123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-09-11 (Thu)


なんとなく。そろそろ。
久しぶりにHGを覗いてみた。

まだ夏真っ盛りの元気な黄色達が出迎えてくれて
ログインするとドラえもんと秦クンが背中合わせで本を読んでいた。
彼らはこの夏、かけがえのない親友になったみたい。

「ひまわりの約束」
沢山の記録をあちこちで残したんだね。
ドラえもんと二人三脚で一等賞をいくつも取ったんだね。

うん。
「ドラえもん」の映画。
みんなもう観に行ったよね?
2回目3回目と観に行った人もいるかもね。

ジブンも早々にひとりで観に行ったよ。
ポップコーンとワクワクした気持ちを手にして
劇場の椅子に座ったよ。

でもー。

エンドロールの「ひまわり~」を聴くジブンは
涙をこぼしていなかった。潤みさえもしていなかった。

ストーリーの途中で胸にグッとくる場面はあったけれど
結局それ以上の高まりになることは最後までなかった。
そんなジブンにほとほと呆れてしまった。

きっと。
あの場面やその場面でみんな「ドラ泣き」したのだろうなぁ。
なぜジブンはみんなと同じように気持ちを揺さぶれないのかなぁ。

ドラえもんに全然問題は無い。
ジブンの中に大きな問題がある。

人にとって大事なココロのネジが何本も足りない。
その感情をリトマス紙で測ってみたら、色は全く変化しないはず。

考えてみれば。
昔からアニメや映画で泣いたことってなかった気がする。

すぐ人に依存するのび太の性格が苦手だなーと思ってたし(笑)
ハイジだってフランダースの犬だって、泣いたことなかったし(笑)

作られたものよりも、現実の方がもっと辛いことが沢山沢山あるからね。

それよりも。
夏の終わりの切なさや、色褪せてゆく緑たちや、高くなってゆく青空を見上げてる方が
熱い体温が放たれるような歌声を浴びるように聴く方が、じんわりしてしまう。
そんなアホなジブンなのです。

「ドラ泣き」かぁ。
実は流行りもののようで、もともと馴染めなかったんだよなぁ。

ジブンはみんなが持つそうゆう感情を
沸き起こせないまま、きっと一生が終わっちゃうんだろうなぁ。

時には思いっ切り、人目をはばからずに、泣いてもいいんだってこと。
甘えてみたり、寄りかかったりしてもいいんだってこと。
誰も教えてくれなかったもんなぁ。


あーあ。

ドラえもん。
ごめんね。

秦クン。
ごめんね。


あーあ。







スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。