123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-03-08 (Sat)


やっと!
久々に!
スキマカテゴリー!!(笑)

うん。
スキマの曲も聴いてたし
スキマのこともあれこれ考える時もあったし
今だって「夕風トラベル」の映像観ながらこれ書いてるし。

1年前の今日。3月8日。
DAJ@稚内ライブだったことも、しっかり覚えてるし。

1年前と同じように今週末も北海道は風雪が吹き荒れて
「こんな天気じゃ稚内への移動は大変だよなぁ」って
天気予報を観ながら考えていたし。

明日はハワイで歌うんだなぁって、なにげに気になってるし。

そんなこんなを考えながら
先日放送されたライブ映像で気づいたことを
ちらほら書いておきたいなぁと思ってる今夜なのです。








スキマのことは「奏」で知って
それからずっと気にかけ聴いてはいたんだけれど
ガッツリとハマったのはもっと後になってから。

なので。
ようつべや、CDの初回限定DVDなどでチラリ見たことはあったけれど
しっかりと「夏雲ノタビ」や「空創トリップ」の映像が放送されたことは
ジブンにとって、とてもとても貴重でありがたかったなぁ。

「夏雲ノタビ」はとにかく初々しくて
タクヤくんの目がキラッキラに輝いていて
(アニメの主人公のように星が描かれてる瞳!まさしくスター☆ 笑)

"ふれて未来を"の高速手拍子もまだ浸透してなかったんだなぁーとか
ひとつひとつを創り上げている途中という感じが、すごくいい。
この頃からずっとライブに行き続けてる方が羨ましいな。。


そして「空創トリップ」になると
アルバムの世界観が増幅されたステージの映像や照明に目も奪われてしまったなぁ。

大好きな"フィクション"や"水色のスカート""かけらほのか""雨待ち風"・・・。
このアルバムもやっぱり大好きだ!って改めて思う。
日本情緒あふれるメロディーと詞の世界。
初期のスキマの大きな魅力のひとつだなぁ。

でね。
"さみしくとも~"のアウトロで激しくギターをかき鳴らしすぎて
振り乱した髪のままマイクを握って"きみがいいなら"を歌うその人差し指から血がー。

この曲を歌うときに、その痛々しい指って・・。
歌詞とリンクしちゃいそうな空気感にドキドキしてしまったよ・・。

このままずっと歌い続けるの?どーするの?って
"冬の口笛"の間も傷ついてる指が気になりすぎて
(テレビにアップで映りこんでしまうし・・)
やっとMCの時に絆創膏を貼った時には心底ホッとしたなぁ(笑)


でね。
今回放送されなかった(というか、やっぱりこれはNHKで放送されたんだね 笑)
「夕風トラベル」を以前録画したのを、この後に続けて観たのだけれど(一応順番通りにね 笑)

観始めてすぐに「あっ!!」とびっくりしたんだよね。
タクヤくんの歌声に。

2006年3月21日「空創トリップ」から
2007年3月4日「夕風トラベル」までの1年の間に
タクヤくんの歌声がかなり変化してるってこと。

以前の甘くて芯のある、だけどまだ細い歌声が
声量豊かに迫力が増していることにビックリしたのです。
高音も気持ちいいほどにスコーンと張り上げ、ビブラートを響かせているのです。

きっとコツコツ積み上げたボイストレーニングの成果・・なんだろうね。
声の出し方など、基礎の部分から鍛えてたのかな。
今の歌い方に通じてる。だんだん近づいてる。

ステージングも格段に進歩して
みんなを巻き込むようなパワフルさで、とてもエネルギッシュだし。

うん。
この大きな変化。
もしかして、秦クンの影響が大かなって、やっぱり思ってしまった(笑)

秦クンは2005年末にオーガスタに見いだされ
2006年のオーキャンに初出演後、その年の11月にデビューしたんだよね。

秦クンが後輩で入ってきたこと。聴く人を瞬時に惹きつけるその歌声。
負けたくない、越されたくない、って思いは強烈だったんだろうなぁ。
当初はタクヤくんがすごく秦クンを意識してることが、何となく伝わってきたもの。
だからこそ、見せない努力を相当したんだろうなぁ。
ソロ修行をしようと決めた大きな理由の一つが秦クンの存在じゃないかなってずっと感じていたし。

ハタクヤとして騒がれれば騒がれるほど
「歌が上手くなりたい」という気持ちが強くなっていたんじゃないかなと思うのです。

でも。その努力が形となリ始め今ここにあるー。
このライブ映像で片鱗を見つけたことに、思わずジーンとしちゃいました。


まだふわふわした感のある「夏雲ノタビ」の頃のタクヤくんからぐんと成長し
「夕風トラベル」の歌声は凄みも感じられる。

ぽっちゃり度も増してるけど(笑)
声の深みやボリュームはもっともっと増してる。

この後に「ワリーナ」があって。
もうひとつの大変化、右手にしていた指輪が左手の薬指に・・もあって(笑)
そして、歌声と歌い方がもっともっと変化していって(体系もMAXになっていって 笑)

この頃からソロ活動の頃が一番語尾を引っ張るねちっとした歌い方が強くて
正直あまり好きではなかったんだけど(笑)

きっと、歌声をもっともっと迫力あるものにしたくて
試行錯誤していた時期なんだろうな・・と今ならそう思えるのです。。

スキマが再始動してからのダブルス、そしてラグランツアー。
ラグランの時は「え!?タクヤくん、こんなに歌上手かったっけ??」と驚いたもの!!

本人は努力したであろうことは、一切口にしないけれど
今の歌声に至るまでの積み重ねたトレーニングは相当のものだろうなぁと想像するのです。

そして。
体系も様々に変化してきたけれど(ぽっちゃりだってカッコカワイかったけど 笑)
10周年を迎え、すごくすっきりして(最初は心配になるほど痩せちゃったけど 笑)

デビューから10年を過ぎた今。一番スラリとカッコよくて(ジャニーズと並んでも負けない!笑)
歌声も胸の奥にズシリと響く力強さと包容力を備えていて(凛とした甘さも健在で)

なんか。すごいなぁ。やっぱりすごいや。と。
汗だくになって歌うピンクスターを観ながらジーンとしているジブンです(笑)

シンタくんも色んな意味で、今が一番いい。ステキだ。って思うし。

うん。
昔は良かったよね。じゃなくて
歌声も、ステージングも、今が最高!と思える
きっとこれからも、ずっと、今が最高!と思いつづけていける
そんなスキマスイッチであることが本当に本当に嬉しいなぁと感じるのです。


あー。
なんか、うまく言えないや(笑)

ちゃんとまとまってるのかな?この文章は??(笑)

目がキラキラしたスターが「ありがとう!」とステージを降り
テレビのライブ映像はすでに終わってしまっているけれど

まだまだ続きを観たくて仕方ない(笑)

次は・・ラグランジュを観ようかな?(笑)

そのあとは・・・musiumも観たいっ。



明日のハワイへ想いを寄せながら
今夜はまだまだスキマに浸ろうと思ってます。。。






スポンサーサイト
| ♪スキマスイッチ | COM(6) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する