123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-01-31 (Sat)


彼のライブを観るのは約1年ぶり。
場所は昨年と同じ。札幌円山のあの会場。

うん。
昨年は"ほぼはまばた"だったからなぁ(笑)
気にはなりつつも、東京のライブまでは足を延ばせなかったなぁ。。

だから。
昨夜がものすごく楽しみだったのです。

円山公園駅で地下鉄を降り地上へ出ると
ぷっくり膨らみ始めたお月さまがくっきり夜空で光っていた。

今回は整理番号はあまりよくなかったけれど
5列目くらい。ゆったりと信ちゃんを見ることが出来ました。



※ライブのことがちらほらと。
なので閉じまーす☆








1422679424409.jpg


ソロでのツアーは一昨年から連続3回目。
今年は札幌が初日。

なので。
信ちゃん自身も口にしていたけれど
最初はものすごい緊張だった。その場の空気の色が変わってしまうほど。
なのでその姿を見守るみんなもちょっと固くなってしまってた。

ひとりでステージに上がり、ひとりでギターを奏で歌う。
そこで起こることのすべての責任をひとりで負う。
会場に集まったみんなの期待と視線を一身に浴びながら
その熱い気持ちを受け止め巻きこみひとつの世界を創り上げる。

ひとり弾き語りライブ。
そこにどれほどのものが込められてるのか、胸がいっぱいになりました。



前半を駆け抜けるように歌い終え、10分ほどの休憩のあと。
再登場した信ちゃんの表情はとてもリラックスしたやわらかな笑顔だった。
肌触りのよいクッションのような中休みが
このあとのライブにとてもよい作用をしてくれたようだ。

そこからはもう、懐かしい曲、大好きな曲、あれもこれも…。
信ちゃんの想いがほろほろあふれ出る曲の数々に
手拍子しながら口ずさんだり、鼻の奥がツーンとなったり。

上京する時の気持ちを歌った「深夜バス」。
「虹橋」「IN EVERY PLACE」のコードの美しさ。

本当にね。
アコギ1本で綴られ奏でられるコードが美しすぎる和音の連続でね。
「この人はなんて素敵なメロディーを作るんだろう」と胸の奥が震え
そこに載せられてゆく言葉たちに、彼だけしか紡げない世界をみたのでした。

あー。
やっぱりすごいな。すてきだな。
本編最後の「無常の世界」。
アンコールの「ローファー」。

今までの歩んできたこと、さまざまなこと、を感じさせてくれる
静かで穏やかに燃える火で温められたような、そんなライブでした。

余韻にぐるぐるのまま
昨夜から色んな曲や映像を見つめています。






1422679410587.jpg


楽譜のためのiPad。
MartinとGibson。ハープも2本を使い分けて。
新しい試みも加えながら。そしていつも通りにウイスキーを飲みながら。
少し酔いが回ったやわらかい雰囲気がとてつもなく色っぽかったです。









1422679402009.jpg



プロデューズ業が忙しい中
何とか組んでくれたツアースケジュール。
これからいよいよあちこち回るんだね。






1422679391671.jpg



■Shinichi Asada solo Acoustic Tour 「Martin、Gibson & Me」

・日時 2015年1月30日(金) OPEN 19:00 / START 19:30
・会場 円山夜想(マルヤマノクターン)


・春のうた
・夏のうた
・虹橋
・疑問。
・夏の日の夕立、秋の日の果実
・深夜バス
・五等星
・冬を歩く
・最速のカモメ
・明日の行方
・IN EVERY PLACE
・I FOUND OUT
・コータローさんの曲カバー(2曲)
・無常の世界(本編ラスト)
・ローファー(アンコール)

セトリ…ではないけれど、覚えてる曲をつらつらと。
まだあと1~2曲は歌ってくれたような…。



♪冴え渡る満月が 背中からついてくる
君と肩寄せあい 月を連れて冬を歩く


大好きな「冬を歩く」。
昨夜は特にここの歌詞が
ライブ前に見た夜空と重なったなぁ。

信ちゃんは太陽の明るさを愛しながらも
そのまぶしさにいつも目を細め
ココロの奥にはそっと月を連れている。
そんなナイーヴなところも大好きなのです。





真夜中の冷えたアスファルトの匂いが感じられるこの歌。
なぁんか色んな感情が沸き起こったなぁ。







SMILEでデビューして今年で20周年。
新しいアルバム。待ってます。



スポンサーサイト
| ♪浅田信一(ex.SMILE) | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する