12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013-12-18 (Wed)

まるで。
時間が巻き戻ったのかと錯覚しちゃいそうだったよ。

帰りの電車で車窓から見えた空の青さに。

いや。違う(笑)
向かう方向が逆だもの。
昨日は空港へ。今日は家に向かって走る電車。

でも24時間前に見た空の青さは同じ。
混じりけのない純度100%の青だ。

横浜で秦クンの歌声に包まれていた時間は夢だったの?
そんな風に思った、文字通り"夢のようなひととき"

行ってきたよ。
そして。あっという間に帰ってきたよ(わはー笑)

振り向けばヨコハマ(笑)

天気予報には「寒いよ寒いよ、雪が降るかもー」と脅されていたけれど
ぜーんぜん。ちっとも。まったく。寒くなかったー(ジブンの体感 笑)

道行く人は、肩をすぼめてマフラーぐるぐる巻きだったけれど。
ジブンはマフラーなしでコート全開で歩いてた(笑)
風もないし、まるで穏やかな北の秋の一日みたいだった(笑)

ま。
そんなアホな人はジブンだけだったけど(わははははは 笑)



それにしてもさ。
ライブが始まってみれば、なんだかもう、鳥肌の連続だったよ。

とりあえずは、今夜のWOWOWを観る前に
殴り書きでいいから、今の気持ちを書いておかなきゃ。って。ちょっと焦ってる。

昨夜の感情に上書きはしたくないから。
今夜テレビでライブを観てしまったらきっと変化してしまうはずだから。

焦りながら、書いてる。

走りながら、ココロは。








DSC_1570.jpg



入場する時に手渡されたフライヤーの中にチョコレートが(笑)

はい。チラリ聞いて知ってました。
ロイズのチョコが入ってるってこと(笑)

今回のライブのスポンサーでもあったんだね。ロイズは。
正直、ロイズのチョコはしばらく見たくなかったんだけどなぁ(トラウマ~笑)

かなり以前に秦クンが「ロイズのポテトチップチョコレートが好き」って話してたから?(笑)
それとも、ロイズスタッフの中に熱心はハターさんがいるから?(笑)
なぜにロイズが秦クン押ししているのか不明だけれど(ルタオもガンバレー 笑)
クリスマスライブに行けない哀しみは、そう簡単には晴れないんだよー(ううう・・涙)

ライブでは秦クンが自慢げに
「ただのチョコじゃーないんですよ。"ロイズ"ですよ!」と、言ってたけど(笑)
(ロイズ関係者の方々、大喜び!笑)

あ。
ロイズと何回言ってるんだ・・(笑)

ま。
ジブンはしばらく食べないけど・・(しつこいー笑)






そうそう。
桜木町駅に降り立つと、目の前の空にはまん丸のお月様が。
確か17日が満月。だったんだよね。

なんだか月に手招きされているような気持ちになったよ。
横浜の夜景に寄り添うように、ぽわんと浮かんでいた満月。
動く歩道を歩きながら、ついつい目はそちらへ。


DSC_1558.jpg

(うーん、スマホじゃ上手く撮れん!・・・・いや、ジブンはが下手なだけか 笑)









DSC_1566.jpg

パシフィコ横浜の入口付近。本当に綺麗だった。







今回の座席。やはり一桁台の席はなくなっていたね。
(増設ステージのため?それともカメラ入りのためかな??)

だから。9席分ステージに近くなったと思うんだけれど
やっぱり距離は微妙なままだった(当たり前か 笑)端の方だったし(わはー笑)

ステージ上にはオブジェ?のようなセットがあった。
実はこれが今回の映像の要になるものだったんだね。

プロジェクションマッピング。
映像の演出にこれだったなんて、全く知らなかっただよー(笑)

札幌でも雪まつりで雪像にプロジェクションマッピングが行われて話題になったよね。
(今現在、大阪城でもイベントが行われてるみたいだよね)

その映像と秦クンのライブが融合する、新しい試みの今回のライブ。
5周年のGM@武道館での苦い思い出がある「映像」(わはは 笑)
あれとは別物だったんだね。いやー知らなかった!!

あ。ライブが始まる直前に客席の間を悠々と歩いている島田大介監督を発見!(笑)
お馴染みの?あの帽子に黒いマントのようなジャケットを着ていたからすぐに気付いたのだけれど
意外と他の方々は気付かなかったようで・・・(笑)



でね。
1曲目の「Hello to you」で。。
もう涙腺がヤバくなっていたジブンです(笑)

アコギの音がいつも以上に深みがあって胸に沁みて。
おまけに秦クンの歌声が鋼が強めの懐かしい声でー。

うん。
ここ最近の歌声・・もう以前のような鋼とガラスではないのかなぁって
正直すごい不安を感じていたのだけれど。

昨夜の歌声は、ジブンが秦クンを知って大好きになったあの頃の歌声のようで
おまけに2曲目が「やわ午後」・・・あふれる感情。ゆるむ涙腺。

秦クンの表情はよく分からない距離だったんだけれど
もうその歌声だけで「来てよかった」って感じたよー。

それは、この会場自体の音響の良さがあることはもちろん
秦クンの声とアコギの音が、ふくよかに存分に響き渡るようにと
スタッフさんの細心の心配りが行き届いた仕事のおかげでもあると思ったよ(ありがとうございます!)

ホント。昨夜の歌声は終始、鋼が強めのココロが奥底まで震わせられる歌声で(感涙)
その歌声がクレッシェンドしていくさまが本当に感動的でした。
秦クン歌声は「芸術」だなぁって、感じました。

でね。
今回のセトリも、本当に良かったんだよなぁ・・。

久しぶりの大好きな「青い蝶」!!
ファルセットに。サビに入る前のマイクを通して聴こえるあのブレスに。しびれましたー。

新旧の曲がバランスよく並べられていたしね。
あ、この曲が。。
え、この曲も。。
何度もココロが揺れて。ドキドキが止まらなくて。

「アゼリアと放課後」も嬉しかったなぁ!!
この曲のあとに「Girl」がきて、ちょっとビックリしたけれど(え?もう歌うの?と)
可愛らしい女の子が舞い踊る映像が映し出されて、それがとてもいい雰囲気だったよ。

「メトロ・フィルム」が聴けたのも嬉しかった!!
その後の「Dear Mr.Tomorrow」のギターの音色の芳醇さに酔う。
そして、この曲に続く「Lily」~「dot」の流れ。

もうね。メロメロでした(笑)
もしこれで、秦クンの流し目をキャッチできる距離だったとしたら
きっと倒れてたと思う(笑)

でね。
その後の「言ノ葉」。
雨つながりなんだなぁって、またもや鳥肌になるジブン。
そして改めて、いい曲だよなぁって、しみじみと聴き入る・・。

どの曲もアレンジを少しずつ変えていたけれど
イントロのコードや、曲調の雰囲気で「わあ!多分あの曲だよね・・」と
気付く瞬間にワクワク胸が高鳴って。
この次はなんだろう?その次は??と、楽しくて仕方なかったよ。


うん。
確かMCで秦クンが「パリン」(だったような?うろ覚えです・・笑)と言うと
背景がまさに「パリン」と割れて崩れてしまって(笑)

嬉しそうに秦クンが何度も背景を崩していたなぁ(笑)

「普段と違うことができるだろうと考えた。ずっと新しく生まれ変わっていきたいという思いと
変わらなく、ずっとあるものを大切にしたい思いがある。(二つの思いの)融合だと思う」と
インタビューで秦クンが言っていたみたい。
yahoo!<秦基博>プロジェクションマッピングで音と映像が幻想的に融合「Visionary live」



うん。
なんかね。
この日のライブを観ていて一番強く感じたことがね。
7年間の活動の集大成のライブなんだ・・ってことだったんだよね。

今年は「Signed POP」をリリースして、「ひとみみぼれ」もあって
その中で「Girl」が大きな結果をだして。
最後にこのライブで「新しいものへ常に挑戦していくこと」と「ずっと変わらず大事にしていくこと」の融合・・・。

7周年で秦クンが目指したものが、今目の前で形になっているんだなぁって。
そのことにやっと気づかされたんだよね。

ああ。なんてことだ。
何の考えもなく、ほけーっとしたまんま
ヨコハマまで来てしまったジブンのアホさ加減(笑)

秦クン。
ごめんなさい。
こんなに素敵なライブを用意してくれていたのに
こんなアホなジブンでごめんなさい(笑)


ライブ中になぜか反省(笑)
そして、ぶわっと高まる感情(笑)

ホントにね。
困ったもんだね。
アイ変わらずのジブンだね(笑)



そうそう。
ヨコハマで聴く「花咲きポプラ」。
北で聴くのとは、どこか違うって思いながら手拍子してた(なぜだろう 笑)

「パレードパレード」の映像。
メリーゴーランドがクルクル回っていて綺麗だったなぁ。

あと。
照明も秦クンを中心にくるくる回っていた曲がいくつかあったような気がする。
(それがなんだか楽しくてずっと光を見つめていたよ 笑)


「自画像」は、昨夜も色気爆発(笑)
この曲の時は、秦クンの表情がよく分からないのが何とも悔しかったー(笑)

でもいいさ。
WOWOWでガッツリ見てやるもんね!って、思ってたけど(笑)




そして。
ハターのみなさん。
きっとハテナマークが渦巻いていたであろう「綴る」。

ダンサーの女性は一生懸命に踊っていました。
でも・・あの空気の中では踊りずらかったんじゃないかと心配になったりして・・(笑)

映像はどれも、秦クンの歌の世界観に重なって、すごく良かったんだけど。
正直言うと・・あの演出は・・・いらなかったなぁ・・(小声・・・)
一生懸命踊ってくれてたからこそ・・違和感ありあり・・・(さらに小声・・)

うん。この演出に関しては・・もう深く言うまい(笑)
でも。この曲で泣けなかったのは、かなりココロ残り(笑)
「綴る」の世界観には・・・ムリがある・・かな・・(ごにょごにょ 笑)

でもきっと。
賛否両論あるのは分かってて、あえての演出なんだろうね。
新しいことを、あえて試みてみたんだよね。

みんなの期待とは逆の何かを、ポンと投げてみる。
そこから広がるものの中からまた新たな何かをみつけていく。
そうやって、変わるものと変わらないものを続けていくんだね。

うん。そう考えると、あの「綴る」での「踊る」は、奥が深いのかな・・(でもやっぱり・・笑)



そして本編最後の「風景」。

ああ。もう。
嬉しすぎて鳥肌。鼻の奥がツーン。

欲を言えばまだまだあれもそれも入れて欲しい曲はいっぱいあってキリがないのだけれど
とにかく昨夜のセトリは最高でした!!!



アンコールはTシャツの上にベストを羽織って(笑)

「鱗」でやっぱり待ってました!!の拍手がきたね。


そして最後の「ドキュメンタリー」。
なんか、「パレードパレード」の時もそうだったけれど
この曲を聴きながら、ドキュメンタリーツアーの事を思い出してたよ。

あの頃の秦クン。そして今の秦クン。
すごいなぁ。進化してるなぁ。深化もしてるなぁ。って。
「ドキュメンタリー」を口ずさみながら、しみじみとした想いに包まれていたのでした。



終わってみれば。

あ。「アイ」歌ってない(爆)

常に「アイ」は歌っていたのに。
この曲を歌わないとは・・・・。
でもそれは新たな自信を持ちえたからなのかなぁって。
かなり嬉しくなっていたジブンです。

でも。
ジブンの周りにいた方々は、最近のファンの方が多かったように感じてたから
(古めの曲ではキョトンというように見えたのです・・)

もしかして「アイ」が聴きたかったのかも?
いや、秦クン、「アイ」を歌ってよかったんだよ。なんて。
逆に気遣ってしまいそうになってたジブンです(笑)

今まで「アイはお腹いっぱいだよ・・」って思ってたくせにね(笑)

歌わないと、あれ??なんて少し心配になる(笑)

うん。
もしかして「アイ」は。
今夜のために取っておいてあるのかも?(ダブルアンコールにとか??)









そうそう。
ライブが終わってロビーに出ると。
すぐ目の前に、Ms.OOJAさんが立っておられました(きゃー)

どうしようどうしよう。声かけてよいものか。どうなのか。
なぁんて迷っていたら、関係者の皆さま。おそらく楽屋に?ぞろぞろと向かって行き
OOJAさんも嬉しそうに歩いて行ってしまったのでしたー(ああー)

やっぱり。いらしてたんだね。秦クンのファンなんだもんね。
うん。いつかOOJAさんと秦クン。コラボする機会があればいいね!!
(OOJAさんの歌声も大好きだよー)

あ。この時も。
傍にいた誰もが気付いてないようだったという(なぜだー笑)

やっぱり。関東のライブって、色んな方が来るのだねー(うらやましー)





その後。
グッズ売場でこれを購入。


DSC_1572.jpg


キーホルダーも勢いで買ってもうた(爆)






ああ。
反芻するたびに、いいライブだったなぁ。って感じるよ。

とにかく、秦クンの歌声も、セトリも、最高だったし。
心配していた(オイ 笑)映像も良かった。
ただあのダンスだけが・・(まだ言うか・・笑)



ふー。
とりま、ざざっと、昨日の感想を書いてみた(笑)


これで、心置きなく、今夜のWOWOWを観れるぞよ。
(リアルタイムではなく録画でね 笑)

うん。
じっくりと、寝る前に、観よう。

昨日に時間を巻き戻すように。








■ Hata Motohiro Visionary live 2013 -historia-

・日時 2013年12月17日(火) OPEN 18:00 / START 19:00
・会場 パシフィコ横浜 国立大ホール 

~セットリスト~
1.Hello to you
2.やわらかな午後に遅い朝食を
3.今日もきっと
4.青い蝶
5.初恋
6.アゼリアと放課後
7.Girl
8.メトロ・フィルム
9.Dear Mr.Tomorrow
10.Lily
11.dot
12.言ノ葉
13.グッバイ・アイザック
14.花咲きポプラ
15.パレードパレード
16.スプリングハズカム
17.自画像
18.綴る
19.風景

-アンコール-

20.鱗
21.ドキュメンタリー







スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する