123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-05-06 (Tue)


先月末に行った代官山のことを書けずに
焦りながら早1週間が過ぎてしまった(笑)

連休前の月末って仕事が山なのに遠征しちゃったからネ(笑)
そのツケに追われていたら・・あれれ。もう4連休も終わりそう(笑)

てか。
GM始まっちゃってるし(笑)

グッズさえもよく分かってない。
その他のことはもう何が何だか??(笑)

いっそのこと何も知らないまんまで
来週を迎えるのもいいかなーとか。思い始めてる。
秦クンのことは熱心なハターさんにどーんとお任せしとくのだ(笑)



それよりも。
先週行ったライブ。4ヘイ目のこと。
記憶の記録をしたいのだ!

彼も全国47都道府県を周る
「弾き語りツアーExtra Large 2014」がいよいよ始まったしね!

BIGMAN'S LIVE 第一回目@豊橋 に続いての
浜端ヨウヘイmonthlyライブ第一回目@晴れたら空に豆まいて
「はじめまして。浜端ヨウヘイです。」

代官山にビューンと行ってきたよ!!














"ライブチケットの半券を大事に取っておく派"のジブンとしては
メール予約で、手元に何もないのは正直物足りなく心もとなくもあったけれど

☆マークを付けた返信メールをニマニマと眺めながら
澄み渡る青空の中、久々のお江戸へと飛んでいったのでした。

あ。
行きはスカイマークだったんだけど、制服は例のミニスカではなく
いつものオレンジポロ着用で、ちょっと残念だったー(わはー笑)



お昼過ぎに羽田着。
今回は頼まれたお土産があって、先にそれを買わねば!と、まずは有楽町駅へと向かう。

1軒目は「クリスピー・クリーム・ドーナツ」(笑)
これ。よくTwitterなどでUPされてるよねぇ。お土産で頂きました!とかって(笑)

北にはないからね。ドーナツといえば真っ先に思い浮かぶのがミスドだからね(笑)
ずっと前から一度食べてみたいなぁと思っていたので
山野楽器に寄りがてら買おうかなと思ってたのだけれど。

時間を気にしながら先にドーナツを買ってしまったら
そこから山野楽器に行くまでがなぜかとても億劫になり(えー笑)
例の新聞もミニ写真店も「ま、いいか・・」とすんなり諦め(えーえー笑)
お隣の東京駅へと向かったのでした(だって荷物が重いんだもん 笑)



はい。2軒目。今回のお土産メイン。
「ギャレットポップコーン」!!(わははは 笑)

DSC_1832.jpg


どのくらいの行列が出来ているか心配しながらお店に到着すると
「あれ?10人くらいしか並んでない・・・・。
もうオープンの賑わいも落ち着いたんだね~とホッとし最後尾につこうとしたら
「あの、階段の向こうが最後尾なんです。2時間待ちになります」とお店の方がおっしゃる・・(笑)

・・・・・・2時間待ち(笑)

もちろん。並びましたよ。だって次はいつ来れるか分かんないし(笑)
てか。並んでるのは大きなスーツケースなどを引いてる方が多くて。
ここにいる人はほとんどが地方からの観光客なんだろうなぁと(テレビの影響大!!笑)
おとなしく静かに自分の順番を待つみなさんの中に加わりました(日本人らしいなぁ 笑)

長い待ち時間。立ちっぱなしのジブンは・・整列を促す係りのオジサンやショップのアルバイト女子の境遇をあれこれ勝手に想像したり(地方出身者の悲喜こもごもなんかを 笑)
地下の通路を行き交う人々をウォッチングしたり(ホントにこういうの好きー笑)
ジリジリと列が進み順番が近づくことへの快感を初めて知り「ほほう・・」と感心したり(アホ 笑)
そうこうしてるうちにやっとお店の前へ来た時の嬉しさに胸が高鳴り(行列心理を体感!笑)
一番人気の大缶小缶袋詰め等を手に、とりまホテルへと向かったのでした(結局、1時間ちょっとで買えたぜ!笑)

しかーし!
ホテルがある駅に着いてビックリー!
なんとここにもクリスピー・クリーム・ドーナツのショップが・・(えっ・・爆)
有楽町駅ではなくここで買えば良かった・・。
そしたら山野楽器へ行く余裕があったのにあったのにあったのにあったのにあっ・・(笑)

両手に沢山の荷物を持ち、まるでやじろべえのようにヨタヨタと歩くジブン(笑)
そこになおも「シウマイ弁当」も買い込み(手がもう1本欲しい!笑)
ホテルの部屋で、疲れ切った午後に遅い昼食を・・。
(♪あ~何かを食べ始めるのに 遅すぎるなんてないからぁ~笑)

思っていた以上においしかった崎陽軒のシウマイ弁当!!(ヨウヘイファンならお馴染み!!笑)
翌朝飛行機に乗る前にお土産シウマイも買ってしまいました~(一体東京に何をしに来た??笑)


そんなこんなであっという間にライブの時間。
スマホとキタカですいすい~と電車を乗り換え代官山に着いたのが18時過ぎ。
一度来てみたかったライブハウス「晴れたら空に豆まいて」に到着しました!!


DSC_1841.jpg


わわ。「Cheers!」からお花が着てる♪







DSC_1843.jpg


マンスリーライブの第一回目。
会場がここと知って、なおのこと行きたい!と、気持ちが高ぶって
すぐさま飛行機やライブのチケット予約をしてしまったジブン(笑)

ホント。いつも衝動的な行動。
ダケド。先に予定を決めてしまえば、あとは何とかなる、何とかしてやる、と思い
意外とすんなり前へ進めることも知っている。

なので。今回はひとりひゅーんと飛んできたのでした。





会場に入ると・・なるほど。なかなかに凝った造りの会場。
丸テーブルに椅子が3~4脚。あちこちにゆったりとした間隔で並べられ、壁に沿ってベンチ椅子もあり。
会場内の後方は少し高くなっていて、畳敷きと赤い番傘が和風テイストの不思議な空気を醸し出していました。


10246536_528567037254271_8844335009651953266_n.jpg


今夜はどんなライブになるのかなぁ?と加速してゆくドキドキをなだめながらひとり待つ。
ちょうど着席したお隣の方もひとりでいらしていたので、開演まで色々お話しさせてもらいました。
(ヨウヘイくんのライブを初めて観に来た方でした)


19時過ぎ。
下ろされていた白いスクリーンが上がり、お待ちかねのヨウヘイくんが登場!!!

わわわ。デカイ。知ってたけど。ライブを観るのは4回目だけど。やっぱりデカイ!!(笑)

なんてったって、ステージに置かれたスタンドマイクの高さがハンパじゃないのだ(笑)
始まる前からお隣さんと「あの高さであの上に頭が乗ったら、ライトに届きそうだよね!」と笑っていたけれど
本当にぶつかりそうなほどに?大きくそびえたつヨウヘイくん。

見上げちゃいます。頼もしいです。逞しいです。
いっそうシュッと締まってカッコ良さ5割増しです(笑)

でもやっぱり
「マイク高すぎー!!」
お隣さんと思わず顔を見合わせクスクス笑い(笑)

でもこれが浜端ヨウヘイなのです(えっへん!)



そして本日の鍵盤はグランドピアノ!!
その黒く艶やかな曲線フォルムがライトに照らされピカピカ眩しく光っていました。
(ああこのデカさもヨウヘイくんに通じるようで嬉しい 笑)

なんて。
ステージのあっちこっちへと目を奪われていると
ヨウヘイくんがギターを取り歌い始めた最初の曲が「愛について」。

わあ。1曲目がこの歌なんだー。
一気にヘイヘイのあったかい世界へと導かれました。

それにしても。
この日はギブソンJ-200(純二郎)がいつにも増して、奥行きがあるふくよかな音色に感じられたなぁ。

その音を一聴するだけで「ああヨウヘイくんだー」とギターからもパーソナルが感じられる不思議。
楽器の音色って演奏する本人そのものだよなぁと、改めて感じて鳥肌が立ってしまったよ。

うん。彼の歌声とおんなじ。あったかく包み込んでくれる懐の大きさを感じさせてくれる音。
猿股の深いあの先輩や、ガラスと鋼のアゴヒゲの先輩とはまた全然違う感覚にジーンと襲われるのだ。

ギターの種類が違うんだからそんなの当たり前でしょ。と言われればそれまでなんだけど(笑)

でもね。ホントにね。
イントロを聴いただけで頭をガシガシ撫でられるようなぬくもりに包まれて
ホワホワとした感情が湧き上がってくるのだ。

かと思えば。
ザクザクとエッジが効いた男っぽさと泥臭い人間らしさが混ざり合う
まるでヨウヘイくんのカラダのような真っ直ぐで迫力のある音に圧倒されてしまうし。

これって絶対、本人もギターも、お互いが呼び合い惹かれあって巡り逢えたんじゃないかなと思う。

そして。
人や動物が一緒に年月を重ねるうち顔やしぐさや雰囲気が似てくるように
奏者とギターもきっと似てくるのだろうなぁ。
一体の空気を醸し出すようになるんだろうなぁ。

そんなことをふと思いながら、どの曲のイントロも豊橋でのライブとは違う凝ったメロディが加えられていて
"純二郎"も張り切って鳴り響いてる!と、最初っから嬉しさ倍増になったのでした。

しっとりした曲から始まり徐々にギアを上げていく。
確か「ドライブミー~」では曲の途中で英語の歌詞も加えていたよね??
新曲の「ノラリクラリ」も歌ってくれたし。
前半の盛り上がりは「大男のブルース」で!!!

この曲!!前回ライブで聴けなかったから
この日生で初めて聴けてものすごーーーーーく嬉しかった!!(ヒューヒュー!!笑)

5曲くらいガガーッと歌い倒し、どんどん声も大きく響き渡り
いつも通りに大汗がダクダクと吹き上がってきてるヨウヘイくんだったんだけれど。

なんとこの日もタオルが・・・・ありませーん!!(爆)

タビから帰ってきたばかりなので、一昨日の松阪ライブで使ったタオルを出してみたところ・・・匂いが(笑)
とてもじゃないけれど使えそうになく、この日もノータオルだったのだ(あー)

ジブンが初めてヨウヘイくんを見た時と同じように
次々とこぼれ落ちてくる大汗をぐいぐいとシャツの袖で拭いながら大きな声を張り上げて歌う。

ああ。
この時もしもジブンがタオルを持っていたならば
すぐさまステージへと投げ入れてあげたのに!(アカン!それは負けや~笑)

うん。この日。
初のヨウヘイグッズ「手形Tシャツ」(リアルサイズの手形がプリントされてます!)がお披露目&販売されたけれど。
次は絶対「手形タオル」(バスタオルサイズ??笑)が良いと思われます(笑)

万が一ライブでタオルが無くても、グッズのタオルがあるからもう大丈夫!!
(新品タオルは布地の毛がムズムズしちゃう心配もあるけど 笑)

てか。普通にタオルグッズ。欲しいです。
リアルサイズ手形のタオル。発売待ってます!!(笑)




中盤は、ピアノで2曲・・だったかな??
ヨウヘイくんの迫力に負けないグランドピアノの豊かな響きが心地よい。

でね。
最初の曲がカバーだったんだけどなんとそれは!
スキマ先輩の曲。「藍」。
(先輩からの許可は受けてないとのこと 笑)

ピアノの弾き語りで「藍」だなんて。
タクヤくんに真っ向勝負じゃーないか!(笑)

でも。勝負とかどーとか、比べるものとは違うんだよね。
そういう場所とは別のところで咲いてる「藍」だったなぁ。
解釈が違うとこうも変わるんだなぁと思ったなぁ。

ちょっと緊張してたかな?
ピアノが走り気味だったのが少し惜しかったかも(なぜに上から目線・・笑)

で。ジブンにとっての「藍」は・・・やっぱりあの「藍」しかないなぁと。
どんな人がカバーしてもここは譲れない部分だなって・・改めて思っちゃうのでした(笑)
(こればっかりは好みの問題だもんね・・笑)


その後に歌ってくれたオリジナルの曲は初聴きだったよ。
タイトルが「~の空」だったかな?(もう忘れてる 笑)

ヨウヘイくんの曲。まだまだ知らない曲がいっぱいあるから
もっともっと知りたい。ってこの時切実に思ったなぁ(いつか音源になるかな・・)


でね。
ピアノの時の譜面が iPad mini!?(いや、ヘイヘイだから miniに見えただけ???笑)

ページをめくるんじゃなくて、人差し指でスッとスライドさせる仕草になぜかキュンとなりました(笑)
ふと、昔は弾きながらの譜面めくりが大変だったよなぁー
バラバラの譜面をテープで何ページ分も繋げて折り曲げてたよなぁーとか
そんなことも思い出したりして(笑)

今やそれが、スッ~でページめくれる時代なんだもんねぇ(笑)

こういう文明の利器をさりげなく使いこなせるヨウヘイくんもなにげにカッコいいし
普段は隠してる頭の良さもチラリと見えておおっ!と感心してしまうのです。

あと。
「久しぶりにグラピ弾いたら指が痛いわー」なんて言ってて(笑)

うんうん。分かる分かる。エレピに指が慣れちゃってるとピアノの鍵盤が重く感じるんだよね。
でもその重さが、音の崇高さに繋がる気がするのだよね。ああピアノだ。嬉しいなって。
だから思わずチカラが入っちゃって、あとで「指痛い~」なんてことになるのだよね。
(と、知ったかぶりでやなヤツのジブン・・スミマセン 笑)





そうそう。
この日のMCは7~8割がた聞き取れた!!(わーい 笑)
耳の悪いジブンでも聞き取れるその理由はもちろんヨウヘイくんの大きくて良く通るあの声のおかげだと思う。

街中の喧騒にもかき消されない(ザワザワした居酒屋でもスコーンと通る声質!デカさ! 笑)
芯のあるしっかりとした頼もしい声。

話し声も大好きだし(関西弁のイントネーションがまた良いんだよね 笑)
歌声はなおのこと好きなんだよなぁ。

だからいっぱい笑った。笑えた。
うんうん何度もうなずいて大笑いしたよ。



でね。
MCで覚えてることのひとつなんだけどね。

この日新大阪から新幹線に乗って戻ってきたヨウヘイくん。
座席は一列に片側三席並んでるうちの一番端。窓側。
最初乗り込んだときは横に誰も座っていなかったので
「のびのびと暮らしていた」ヨウヘイくんだったのだが(暮らしてるって!笑)

京都から、とてもふくよかなサラリーマンの方が中央の席、ヨウヘイくんのすぐ横の座席にやってくる。
その時に悟ったらしいです。
「自分が普段からいかに周りの人にこういう圧迫感を与えているのか」ということを(爆)

座席と座席の間にあるあの細い肘掛け。
無言での肉のぶつかり合いによる熾烈な争奪戦の末・・いつの間にか相手側が寝てしまい
自分の領域すらも相手に寝取られてしまったそうです(爆)

いや~。
そのバトル。目に浮かぶわー(笑)




ピアノの後。またギターを抱えて歌ったのが「結」。
この曲はピアノで歌っているのをYOUTUBEで聴いたことがあるけれど
(今はもう観れなくなって残念・・)

この日はギターでの「結い」。
アコギの音色。やっぱりいいなぁ。好きだなぁ。
ストレートな歌詞が胸の奥にぐいぐいと迫ってきて
ジブンにとってこの日一番沁み入る歌となりました。。

「君の他には何もいらない~ なんてカッコええことは普段はよう言わんけど
せめて歌のときくらいは言ってもええやんと思ってる」と、また言ってくれてたなぁ。

そして次の曲。
上京してきてから作った(川崎の部屋で)という
まだタイトルもない、遠くの友達を想って歌った新曲。

この歌も初聴きにもかかわらず、歌詞のひとつひとつが耳に残り
それが自然に感情とリンクしていって。
今のヨウヘイくんがギュッと詰め込まれてる、切なくて、淋しくて、でも温かくて、大事なものを想うー。
ヒタヒタと伝わるすべてに胸がいっぱいになりました。。

うん。
昔の歌もいい歌がいっぱいあると思うけれど
これからの新しい歌がもっともっと楽しみになってきてるジブンです。

今ある環境と先輩の後ろ姿から得るものは、本当に大きいんだろうネ。

その後に歌ってくれた「ラブソング」。
この日もヨウヘイくんを見つめることが出来なくて
ひたすらギターをつま弾く指ばかりを見ていました。。。

この歌。ホントいいなぁ。



でね。
バラードが終わってからは・・・ガツンとギアをトップに入れたね!
グングン周りの景色が飛びゆくスピード感でギターも走り出し
どんどん歌声も熱を帯びその迫力が会場内の空気を熱していく。変えていく。

ライブ初めの数曲では、緊張と照れが強かったのかな?
なかなかお客さん側に視線を向けることがなかったのだけれど

中盤のピアノ演奏が終わり再びギターを持ち始めてからは、内にある感情をどんどん解放していくのが
力強い視線をぐりぐりとお客さんに向け始めたことからも感じとれたよ。

うん。その目力たるや。
まともに受け取るのがちょっとテレてしまうほどに真っ直ぐで熱かった。

その熱さも飛び散る汗も歌声もザクザク主張するギターも全部全部受け止めたい衝動。
手のひらが真っ赤になるほど手拍子をし、一緒に歌い、笑顔でヒューヒューを送る。

そんなみんなの熱気あふるる感情を、ぐわっと自分の中に引きこみ
また歌にギターに込めて解き放つヨウヘイくん。

豊橋ライブの時のヨウヘイくんは感極まる場面が多かったけれど
今回はジブンのペースに巻き込んで高める、そんな余裕すら感じられたのでした。

東京ライブの一種独特な雰囲気も、最後はヨウヘイ色に変えてたね。

でも。
後半のトップギアでの爆走に止まることのない大汗を受け止めてくれるはずのタオルがこの日も無い(笑)
そんなまだまだ隙もあるヨウヘイくんに、やっぱりなんだかホッとしてしまうジブンなのでした(笑)


アンコールでは、初のグッズ・手形Tシャツに着替えて登場。
次回の晴れ豆でのライブもみんな来てくれるかなー?いいともー!のコール&レスポンスで盛り上がる(笑)

それに北からやってきたジブンは加われなくて、一抹の淋しさが募っていたりなんかして(笑)

遠征って、楽しいけれど。
その土地のネタ話しや、次回のライブの約束なんかを聞くと
「あーやっぱり地元でライブを観たいなぁ。盛り上がりたいなぁ・・」と
地元愛がムクムクしちゃうんだよね。困ったもんだね(笑)

ま。
仕方のないことなんだけどね(笑)

北に来た時に大いに歓迎してやろう!と手ぐすね引いて待ってるのだ(笑)




あ。
アンコールは2曲。
アコギでの「今夜はもう~」と
ピアノでの「ハレルヤ」(多分 笑)
最後にしっとりとまとめて、ココロに沁みいる歌声を響かせてくれました。



なんか。
あっという間だったなぁ!!

関東のファンの方々の盛り上がりもすごかったなぁ!!


あとは。
オーガスタ流れの「はじめましてヨウヘイくん」の方々がどんな印象を持ったのか?
それが少し気になったりして。ね(笑)
(お隣の方は「ピアノを弾く横顔がカッコ良かった」と言ってましたが 笑)

スキマや秦クンが好きな方々は、人間臭くストレートすぎるくらいの歌詞やメロディーに
なんとなく物足りなかったり、あまりなじめなかったりするかも??

ピアノもゆうクンの跳ね回るようなPOPさとは全然違うもんね。

けれど。ジブンは、なぜだか分からないけれど
理屈で説明できないけれど、理由なんて思い浮かばないけれど
ヨウヘイくんの歌からにじみ出てくる温かい何かに、とてもとても惹かれてしまうのです。
そして本来歌って、そんな風に、自然に感じる何かだけでいいようにも思うのです。
難しい説明などなくとも、聴いててるうちにグッときてしまう。
それが歌本来のチカラだったんじゃないかなぁとも思えてくるのです。

だからこれからも、今だけのヨウヘイくんを
ぐんぐん進化してゆく、現在進行形のヨウヘイくんを
いっぱいいっぱい観たいなぁと思っています。

観てないと、あっという間に、先へと進んで行ってしまいそうだから。

でもホント。こういう感情って。なんなんだろーね(笑)


そしてオーガスタという事務所はやっぱりすごいなぁと。
所属するそれぞれの個性がこれだけバラエティに富んでるなんてね。

誰もがその人だけの「唯一」を持っていて、誰にも似てはいなくて
でも集まるとちゃんと融合して、すごいものを創り上げてしまう集団。

ひとり、ひとりは、しっかりとした世界を持っているからこそ、誰もがいいなぁと思えて。

しばらくは、ここから抜け出せないみたいだよー(オーガスタの思う壺ー笑)




1896761_528567077254267_6632286884062194672_n.jpg


今回、「浜端ヨウヘイ」版に変わったCDをゲットしたけれど
手形Tシャツは買わずじまいだったから。

今月末の地元ライブではぜひとも購入したいと。そう思っておりまする。

てか。
タオルも加えてぇぇ(みんな買うと思うよ!笑)






DSC_1855.jpg


フライヤーの中にアンケート用紙が!!

これ。記念にと今回は書かずに持って帰ってきてしまいました(ゴメンナサイー)
次のライブではびっしり書いて渡したいと。そう思っとりますので許してー(笑)









翌日は早朝の飛行機で北へとんぼ返り(あっという間の遠征 笑)


その夜は買い込んできたお土産を食しましたとさ。



DSC_1836.jpg

クリスピー・クリーム・ドーナツ。めちゃくちゃうまいー!!!
生地がもっちりとしてる。2日目なのに全然固くならずに美味さを保持してる。
(翌日でもベタベタにならないドーナツの種類を選んでくださったショップの方。ありがとうございました!!)

いやー。
これ食べたら、もうミスドに戻れないわ(でもお店が北にはないっ! 笑)







DSC_1853.jpg

一番人気だというキャラメル&チーズの「シカゴミックス」を大缶で買ってきたのだけれど。

・・・・・・・・・。

フツーのポップコーンとは一線を画するほど、一粒一粒がしっかりしてるのには感動。
でも味が濃いめでちょっとくどいかな(笑)少し食べたらもう満足って感じ(大缶どーするんだ!!笑)

ジブン的には小袋で買ってきた「マイルドソルト」の方がめちゃくちゃ好みでした!!

こちらのフレーバーならリピありかな?と思ったよ。
(でももう2時間待ちは勘弁~笑)


そして晩ごはんのオカズには、崎陽軒のシウマイが(笑)
(こちらもなぜかシウマイ弁当ゆえの美味しさが判明・・笑)


てか。
この、ライブ感想文。
最初と最後に食べ物のことばかりで、結局は食レポか!?と思っちゃうかも(笑)


でも、そんなところも、先日から始まった「Extra Large Tour」での企画"~旅は道連れ、喰の細道~"にも通じてるようで、可笑しくなってしまうジブンなのでした(笑)

あー。ほんと。
ヨウヘイくんって、楽しいなぁ。
でもって、大きくて、あったかいなぁ。いいなぁ(笑)



うん。
これからいよいよ全国47都道府県を弾き語りツアーで周るのです。
東名阪のマンスリーライブもガンガン。バンバン(笑)

なので。今のうちに、めっちゃ間近なライブハウスで、ヨウヘイくんの歌を聴いてみて下さーい!!

ライブツアーの詳細など、さまざまな情報は、彼が管理者でもあるHPにて~。
浜端ヨウヘイ OFFCIAL WEB SITE


とりま。
5月26日(月)の札幌ライブ@OYOYOへ。
北のみなさま。こぞって行きませう。絶対楽しいから。楽しくて泣けるから。



ふー。
やっと記録し終えてひと安心。スッキリ(笑)

でも。
ヘイソングをぐるぐるえんえんと掛け続けながら
あの日のライブを思い出し浸っていたこの時間も全て大事なのだ。

ヘイヘイ。ありがとう。


次は5月25日。岩見沢のまさよしさんライブOAを観に行くぞ。
ホールで歌うヘイヘイのおっきなカラダとおっきな歌声に会いに行くぞ。





●浜端ヨウヘイmonthly「はじめまして。浜端ヨウヘイです。」

【日時】2014年4月28日(月) 開場18:30 / 開演19:00
【会場】代官山 晴れたら空に豆まいて
【料金】全席自由 前売 ¥2,500- 当日 ¥3,000- +1D ¥600-


◎セットリスト

 ※記憶曖昧のため、番号を一応ふりましたが
  基本、順不同とします(笑)

  で。多分、あともう1曲は歌ったような?(誰か分かる方いませんかー?笑)

~アコギ~
①愛について
②ドライブミー・クレイジー
③ノラリクラリ
④ボチボチ歩いていきましょう
⑤大男のブルース

~ピアノ~
⑥藍(カバー/スキマスイッチ)
⑦限りなく空


~アコギ~
⑧結い
⑨(タイトルなし)川崎の部屋で作った新曲。離れた旧友を想う歌。
⑩ラブソング

⑪むかしのはなし
⑫スーパーマン
⑬now
⑭アンサーソング
⑮無責任

EN
~アコギ~
⑯今夜はもう酔っぱらってしまおう

~ピアノ~
⑰ハレルヤ



そういえば、ラブソングを歌った後のMCで
「穂苅さんに、タイトルの付け方が安易!って言われた」って笑ってたっけ(笑)

「ラブソング」なんてそのまんまだと(笑)

「大男のブルース」なんかも、全然ブルースじゃーないし(笑)と。


うん。安易だとジブンも思う(わはは 笑)

でも。その、ヘンにカッコつけない、人間っぽい、どこか作る人の手垢というか、指紋みたいなものが残ってる感覚が、ヨウヘイくんの歌らしさじゃないかなぁと、今回のライブで改めて思いました。

妙にこぎれいにまとめなくたっていいよ。
技巧ばかりが上手くなっていったらヘイヘイらしさがなくなってしまう。

これからも、どの歌にも、ベタッと、その大きな手形を、浜端ヨウヘイ印を、残していって欲しい。

大粒の汗が沁み込んだ手のぬくもりがいつでも感じ取れるように。

ジブンはそんな歌にそっと、我が小さな手を重ね合せていきたいと。

そう思っています。



スポンサーサイト
| ♪浜端ヨウヘイ | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する