123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-08-01 (Fri)

ようこそ8月!
よろしく8月!
うれしい8月!

8月がやってきたね。
毎日暑くて汗をダラダラかきながら夏を抱きしめていたら
大好きな8月になってしまって、ちょっと気持ちが焦り始めてる(笑)

北海道の夏はあっという間だからね。
お盆が過ぎたらもう秋の気配が忍び寄ってくるからね。
この暑い夏をとりこぼさないようにしなくてはね。

と、その前に。
やっと書こう!書かなくては!と開いたブログ。
もうすでに需要はないと思うけれど(わはは 笑)
ジブンの忘備録として先月のJOIN ALIVEの記憶の記録をしておくのです。

それにしても。
失敗も多々あったけれど
今年は例年以上に楽しかったなぁ!!
JOIN ALIVE!!


※閉じまーす☆








DSC_2230.jpg

JOIN ALIVE 1日目。
お目当てのスキマスイッチの出番はお昼過ぎ。13時40分から。

なので今年もゆるゆると9時頃に家を出発。
最寄のJR駅から電車に乗り岩見沢駅までは約1時間半弱。
急行に乗ればもっと早く着くけれど、電車代が倍するので、のんびりトコトコと(笑)

3連休初日のこの日は一般道も高速道もすごい渋滞したみたいだけれど
(車やバスの方々は結構大変だったようで・・)

我が家からだとシャトルバスよりJRで行った方が断然ラクだと気付いたジブン。
今年は岩見沢駅からタクシーで会場まで行ったけれど千円ちょっとだったし
ワリカンで乗ればJR代と足しても高くないし、なによりラク!!
のんびりと会場へ向かい、11時に到着しました~。






太陽はジリジリしてるけれど、吹き抜ける風が爽やか。
昨年の暑さと比べるとずっと過ごしやすい感じ。

会場に入ると、グッズ売場が結構空いていたので、とりま、タオルを見に行ってみる。
スキマの夏フェス用タオルは2種類。
ピンクの可愛らしさにかなり魅かれたけれど
値段の安さと、この後に夏フェスタオルを使うライブ予定がないことから(ああ 笑)
500円安いこちらを購入しました!!(ケチ!?笑)




DSC_2231.jpg


買って広げてから気づく。
この絵柄って正しくオーキャン仕様???(行かないのに!!笑)


ま、ま、いいか(笑)

さっそく、タオルを首に巻いて、芝生の場所探し。
その後は空腹を満たすべく、フードコートへ。




DSC_2188.jpg

なぜかフェスに来てもスープカレー!(笑)






1405991157656.jpg

エビ油ラーメン!



テーブル席があいていて座れたのはいいけれど
せっかく凍らしてきたペットを芝生の方に忘れてきたという(笑)

おまけにね。
凍らしてきたのが、いつまで経ってもあまり融けなくて(爆)
なんで、ジブン、わざわざ家から凍らせたペットなんかを持ってきたのか!と。
(昨年の横浜オーキャンでの苦い経験が無意識のうちに持たせたものと思われ 笑)
北海道の夏フェスはそれくらい、過ごしやすい気持の良い夏フェスなんだと、今更ながら気づきながら
炎天下、お昼ご飯を食べていたジブンたちでした。

かき氷も食べたかったけれど、時間もあまりなくなってきたので、ローズステージへ。
スキマのひとつ前の「BIGMAMA」からステージ前へと参加する。

バンド名は聞いたことあるけれど、音楽を聴くのはこの日が初めて。
でもなんだかとっても楽しかったー!!!(笑)

普段聞かない系統の音楽だったせいもあるし、夏フェス特有の解放感も相まって
いかつい男子ファンの中に混じって「イェー!!!」と一緒に飛んではしゃいじゃいました(笑)

で。ジブンの前に小柄なかわいらしい女子がいたのだけれど
中央にある柵の反対方向でモッシュが始まったようで、ひょいっとそちらへ移動していった。
そのうちあれよあれよという間にモッシュダイブが始まり
さっきの女の子が笑顔でコロコロと人の上を転がっていく様子に
「楽しそう~~~!!」と眠っていたミーハー魂を刺激されました!!
(もちろんそれに参加する体力気力はもうない年頃だけど 笑)

そして、そちら側の方にスキマニアの方々のタオルやTシャツが多く見えて
モッシュダイブに慣れていないであろうみなさんのことが心配だったりして(大丈夫だったのか

ジブンの周りは大汗かいて雄叫び上げる男子ファンばかりだったから
一緒に叫んじゃったけどね(さすがに、タオルはスキマだから掲げられなかったけど)
「BIGMAMA」熱いステージありがとう!!!

最前まで彼らのファンの方ばかりだったので
ステージ転換の時にスムーズにするすると前へ移動したらなんと!
今年も最前位置!柵前に行くことが出来ました!!ラッキー!!
それもね。タクヤくん側だからね。
この後のライブで何度も嬉しい表情が間近で見れるというラッキーラッキー!!

少し曇りがかってきた空。
日差しのジリジリも幾分和らいでいていい感じ。
柵に寄りかかりながら待ってる時間さえも嬉しくてワクワクが募っていって。
あきーむさんが忙しく立ち回る姿をじっと眺めていたりしました(笑)
(音合わせのギターはもちろんだけれど、ピアノも上手いことに驚いちゃいました!笑)

でね。ステージ上で準備してる間にね。
奥の方から発声練習しているタクヤくんの声が聴こえてきたからビックリ!!
耳を澄ませてしばし聴き入ってました(思わず、緊張の面持ちで声出ししてる姿が浮かんだよ)

そしていよいよ2人の登場!!大歓声!!
タクヤくんはスターらしい真っ赤なシャツにジーンズ。
シンタくんは鮮やかな青緑?の帽子に、白と濃紺のチェック(だったっけ?)のシャツ。青いパンツ。

そして奏でられるイントロに大歓声と拍手が。

「奏」
こんな風に「待ってました」と迎えられる、愛されている楽曲があること。
ミュージシャン冥利につきるんじゃないかなぁと、この日改めて思ったよ。
「間奏で起こる拍手に鳥肌立ちます。」
なんて、タケシもつぶやいていたけれど
身内のようなファンが多く集うオーキャンの反応とはまた違い
初めましての方々が多い分、どれだけこの曲が沢山の人に待たれているのかが分かる温かな拍手。

スキマニアのみんなはもう正直(違う歌も聴きたいよ)って思いがちだけれど
普段スキマを聴かない方々をも惹きつける歌をこの10年で何曲も作れたことって、本当にすごいことだよね。
野外で聴く「奏」。一緒に口ずみました。

でね。
シンタくんがね。
会場のみんながくちずさんだり聴いている様子をみてね。
うんうんとうなずいて、ニッコリ笑いながら、鍵盤を弾いていたんだよね。
その姿を見ながら、ジブンもちょっとジーンとしたりして。

それにしても。近い(だって最前 笑)
前回のライブがさいたまアリーナのスタンド席だもの(だって遠すぎた 笑)
ステージから放たれるライトが少し眩しかったけれど
タクヤくんの表情も、シンタくんの嬉しそうなうなずきも、しっかりと見ることが出来て嬉しい。


2曲目が「ユリーカ」!
うわー。一昨年のリリース時、ここで生歌を初聴きしたんだよね!!
おまけに同じような立ち位置で!!と、気持ちがギュイーンと急上昇!!(笑)
2年前の宇宙兄弟のオープニングなんかも思い出してた。あの振りをしようかどうか迷ったことも(笑)

で。
わわっ!とココロを鷲掴みされたのが、久々に間近で見た、間奏時のタクヤステップ!(笑)
両足をリズムに乗ってタタタッとステップ踏むことがあるよね。
ハンドマイクもって、反対側の手を振り下ろすようにして。

いやあ。このステップ。目の前で見れるなんて。ホント感激(笑)
あちこち遠征したりするけれど、地元で見るスキマスイッチがやっぱり一番近いなぁと嬉しくなったよ。
「上がって―昇ってー」岩見沢の空を貫いた歌声。
カッコよかったなぁ。

と、思いながらも。
ちょっと今日はキレがイマイチかな?とも感じたジブン(オイ!笑)

多分。昨夜は前入りして札幌の夜を楽しんだのでしょう(笑)
ちょっとカラダが重そうに見えた(笑)
顔が少しむくみ気味にも感じた(わはは 笑)
早くも額から流れる汗はアルコール度高めのはずだ(わははわはは 笑)
でもまぁ、それもこれも、いつものタクヤくんらしい。ってことでOKなんだけどね(笑)

そんな彼をヒーリングするように流れていく爽やかな北の風。
この日はポプラの綿毛もいっぱいふわふわ飛んでたなぁ。
あれ、吸い込んじゃだめだよ、ゲホゲホってなるよ、なんてことも気になっていたアホなジブン(笑)


で。
3曲目が「夏のコスモナウト」。

最近スキマをちゃんと聴いていなかったので
JOINでほぼ初聴きのジブン。それがまた逆にヨカッタなぁ。
シンタくんがみんなの反応を伺うように、遠くのお客さんまで視線を投げる。
そして、笑顔でまたうんうんとうなずく。その笑顔に嬉しくなって一緒にうなずいてしまうジブン(笑)
いいなぁ!!楽しいなぁ!!この新曲の弾む感じも夏フェスにピッタリだね!!


この後にさらっとしたMC。
「今年の夏フェスの最初がこのJOIN ALIVEで
こんなに盛り上がってくれてすごくいいスタートが切れたと思います!!」
みたいなことを言ってくれてたよ。

確か、2年前の時も「JOIN ALIVEが夏フェススタートで嬉しい」って言ってくれてたよね。
(あれ?ライブ中じゃなく、ラジオ収録の時だったかな??)
そんな風に「初めて」が北海道だってことも、なんだかキュンとしちゃうのでした(笑)


4曲目「Ah Yeah!!」
新曲なのに、初聴きなのに、会場中で一緒にめちゃくちゃ盛り上がったぁー!!
サビの「あう いぇーぃ!!」のところで、自然とみんなが指差しポーズで手を振り上げて
すっごく楽しかった!!!高揚感ハンパないね、この曲!!
一緒に跳ねて手を振り上げてるとアドレナリンが爆発する感覚になる(笑)
今年の夏フェスは絶対この曲で盛り上がること間違いなし!だよね!!
ジェットコースター作用かなぁ。うん(そして後で乗りにいく・・・・笑)

JOINから帰ってからは、リリースされたCDでもう何十回も聴いているのだけれど
聴けば聴くほど、サビの「あう いぇーぃ!」の”いぇーぃ!”のコードに高められてしまう。
スキマの曲って、どの曲も「この場面でこのコードを持ってくるんだ!すごい!」って思わされる部分が何か所かあって
「Ah Yeah!!」でいうと、”いぇーぃ!”のコードがジブン的に一番のツボになっている。
上手く言えないけれど、このコードで空へ放たれるイメージが増幅するのだ。
ジェットコースターのてっぺんから見える景色。そこから飛ぶ感覚になるコード。
こういう部分を見せられる(聴かされる)たびに、スキマスイッチってやっぱりすごい!と思わされるのだ。

なぁんて。
小難しいことは置いといても、単純に初聴きで、大いに盛り上がれる。
夏フェスにピッタリの「Ah Yeah!!」
どこまでも遠くに飛んで行ってこの夏みんなを魅了して欲しい。
“僕が居る”って証拠 誰の胸にもひとつ 打ち鳴らせるはずだって、そう思ってるよ。



でね。
もしかして歌ってくれるかなぁ。
フェスで結構歌ってるから今日ももしかして・・と願っていた曲がこの次にきて。
思わず一番の歓声を上げてしまったかもしれないジブンです(アホ 笑)

「SL9」
夜じゃなくても、夏の昼の太陽降り注ぐ野外の空でも
なぜか幻想的な星を見せてくれるから不思議な曲だなぁと思う。

こういう曲がスキマスイッチにもあるんですよ、と
2人は初めましてのみんなにも教えたいんだろうなぁ、と、
フェスのレパートリーに加えられる意図に気づいてなお嬉しくなるジブン。

ほーっと嬉しすぎる感情が溢れた歓声と拍手が沸き起こった会場。
シンタくんの満足げな表情。
タクヤくんは込めた気合いをあえて見せないようにそっと歌い出す。

でね。
すぐ目の前。ハンドマイクで熱唱するタクヤくん。
流れる汗とか汗とか汗とか・・・(脇汗は禁句 笑)ドキドキしちゃいました(笑)
こんな贅沢あっていいのでしょうか???ホント、ラッキーだった!!

アウトロで放たれる歌声。
ステージを右に左に走りながら熱唱するタクヤくん。
でもやっぱりキレがイマイチだったかも?(オイ 笑)
一昨年は、ステージセットを支える柱?(パイプ?)にもよじ登って
「落ちないかい?大丈夫かい?」って心配になるほどだったけれど
この日は右へ左へ移動するだけだっだったから(笑)

でも歌声の凄さはやっぱりやっぱり変わらない。
ホント。代表曲だけではない、スキマスイッチの世界を
初めましての方々も感じ取れたんじゃないかなーと思う「SL9」だったよ。



そして。
バンドが奏でる音に「ああやっぱり次はあれだね」と。
いつもの声だしが始まる(たのしうれし 笑)

フェスだからワンマンよりは簡単なメロディライン。
その分、ロングトーンでイジメラレル(笑)
タクヤくんに「おおすごい!」と誉められれば嬉しくなり
「全然だめでしょ!」と言われればなおその言葉に嬉しくなり(多分ここではみんなMのはず 笑)
どっちに転んでも、上手く歌えても歌えなくても、誉められてもダメだしされても
声だしするごとにみんな笑顔になり、引き付けられ、
高揚していくココロは、バンドの高鳴りと共に上昇して、
シンタくんの鍵盤の「タララタララタララタララタララ~♪」の奏でに爆発してしまうのだ!!

全力少年のこのお決まりの始まり。大大大好きです!!(笑)

「知ってる人はみんな歌って!」と言われるまでもなく
最初っから口ずさんで手拍子して
タクヤくんがみんなに歌をフッてくれた時には大声で歌い
ジャンプして笑顔になって汗だくになって(笑)

でもって。
この日も舞台落ちしてくれたタクヤくん(笑)
右端から降りてきてダーッと前列を走った後は
中央の柵の中まで入ってもみくちゃにされている様子(笑)
最後に左端目掛けてジブンの前も走りぬけてった!
手を思いっきり伸ばしたけれど、先っぽに触れたような触れなかったような?(ふれて卓弥をー!笑)
でもでもとにかく久しぶりの間近で見れて本当にドキドキしちゃいました!!

最後は中央からステージに登ろうとしたんだけれど
なかなか上がることが出来なくて「バテたのかな??」と思っていたら
「汗でジーンズがくっついて足が上がらなかった!笑」そうです(笑)


あーやっぱり楽しかった!めっちゃ楽しかった!
だからあっという間だった!もう終わっちゃったの?って思った!


タクヤくんはこの日も飲んでたペットボトルをポーンと遠くへと投げ放って
放物線を描くキラキラとしたその行く末をジブンはぽーっと見ていました(笑)

で。
タクヤくんが先にみんなに手を振ってステージを降りていったあと
シンタくんはマイペースでお辞儀なんかしながらスタスタと歩いて行くのはいつものことなんだけれど

この日はシンタくんもペットボトルをお客さんに向けてポーンと投げた!!

え!!シンタくんも投げるんだ!!ってビックリしたと同時に
以前は一歩下がり気味だったシンタくんが、タクヤくんと肩を並べるようなパフォーマンスをしてくれたことに
2人の対等な関係が垣間見えたし、なんかね、嬉しさがこみ上げてきちゃったのだ。

11年目のスキマスイッチが放つメロディーとパフォーマンスは
どちらも遠慮のない、負けない、それでいて互いを尊重し合う、そんな音楽なんだなぁと
今年のJOINでしっかりと感じ取ることが出来たのだ。

うん。
「音楽と人 8月号」のインタビュー記事の言葉を借りれば

"離婚届があるからこそ お互いにがんばんなきゃ、離婚だなんて言わせない為に
 相手を納得させるだけのことを自分がやらないと、っていう意識になる" のだろうし、

インタビュアーの上野さんが言うように
"崖っぷちでギリギリ、それが今のスキマスイッチ。
 でもだからこそ、ふたりはその手を絶対に離さないのだ"

という言葉の本当の意味を、このJOINのステージで見せてくれたなぁと、
タクヤくんのスマートな投げ方はとは全く違う
スポーツマンらしいシンタくんの豪快なペットボトルの投げ方に、感じ入っていたジブンでした。

って。
そんなことまで考えてるアホはジブンだけだろうけれど(爆)




終わってしまったー。
次はラジオだぁー。

と思い、出口へ行こうと振り向くと、
ナオトファンのミナサマガタに通せんぼさせられちゃいました(笑)

特に親子で来てた母上様が片手で柵をガッチリと握り娘さんに
「こっち掴まったから、そっちから入って!」とギュウギュウと押してくる(笑)
いや、だから、ワタシタチが出ないと、アナタタチもここへ来れないでしょ???

怖かったー。めっちゃ怖かったー。全然出してもらえなかったぁー(笑)
BIGMAMAとスキマのステージ転換はとってもゆるりとしてスムーズだったのだよ。
それこそ「はいどうぞ」的な空気感でファンが入れ替わったのだよ。
気持ちはわかるけれど、これってどうなの?って最後にとても嫌な気持ちになってしまった。
こういうフェスって、気持ち良くそれぞれのファンが譲り合うのがマナ―だと思うし
そう言う意味で言えば、どうしても最前で見たいからと、オープニングからガッツリ場所取りをして動かない
一部のファンのやり方もゲンナリしてしまう(昨年のハターさんもそういう方がいたみたいでガッカリ)
そこは今出てるミュージシャンのファンと譲り合って行けば一番いいのにね。
ジブンもたまたま今年もいい場所で観れたけれど、でもそうじゃなかったとしても
それなりの場所で楽しもうといつも思ってるよ(昨年は秦クンを後方から見たしね 笑)



とにかく。
今年もスキマのステージを思いっきり楽しめて大満足!!
もうこの日のミッションをほぼ果たせたようなそんな気分でした(笑)


■JOIN ALIVE2014@スキマスイッチ

・日時 2014年7月19日(土) 13時40分~
・場所 いわみざわ公園(野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地)

~セットリスト~

①奏
②ユリーカ
③夏のコスモナウト
④Ah Yeah!!
⑤SL9
⑥全力少年







たくさんの人の中でもみくちゃになりながら、やっとの思いでFM NORTH WAVEのブースにたどり着く。
すでに多くのみなさんが集まっていました~(はぁはぁ 笑)

でもこの時も、スタンディング(と言っていいのか??笑)の最前列になれたので
とても視界がよかったよー。ホントなぜかここまではラッキー(そう、ここまでは 笑)




       DSC_2185_201407311527454ca.jpg





DSC_2186.jpg

始まる前に場所を確認がてら写メっておきました(笑)

ここが2人が出てくる頃にはファンの方々でビッシリになってました。




2人ともJOINのTシャツに着替えて登場。
タクヤくんは白。シンタくんは黒。下は2人とも半パン。

ラジオ収録が始まると、タクヤくんの座る位置のせいか?
視線がずっとこちら方向なので嬉しくて仕方なくなる(オイ 笑)

今回はFM NORTH WAVE×アルキタ(アルバイト北海道という求人誌)の番組?だったせいか
インタビューの話しは「バイトはなにをやってましたか??」というのがメインだったなぁ。

タクヤくんは「シロアリ駆除」の営業。(たまにこの話しをあちこちで言ってるよね!笑)
ライブのMCに役に立つかな?と、当時話し下手だった彼が選んだこのバイト。
ちゃんと床下潜って、白アリいるかどうか見てたらしいよ(それって結構大変だろうネ)
だからそのうち「この家は白アリがいる」ってすぐに分かるようになったらしい(スゴイ特技だ 笑)

シンタくんは引っ越しのバイトだったっけ?(よく覚えてない 笑)
耳の悪いジブンはいつもシンタくんの話しがちゃんと聴き取れないという(わはー笑)

あと。番組始まる前に、今日誕生日だという女の子がいて
DJの方がお祝いしてもらいましょうね!と、決めていて(笑)
その子はタクヤくんにハッピーバースデーを歌ってもらっていました。
そしてみんなも一緒にお祝いしました。めちゃくちゃいい思い出になったね。あの子!良かったね!!


ラジオ番組が終わってホッとするジブンたち(え”笑)
はい。この後のAIR-G'の番組のこと。全くチェックしてなかったのです(ええ”笑)

なんかね。
一昨年前の、前のめり気分と比べて
今年はすごいゆるゆる気分だったように思う(笑)

タクヤくんとどこかで偶然バッタリ会えるかも??なんて微塵も考えなかったし。
なんかそういうのって考えれば考えるほど、ライブの本質から外れていくようで
それにとらわれてる自分がイヤになってくるし、期待が外れた時のショックも大きいし。
なにより純粋にライブを楽しめないのってホント疲れるし。
だから、タイムテーブルすらも持たないまま(これが後々とんでもないことになってしまう 笑)
「さあて、スキマのラジオ終わったし、次は「あう いえーぃ!しに行くかぁ!!」と
張り切って遊園地へと向かったのでした(笑)





DSC_2210.jpg

の前に。
ナオトライブをチラ見(笑)






DSC_2194.jpg

後ろの芝の凄い人!!
スキマより盛り上がっていたような???(笑)



ナオトの歌は、正直言ってあまり(というかほとんど)知らないのだけれど
「大陸的な空気があるなぁ」なんて感じられたのだよ。

歌詞だとか、メロディーだとか、そういう部分で感じた、と言うよりも
音楽に含まれる大きな流れにそれを感じたのだ。

多分。彼が体験したことひとつひとつが、無意識に音に組み込まれていくのだろうね。
その開放的な明るさが聴く人を惹きつけるのだろうなぁ。

なんてことを、考えながら、ココロは遊園地へ・・・・・(オイ!笑)







はい。
久しぶりの遊園地。
めっちゃ気持ちいいーーーー!!!!



DSC_2217.jpg







とにかく。
あう いえーぃ!をやりたいがために
(スキマニアの方々ならこの気持ちをよーく理解できるはず!笑)

なぜか一番難易度が高い???ジェットコースターから乗る(わはは 笑)



DSC_2214.jpg

「龍王」!!
読んで字のごとく、龍の王様のように豪快にぐるぐると360℃回転しちゃうジェットコースター!!(笑)

何年振りだろう?これに乗ったのは??
もうとにかくめっちゃ楽しかった!!!
目をつぶらないようにしてたのに、いつの間にか目をつぶってぐるぐるしてたのがココロ残りだけれど
終わったらなんか鼻水まで出てわぁわぁハイテンションになってました(笑)






で。その後に向かったのが。

DSC_2220.jpg


「轟音 GO-ON!」!!(笑)

読んで字のごとく、走るスピードもさることながら、音がもの凄い!!(笑)
そして振動がよりスピード感を増してくれるジェットコースター!!(笑)

これはもうキャーキャー大声出して乗っちゃいました!!
(「龍王」は声も出なかった 笑)

ギリギリのカーブをグイッと曲がって轟音で走り抜けるスタイルがたまらなく楽しかった!!!


ジェットコースター!本当に楽しいっ!!(笑)
大好きだからもう3~4回は続けて乗りたかったくらい(笑)

でもあまり時間もないので、最後の乗り物は「バイキング」

これも楽しかったなぁ。ずーーーっと楽しすぎて笑ってました。
ヒューヒュー言ってました(ライブかよっ!笑)

遊園地の乗り物は、大人の為にこそあるのだと
普段のストレス解消にはもってこいだと、そう実感(笑)





DSC_2227.jpg

暮れゆく景色がとてつもなく綺麗でした。







DSC_2224.jpg

少し肌寒くなった夕風に揺れるポプラ。
北の夏をジンワリと感じていました。






でね。
この後見たかったのが
「チャウ大付属脂身JOINゼミナール」

メインは奥田民生さんを観たかったのだけれど(ユニコーン世代 笑)
きっと謎のコラボもあるらしい・・・ということで、ぜひとも行こう!と。
でもその前にちょっくら腹ごしらえもしたいな、と。
フードコートに舞い戻ってみれば、みんな考えることは同じ(笑)
小腹が空いた夕食を求めてる人々で、どこのお店も長蛇の列なのでした。

隣りのステージから聴こえてくる、EGO-WRAPPI'Nのご機嫌な音楽を聴きながら
あまり美味しくないタコライスを頬張ってたジブン達。
この時、大きな勘違いと重大なミスを犯していることに全く気付かないアホなジブンに
あとで激しく後悔の念を抱くことになろうとは・・・・・・(ああ時間を巻き戻したいくらい・・・笑)



夕食を終え、チャウ大を観るぞ!とステージへと移動。
ところがね。待てど暮らせど、ライブが始まる気配がない。
開始時間を大幅に過ぎても、ステージの準備が続いている。
「なんかすごい時間オーバーしてるよね?どうしたんだろ??」

そう言ってるうちに、見知らぬ女性ミュージシャンがダンスをしながら歌い始めた。
周りの方々はイェーイ!!とノッて踊ってる(それもどちらかと言えばヤンキー風の方々 笑)

「ん???なんだろ???これの後に出てくるの???あれ??」
疑問符が浮かびながらも、そのまま何となく周りに流されながらステージを見続けるジブン達。

いつの間にか、彼女の最後の曲です!と言う段になって、ハタ!と気づいて大きく慌てる。

「・・・・・・・ヤバイ。別のステージかも!!!!!!!」

えーん。
なんで?なんで?なんで?????
なんで、あのステージでチャウ大が出てくると思う込んでいたのだろう????
タイムテーブル持っていなかったからか???なんで??なんで????

慌てて、駆け足でチャウ大が出るステージへと移動するものの
そちら方面からは、ライブが終わり満足げな顔の方々がゆらりゆらりと戻ってくる。

それでも確かめないことには気が済まなくて、会場へ着いてみると、案の定もう次のステージが始まっていた。
「VeLVet CiRcus」ステージ。
ここ、怪しいライブハウスみたいな雰囲気で、最高なハコだったじゃん!!!!

おまけにね。
ライブ後のつぶやきを検索したらなんと!!!!

「民生さん、トータスさん、真心さんでもスゴイのに
スキマスイッチの大橋さんも飛び入り参加して、北海道というテーマを課されて
玉置浩二さんの「田園」を歌ってくれてさらに嬉しかったなー」

「スキマスイッチの大橋くんが
玉置浩二さんの「田園」を怖い先輩たちの前で
民生さんのアコギを拝借して弾きながら歌うという現場ー」



・・・・・・・。

出たよ。
ほらやっぱり。
すんごいコラボ。
出ちゃいましたよ!!!!!


後悔先に立たず。

この日だけのスペシャルコラボ。

見逃してしまったぁぁぁぁーーー(涙涙)




ジェットコースターに乗るまではとっても気分良かったのに。

なんでこんなことになってしまったのでしょ???(ジブンが間違えたせい 笑)

スキマのラジオもひとつ見逃してたしね(笑)


とっぷり暮れた岩見沢公園。
最後のサカナクションを観ず、帰りのバスに肩を落として乗車したジブン達なのでした(笑)

ま。
この失敗も、ある意味、今年のJOINの良き思い出さ!!!(負け惜しみ!涙)



ホント。
次回への教訓。
事前情報はしっかりインプット。
タイムテーブルは絶対肌身離さず。
ステージ間違いは絶対しないように気をつけること!!(アホ!笑)



うん。
いいことも。失敗も。
等分に人生の中ではやってくるってことだ。

最前で、間近で、スキマを観れたこと。ラッキーだったよ。ああラッキーさ(笑)
だから、すこしぐらいはアンラッキーがあっても仕方ない。それでプラスマイナスゼロなのさ。

とはいえやっぱり。
特別コラボ。観たかったなぁ!!!
タクヤくんと民生さん!!絶対観たかったなぁ!!!
(こんなチャンス二度とないかも!!!!!涙)









DSC_2232.jpg

そうして、ジブンの今年唯一の夏フェスJOIN ALIVEが終わり
(2日目もTOKIOとかすごい盛り上がったみたいだね!!行きたかったなぁ!!)

今はこれをしっかりと聴いておりまする。

あういえーぃ!
サビの高揚感に、JOINの青い空を重ねてまする。


そうさ。
やっぱりスキマスイッチの楽曲はすんばらしいのさ。

色んなミュージシャンにココロ奪われながらも
ここに戻ると「こんな楽曲を作れるのはスキマしかいないよなぁ!!」と相も変わらず感動し
タクヤくんの最強の笑顔と、シンタくんの心強さに、ホッとしてしまうジブンです。


次に会えるのは・・・・・V.I.Pかな!?

前回のV.I.Pは哀しい思い出に彩られたままだから(笑)
今回こそは楽しい思い出になりますように。

とりま、抽選結果が待ち遠しいね。



JOIN ALIVE。
楽しかったよ。
失敗も思い出にしとく。

でもやっぱりあのコラボを観れなかった後悔苛まれてる(堂々巡りじゃー笑)


とりま。

また来年!!!!

きっと秦クンと、あの彼が来てくれる・・・・・はず????






スポンサーサイト
| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。