂/WANDS)
⑤Winding Road (絢香×コブクロ)

<二部>
①新曲(オリジナル)
② ? (曲名が分からないー笑)
③何をしてますか?(ミトカツユキ)
④素敵な君の歌 (辻正仁)
⑤約束 (オリジナル)




聴いたことがあるのに、
曲名が分からないのがくやしーっ!(笑)




| ♪寺田英夫 | COM(1) |
2012-05-02 (Wed)
もうすぐだね。今年のGM。
島根へ行く人は、もうワクワクしてんだろうなぁ。

HGの日記もUPしてたしね。
そういえば。昨日はつぶやいてたよなぁ。

秦クンも。
リハーサルを終えて。
イメトレしてんだね。
みんなとの素晴らしすぎる時間のために。


うん。
イメージは大切だ。
ジブンも、色んなイメージを広げてるもん。
家を出て、電車に乗って、飛行機に乗って、初めての土地へと向かう。
その日の空の色や空気や。見えるもの感じるもの全て。
想像の中ではすでにジブンは見たことのない場所へと旅を始めている。
もうそこからライブは始まってるんだよね。

そして。
家に無事に帰りつくまでがライブ・・だとしたら
ひとつのライブには、なんて長い時間が詰め込まれてるんだろうね!
まるでワインのように熟成された想いが、ライブの2時間半の間に解き放たれるんだ。

と。
すこしずつ、ジブンもGMへと気持ちがシフトしてるのだ。

まだ。チケットも着てないのに(笑)

そっか。
チケットを手にする前から、ライブって始まってんだ!(笑)

いや。
ライブ告知から・・・チケット申し込みから・・・。

そう考えると。
ライブってすごいね!!
お楽しみの時間が長すぎる!!(笑)



あ。
グッズが紹介されて
今回は何をか買おうか?悩む時間も、ライブのうちだよね!(笑)

reportにあれこれ紹介されていくグッズたち。

定番になったガーゼハンカチ2枚組に続いて
今年のタオルも紹介されてたね。

うーん。
ハンカチも・・・悩むけど。

タオル。
これこそ、どーしようかホントに悩む(笑)

一応ね。
毎回買ってんだよね。GMのタオルは。
昨年は行けなかったくせに、買っちゃってたし(笑)

でもさ。
GMタオル。ほとんど使ってないの。溜まってく一方。

それにね。
素材がふわふわのパイルってのが、ジブン的には苦手(笑)

あの"ふわふわ"感自体がダメ。
新しいタオル独特のホコリが立ちそうな感じが、喘息系にはツライ。
おまけに"ふわふわ"にさえ刺激を覚えて、かゆくなりそうになる繊細すぎる肌だし(意外とか弱い 笑)

だから。
ヘタッとしてるほうが好きだという(困ったヤツー笑)


そんなジブンがハタオルの中で一番愛用しているやつが
08年の夏フェス用に作られた、これぞ秦基博!というグリーンのタオル!(笑)

hataoru.jpg


一番下の大判のタオル。
これ。すごい使い勝手がいいんだよ。

タオルの厚みがちょうどいいヘタリ具合で(わはは笑)
大きい割には畳んでもかさ張らないから、遠征の時に持っていきやすいし。
頭から首や肩をガッチリ隠してくれるから、日よけにもなるし。

これ。
2枚買ったんだけど、ホントに大きさも厚みも丁度良くて
家でも時々使ったりしてる。

こんなやつ。
また作ってくれないかなぁ!!

色もこんなグリーンがいいぞぉ!!
(今年のグリーンは09年っぽいなぁ笑)

あと、HATAMOTOHIROエンブレムも、いつの間にか入らなくなったけれど。
あれ。すごく好きだったから、また入れて欲しいなぁ。

Vol.1の時のエンブレムがついたポロシャツも2枚持ってるくらいだもん。
(全然着てないけどー笑)


あと。
トラノコストラップ・・。
スマホユーザーには、もう使えないグッズかもなぁ。
(時代と共に、グッズも移り変わらなきゃね。笑)
※スマホ用ストラップとしても使えるようだと、新しくUPしてるレポでみたけど。。
 やっぱり使わないかもなぁ(ハタッフさん、スマン笑)
 でも今回の木製品は、震災復興支援の意味もあるようだから、何か一つは買うよ!


 
なんかさ。グッズはさ。
GMやらツアーやらの度に結局はなんだかんだ買い過ぎてて
その山を見つめると正直もうどうしようかと思う時がある(笑)

それでも。毎年買い続けてるんだから・・っていう
ヘンな"意地"をこれからも維持しつづけてくのかなぁ?



とりあえずは。

今年のハタオル。

どうしよう。ね?(みんな買う?笑)






| ♪秦 基博 | COM(4) |