12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-07-16 (Wed)


まずは。。。

【悲報】
昨夜2時間以上かけて書いた記事がFC2メンテナンス中によりUPしたと同時に全て消えました(涙)


ワタシノ キモチトジカンヲ カエシテーーー(涙)

久々にやっちまったなぁと。
以前は結構こういうことがあったけれど
最近は長い文章の時はこまめに上書きしながら進めていくのだけれど。

今回はね。深夜の魔法?で盛り上がる気持ちのままぐわーっと書き綴っていたから
あ、とりま、保存しなきゃ、とポチッと押した途端「メンテナンス中につき・・」という一文が出た時には
ホント、倒れたわ。マジで。なにこれぇー。って(ああ・・涙)

なので。
もうあの時と同じ気持ちで同じ文章は書けないと思うけれど
もう一度ヘイヘイのライブに行った高揚感を取り戻しながら綴りたいと思います。

それにしてもね。
FC2キライダよ(笑)
お引越し。しようかな。しようかな。したいよなぁ。。(アメブロに行ってみたい 笑)



※閉じまーす☆












昼間のライブの余韻ひたひたのまま
弾き語りワンマンライブの会場OYOYOへ。






1Fの掲示板にはこれが。

DSC_2163.jpg













エレベーターで6Fのフロアに降り立つとこれが。

DSC_2165.jpg



Part2という文字は無かったから
日付だけ変えたものと思われ(その即席感がかえって嬉しかったりなんかして 笑)














DSC_2167.jpg


ここでヨウヘイくんのライブを観るのはもう3回目。
すでにいつものお友達が数人並んでいて
「さっきリハ終わってカレー食べに行ったよー」と(笑)

はい。このビルの1Fにもカレー屋さんがあるのです。
それにしてもライブ前にカレー(笑)
某アゴヒゲの鋼とガラスの先輩は、ライブ前のジャンバラヤで声が出にくくなり
カレーなんて(それもスパイシーなやつ)以ての外!(好きなルーがバーモンドカレー中辛 笑)だと言うのに!(笑)

なんかやっぱりすごいわ。ヨウヘイくん。
なんやかんやすごいったらすごすぎるわ(笑)









       
昨年12月のライブの時は真冬で雪がちらついていて
バルコニーの窓もきっちり締めきっていたけれど。

もう夏だもんね。
雨上がりの空気は湿度が高く重い。
ドリンクをもらいがてら、開け放たれたバルコニーへと出てみる。

きもちいいーーーー。
てか、穂苅さんここで一服してたよね?(笑)

      DSC_2171.jpg





隅にバーベキューセットを発見。
「今度はここでバーベキューライブなんて楽しいだろうね!!」と笑いあう。

ビルの中にありながら見晴しが良いバルコニー。
すぐ裏の駐車場に車を止めた彼女達が「そこまでヨウヘイくんの歌声が響いてたよ」と。
ホントにね。どんな遠いところまでも届くんだ。彼の歌声は。

ゆるゆると集まるお客さんたち。
ゆるゆると戻り話しをするヨウヘイくん。
ああいいなぁ。こんなアットホームなライブ。
これからはもうないかなぁ。ないかなぁ。ないだろうなぁ。





この日もすぐ目の前にスタンドマイクがあって。
純二郎とカワイのアップライトピアノがあって。
フラットなフロア。板張りの床。白い壁。固定されたライト。
どれもこれも、OYOYOだなぁ、と嬉しくなってしまう。

でね。
無風の状態なので窓を開け放していても蒸し暑くてね。
スタンドマイクに向けるように白い扇風機が置かれていたよ。
ヨウヘイくんが登場してまず始めにやったことが、首ふり状態にセッティングすること(笑)

こんな感じで楽屋がないOYOYOのライブは
ゆるゆる感満載で20時過ぎに始まったのだ。
穂苅さんはメリハリがないと気を揉むかも知れないけれど
お客さんとの壁を感じさせないライブもたまにはいいんじゃないかなぁと思うのだ。
ヨウヘイくんを取り囲むように、じっくり聴いたりヒューヒュー熱くなったり。おんなじ目線でおんなじ足元で。

フリーでフレンドリーなライブ。
まるで発表会のようなアットホームなライブ。嬉しすぎました。
だって、もう少ししたら、ステージの上の上の遠い人になっちゃうんだろうからネ。。

始まる前からそんな気持ちがジブンの内であふれていたからかなぁ。
最初からもうスーッと彼の歌声が自然と胸の奥に融けていった。
もうあたりまえの様にそこにある存在。
笑いながら鼻の奥がツーンとなってしまったよ。


1曲目の「ハロー」。
エコーか何かを効かせていたのかな?
歌声がホワンとこだまして消えてゆく。
一瞬。以前OAで歌ってくれてこの日は客席にいる後輩ミュージシャンの「いとたい」くんがハモってる?なんて
アホみたいなことも考えてしまった(いや、ちゃんと椅子に座ってる 笑)
これは次に向けた新たなちょっとしたトライだったのかな?
森の奥でこだましてるような、これから始まるなにかに呼びかけるような
どこか大陸的に感じる歌声だったよ。

でね。
いつもよりもうんと丁寧に歌う曲の背景などを面白おかしく話してくれるヨウヘイくん。
初めましてのお客さんにしてみたら、これって嬉しいよね。
ダダダダッと歌い倒すような気迫あふれるステージも凄いなぁと思うけれど
弾き語りなら、リラックスした雰囲気でゆったりと進むライブが一等いいよね。

2曲目のノラリクラリ。
蒸し暑さに歌いながらもう汗がにじんでる。
扇風機のレベルを強に変え、いつものように袖でぐいぐいっと汗をぬぐい
3曲目を歌い始めようとしたのだけれど・・・・・。
強レベルにした途端にカタカタと落ち着きを失くした扇風機(あー笑)

もうね。
サンダルのつま先でトンと止めちゃったね。「うるさいわー笑」って(笑)
なんかそれを見てたら、ちょっと古ぼけた扇風機が、とぼけた顔したヤツみたいに見えてきて(笑)
"扇風機くん"と"ヨウヘイくん"との漫才みたいだわーって、可笑しくなっちゃった(笑)
ヨウヘイくん、もうこんなヤツ、知らんがな。的になって
「エアコンはここにはないんかなぁ~」って(笑)

結局。扇風機くんとのコンビは解消となり(相変わらずとぼけたまま黙り込むヤツ 笑)
蒸し暑さがヒタヒタする中「大男のブルース」を歌い始めたんだけれど。

サウナ入ってる?と思うほど、汗が次から次へとポタポタポタ・・。
その大粒の汗に目がにくぎ付けになっていたジブンです(いや手拍子もヒューヒューもしたけれど!笑)

この日は薄手の使いやすそうなタオルがあったからヨカッタ(笑)
1曲歌うごとに、したたり落ちゆく汗をゴシゴシ。
そのさまがなんだかやたら男っぽくてドキドキ。

ギターの「結い」。
この歌大好き。聴けば聴くほどどんどん好きになってゆく。
この日も最後のサビの部分の一拍おいてからのギターのジャーンにやられていたのでした(笑)
(分かる人は分かってくれる・・かな??笑)

「東京」。
歌う前に話ししてくれた中で
「ボクが曲を作ると、だんだんテーマが大きくなりすぎて、そのうち地球規模になってまう~」という件には思わず
"それ、すっごく分かるー。ジブンもみずがめ座だから"いつも話がどんどんデカくなる"って言われるー"と
ひとり勝手にシンパシーを感じていたという(アホ 笑)
素足で歩く普段の生活が垣間見える。遠い友人への想い。
今のヨウヘイくんがいっぱい詰まっている。この曲も大好き。


吹出す大粒の汗をタオルでゴシゴシ頭ごと拭いてピアノの前に座るヨウヘイくん。
まるでお風呂上りみたい(笑)
そんな自然体でライブをやってくれることに嬉しさが増すジブン。
(前回のバンドライブがカッコよすぎたからかなー笑)


で。
「ここからは"うじうじタイム"」って言ったかな??確か(笑)
「ボクの歌はうじうじしてる歌も多いんやけど、この歌はボクの体験じゃないからね。
まだ関西にいた頃、横浜に出てきて友達と待ち合わせで入ったお店のすぐそばの席で
別れ話をしてるカップルの話しを耳をダンボの様にして聞いて出来た曲」
と、いつも歌う時に話ししてくれるエピソードで、またもや大笑い。

「旅先で歌を作ると、歌うたびにその土地のことを思い出していいんよね。
北海道、まだまだ行ったことのない場所、たくさんあるしなぁ。
北海道の歌も作らななぁ。北国の歌、今度作るわ!」と言うようなことを話してくれて
♪らーらーらららららーらー と、北の国からのあのフレーズを口ずさんでたよ(笑)

その言葉。
めちゃくちゃ嬉しかった。
やっぱり歌う旅人なんだよなぁ。ヨウヘイくんは。
北国の歌。春も夏も秋もいいけれど。
凍れる冬の歌を作って欲しいな。
ヨウヘイくんから見た、雪の白の世界を描いて欲しいな。。
(だから冬にも来てね。あ、その前に秋にも。。)

「カクテルグラス」
久しぶりに聴けて、ものすごく嬉しかったです!





「鴨川」。
「京都の鴨川、知ってます?行ったことある人?お、結構おるやん~」
と、この曲のエピソードもゆったりと語ってくれたなぁ。

で。イントロを間違えてしまったみたいで(全然分からなかったけど 笑)
「この曲、いつもギターばかりやからなぁ・・・」ってボソッとカワイイ言い訳をしてた(笑)
そうだよね、ギターでしか聴いたことないもんね、と、ピアノで聴ける嬉しさに浸っていたジブン。

京都。随分前に修学旅行で行っただけ。
一度ゆっくり行ってみたいなぁと思い続けていたけれど
今度は絶対ヨウヘイくんのライブで行こうとココロにそっと誓う。
生まれ育った故郷の風景を見てみたいなぁと願ったよ。


「限りなく空」・・・・・この日も圧巻でした。
なんといっても、ピアノのメロが大好き。
そしてサビの歌声にいつも鳥肌になる。
ヨウヘイくんが♪見上げた空は~と歌いながら顔を上にあげ♪~青 と歌うときー。
北海道の空の青を重ね合せてしまったよ。
・・・・・いいよね?(笑)



3曲ピアノで熱唱してくれた後は
髪がぐちゃぐちゃになるのも構わずにタオルでゴシゴシと汗をぬぐい
(もうなんだか家で歌を聴かせてもらってるような、そんな心地よい感覚 笑)

無言のままギターを持って歌い出した「ラブソング」。
昼間、野外で聴いたラブソングよりも、うんとうんとスローで優しい歌声。
そしてやっぱり歌う顔を見つめることが出来なくて、この日もギターを弾く指ばかり見てたジブン(笑)

この曲でのギターなんだけどね。
イントロや間奏でのメロなんだけどね。
一音ずつ下がって最後に弦から指を離してコードを鳴らす仕草(ゴメンナサイ。マニアックすぎます 笑)
カッコイイなぁと、いつも見惚れてしまうのです(だから、すごいマニアックだって 笑)
ライブで必ず歌ってくれる歌だから、もうこの日で9回目だと思うのだけれど
観るたびにカッコイイなぁとドキンとさせられるのです(アホ 笑)
今ちょうどこの歌がPCから流れてきてるのだけれど
ギターの音を聴いているだけで、ヨウヘイくんの指使いや仕草全部が頭にホワンと浮かんでくる。
そのくらい、大好きな曲になりました(やっぱりアホ 笑)




そしてここからが盛り上がりタイム!

「むかしのはなし」
なんかね。最近はこの力強いギターの音じゃないと胸が騒がなくなってしまってる(笑)
グングンとクレッシェンドしてゆく歌声とギターが本当に気持ちよい。
一緒に口ずさんで手拍子してるいるとジブンのココロもぐわーっと高揚して脳内幸せモードになるのだ。
この歌はきっとヨウヘイくん自身のことだよね?なんてチラリよぎっては
そんなちょっと切ない感情もエッセンスとなって
♪むーかーしのはなしー と、一緒に大きな声で歌ってしまうのだ。

「スーパーマン」
出ました!!たぬきステージよりももっともっと熱いスーパーマン!!(笑)
♪ヘーイヘイヘイヘーイヘイ!!も、もっともっと大きな声で!!
楽しくって嬉しくって、カラダが浮き立つ感じになったよ。


「アンサーソング」
30歳の決意表明の歌。
歌詞のひとつひとつを噛みしめながら聴いていたよ。
まだ道の途中かもしれないけれど、その進む道は間違ってなかったねって
積み重ねてきた日々を想うとやっぱり胸の奥が熱くなってしまうのです。


そしてこの日一番ドキンとさせられた「now」
ザクザクのイントロをギターで弾き始めた時に、みんなが打ち始めた手拍子のリズムが2拍子で。
もう何度も聴いてるジブンは「あ・・」と思ったのだけれど、どうしようと一瞬躊躇してしまったら

彼のサンダル履きの片足が床をドンドンと4拍子のリズムで大きく踏み鳴らす。
「違う違う!こっちのリズム!」とみんなの手をグイグイ引くように誘導する。
その力強さにハッとさせられたジブン。

いつもニコニコ大らかでやわらかな雰囲気をふりまく彼が瞬間見せた男らしさ。芯の強さ。
ハッキリと「こっちだよ!」とリズムを求めるその片足に、彼らしい真っ直ぐな自己主張に、
何だかもうもう胸がいっぱいになってしまったのでした。
フロアから直に伝わるその振動にココロ震わされたのでした。

飾らない素足のサンダルのつま先が弾むようにトントンと鳴る。
楽しげに躍るさま。汗をまき散らし真っ直ぐに歌う姿。
やっぱりヨウヘイくんは歌う旅人だって嬉しくなる。

そんな風に自身をさらけだして、風のように太陽のように歌う。
半パンでラフなシャツを着て、言葉を吐き出して、みんなと繋がってゆく。
まるでいたずら小僧のような目つきで、音楽好きな少年がそのまんま大きくなった(なりすぎた!笑)ような
飾らない彼の歌声が一等いとおしいなぁと思えた「now」でした。

うん。あの片足のドンドン。
めちゃくちゃ響いたよ。ココロに。



でね。
本編最後はピアノに座って。
そのイントロを聴いて、またもやぶわっと沸き立つ感情。

「神様」。
先月バンドVer.で聴いて倒れそうになったジブンだけれど
この日も初めて聴くピアノVer.で・・・倒れそうになりました(椅子に座ってて良かった 笑)

同じ曲なのに、ギターとバンドとピアノで、こんなにも世界が変わるんだね。
しっとり切ない気持ちが沁みいる「神様」。
バンドVer.と同じ曲だなんて思えないほど!!
声に含まれた繊細さにヒリヒリと琴線が揺れてしまいました。


なんかもう。
色んな感情に目まぐるしく襲われつづけた本編。
ヨウヘイくんがいなくなってもアンコールの拍手を忘れるほど
ほーーーーーっとしていたジブンです(笑)

でもすぐに出てきてくれたけどね!!(これがOYOYOなのだ 笑)



アンコール1曲目は「Traveller」。
「沖縄行ったことある人?お、おるなぁ。宮古島は??さすがにおらんか~」
ヨウヘイくんの大好きな沖縄。
いつか行ってみたい(笑)

宮古島のコンベンションライブの星空がとても綺麗でそれを何とか残そうと
夜景撮影用のアプリをダウンロードしてまで撮ってみたものの、真っ赤になってなんやこれ!と(笑)
あれやこれや笑わせてくれながら、エピソードを伝えてくれたよ。
でも。ヨウヘイくんが残すならやっぱり画像じゃなくて・・歌 だよね。

そんな「Traveller」。
この日はなぜか車窓からの景色まで頭に浮かんできたジブンです(なぜー笑)
はい。「世界の車窓から」が大好きなジブンなので
窓から飛びゆく景色をほわーんと見ている、そんな気持ちになりました。
緑の草原から夜の星空まで。全部見せてくれたよ。彼の歌声で。

でね。
「北国の歌」を作りたいと言ってくれた話しを思い出して
宮古島の星空もとてつもなく美しく素晴らしいのだろうけれど
知床の星空もすごいんだよー野生のクマもいるしーなんて思ってしまったジブンです(笑)

知床。ジブンにとってのターニングポイントになった大事な場所。
ヨウヘイくんの大事な場所は高知と沖縄。だよね。
いつか、北国のどこかも加わればこんなに嬉しいことはないなぁ、なんて。ね。
欲張りにも願っていたジブンでした。
知床。いつか行ってみてね。



ライブ最後の曲はもちろん「無責任」。
「終わってしまうなー」なんて。ボソッと。
歌う前から泣かせるようなこと、言わないでって思った(笑)

タオルでわしゃわしゃ頭と顔を拭ったから髪の毛がぶわーっと逆立って、
後ろの方がアンテナのようにピーンと立ったままで歌ってくれたよ。

その大きな背中から伝わる熱い気持ち。
ヨウヘイくんもいつもよりずっとリラックスしてんだなぁ。と
みんなと深く繋がってる、分かり合えてる、そう思えた「無責任」でした。
形容詞が見つからないほどの多幸感。
ヨウヘイくんも感じてたのかな。


あとね。
どこの場面で話ししてくれたのか、もう記憶の彼方なのだけれど(笑)
(昼間の野外ライブでもチラリと話ししていたけれど)

今までヨウヘイくんは路上ライブをほとんどやったことがなかったのだけれど
初めて北海道に来た時に、やってみようと歌った場所が、狸小路のドン・キホーテの前で。
そこで歌っているうちに、全然知り合いもいなかった北海道で
少しずつ聴いてくれる人が増えて、ライブに呼んでもらえるようになって。

だから今日、野外のライブでのステージが、その狸小路のドン・キホーテ前だったことが
偶然だとは思えない縁を感じて、すごく嬉しかった。と、伝えてくれました。

うん。あの場所で飛ばした、全てに勝った力強い歌声。
ジブンもこの日のことは忘れたくないなぁと思ったよ。


そんな熱い想いがギターを弾く腕にもこもりすぎたのか
ライブ中に2回も弦を切ってしまって(笑)

でも、さささっと弦を取り出して張替える素早さ。
「世間話をしながらでも弦を張り替えられるのです~」なんて言いながら
穴に弦がなかなか入らなくて「誰か、糸通しもってきて~」なんて笑わせてくれるし(笑)

2回目に弦を切った時には、間違えて違う弦を袋から出してしまって
「あ、これ違う弦やん!」と、ポイッとその場に投げ捨てる豪快さ。

もうね。なにをやってもね。なにを言ってもね。
ヨウヘイくんらしさがあふれてくることにね。何十回も嬉しくなるジブンなのでした。


ライブ後も、ゆるゆる~してたヨウヘイくん。
どの場面を思い出しても、幸せすぎて、もったいなさすぎて。
やっぱり大事に胸の奥にしまっておくことにする(笑)


次に会えるのはいつかなぁって思いながら
もう今年の遠征はヨウヘイくONLYになりそうな予感がしてる(笑)

どうしよう?(笑)
ジブンでももう訳が分からないよ(笑)

唯一分かることと言えば
浜端ヨウヘイ。めっちゃいいよ。大好きだよ。ってこと。かな(アホアホ 笑)


はい。
待ちきれないので、来月も飛んでゆく覚悟です(笑)
止められても飛んでゆきます(アホアホアホ 笑)


ヨウヘイくん。
忙しい中、札幌でダブルヘッダーライブをありがとう!!
幸せな時間をたくさんたくさん、本当にありがとう!!

穂苅さんもお疲れ様でした。
実は厳しくて怖い人なのかなぁと想像していたけれど
(今までのつぶやきを読んでいるとね 笑)
ヨウヘイくんを温かく見守る眼差しがとても優しくて、カワイイなぁと(オイ 笑)
印象がグッと変わりました(*^。^*)
あ、あんまり背中丸めて歩かないようにね(笑)


昼間のライブが終わり、お蕎麦屋さんを探して街をウロウロしていたら
人混みの中で頭ひとつ飛び抜けた大男の姿がすぐに目についた。

その大きなカラダはどこにいたって、すぐ見つけ出せるし
その大きな歌声はどんな遠くにでも飛んでいって、みんなを熱く魅了する。

見失うことなんてないよなぁって、大きな背中を頼もしく見つめるジブンです。

これからも。
応援させて頂きます!!

また、北海道にいらしてください。
いつでも熱くお迎えいたします。

来週のオーキャンでまた一段とすごい人になっちゃうんだろうなぁ。。




●浜端ヨウヘイ 弾き語りツアー Extra Large 2014 北海道 part2

【日時】2014年7月12日(土) 開場 19:30/開演 20:00
【会場】OYOYOまち×アートセンターさっぽろ
【料金】前売2500円 当日3000円 (1オーダー¥500別途)

◎セットリスト

1. ハロー
2. ノラリクラリ
3. 大男のブルース
4. ドライブミー・クレイジー

5. 結い
6. 東京

7. カクテルグラス(ピアノ)
8. 鴨川(ピアノ)
9. 限りなく、空(ピアノ)

10. ラブソング
11. むかしのはなし
12. スーパーマン
13. アンサーソング
14. now
15. 神様(ピアノ)

ENC-1. Traveller
   -2. 無責任(ピアノ)


*今回のセトリはバッチリ!かな(笑)
 ていうか、今までどんだけタイトル間違いしてたんだろう(笑)
 あとで以前の記事を直そうかしら(笑)







そしてこの長い記事を最後まで読んでくださった方へのインフォメーション!!

今月末に東名阪でのヨウヘイくんライブ。
ちょっとでも気になった方はぜひに!!!

多分ね。
オーキャン後なら、チケット取れないかも。よ?(笑)


●浜端ヨウヘイmonthly「ハマバタ祭り」
【GUEST】岩崎愛  http://www.iwasakiai.com/
【日時】2014年7月29日(火) 開場 18:30 / 開演 19:00
【会場】大阪 心斎橋knave
【料金】前売り¥2,500(税込、ドリンク別)、当日¥3,000(税込) / ドリンク代別 整理番号付



●浜端ヨウヘイmonthly「ハマバタ祭り」
【GUEST】見田村千晴
【日時】2014年7月30日(水) 開場 18:00 / 開演 19:00
【会場】名古屋TOKUZO
【料金】前売り¥2,500(税込、ドリンク別)、当日¥3,000(税込) / ドリンク代別 整理番号付



●浜端ヨウヘイmonthly「ハマバタ祭り」
【日時】2014年7月31日(木) 開場 18:30 / 開演 19:00
【GUEST】村上紗由里 http://murakamisayuri.jp/
【会場】代官山 晴れたら空に豆まいて
【料金】前売り¥2,500(税込、ドリンク別)、当日¥3,000(税込) +1D ¥600-





●音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2014「太陽と夏の恋物語」
【日時】2014年8月13日 (水) open 14:30 / start 15:00
【出演者(50音順)】 奥華子/カサリンチュ/川嶋あい/たむらぱん/浜端ヨウヘイ
【会場】 音霊 OTODAMA SEA STUDIO
(神奈川県鎌倉市由比ガ浜海岸 滑川交差点下)
*アクセス
JR鎌倉駅から徒歩20分、江ノ電 由比ヶ浜駅より徒歩10分!
・JR 湘南新宿ラインで、渋谷駅から鎌倉駅まで約55分
・JR 横須賀線で、品川駅から鎌倉駅まで50分
【料金】 前売 3,500円(税込) / 当日券 4,000円(税込) (ドリンク代 別途500円)


◎ライブの詳しい情報はofficial HPまで。
  浜端ヨウヘイ Offcial Web Site <LIVE>



わぁー。
ジブンなら全部行きたいぞ!!(笑)

今だけのヒリヒリとキラキラ。
見逃したら絶対にもったいないと思いますヨ!!!



ああ。
お昼ご飯食べないでこれ書いてたわ・・(カレー食べたいー笑)



スポンサーサイト
| ♪浜端ヨウヘイ | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。