123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-11-16 (Sun)


久しぶりの青空。
積もった雪はゆるゆると融けゆき
道路の隅に追いやられた白い固まりがぽつりぽつり。
やっぱり冬は行ったり来たり足踏みしたりで
そう簡単に根を下ろしはしないんだなぁ。


なんて思いながら
買い物から帰ってきたら
あれがポストインしていた。










1416122100156.jpg


今年は継続手続きが遅れてしまって
ギリギリの期限に慌ててお金を振り込んだから
継続特典が来るのが随分遅くなっちゃったけれど。

HGが発足してすぐに入会してジブンも今年で7周年。
最初は会報がない、ネットだけのFCが何だか心許無くて
印刷物が欲しい、印刷物印刷物・・・と、ずっと言い続けていたら
本当に1年間のまとめの「印刷物」が届いて、めちゃくちゃ嬉しかったんだよなぁ。

ここ最近はHGを覗くことも減ってしまったから
ページをそっと開いてみたら、何だかとても目新しい記事ばかりだった(笑)

てか。
秦クンという人をじっと見ること。
それ自体が新鮮だった(笑)

昨年10月の横浜BLITZのライブレポは懐かしかったなぁ。
ライブハウスの秦クンはすごく自由で、やんちゃな顔でのびのび歌っていて
すごくはしゃいでしまったこと。楽しかったこと。覚えてる。流し目光線のドキドキも(笑)

なんだかね。
そんな感情を思い出しながら、じっくりと、秦クンの言葉を読んでいるうちに
彼の人柄が行間から感じられて、それにとてもココロが動かされて温かくなって
「ああワタシは秦クンのこんなところが好きだったんだ」と再認識したのでした。

なぁんかさ。
みんながワイワイ楽しんでるその輪の端に立って見ている。俯瞰している。
そんないつも「俺が俺が」と前にいけない秦クンが
時にもどかしくも、そこにシンパシーを感じてたんだよなぁ、
なぜだか安心したんだよなぁ、なんて、思い出していたジブン(笑)

うん。
安心。なんだ。
おかしいね(笑)

やっぱり秦クンは秦クンのままで。
そのままでずっといてくださいね。

印刷物。
記憶の記録は大事なのです。

今年もありがとうございました。

8年目もぼちぼちついていきますので
よろしくお願いしますね。




スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。