123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-07-25 (Fri)


先週末のJOIN ALIVE!
1日目しか参加しなかったけど、2日目のつぶやきなどを追っていたら
やっぱり行きたかったなぁーと羨ましさいっぱいになった日曜の午後。
猫の額ほどの庭でバーベキューしながら空の青を見上げていました。
(TOKIOの盛り上がりがハンパなかったらしいね!観たかったなぁ!! 笑)

そんな倖せ気分から一変。
翌日から気になる体調の変化にだんだんと不安が募っていった。

実は左脇の下のしこりが結構前から気になっていて。
多分リンパかな??なんて思いながらなんとなくやりすごしていたのだけれど。
少し疼くような痛みが数日前から伴ってきて、だんだん心配になりネットで検索してみると
出るわ出るわ「乳がん」という文字が。症状もあてはまるものが多い。
急速に不安が増し、以前検診をした病院へ予約を入れてみるものの
人気の病院なので診察が3週間先しか空いていない。

なんかね。そうなるとね。
もう心配で頭の中がギッシリ。
仕事は?家族は?あれこれは???
不安の塊に押しつぶされそうで、何も手に付かなくなってきて。
とてもじゃないけれどこんな心境で3週間も待てない!と
予約無しで相当待つだろうけれど、それでもすぐに診てもらいたい!と
丸一日待つ覚悟で昨日受診をしてきたのでした。

診察の前に看護師さんに状態を聞かれた時に
思い当たること、不安なことを色々話しさせてもらったら
それから間もなく名前が呼ばれ診察を受けさせてもらえました。
(予約の方々がびっしり待合室にいらしたのに。ありがたいです。)

ドキドキの触診。
先生が
「・・・・特にしこりはないかなぁ」と(笑)
「えっ、だってこの辺りに・・・」
「これは筋肉(笑)」
「ここは??」
「リンパかな??」

・・・・・・アタシって(笑)

「多分大丈夫だと思うけれど、前回の検診から2年近く経ってるし
一応、マンモとエコーの検査もしておきましょう」
「ありがとうございます!今日は悲壮な想いで診察を受けに来たので、ホント良かったです」
「・・・・(苦笑)」

マンモの痛さは相変わらずだったけれど
(揉まれ形成され台の上に乗せられ潰されるおっぱい・・まるでお餅だ 笑)

エコーも気になるところを重点的に診てもらえてひと安心。
その後の先生のお話では
「確かにコロコロがあるけれど、これはリンパのコロコロで・・・特に心配はないかな。
乳ガンも大丈夫。とりあえずは1年後にまた検診に来てね」

ということでした。

はぁー。。。
本当に良かった。
もしかして??と悩んでいた3日間。
「もっと早く検診を受けてれば・・・・」と後悔したし
とにかく今は先にジブンが逝ってしまうことは出来ない!
もしそうだとしたら、戦って勝たなければ!なんて決意したり
そのすぐあとに「でも・・」と泣きそうになったり。

1年半前に突然検査で「脳に腫瘍がありますよ」と言われてるからね。
こういうことって、他人事じゃなく、我が身にもふりかかることだって
その衝撃はすごくリアルに感じてるからね。

とにかく検査の結果がなにごともなかったことで
ホッとして、やっとブログに向き合えてるジブンです。

うん。
昨日病院に行く電車の中で、10年程前に亡くなった友達のことを思い出してました。

高校卒業後に入社した会社で同期だった彼女。
研修期間にすぐに仲良くなり、配属先は違ったけれど退社後よく一緒に遊んだっけ。
当時から付き合っていた彼氏とあっという間に結婚をして可愛い女の子にも恵まれて。

一方のジブンは紆余曲折の日々(笑)
昼間の仕事が夜のススキノになり父が亡くなり何だかんだあった末に地元を離れ知床やらバイクで旅やら外国へ移住やらその後は本州に住んだり結局地元に戻ってきたり。とにかく本当に目まぐるしい半生(笑)
いつしか付き合いは「今年こそは絶対会いたいね!」という言葉を書き添えた年賀状だけになってしまってた。

そんなある時。突然。年賀状に記した携帯の番号に彼女から電話があった。
仕事へ向かう途中だったジブンは、懐かしい声に驚きながらも
その声にゆったり寄り添う気持ちの余裕がなく「また電話するね。じゃあね」とあっさりと切ってしまった。
仕事が終われば自転車を飛ばして保育園へお迎え。慌ただしい日々。
「また電話するね」と言う約束を叶えないまま過ぎた半年後。

投かんした年賀状と入れ替わりのようにやってきたグレーの縁取りのあるハガキ。
彼女が年末に亡くなりすでに家族葬を済ませましたという知らせだった。
ビックリして家へと電話した。結婚式以来に聞いた彼女の旦那様の声。
「乳がんでした。年齢が若いせいかあっという間でした」と。

まだ可愛らしい女の子2人を残したまま
どんなに辛い思いを抱えて彼女は逝ってしまったのかな。
半年前の電話。ちゃんと聞いてあげればよかったな。会いに行けばよかったな。
もしかして彼女はこうなってしまうことを薄々分かっていて、電話をくれたのかな。
急速に押し寄せる後悔と哀しみ。
あれからもう10年もの月日が過ぎて。今でも信じられなくて。

そんなことがぶわっと蘇ってきた。病院に行く途中の電車の中で。
次はジブンかな?なんて、思えたりしてた。

なんて。
今なにごともなくこうしてブログなんかを書いてるジブン。能天気に。
ワタシなんぞが生きていて、彼女が早く逝ってしまった意味は、どこにあるのですか?と
空の上の誰かに聞いてみたい気持ちだったりします。

ホントね。
大事にしなくちゃね。ジブンも。家族も。周りの方々も。全ての方々も。



という、ここ数日間でした(笑)

とりま、気持ちが落ち着いたので
やっと、JOIN ALIVEのことが書けそうです(笑)

てか、今日はオーキャン前夜祭だよね。
山中湖へ行かれてる方は(こんなところを覗いてるわけがないけれど 笑)楽しんできてくださーい!!!

ジブンは、DVDを楽しみにしてる。

あ。スキマのオーキャン2013DVD、まだポチしてないし!!

元気と分かったら急にあれもこれもやらねば!と焦ってきてる(笑)

健康に感謝しながら、次はJOINのことを書こうと思います(*^。^*)


うん。
みなさんも、検診、必ず行ってくださいね!!!!


スポンサーサイト
| *私事 | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。