123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-12-22 (Sun)


うーん。
WOWOW録画。
ライブに臨むくらいの気持ちでドキドキしながら画面に向かって。
始まる前の会場の様子に横浜初日の高揚を重ね合わせて。
そんな風にひとり。見始めたんだけどね・・・。

やっぱり。
心配してたこと・・・。
その通りになってしまったなぁって。

17日のライブ感想を先に書いておいて良かったなぁって。(あー・・)










今回のライブ。
あれだけのセットの準備や移動等を考えると、ツアーで開催というのはかなり難しいし
結果、関東と関西で2daysずつ・・ということになったんだろうけれど。
秦クンの喉にはやっぱり厳しかったね。。。。

そして生放送ならば、やっぱりファイナルライブを求められるんだろうしね。
それに対して秦クンはプライドを持って、その仕事をきっちり全うしようと頑張るんだよね。

でもね。
17日のライブを聴いてしまってるからね。
すごくすごく、もったいないというか、悔しいというか。
大人の事情ってやつにはあらがえないことは十分分かってるんだけど・・。
秦クンの歌声はこんなもんじゃないんだぞー!!って声を大にして伝えたい気持ちなのです。

とにかく来年のGMは無理なスケジュールのないように。。
地元の公演なら、やっと行ける・・今回も一度だけのライブ・・って方も沢山いるはずだから。
どの会場も"一度だけ"の最高の秦クンを聴けますように・・と切に願いまする。。。

うん。
秦基博の最大の魅力は、"憂い"だと思ってるから。
その繊細さもきちんと伝わるコンディションで臨めるスケジュール。
秦クンは多分文句も言わず頑張っちゃうと思うから。
ハタッフさん。よろしくお願いしますね。

あ。でも。
18日当日の会場で聴いた方はあまり違和感がなかったのかも??
ライブの空気感の中で聴くのと、そういうものを取っ払って音と映像だけのテレビで聴くのとは
感じ方が全然違ったのかも???
別の見方が必要なのかも。ね(^.^)




そうそう。
テレビで観て良かったことも、実はいっぱいあるのだ!!

まずは。
MCが聞き取れること!!(そこかよーっ!笑)

基本。
秦クンのライブのMCは2~3割しか聞き取れないジブンの耳だからね(笑)
(声はいいけどボソボソ気味に話すのでよく分からんのだー笑)

ライブ最後に真剣に語ってくれてることも・・いつも曖昧にしか分からない・・(すまんー秦クンー笑)

でもね。
今回テレビで聞いてて・・ビックリした!!
17日のライブを体感しながらジブンが感じてたこと。それを秦クンが話してくれてたから。

やっぱり。
音楽でちゃんと伝わってくるんだ。秦クンの想いは。
それを確かめられてとても嬉しかったジブンです。


あとね。
照明や映像をちゃんと確認できたこと!!
端っこの席だったジブンは、イマイチ全体像が見えなかったんだよね。

だから。
テレビでその美しさや幻想的な世界をちゃんと知ることが出来て
「おおーそうだったのかぁ!!」と今更ながらに感動してる(ライブに行ったのに!!笑)

ハッと息をのんだ「Lily」の照明。
鹿島さんのウッドベースに手を引かれるように、その世界へ足を踏み入れると
散らされた赤い花びらがステージを埋め尽くし、その美しさと切なさにたじろぐ。
その中央に立ち、憂う声でそっと歌い始める秦クンー。

ジブンの位置からは赤い照明がチラチラしてるようにしか見えなかったし
なにより秦クンの妖しい歌声に酔いしれるばかりだったんだけれど。
この歌の世界をこんな風に表してくれてたんだね。

そうそう。ユリって、白のイメージしかなかったんだけれど・・。
赤いユリ。花言葉って知ってる??
「純潔、貞操、無邪気」
大事にしたいそれを傷つけてしまう衝動。矛盾する感情。
こういう深い意味を照明や映像で見せてくれてるんだよね。秦クンのライブは・・(感涙)



あとね。
それに続いた「dot」
この照明も映像も・・やっときちんと観れました(爆)
泡の映像しか見えなかったもーん(笑)

でね。
大好きな「dot」だから気づいたと思うんだけどね。
皆川さんが2番のBメロのコードの一部をさらっと別のコードを加えたり、違うコードに変えて弾いてたんだよね。
(♪それを雨と呼ぶことにした~の "それを" の前にコードをひとつ加えたり
"ことにした"のEコードを違うコードに変えていた・・)

歌を聴いていたら「あれっ?」と気づいて、「ええっ?」と鳥肌が立って
慌ててそこの部分を巻き戻して「うん、やっぱり原曲と変えてる」って確信して(笑)

それからすぐに秦クンの弾き語りの楽譜を取り出して確認して
鍵盤に駆け寄り、どんな和音だろう??ってあれこれ弾いてみて。

なんて言うコードを加えたのか?Eを何に変えたのか?
ジブンには分からないまま・・でもとっても心地よくて・・(皆川さん、教えてぇー笑)

「dot」って、ジブンの中ではスモーキーな淡いブルーのイメージなんだけれど
そこに皆川さんがあの柔らかな和音をさらりと加えたことで
ブルーに温かなピンクが加えられたように感じられたんだよね。
そう、 historiaライブのテーマカラー。あのピンクのような。

あと。
♪僕らは世界になるよ~のあとも変えてあったなぁ・・・。

多分、ジブンは「dot」がめちゃくちゃ好きだから、気づいたんだろうけれど
他にもたくさんこういう風に皆川さんの感性で加えたり変えたりしてる部分ってたくさんあるんだろうなぁ。
音もすごく深みがあって秦クンの歌に寄り添ってくれる。
皆川さんの鍵盤。やっぱり好きだなぁ。

あ。この時弾いてたのはエレピなのだ。
そのトレモロがかった音色が「dot」のたゆたう空気感にぴったりなのだ。
そして秦クンの水の世界に浮遊するような、色気を漂わせる歌声。。。

最高だー!!「dot」-!!!!

・・・・・。

スミマセン。マニアックで(爆)



あ。
マニアックついでに(笑)

皆川さんのエレピ。
もしかしてフェンダー・ローズ??なんて思って
何度も録画を行きつ戻りつしながら確認してみたら(オイオイ 笑)

ウーリッツァーだったんだね!
(3大エレクトリックピアノのひとつなのです)

そういえば、スキマのシンタくんもウーリッツァーを持ってるよね!
(昨年のクリ約でも弾いています)

エレクトリックピアノ。
ゆうクンから教えてもらって(勝手にそう思ってる 笑)興味が湧いて
いろいろ調べたりしてるけど・・まだローズとウーリッツァーの音の微妙な違いが分かってない
知ったかぶりの(アホ 笑)ジブンですが(笑)
実際に触れられたらどんなに幸せだろーなーって、エレピを見るたびに思います(アホアホ 笑)



でね。
ライブをあっちこっち止めてみたり戻してみたりして
そのあとでまた最初から見直してみたりしてるうちに思ったこと。

秦くんのライブって。
静寂も贅沢なひとときなんだよなぁって・・。

普通はね。きっとね。
ライブ中にシンとした空気が広がると、大抵のミュージシャンは内心あわてるんじゃないだろうか。
盛り上げ方が足りないんじゃないかと焦るんじゃないだろうか。

確か。初のGMを、初のカナケン、初のホールのステージでやることが決まり
「音楽と人」の秦チャレでの企画で、トータス松本さんにゲストで出てもらおうと!
(これは結局実現しなかったけど~笑)

ウルフルズのカナケンでのライブ終了後、楽屋を秦クンが訪れたんだけれど
(秦チャレ第3回!今、音人探し出して読んでます。なつかしー笑)

その時トータスさんは
「しっかし弾き語りなんてようやるなぁ。ひとりでこんなところでなぁ!」
「シーンってね、歌いだす前がね。悪気はないんよね。みんな聴きたいからシーンとしてるだけなんやけど(笑)
 あれに勝てない。最初は。」って、言ってたのです。

ワタシも最初の頃は、少しはらはらしていた時期もあったし
(ギターのチューニングをしてる時に一切話せない秦クンだった・・)

秦くんも神経を集中させるべくキリリとした雰囲気をかもしだしていたけれど・・。
いつのまにか、その静寂を楽しむ余裕が見えてきたなぁ。
本当に頼もしいなぁって、チューニングの時にいつも惚れ惚れしてしまう(笑)

だよね。
あの武道館ででも一人弾き語りをこなしてしまうんだものね・・。


オープニングの「Hello to you」を歌い終えた後。

ギターを置き、ジャケットを脱ぎ、シャツのボタンをはずし、腕まくりするさま。
しなやかな動作のひとつひとつに品の良さがにじみ出ていて。

あのゆったりとした仕草と、男らしい腕の強さに
多分、前列の女子達は目がハートになっていたことでしょう!(ジブンはテレビの前でハート! 笑)

かと思えば。
アップテンポの曲の時の、リズムに乗って上げたり下げたりするステップの可愛らしさとか(笑)

「自画像」の時の色気爆発だとか(笑)

みんなへの笑顔も、手の振り方も、最後の深い感謝のお辞儀も。

全部全部。
カッコイイではないかぁー!!!!(笑)



あとね。
「綴る」の時のダンサーの方が最初に手紙を読むシーン。
あれもジブンからはよく見えなかったんだよね。

あのシーンを見てたら・・そうか・・やっぱり「Girl」と「綴る」は繋がっているんだなぁ。と。
深い意味を感じ取れて、なんだか少しほっとした。

ダンサーの女性の真摯な表情も観れたことにより、心情も伝わってきたし。

それでも。
やっぱりあの演出は・・・・(スマン。秦クン 笑)

そうそう。
今回の衣装も髪型も。良かったね。似あってたね(笑)
(Signed POPはいったいどうしてたんだろう・・って思うくらい 笑)




ふー。
WOWOW放送から早4日。
もしかしたら、日本で一番このライブ放送を観たおしているんではないか??と思うくらい(わはー笑)

朝に夜に深夜に。
あっちこっち観てます。秦クンを観てます。聴いてます。
そしてやっぱり、これから色んな素敵なミュージシャンに出会っていっても
秦クンのことは別格で、ずっとずっと大好きだなぁって、改めて思い知らされてます。

ははは。
最初WOWOWを観たときには、あまりのショックに
「もう観ない。封印しとこう・・」なんて思ったのにね。

それから数時間後。再生ボタンを押してるジブンがいた(笑)

そして今では、もうあっちこっち、途切れ途切れでもいいから、と。観ています。


うん。
いいなぁ。

秦基博は!!(笑)




スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(4) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する