12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-11-26 (Wed)


そうかぁ。
今回は周りのスタッフの方々もハターさんたちも
秦基博?ああ、ドラえもんの歌を歌ってる人? あれ、いい歌だよね…という一般の方々も

もしかして?もしかするよね?
てか、今回なら多分絶対だよね?ね?

なんて期待大で待っていたあの結果が今日発表されたけれど。

なぁんだ。
こういう顔ぶれが集まることになったのね…(笑)
第65回NHK紅白歌合戦 出場歌手



弾き語りアルバム「evergreen」が
「第56回 輝く!日本レコード大賞」の企画賞を受賞したし。

「ひまわりの約束」は幅広い世代の沢山の人の元で
大きく温かな花をいくつも咲かせているはずだし。

秦基博というアーティストが創る楽曲の良さも歌声も
広く知られた1年だったと思うんだけどな。

今年出場出来ないなら、いつ出るんだ!って感じなんだけどな。

期待が大きかっただけに
あっけにとられているジブンです(笑)

まぁ。でも。
それほどまでに重要視する必要もないか。歌合戦(笑)

時代と共に歌番組も変わってゆくし
音楽が果たす役割もおのずと変わってゆくのだろうし

そもそも。
普段から音楽をチェックして、CD発売を心待ちにしてる人達って
音楽好きな側が思ってる以上に実はとても少ないことに
気付かなければならないかもしれないなぁ・・なんて考えるのです。

だって。
CD1枚。高いよね。って思う人の方が多いはず。
レンタルやDLで十分。誰かにダビングしてもらお。
いや、ラジオから流れてくるのを聴いてるだけでいいや。
そんな方々が実は一般的なんだろうなぁと、思うのです。

それがいいとか悪いとかどうとかではなく
人それぞれ。音楽に対する想いはそれぞれ。
だから、紅白のお祭りも、そんな感じで、時代の流れに媚びてしまうんだろうなぁと。
そこに「音楽というものは・・」なんてものを求めても仕方ないんだろうなぁと。

フツフツ募る想いをなだめるべく、理由をそこに着地したジブンです(笑)

ま。
秦クンは、淡々と、いつも通りに
大晦日はコタツに入って、ゆっくりするのかな。

そして、いつも通りに、いい歌を作ってゆく。

それが、みんなの元に届いて、広がってゆく。

そんな、秦基博。でいいんだよなぁ。うん。



ホント。
どこででも、誰からも
「ひまわりの約束」はいい歌だよね、って言ってもらえたこと。

それが一番、嬉しかったなぁ。

良かったね。

いい歌が出来て。本当に良かったね。




と、いいつつも。

やっぱりひっかかるわー(わははははははは笑)



残念。







スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(9) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。