123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-11-20 (Thu)


最高気温5℃の初冬の寒さ。
けれど風も雪もなく穏やかな週明けの月曜日。

デビューキャンペーンで
あっちこっちと飛びまわってるヨウヘイくんがなんと!
北へも足を延ばしてくれました!!

おまけにね。
STVのSプラザでフリーライブをやってくれる!!
情報を知ってから内心ドキドキワラワラしていたジブン。
やっぱり地元に来てくれてライブをしてくれるのが一番だし嬉しいもんね!!

当日はSTVラジオにも生出演してくれて
(暑苦しいジブンのメールも読んで頂いて・・自作自演? 笑)
ドキドキを引きずったまま、ラジオを聞いた後にSTVへと向かいました~。











20141117 STV Sプラthe LIVE フライヤー


はい。
地元ミュージシャン・桜庭さんとのツーマンライブ。

開場が18:30だけれど整理券などもないし
何時頃から並べばいいのかな?と不安だったジブン。
会場は100人ちょっとでいっぱいになるスペースなので
お客さんが多すぎると入れないこともあるらしく・・なおのこと不安を煽られる(笑)
桜庭さん・・地元のおばさまファンが多いし(偶然に一度フリーライブを見たことがある 笑)
ホールライブもやってるみたいだし、桜庭さんファンの方が多くて入れなかったらどーしよーとか。
ヨウヘイファンはどのくらい来てくれるんだろう?とか。
ワラワラしながら行ってみると
いつもの顔ぶれのみんながいつものように並んでいてホッ(笑)

結局。いつものように間近な席に座ることが出来たジブン(心配は杞憂に終わった!笑)
STVの方が寒い中沢山の人が待ち並んでいることに配慮して
開場を30分早め中に入れて下さったり(ありがとうございます!)
なんだかんだ話しをしているうちにもう開演の時間が来てしまったという感じ。
用意された席はあっという間に埋まり、立ち見の方もいらして、満員の大盛況。

でね。
Sプラザって実は初めて入ったのだけれどね。
(テレビでよくこの場所からの番組を観たりするけれど)

通りに面した側が全てガラス張り。
日が暮れた街を行き交う車のライトや外灯照明がやわらかに映っていて
歩道を歩く人があれ?なんて時折り振り返る(ライブの音も漏れ聞こえるそうです)
そんなとてもとても開放的な空間。ライブハウスとはまた違う雰囲気。
会場内の照明もあまり落とさずやわらかな光がステージや客席を照らしていたね。


2012-09-23T00_25_06-a9b90.jpg

※こんな感じの会場内でした(この画像は昼間だけど 笑)




そしてこのライブは後日特別番組として放送されるということで
始まる前にSTVの室田アナウンサー(相変わらず綺麗&カワイイ!)から前説もあり
おし!盛り上げねばー!といつも以上に気合が入ったジブン(わははは笑)

室田アナウンサーが
「みなさんどちらからいらっしゃいましたか?」とみんなに問うと
「京都~!」と答えた方がいてビックリ!!
「浜端さんの地元からもわざわざいらしてるんですねぇ!!」と室田さんも驚いてました。

あとね。
「浜端ヨウヘイさんを聴きにいらした方!」と聞かれた時の拍手の大きさ!!
桜庭さんとあまり変わらない拍手だったので、なおのことビックリ!!(オイ!笑)
北で待ってるファンがこんなに増えたんだなぁ(しみじみ)

そんなやり取りなどをしながらいよいよ開演。

先にヨウヘイくんが登場!!
もちろんステージに上がった時には熱いヨウヘイコールとヒューヒューを(笑)

最初から大声援でライブが始まりました!!

先週の月曜にヨウヘイくんを渋谷のライブハウスで観たばかりのジブン。
あの時よりもなんだかリラックスした顔つきに見えたなぁ。
ほどよい緊張感とそれを逆に楽しむ余裕。
なにより「歌える」喜びが満ち満ちていて。
純二郎を手に取り奏で始めたその音色はとても穏やかで
それだけでなんだか鼻の奥がツーンとなってしまったよ。

1曲目は「東京」
1番を歌い終えた後の間奏部分がblackbird。
いつもはイントロやアウトロで弾いてくれるけれどこのVer.は初めて聴いたよ。
そんなちょっとしたアレンジの妙に、ほわっと嬉しさが舞ってゆく。
声を音色を想いを、ゆったり大事にあたためるように弾き語るヨウヘイくん。
そして毎回 ♪それだけ祈ってる の後に鳴らす
アコギの♪キーンという音色が大好きすぎて
最近は待ち構えてしまうジブンなのでした(笑)
(あのアクセントの音色が"祈ってる"気持ちを表してる気がする)

窓ガラスから見える夜景にしっくり馴染むようなこの日の「東京」でした。

いいなぁ(ほわーん 笑)

で。
なにを話してくれたのか、もうすでに記憶の彼方なのだけれど(オイ!!笑)
とにかく、ラジオ公開収録ということもあって
この日のヨウヘイくんはなおのこと沢山話してくれたなぁ。
うん。テンション高かった(笑)それがなんとも嬉しかった(笑)
なのでジブンもヒューヒュー!!を(笑)

2曲目が島根で作ったあの「タイトル未定」。
この曲歌ってくれるんだ!!ってジブンもテンションUPした!!(笑)
みんなの手拍子もいい感じに鳴って、歌声がのびのび放たれてゆく。
そしてサビの♪ソラシドレミファ# レソーミ~ を一緒に口ずさみたくて
ここでも待ち構えてしまうジブン(コワイ 笑)

会場内がどんどんあったかな空気の色に変わってゆく。
その後デジピに移動して3曲目の「ハレルヤ」。
初めてヨウヘイくんの歌を聞いた方々、きっとビックリしたことでしょう(笑)
会場内を圧倒する声量。けれど優しくてあったかくて寄りかかりたくなるような包容力もあって。
外を歩いてる人も「ええっ?」と聴き入っていたはず(立ち止まってる人がいたらしいよ 笑)
この歌はいつもヨウヘイくんの顔をまじまじと見つめることが出来なくて
曲を弾く指先ばかりをみてしまってはジーンとしているばかり。

最後のアウトロを奏でた右手が動きを止め
余韻を残した空気をつかもうとするかのようにスッと握られ、やわらかに下ろされる。
いつも鍵盤を弾き終えたあとの両手のしぐさにドキッとさせられてしまうジブンです。
(はいマニアック認定 笑)


ここで室田アナウンサーが登場して
ラジオ番組よろしく色々なお話を展開してくれました。
(はい、ファンのみんなならもう何十回も聴いたデビューまでの話しもろもろです 笑)

なぁんかね。
立て板に水を流すがごとく、よどみなく時折り笑いを交えて話すヨウヘイくん。
話す相手の方の力量を測りそれとなくうまくコントロールするそのコミュニケーション能力の高さ。
彼はホントになんでもこなせるのだなぁと、感心しきりなジブン。
(STVのアナウンサーは日テレ系なのでどちらかといえば突っ込みタイプが多くてやり取りも面白かった! 笑)

ホント。
あまりにもそつが無いので悔しいくらいだ!(笑)
でもそんなヨウヘイくんが好きなのだ!(だからなおのこと悔しいのだ!笑)

たっぷりと話しをしたあと歌う前に
「この後は"中身のない歌"ですから~」と笑いを誘って
「あ、でもこの曲は中身あります! 笑」と。

4曲目「結-yui-」を純二郎を手に歌ってくれました。
大阪で歌ったという鍵盤Ver.も聴きたかったけれど
"初めまして"が多いはずの会場内だからリズムのあるギターでの歌がやっぱりよかったんだろうね。
みんなの手拍子が重なって、なんだかとってもハッピーな気持ちになりました。
そしてこの曲では最後の♪今の僕に~のところをギターがジャーンと強調するところを
待ち構えてしまう(手拍子も待ち構える 笑)ジブンなのでした(コワすぎる 笑)


そしていよいよ"中身がない歌"のコーナー??(わははは笑)

5曲目「むかしのはなし」
うわーい!!スタンディングしたかったぁ!!
(でもさすがに桜庭さんファンまで巻き込む勇気なし・・笑)

ザクザク感満載のアコギのイントロに内心
「どうどう?すごいでしょ??」と自慢したくなる(誰に!笑)ジブン。
じんわり流れる汗すらも
「どうどう?こんなに汗かいて歌うんだよ??すごいよね!」と自慢したk・・(やめてください!笑)

そしてやっぱり♪むーかーしのはなしー で一緒に歌っちゃうジブン。
(待ち構え度120%!!!!笑)

で。やっぱりこの日も沢山の熱い拍手とヒューヒュー!を従えて
6曲目「スーパーマン」!!!
椅子の上で跳ねてました!!(笑)

もちろんこの曲では「ヘーイヘイヘイヘーイヘイ!!」を待ち構え・・(笑)

てか。
どの曲も待ち構え過ぎだってジブン!!(歌のストーカーかっ!笑)

でも。
"中身がない歌"のようで、実はヨウヘイ愛がいっぱい詰まってる歌たちに
最高の賛美を浴びせたくなるファンゴコロをお許しくださいませ(笑)

ライブハウスと違って明るめの会場に少し照れもあったりしたけれど
やっぱり間近で聴ける嬉しさに弾んでしまうジブンなのでした。

あーたのしーな。うれしーな。もっともっと!
とココロの中で汗かいて次の曲を待ち構えていたら(オイ 笑)
ヨウヘイくんが純二郎をスッとスタンドに優しく戻して(お疲れさま)
鍵盤へと歩み寄った。

ああ。もう終わっちゃうんだ。もうもう終わっちゃうんだ。
最後の曲はきっと多分あの曲だよね。。。

7曲目「無責任」。
歌う前にすこし語ってくれてた気がする。
きっとみんなのココロにポッと残るようなことを話してくれてたような気がする。
(けれど終わってしまう寂しさに記憶がないジブン 笑)

でもなぜか、語っている時にポロンポロンと弾いていた
鍵盤の音色だけは耳に残ってる不思議。

うん。
彼の弾語りの鍵盤は、彼独特だよなぁっていつも思う。
パイセンのシンタくんもゆうくんもほぼ独学で鍵盤を習得した故なのか
リズムがポップである意味自由(特にゆうくんの感性は!笑)だなぁと思う。
反対に18歳まで15年間クラシックピアノを習ってたヨウヘイくんは
しっかりとそのセオリーが骨格にある重みのある厳かな鍵盤だなぁと感じる。
何かのインタビュー記事で
「クラシック経験者の多くはそうだと思うんですが、譜割りと一緒に指も動くんですよ。
左手は伴奏、右手はメロディみたいな感じでできてる曲が多いから、いざ歌おうとすると難しい。」と語っていて。
その感覚。なんだか分かるぞ。と。
(手の小ささに15歳でピアノに挫折しエレクトーンに転向した中途半端なジブンだけれど
そのインタビューをうんうんうなずいて読みました)

武道の精神にも通じるような一本芯が通った誠実さが伝わる鍵盤のメロディ。
どこか「日本」の美しさがふっと浮かぶようなそんな音色なんだよね。
もしかしたら「京都」で育まれたことにも繋がってるのかなぁ。

だからきっと彼の「大丈夫」はぐっとみぞおちに響くんだなぁ。
はんなりと切なさが滲む景色がふわっと浮かぶんだなぁ。
そんなことがチラリとよぎりながら
この日も頭をガシガシ大丈夫さと撫でてもらう温かさに浸りながら
ヨウヘイくんのライブはたくさんの想いの余韻を残して終わりました。

大きな拍手を受けて、大きなカラダを半分に折り曲げ、真摯な姿勢でお礼を伝えるヨウヘイくん。
歌声もギターもピアノも、何より彼の大きなカラダと温かな人柄もあふれていたライブだったなぁ。

ヨウヘイくんがステージから去り、転換が行われている間ホーッとしていたジブン。
出来ればね。桜庭さんのファンと席を替わってあげたかった(申し訳ない!笑)

桜庭さん。初めてしっかりと歌を聞かせてもらったのだけれど。
ヨウヘイくんとは正反対の魅力を持つ方のようで(歌声、体格(身長158センチ!)その他なにもかも)
ちょっと・・・眠くなりました(オイ!!笑)
いや、心地よかったということです(へへへ笑)

てか。
時折り「なんか寒い」って感じました(笑)
そう感じた後にヒーターのあったかさがボワーとやってきたのでホッとしていると
また「あれ寒い」って(笑)

ヨウヘイくんの時は全く感じなかったのに(笑)
室田アナウンサーもMCで
「浜端さんが歌い出すと、会場の温度がぐっと上がりましたよね!そのくらい熱い歌声でした!」
というようなことをおっしゃっていて

やっぱり物理的にもあっためてくれるヨウヘイくんがすごい!と(笑)
あっためてくれぇーと、もっと聴きたいーと、ワガママにも思っていたジブンなのでした(笑)



ライブ終了後。
CD販売(音楽処の石川さんが販売していたよ!)&サイン会が行われたのだけれど
ヨウヘイくんの方はものすごい長蛇の列!!!すごい!!!
初めましての方々もたくさん虜にしちゃったみたい!!
みんなニコニコ嬉しそうに話しをしていて
すごくハッピーな雰囲気が漂っていて、見ているだけでジブンもニコニコになったなぁ。
(あったかい笑顔と大きな握手。冬はなおのこと温まるヨウヘイパワー☆)


そうそう。
ライブ開演間際に、地元インディーズの兄弟デュオ「SE-NO」の方(お兄さん)もライブを観にいらして
終わり際にヨウヘイくんと挨拶を交わしていた。
今年7月にあった札幌市民音楽祭で同じステージ、出番も前後だったからね。
ドアから出てきたお兄さんに思わず声をかけると(SE-NOもとても素敵な歌が多いのです)
今月末にKitaraで行われるワンマンのチラシを渡してくれて
ヨウヘイくんのことを「僕らと同世代で、歌がとても響く」というようなことを話してくれて。
札幌駅北口の路上から始まって10年以上活動を積み重ねてきた彼にとって
ヨウヘイくんの大きな背中は目標のひとつになっているんだろうなぁと
なんだか感慨深い想いを抱いてしまったジブンです。

最後にまたもやポッと温かな想いを頂いて。
足取りも軽やかに、ああ楽しかったなぁと笑顔で
家路についたのでした。



      20141117 STV Sプラthe LIVE




でもね。
ホントはもっともっと聴きたい。
最近聴けてないあの歌その歌も聴きたい。
来月のワンマンをココロ待ちにしているジブンです(*^_^*)

翌日の朝はふわり雪。
お昼になって気温が上がると雨に変わってしまった。
あちこちのFMやテレビ局に挨拶回りをしていってくれたヨウヘイくん。
寒い中、わざわざ来てくれて本当にありがとう!!

また、近いうちに、北海道に歌いに来てね!!

待ってます!!!



■STV Sプラ the LIVE Vol.33

出演 : 桜庭和 浜端ヨウヘイ
日時 : 2014年11月17日(月) OPEN/18:30 START/19:00
会場 : STV Sプラザ

◎浜端ヨウヘイ

-セットリスト-

①東京
②タイトル未定
③ハレルヤ(鍵盤)

MC

④結-yui-
⑤むかしのはなし
⑥スーパーマン
⑦無責任(鍵盤)

※このライブは11月21日(金)21:20~
 STVラジオ(札幌1440KHz)でON AIRされます☆




まだまだデビューキャンペーンは続くね。
今月末は沖縄でライブ(秦クンと共演!)だしね。
年明けからXLツアーも再開するしね。

北海道にはいつ来てくれるかなぁ。






スポンサーサイト
| ♪浜端ヨウヘイ | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。