123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-12-12 (Fri)


最高気温がマイナスという真冬日が続く北だけれど
今年はなぜか雪がとても少ない。

でもそんな毎日だからこそ
いつドカンと大雪の日が来るかとても不安で毎日天気予報をチェックしていたジブン。

どうかどうか晴れますように。
その強い願いが通じたのか?当日は澄んだ青が広がる空。
快晴。ココロも晴れ晴れ。

早めに空港に着いてしまったので
久しぶりにフードコートにあるインドカレーを食べながら
離着陸するさまざまな模様の飛行機を眺めながら
気持ちは空の上までぐんぐん高まってゆくのでした。


1418347562289.jpg



はい。
先月5日に「結-yui-」でデビューした浜端ヨウヘイくんのアニバーサリーライブ「結-yui-」

代官山まで行ってきちゃいました!!




※ネタバレあると思うので閉じまーす☆













バタバタハマバタで朝食を食べずじまいだったせいなのか?
カレーをしっかりお腹に入れ飛行機に乗り込んだはずなのに
羽田に着き、東京駅でお目当ての「深川めし」を手にした時はすでにお腹がグー(笑)
ホテルに着いて速攻で食してしまったという(わはははは笑)

1418347489681.jpg  1418347479350.jpg

東京駅構内はお土産屋さん、お弁当屋さんが沢山あるのだけれど
あちこち覗いてもなかなか見当たらず…。
やっと見つけた深川めしを売っていたのは新幹線乗り場前のお店でした。

「北に向かう時は此奴と決めておる」
ヨウヘイくんに"此奴"呼ばわりされるくらい近しい間柄の"深川さん"(オイ!笑)
副菜に煮物と漬物が入ってるのはポイント高いよね!(値段は1000円以内だし!笑)
久しぶりにアサリ食べたなぁ…(美味しかったです!)







DSC_2866_20141212115650c43.jpg


夕方。
代官山駅でお友達と待ち合わせをしてライブハウスへ向かう。
今回は初めて3ケタをちょっと超えた整理番号!(先行予約だったのに!)
ここのキャパがスタンディングで600くらいのようだから
当たり前といえば当たり前なのかもしれないけれどネ。

でもとてもとても嬉しいことでもある。
デビューアニバーサリーライブ。
沢山の人が期待を込めて集まったってことだものね。

それにいつも前の方でかぶりつくように(スミマセン笑)観ているから
今回はステージ全体が見えるくらいの位置でもいいかなーと思ったよ。
だってどこにいたって、ヨウヘイくんなら絶対見えるはずだし!(笑)









1418347468485.jpg
※あ、日付が間違ってる!笑。


列に並び入場してみると…なかなかの良い位置に着くことが出来ました。
中央だったのでステージ全体も見渡せたし
案の定、ステージに置かれたスタンドマイクのもの凄い高さに
「やっぱりどこにいたってちゃんと見える」と確信したし
アイコンタクトだって交わせそうな距離だったし(笑)

ドリンクを飲みながら、いつものお友達や、列に並んでいるうちに仲良くなった方と
あれやこれや話しをしていたら、長いと思われた待ち時間があっという間に過ぎたよ。

大歓声に迎えられ今回のバンドメンバー、そしてヨウヘイくんが登場!!
いよいよ、デビューアニバーサリーライブが始まりました!!


それぞれが楽器を手にして音を鳴らし始めた瞬間
「すごい!この音、今までと全然違う!!」と
カラダの全細胞がゾワゾワ立ち上がってきたようだった!!

もうね。
西さんのギターの音。ぐわっと会場の空気を鷲掴みにしたね。
そこにゲンタさんのドラムがバシバシと入り込んでくる。
負けじとケイタロウくんのベースも足元を揺らしてくる。
そんな迫力あるバックバンドのフロントに立つヨウヘイくん。
先輩方を引っ張ってゆく気概にあふれていたなぁ。
なんだかめちゃくちゃ頼もしく見えたなぁ。

それぞれが放つグルーヴがひとつになり始まった1曲目。
今までライブ中盤で歌っていたこの曲がオープニングになるなんて!!
このバンドだからこそのうねりがみんなをどんどん巻き込んでゆく。
なんと!「むかしのはなし」で始まったこの日のステージでした!!
最初っから大きな手拍子で背伸びして一緒に歌って!!
一気にココロもカラダもハイになってしまったよ!!

チラリ見え隠れするヨウヘイくんの緊張も
(いつも最初はみんなの顔をあまり見れないシャイな彼なのだ 笑)
そんな熱い空気にどんどん溶解してゆく。
歌声もいつもよりずっとずっと男っぽさが増している。

その男っぽさに普段は見せない色気まで加わったのが
3曲目の「大男のブルース」。
自己紹介替わりのこの歌。
表情豊かに目くばせなんかしながら、まるで舞台台詞みたいに語るように歌う。
チラチラ妖艶さまでもが漂ったりなんかして(笑)
見ていてドキドキになってしまったのだ(笑)

西さんのギターの音色はまるで意志を持つ生き物のよう。
ヨウヘイくんの歌の中で自由自在にその姿をぐいぐい現わしてくる。
絶妙なその存在感はこの日のステージが特別なものであることを
如実に示してくれている、と何度も高ぶってしまったよ。

ライブ前の穂苅さんの
「メンバー全員が音を早く出したがっている素敵な現場です。
この果報者めが!リハの時点で今年のベストリハ確定!」 というつぶやきは
マネジャーという身内の立場を差し引いても、全く大げさじゃない言葉だったんだなぁと思ったよ。

頭の中で記録しようとカチカチ動いていた海馬も
「もう今日はやーめた!」と、セトリを手放してしまった!(笑)
うん!とことん楽しむのみ!!

なので、どの曲とか、順番とかは、全くアテにはなりません(大いなる勘違いがありそう 笑)
多分、そのうちどこかでライブレポやセットリストが出てくるはずなので
その時にジブンもこっそり答え合せ?しちゃおうかなと(わははは笑)
なので、いつも以上に、ジブンの感想のみで続きます(お許しを 笑)


確かこの辺でいったんバンドメンバーが下がって
ヨウヘイくんが鍵盤のひとり弾き語りを始めた(と思う)

「限りなく、空」
鍵盤の前に座りサラリと流して弾く音のあれこれで
この曲だなぁってすぐ分かるジブンがなんだか嬉しかったりする(笑)

そしてこの時初めて、鍵盤側の右端にカメラがあることに気付く。
(それまで中央のヨウヘイくんと左端の西さんばかり見ていたから気が付かなかったのだ 笑)
わわわ。もしかしてこのライブは何かで放送される?DVDになっちゃう???
前列でなくて良かったわーなんて思ったり思わなかったりやっぱり思ったり(どっちなんだ!笑)

久しぶりに聴いたこの曲。
カラダの隅々まで浸透する熱い歌声にココロが震えました。

そして。
最初のポロンポロンでは気付かず
途中からハッとあの歌だという驚きに思わず口元を手で押えてしまった
ジブンの大好きな曲。
「午前0時」
まさか、この日ライブで、聴けるだなんてー。

なんかね。
イントロだけですぐに鼻の奥がツンとなってしまうのです。
初めて聴いた時からこの曲はジブンにとってとてもとても特別な曲だった。
言葉では表せられない感情がすぐにあふれてしまう。
この日も歌うヨウヘイくんをまっすぐには見れなかったなぁ。

そんなジブンの高まる気持ちを優しくなだめるように
アコギを手に取り歌ってくれた「東京」。
CDで、ラジオの弾語りで、ライブで、そして夜寝る前のイヤホンで。
もう数えきれないほど聴いているこの曲だけれど
何度目でも初めて聴いた時のキュンとした感情が蘇ってくる。

これはヨウヘイくん曰く「小さい曲」(身近な日常を描いているという意味)なのだけれど
「大きい曲」で頭をガシガシなでられるチカラ強さとは別の
普段の彼がみせるなにげない顔とか、さりげない優しさとか、あったかさとか
そんなふんわりした空気がすっと融けている曲だなぁと思う。
そしてジブンは彼のそんな「小さい曲」が一等好きなのだ。

「午前0時」も、まだ未練が残る情けなさ…だけではなく
別れた彼女の幸せを願うあったかい優しさが込められてる、そんな歌声だなぁと
そこに琴線が反応してしまうんだろうなぁと、思う。

この日の2曲。
いつも以上にじんわり沁みました。
歌ってくれて本当にありがとう。


そして多分この次だったと思うのだけれど。
(ホントに順番がこんがらがってる!笑)

小さなテーブルに載せられ、もう一人?のメンバーの
可愛らしい木目のメトロノームくんが登場(笑)

すぐさま、秦クンのことが頭に浮かんだのは内緒(えへへ笑)

「名前は?」と客席から聞かれ
ちょっと考えた後にヨウヘイくんが命名したのが
「東京メトロ」!!

思わず「地下鉄かい!」とココロの中で突っ込んだジブンだけれど
客席からは突っ込みはなく(わははは)
笑い声があちこちから楽しげに響いてきました(そのまんまやないかい!的な 笑)

本当は実家にずっと置きっぱなしにしていた子供の頃からのメトロノームを使いたかったらしいのだけれど
鳴らしてみたら…リズムが均等ではなかったらしく(笑)
急遽新しい物を買い求めてきたらしい(笑)

うん。ジブンのえんじ色のメトロノームもまだ実家にある(はず)
そして多分鳴らしてみたら…ちゃんとリズムを刻めない(はず)

でね。
不思議なんだけどね。
メトロノームのカチカチの音色。
大きな掛け時計の針の音のように聴こえたんだよね。
時を優しく刻むような音に包まれながら歌ってくれたのが
初めて聴いた新曲「サヨナララバイ」でした。

歌詞がとっても切なくて、その歌にカチカチの音がそっと寄り添って。

正直ね。
弾き語りにメトロノームって苦手だなぁ合わないよなぁと思ってたんだよね。今まで。
あれは確か秦クン2012年GM@茨城ファイナルだったと思うのだけれど
真っ白なメトロノームと共に弾き語った大好きな曲「エンドロール」
カチカチと鳴る正確な速度が、歌の世界をどこか急かしているように聴こえて
「弾き語りはすこしためてみたり、伸ばしてみたりする自由さがあるからこそ
聴いていて感情が揺り動かされるのになぁ」と、あまり惹きこまれなかったことがすぐに思い出されて。
あの時のメトロノームは、硬質なコツコツした音に聴こえたからかなぁ。。

でもね。
この日のカチカチはね。とてもやわらかかった。
木質のメトロノームだったのかな?ギターの深い響きにとても馴染んでいた。
「東京メトロ」とヨウヘイくん。新しく組んだコンビみたいに
時折り"彼"のほうを見やっては一緒に息を合わせ奏でる
そんな気持ちを通わせるように歩み寄るヨウヘイくん側のやさしさ。
それに重なる歌の世界がとても切なくて。

「東京メトロ」。
なかなかステキなヤツだなって、そう思ったジブンです(笑)

またいつか一緒に歌う姿が見れたらいいな。
(大阪・名古屋ライブでも必聴です!)



ああ。長い。
まだこれでライブ半分だよ(笑)

でもこのまま。
残りを突っ走って書ききろうと思います(休憩なし!笑)



このあとの「タイトル未定」からかな?
バンドメンバーがそろりそろりとステージに戻ってきた(はず 笑)

もちろんこの日も♪ソラシドレミファ#レソーミ を一緒に歌っちゃいました(笑)
楽しそうにはち切れる笑顔のうヨウヘイくん。
ジブンの立ち位置からもハッキリと見えたし
時折りアイコンタクトしちゃったような錯覚もあったし(だから妄想 笑)

「BELONG~」も♪い~夜だ~の大合唱がものすごかったなぁ!!
ヨウヘイくんはなんどもなんども、まだまだ終わらせないよ、的な感じで
さらにあおって歌わせてくれました(笑)

バンドのグルーヴにどんどん巻き込まれながら次の曲へ。
「結-yui-」
多分、みんな口ずさんでたと思う!!
そんなみんなの嬉しそうな表情をヨウヘイくんもちゃんと見ててくれたと思う!!
このバンドで、アニバーサリーライブで聴く、デビュー曲。
ひたひたと胸に感慨深い想いが迫ってきてしまったよ。

そのあと、初聴きの曲があったのだけれど
(ドライブミー・クレイジーみたいな曲)
これってもしかして、セカンドシングルのカップリングに入る曲???
それともたまたまジブンが聴いたことない曲だったのかな??

これ。めちゃくちゃロック魂がさく裂していたよ!!
あれ?ヨウヘイくんの歌声ってこんなんだったっけ??
こんなにファンキーな歌い方だったっけ??って驚いてしまったほど。

西さんのギターがギュンギュンとヨウヘイくんを煽る。
それに触発されグングン変化してゆくボーカル。
新しい浜端ヨウヘイの片鱗があちこちに飛び散っていった
火花がバシバシ光っていたような、そんな歌だったよ。

初めて見る浜端ヨウヘイの連続に圧倒されっぱなし!!
もう全てがカッコ良すぎたよ!!!

ギアはとっくにトップに入ったまま
「スーパーマン」「アンサーソング」「now」!!
コール&レスポンスの熱さがハンパなかったなぁ!!

このバンドメンバーが創り出すうねりが大きな渦となり
みんなを高みへと連れていってくれたみたい。
大歓声とヒューヒューが閃光のようにあちこちで炸裂していたよ。

そのトップでひときわ大きな声を張り上げ
みんなをひとつにまとめてゆくヨウヘイくんのもの凄いパワー。

本編最後はもちろん「ハレルヤ」
いつものじっくり聴かせるひとり弾き語りとは全く違う
バンドのグルーヴの中で生き生きと羽根を伸ばしてゆくような、そんな「ハレルヤ」でした。
初めての曲に出会ったような、新鮮な響きに満ちていました。



本編が終わり、ほどなくアンコール。

「Traveller」を歌ってくれたんだけれど
この時の照明が沖縄の海のような綺麗な青だった。

ライブハウスの照明って、あまり凝ったものはないと思うのだけれど
白い光りの束が3本。真っ直ぐな太陽の光のようだったり。
赤や青が混線している激しいロックな光だったり。
そしてこの日一番印象深く記憶に残ったのが、この曲の時の「青」い光でした。

思わずね。
そのステージの青から繋がる、客席側の天井の黒を見上げてしまったよ。
なんだか夜空を見ている。そんな感覚。
目を閉じてゆらゆら揺れて。耳にはヨウヘイくんのどこまでも果てしない伸びやかな歌声。
とっても心地よくて、まだまだずっとこの幸せが続いていて欲しくて。


そして最後の歌はやっぱり「無責任」。
体内に残る想いすべてを投げ打つようにチカラ強くそして優しく歌い上げるヨウヘイくん。
この歌の「大丈夫」は来年たくさんの人の元へと届けられるんだね。

そう。
この日発表になったこと。
来年2月25日にセカンドシングル「無責任」が発売になります!!
チラリとググってみたら、CDの詳細がもうUPされていたよ。

カップリングは切な系の「サヨナララバイ」など
今回もずっしりと4曲詰め込まれる上になんと!!
初回限定盤のDVDには、この日のライブの模様が収められるとの事!!!
これで1500円なんて安くない??(売れれば売れるほど赤字!笑)
商品説明を読むと…ワクワクで発売が待ちきれない。。。
無責任 (CD+DVD) Single, CD+DVD, Limited Edition



    20141209 代官山Unit1


歌い終わり、いつも以上に深々と長い長いお辞儀で
「ありがとう」を伝えてくれたヨウヘイくん。
そんな変わらない真摯な姿勢も歌声も何もかも全部が大好きだ。
これからもずっとずっと見続けたいな、応援していきたいな、と思いました。








2014120代官山Unit2

この中に私の後ろ姿もあるー。
この場にいられたことにも感謝感謝です。

本当にあっという間で楽しすぎた2時間半。
1ヵ月前のアフターオーキャンの時は、オールスタンディングが辛いなぁと思っていたのに
この日はなぜだか全く辛くなかった!!
ライブが終わって初めて「あれ、太ももが張ってる」と気付いたくらいで
とにかくまだまだいっぱい聴いていたかったし、終わるのが心底寂しかった。

なにより、今まで見たことのないヨウヘイくんがあちこちに光っていて
新しい浜端ヨウヘイを観ることが出来たことに感動が尽きなくて。

新曲から感じられた新たな方向性。
これからヨウヘイくんの音楽はどんな風に飛躍してゆくのかなぁ?
今までも大好きな歌ばかりだけれど、これからグングン変化してゆく歌も本当に楽しみです。

そして。
その始まりが、今日のライブだったのだなぁと、改めてしみじみしちゃいました。

とにかく。
ライブに行けてよかった!!!
新しいヨウヘイくんを沢山感じることが出来て嬉しかった!!
それはきっと大先輩のゲンタさん、西さん、から引き出されたものなのだろうし
同年代のケイタロウくんからの刺激も大いにあったのだろうと思う。

このバンドでまたいつか観れたらいいな!!

ゲンタさん、西さん、ケイタロウくん。
素晴らしいグルーヴ蠢くステージをありがとうございました。

そしてヨウヘイくん。
ものすごいアニバーサリーライブをありがとう。
これから変化しつづけるヨウヘイくんもずっと見ていきたいです。


◎すでにあちこちでライブの模様がUPされています。
MUSICMAN-NET「浜端ヨウヘイ、デビュー記念ライブツアーが代官山UNITからスタート」


◎ヨウヘイくんのFBにもUPされました。
浜端ヨウヘイFB

この笑顔がライブの充実ぶりを物語っているね!




ライブ後のお友達との打ち上げも本当に楽しかったなぁ。
胃の不調でずっと飲まなかったお酒もこの日解禁で、久しぶりに気持ちよく酔ったなぁ。
この夜が終わることなく、ずっと続いて欲しいと思ったなぁ。

お友達と別れるのも名残惜しくて。
お店を出てホテルまで5分の夜道をひとり歩きながら
夜風がとても気持ちよくてどこまでも歩いていけそうで用もないのにコンビニに寄りブラブラ。
メロンパンの皮が3個入った袋を手にしながら
夜空を見上げ余韻にぐるぐるになっていた、そんな夜でした。




しかーし!
のんびり夜道を歩いている場合ではないのであーる。
翌日はいつものごとく朝早い便。8時40分の飛行機なのであーる(笑)

空港に行く途中でもちろんこれをゲット。
作りたてでまだ温かさがほんのり残っていることに感激。
機内で朝シウマイしちゃいました(笑)

1418347454139.jpg   1418347439240.jpg



今回は念願の?深川さんとシウマイさんを両方食することが出来て
ヨウヘイファンとしての正しい喰の細道を歩けたはず…と自負しております(アホ笑)


ああ。
これで今年のヘイライブ納めになってもうた(涙)

でも。
来年の予定もあるからね。

そこに向かってまずは今年のあれこれをきっちり終わらせよう。
そして来年もビュンビュンとヘイライブへと向かおう。

そう決めているジブンです(*^_^*)


ヨウヘイくん!

本当にありがとう!!


■浜端ヨウヘイDebut Anniversary Live『結-yui-』@代官山UNIT

●東京公演
・日程:2014年12月9日(火)
・会場:代官山UNIT
・開場 / 開演:18:00 / 19:00
・料金:前売¥2,500、当日¥3,000(税込、ドリンク代別、オールスタンディング)

*セットリスト

①むかしのはなし
②ノラリクラリ
③大男のブルース

④限りなく、空 (ピアノ) ☆
⑤午前0時 (ピアノ) ☆

⑥東京 ☆
⑦サヨナララバイ(with 東京メトロ) ☆

⑧タイトル未定
⑨BELONG-BELONG
⑩結-yui-

??(セカンドシングルに入る新曲かも??)
 ※やはり新曲の 「Drivin’ on the K」でした!!
⑫スーパーマン
⑬アンサーソング
⑭now

⑮ハレルヤ(ピアノ)

~EN~

⑯Traveller
⑰無責任 (ピアノ) ☆


※ひとり弾き語り=☆

※ アコギは最初白井さんで、途中から純二郎になった気がする (あくまでそんな気がするです 笑)

※途中でセトリを覚えるのを放棄(笑)
翌日つらつら思い出しながら書き出してみただけなので
合っているかどうかは全く不明です(笑)

多分音楽サイトでちゃんとしたレポがUPされるはずなので
その時にまた書きなおしてみます。

とりま、ジブンの頭の中での覚え書きです~(笑)


◎ライブレポがようやくUPされました!!!
 ⇒ mFound 「浜端ヨウヘイ Debut Anniversary Live『結-yui-』2014.12.9 代官山UNIT」


おお!!
ワタシの海馬!意外とちゃんと頑張ってくれてたではないか!!(笑)
アコギは弾き語りが終わってから、白井さん⇒純二郎にやっぱり替えたようだし
セトリの順番は「BELONG-BELONG」と「結-yui-」が逆だったのみ!!(訂正済みです)
M.11はやっぱりセカンドシングルに入る新曲だったのだね!!
(この曲、本当にめちゃくちゃファンキーでカッコよかった!!)

そしてー。
セトリのタイトルに目がいってしまう・・・。
「限りなく空」は・・・「限りなく、空」だよね?とか(笑)
「Traveler」は・・・・「Traveller」で、lがひとつ多いイギリス英語の方だよね?とか(笑)

やっぱりファンはその細かな違いにもいちいち反応してしまうのだ(笑)

なぁんて言ってると、ヨウヘイくんのことだから妙な天邪鬼ぶりを発揮して(ふふふふ笑)
さらっとタイトルをまた替えちゃいそうだけど(わははははは笑)

あとー。
アマゾンで書かれている「Driving on K 」とレポの「 Drivin’ on the K」なら
レポの方が正しいのだよね?とか(ホント細かいヤツっっ!笑)

・・・・・・・スミマセン。うるさすぎまして(笑)


とにかくレポがUPされたので
沢山の画像を含め、またあの日のライブを反芻させてもらおうと思います。

mFoundさん(まさやんさん)ありがとうございました(*^_^*)


※12/19日に訂正&追記








P.S
今夜のニコ生「浜端ヨウヘイの大なり小なり」を見終えたところです。
たくさんのおしゃべりと、カバー曲、無責任。
そして合間にチラリと歌ってくれた午前0時に
またもや鼓動がトクトクと波打ってしまうジブン(ホントにねぇ笑)
イントロ聴くだけでも嬉しかったのに、サビの部分を歌ってくれて感激でした。

ハプニングもまた楽しや。いい思い出(ネタ)が増えたよね!(笑)

ただひとつココロ残りがあるとすれば
再開したニコ生のタイムシフトをするのを忘れた・・・・(にーざわさん。。)

歌が聴けないよー(ムキー笑)



ああ。
やっぱりライブ行きたいなぁ。
来週の大阪も名古屋も行きたいなぁ(ムリ~涙)

大阪はまだまだイベントライブもあるし。
羨ましいよなぁ(北海道は広いから何とかもう1回XLを・・・笑)

なぁんてね。
欲張ってはいけないからね。

来年へと思いをつなげておこう。

とりま、今夜も、♪い~夜だ~(*^_^*)



スポンサーサイト
| ♪浜端ヨウヘイ | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。