FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-10-05 (Fri)
◎10月6日「第1回輝く!ハタデミー大賞」司会にジョイマンが決定!!


なんと!ねぇ!
明日のストリーミングイベントにジョイマンがやってくるんだって!

以前「いつか何か一緒に出来たらいいね」って
すき焼きをつつきながら語っていたことが
こんな形で実現するなんて!!ねぇ!! ⇒ ジョイマンの高木の日記


090320_000701.jpg

今頃、ジョイマン高木のツイッターは、ハターで大賑わいの・・はず・・??(笑)

きっと。
中学時代のあんなことこんなことが聞けるはず。
会話の中から浮かび上がる、秦クンの素の表情が見れるはず。

なんだかとっても楽しみになってきたぞ(笑)


でね。
浮き沈みの激しいお笑い業界。
ジョイマン高木のツイッターやブログを見ると
見ず知らずの人にずいぶん好き勝手に色んなこと言われていて
読んでると哀しい気持ちになってしまう事も多いんだけれど。

いじられてナンボのお笑いの世界だから
どんなことでも話題に登れば、笑ってもらえれば、仕事に繋がれば
それでよし。文句なし。本望なのかな。
つくづく、大変な職業だよなぁ。



そういえば。
以前「音人」だったっけ?なんだったっけ?
雑誌でジョイマンと対談?したことがあったはずだけれど。

高校の時や大学の時も、時々ジョイマン高木とは会っていたと。
色んなことを語り合っていた。なんて書いてあったなぁ。確か。


えっと。


・・・・・。


で。
今、ゴソゴソとその雑誌を探してみたのだけれど。
どこにあるか分からずじまいのまま、ふと、初のアーティストブック「新しい歌」を見つけて
ついつい読みふけってしまっていたよー(字が少ないからすぐ読み終えれる!笑)

これ。
もう3年半前の本・・なんだよね。
今読み返してみたら、なんだかとっても新鮮だったよ。

おまけにインディーズ時代の話しの中で
「浅田信一さんとかそういう人と(ライブを)やって生歌がすごいなぁと思ったり」
という一文を読んで、ビビビッと鳥肌が立った。
浅田信一という名前が本に記されているのが何だかとても嬉しかった。
(SMILEが解散して浅田さんがソロを始めた頃。やっぱりあの音楽を聴いていたんだ!)

そしてこの文にもグッときた。
「忘れられない風景といえば、多摩川の橋を越える電車の中から見てた夕焼け」

「風景」に出てくる景色だよね。
「メトロ・フィルム」だよね。
ジブンもあの電車に乗って見た景色。緩やかな坂。鉄塔。

いやー。
中身が薄い薄いと、発売当時は文句言ってた気がするけれど(オイ笑)

今読むと、別の視点から見えてくる景色の奥深さに
言葉にならない気持ちがぐわんぐわんとこみ上げてくる。

もうすぐデビュー6周年なんだもんなーと、感慨深くなる。


そんなこんなで、明日は同級生のジョイマンもやってくる。
どんな風に進んでいくのかな。

とにかく、20時にはPC前に座れていますように。

頑張らなきゃ。



で。
これ「第1回」って書いてあるところを見ると
第2回、第3回もある・・ってことなんだよね?

来年もあるのかな?

それは明日の出来次第・・なのかもね(笑)


うん。
ジョイマン、頼んだよ!(笑)




スポンサーサイト



| ♪秦 基博 | COM(0) |
2012-10-05 (Fri)
一日の終わりに。
まずはジブンのブログを見てから
ふらふらうろうろと、あちこちを覗いて回る。

そうして最後にジブンの場所へ戻ると
つまんないことしか書いてないなー、ホントつまんないわー、って。
ストンと気持ちが転がり落ちてしまう時がある。
そんな夜。そんな今。

思ったことの半分も書けてないというか
誰に向かって言ってんのか、誰に遠慮してんのか、気にしてんのか、
当たり障りのない言葉で、空白をただ埋めてるようにしか見えないわーと
積み上げたものぶっ壊して?身につけたものとっぱらって?
ちゃぶ台バーンとひっくり返してしまいたい衝動に襲われる。

あぁ、
そういえばおとついは父の命日だったし
父が生きた年月をとうとう超えてしまってたことにびっくりするし
今こうして平凡に平和に生きてることに心底驚いてしまうし
でもそれがいつまで続くのか、これは全部まぼろしなんじゃないかと
目が覚めたらやっぱり元の場所に、振り出しに戻ってた、なんて

お疲れさまー、ドッキリテレビでしたぁー、なんていう笑うに笑えない結末。

いつもどこかそんな不安の塊を抱えて生きていることに溜息をつく。
そんな夜。そんな今。

みんな幸せなのかなぁ。
それとも幸せなふりを、とりあえずは人前でするだけ、なのかなぁ。

そんなに毎日音楽や楽しいことや仲間に囲まれて
ハッピーハッピー超ハッピーな気分で過ごしているのかなぁ。

そんなテンション高めの、幸せ誇示ばっかりのつぶやきなんかは、なんだか嘘くさいなーって、
心配したり励ましたしする言葉を打ってるその顔は、実はどんな表情ですか、なんて
どの言葉も上っ面だけを整えて、社交辞令ばっかりに見えたりして

そんなのも疲れるしなぁー、みんなよく疲れないよなぁー
それでも誰かとつながってたくて、幸せぶりっこしてたいんだなーって
辟易してる自分自身に一番辟易する。
そんな夜。そんな今。


相変わらず月は綺麗だよ。
一等星の煌きは、斜めになったジブンのココロをキリリと律してくれるよ。

窓を開けたら夜風がまだ夏の匂いをかすかに含んでいた。
あんなに夏の暑さにうんざりして、もういいやって、秋よこいって、望んでいたのに
その匂いを感じた時に、なんだか嬉しくなったジブンに笑ってしまった。

そっか。
そんなもんなのかな。
近づきすぎると鬱陶しいけれど、離れてみると寂しくなる、会いたくなる。

季節も人も、そんな関係なんだね。

いつも距離感を間違えてしまうジブンは
やっぱり父の子なのだなぁと、呆れてしまう。
こうして父より長生きしていることに、呆れてしまう。
そんな夜。そんな今。


あー。
ホントはもっと“毒”を吐きたかったのにな(笑)
いい人ぶりっこするにも疲れるよね。
生きてくことにも疲れるよね。疲れたんだよね。お父さん。

仕方ないや。
貴男の人生も背負っていきますよ。

うん、だって、もう、軽かったもんね。
取っ組み合いの喧嘩をした時の貴方は、力も弱くなって、軽かったもんね。
だから背負うのもきっと、大丈夫。だと思いたい。

いやホント不思議。
ここまで生きてこれてよかったな。


そんなこんなでやっぱり。
今夜も歌を抱えて眠るのです。

えっと。
誰の歌がいいかなぁ。
誰が添い寝してくれるかなぁ(オイ笑)


もうこんな時間だ。

おやすみなさい。

明日はまた、いい人になります(笑)




あ。
そうだ。
クリープハイプ。いいね。
この生々しさは、手触りも空気も全部知ってる世界。
だから聞いていて痛くなる。全部。

尾崎世界観のプロフィールも面白い。素敵。
彼の頭の中を覗いてみたい。だからとりあえずは曲を聴く。
ジブンってやっぱ雑食系だ。
綺麗事だけじゃ生きてらんないや。

そんな夜。そんな今。










| *雑記 | COM(2) |