12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-07-21 (Tue)


JOIN ALIVE 2015!!
この2日間がワタシにとっての今年の夏のメインイベント!
ドキドキワクワクの気持ちで待ち構えていたのだ。

スキマが地元夏フェスでトリを務めてくれるなんて
こんな嬉しいことはないものね。

なので、毎日天気予報をチェックしてた。
いつの間にか発生し接近してくる台風の進路を注視してた。
そして晴れマークが曇りと雨マークに変わっても
大丈夫大丈夫、きっと大丈夫、と信じ込んでた。

当日の朝は薄曇りだったし
このままこのまま、せいぜい小雨ぱらつく程度だよね、って
楽天的に考えて、ゆるゆるとJRで岩見沢へと向かったのでした。

※閉じます☆








ticket.jpg






岩見沢駅に着くと、道路にはあちこちに雨の足跡が残っていた。

ま、こんなもんだよね、かえって涼しくてすごしやすいよねーとか、
少し肌寒いから、カッパ着れば防寒にもなるよねーなんて
笑顔で話しながらバスに乗り込み現地に到着。

とにかくね。
トリのスキマと盛り上がりたい!という一心だったからね。
早くからスタンディングゾーンに入り、最初は後ろの芝でゆるゆると
途中からみんなの中に入って、他のバンドの音楽にカラダを揺らしてたんだよね。

で。
スキマのひとつ前がスピッツ。
一度ライブで見てみたかったので
おし、一緒に楽しんじゃおう!と期待に胸ふくらませ
沢山のスピッツファンの中でもみくちゃになりながら
ほとんど姿が見えなかった(はい、チビです 笑)草野さんの歌声を聴いていたのだけれど。

スピッツが始まる前あたりからポツンポツンと落ちてきた雨。
彼らが歌い出してからは大粒に変わり、いよいよカッパを着こむことに。
中盤からはかなり強い雨に打たれることになってしまいました。。

正直、スピッツの曲は「涙がキラリ」「チェリー」など
ヒット曲しか知らないワタシなので
雨がざあざあ降る中、知らない曲を聴き続けるのは
考えていた以上にかなり辛いもんだなーと
まだかなーまだかなーと、じっと耐えていたのでした。
(まるで修行僧の様に雨に打たれ続ける 笑)

どのミュージシャンも大抵6~7曲でステージを終えるので
さあもうそろそろこれで終わりかな・・・なんて思っていると
ギターを持ち替えまた次の曲へ(はい、みんなも嬉しそうに口ずさんでます 笑)
結局は11曲歌って(なんだかこちらがトリのような…笑)
沢山のファンを魅了し大歓声を受けながら彼らのステージが終了しました。

その後、彼らはFMラジオの公開収録に出演することもあり
そちらへとぞろぞろ大移動するスピッツファンの方々。
もみくちゃになりながらもなんとか今年も最前に行けたけれど
雨は一層激しく降りしきり、すでにずぶ濡れ状態(笑)
ステージセットの屋根からは、雨が打たせ湯のようにドドドドと激しく流れ落ちている。

ステージまで飛ぶ飛沫、重い湿気に
あきーむさんがギターやピアノのチューニングにとても苦労している。

でも。やっと。これから始まるんだ!と思うと気持ちだけは晴ればれ。
雨に打たれることも気にならなくなってきた。

じっと待つみんなのことを配慮してくださったのか
開始時間を5分程早め、スキマスイッチのステージがいよいよ始まりました!!


2人が出てきた瞬間。
歓待の意味を込め、デラの夏フェスバスタオルを大きく振る。
(すぐにびしょ濡れになり重くなる 笑)

なんだかもう、姿を見ただけで嬉しくて嬉しすぎて
さっきまでは、これ以上少しでも濡れないようにとカッパの袖や帽子を引き
バスタオルを温存させようと丸めたり、色々カラダを小さく縮こませていたのだけれど

わーい!!気持ち全開!!声も全開!!タオルも何もかも全開!!(オイ!笑)
雨の冷たさも全く感じなくなって、濡れることが楽しくさえ思えてきて(完全にハイな状態 笑)
ええいもう!盛り上げるよ!!何としても!!という使命感すら勝手に背負って(笑)

「雨の中、こんなに沢山みんな残ってくれて本当に本当に本当にありがとう!!
雨に負けないように、死ぬ気で歌います!!」
タクヤくんが笑顔で叫んでくれた!!

飛んで跳ねて、両手を大きく広げて
「パラボラヴァ」を一緒に口ずさみました!!

ハッピーな「パラボラヴァ」と対になっている(とジブンは思ってる)
「僕と傘と日曜日」を並べて歌うなんて、分かる人は分かってくれてる、って
そう考えてくれたセトリなんだって嬉しかったし

水しぶき立つ大雨の中で聴くこの歌は
セットも映像も全く必要なし!!
まさしくその世界観の中にすっぽりと入り込んでる。そんな感覚。

♪それならばいっそずぶ濡れのまま 君まで泳いでいこうか~

ああ、今のこの状態そのもの!って思えたし
タクヤくんもステージ屋根から滝のように落ちてくる雨を
濡れるのも構わず歌いながら左手伸ばしてくれてたし

「星のうつわ」も「アーセン~」も「ゲノム」も。
いつも以上に大きな手拍子や声かけをしたし

「Ah Yeah!!」ではびしょ濡れで重たくなったタオルを
絞りながら、へたりながら、雨の中投げ上げたし(オイ!笑)

なんか、どんどんジブンの中でいろんなものが弾け飛んで
雨のしぶきと共に砕け散ってった、残るは素のまんま(化粧も落ちて 笑)
もうなんだっていいやーいくぞーってな感じ(アホ 笑)

そして。
ラストの曲。
「奏」のイントロが流れる。

するとね。
やっと!待ってました!とばかりに
ヒューヒューという歓声と拍手があちこちから沸き起こる。

そうか。やっぱりなぁ。
みんなうれしそう。やっぱり一般の方はこれが聴きたかったのかな。
でもなんとなく「ホッ」としてる自分がいることに気付く。。
うん。気が張ってたのかもね。盛り上げなきゃ、と(笑)

タクヤくんの歌声、シンタくんのピアノ。
雨に気持ち良く打たれながら身を任せて聴き入りました。

これでセトリ7曲はお仕舞いだよね、アンコールってあるのかな、
この雨の中、ちゃんとみんな再登場まで待っててくれるかな、拍手してくれるかな、
そんなことがチラリ頭の中をよぎっていたその時。

「最後、もう1曲歌ってもいいですか!!??」
タクヤくんからの言葉!!

そりゃあもう!!
みんな大歓迎!!!!

アンコール?はもちろん
「全力少年」!!

いつもの声だし。大きく響き渡る。笑い声。楽しそう。
雨の中周りのみんながワクワクするのが伝わってくる。
やっぱりこの曲は欠かせないよなぁ!!

タクヤくん。
降りやまない雨の中、濡れるのも構わずに舞台落ち。
右へ中央へ左へと走り周って、みんなとタッチしてくれて。
舞台に登るときも助走つけてよじ登る。
(舞台から降りる階段がないからね)

そして最後はお決まりのピアノからの大ジャーーーーーンプ!!!

嬉しかった。
けど、内心はハラハラドキドキ。
雨でびしょ濡れのステージ。水たまりもできたスタンディングゾーン。
あんなにジャンプして走り周って
つるっと滑って転んでしまったらどうしよう。

でも彼は全く躊躇してなかった。
残ってくれて見てくれて聴いてくれてるみんながずぶ濡れなんだから
僕らも濡れて当たり前、全力で当たり前、そんな想いが
ビシビシ感じられる、全身全霊込めたステージでした。

そんな、タイトル通りの「全力」なスキマスイッチに
一生懸命盛り上げていた熱心なファンも、一般のお客さん達からも
最後は大歓声があちこちから飛び交っていました。

タクヤくんもなんどもなんども「ありがとう」を伝えてくれて
「今度また僕らのコンサートなどで、また会えることを願って、
そしてそれが晴れた日であることを、祈っています!!」と
笑顔で締めくくってくれました。

そして。
このフェスの主催者。
マウントアライブ代表の山本さんも
最後に2人と一緒にステージに現れてくれて
「みなさん!スキマスイッチどうでしたか?よかったですよね!!
また来年も来て欲しいですよね!!」なんてことを言ってくれて
(ああ、やっぱり可愛がられてる2人。嬉しいなぁ!!)

もちろんもちろんもちろん!!
次は晴れの日のトリを!!リベンジしに!!と
ココロから願ったワタシなのでした。

でね。
終了後、帰りのシャトルバスへと歩き始めた頃には
なぜか雨が小降りになってくるという(笑)

なんだかもうピンポイントで
スキマのライブの時を狙ったかのようなどしゃ降りの雨。

札幌へと向かうシャトルバスの中
あれやこれや思い出しては、どうしてもフツフツと湧き上がる想い・・・。



この日のタクヤくんの衣装。
白地に黒模様のシャツ。
あれは多分「牛」模様・・・。
そして黒っぽいジーンズに白い靴。
ツアー中ずっと履いていたラッキーカラーの赤ではない白い靴。モノクロ。
シンタくんは白シャツにベスト&スボンが緑のチェック・・・。

この2人が並ぶと
「牛」と「牧草地」・・・。。。。
北海道をイメージした特別な衣装。
そう思ったのはきっとワタシだけではないはず・・・(笑)

それだけ、このフェスのトリを務めるということに重責を感じ
なんとしても成功させたい、次へと繋げたい、という気持ちが強かったんだよね。
セトリだって悩みつくし、最後にデラクサーの知恵も借り、
攻めに行くぞ!盛り上げるぞ!と、北の大地に来てくれたはずなんだよね。

でも。大雨の中、知らない曲、まったりとした曲、じっと聴くのは結構辛い、、と
スキマのステージが始まるまで、他のバンドで痛感したワタシは
あの時の周りの雰囲気を思い出すとやっぱり胸がチクッとなってしまう。

デラクサーはアルバムをしっかり聴きこみ
マニアックな曲だからこそライブで聴きたいという気持ちが強いけれど
一般の「奏」と「全力」の他はあまり知らない人たちに向けてなら
やっぱり「キレイだ」の方が良かったのかな、
夏だから「ガラナ」で盛り上げ、バラードなら「ボクノート」なら聴き入ってくれたのかな、なんて
あれやこれや考え込んでいたら、あっという間に札幌に到着・・・。

そういえば、タクヤくんが最後にみんなの方へと投げ入れたペットボトルも
例年なら綺麗な放物線を描いて、ラッキーな方の手元へと落ちていくのに
この日はセットの天井に当りバウンドして、バンドメンバーの方に戻ってきてしまってたし(あー涙)
なんだかなにもかもが、まっすぐにいかない、上手くは進まなかった・・・。
(いつもはステージ前方から投げ入れるのに、この日は雨で前に行けなかったからだね…)

もし。
どしゃぶりの雨ではなかったらー。
「ちょっと聴いてみようかな」と思っていた方々も
もっともっと残ってもらえて、足を止めてもらえたはずなのに・・とか、

そうだ、雨が降った時のためのセットリストも
これからは考えた方がいいかも、多少濡れても踊って盛り上がれる曲メドレーとか、、、
ああそれにしても、こんなに気合いを入れて迎えたJOIN ALIVEのステージで
なぜこんな大雨に、なぜ、なぜ、なぜ、、、

なんだか胸が苦しかったです。
きっと2人のことだから、ライブ後は「やっぱこういうのって、俺ららしいよなぁ」と
笑ってるはずだって、そう思っては見たものの、
でもその次にはやっぱり、胸が苦しくなって・・・の繰り返し。

翌日は雨雲が去り、薄曇りから快晴に変わったものね。
2日目の大トリを務め大盛況で終わったナオトはライブのMCで前日の大雨に触れ
「俺なら心おれるかも。」と気遣ってくれていたそうです。



でもね。
すこしずつ、時間が経ち、色々考えて、最後に行き着く思いは
そんなスキマスイッチだから、大好きなんだ、ってこと。

いつもラッキーを引き当てて
勝負をかけると全てが良い方へと転がる、晴れも運も引き寄せられる
そんな太陽のような人がいるかと思えば

上手く行った次には、落とし穴が待っていたり
良かれと思ってやったことが、裏目に出て色々言われてしまったり
準備万端、これで完璧だ!と気合い入れて臨んでみたら
想像していた展開にはならなかったり、予想外の出来事に見舞われたり、
お天気に振り回されてしまったり・・・。

一生懸命やってんのになぁ、最後の最後でなんでこんなことになっちゃうかなぁ、
ああやっぱり、ちょっとどっかズレてしまうんだよなぁ、俺達って。

でも。
好きなこと真っ直ぐ真面目にやってれば、分かってくれる人はきっといるよなぁ。
応援してくれる人だって、こんなにたくさんいるんだもんなぁ。

なんかね。
人生って、そういうものかもなぁって。

自分と照らし合わせても、ラッキーばかり続かないし
いつも肝心なところで、あれ?ってなってしまう。

けれど。
あの2人も笑ってるんだから
ワタシも笑ってまた明日へ進もうかな、って。

ちょっと不器用で、ウタウタイなのに歌う前には極度の緊張で吐きそうになったり
肝心な時は吹き出物が出来ちゃうし、汗染み出来ちゃうし(オイオイオイオイオイ!笑)

そんなアナタがみんな大好きなんです(笑)
そんなアナタだからこそみんな大好きなんです(笑)
そんなアナタと共に歩み音楽を奏でるアナタも大好きなんです(笑)
そんな2人が作る、安易に「頑張れ」とは言わない
「夢は願えばかなう」なんてどこにでもあるような応援歌は作らない
ちょっとまっすぐじゃない、でもものすごい世界を包容する音楽をみんな愛しているのです。


11707983_997876360253097_8526227330755094880_o.jpg
<JOIN ALIVE2015 FBより>






週明け月曜朝のローカル番組でJOINの様子が流れたようです。
見逃したことを悲しんでいたらフォロワーさんがUPしてくれました。

CKT3IHGUMAA9JWQ.jpg





CKT-Xi8UAAAcjdi.jpg






CKT-XjJUAAAL4fq.jpg






CKUm_G-UcAA20Y9.jpg



・・・・やっぱり、牛と牧草!!(笑)


ライブ後すぐのインタビュー。
濡れた前髪がなんだかとても愛おしいね(笑)





■JOIN ALIVE 2015(2日目)
・日時 2015年7月18日(土)20時50分~
・会場 いわみざわ公園<野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地>
ROSE STAGE


◎セットリスト

①パラボラヴァ
②僕と傘と日曜日
③星のうつわ
④アーセンの憂鬱
⑤ゲノム
⑥Ah Yeah!!
⑦奏(かなで)
⑧全力少年



ずいぶん経ってから気付いたこと。
そういえばこの日のタクヤくん、ギターを全く弾かなかったよね??(だよね???)
※他の方のブログを読んだら、ゲノムで弾いていたそうです!!(爆)
 ワタシの記憶、全くアテにならなくてすみません!!(あー笑)

あきーむさんは直前までチューニングをしていたから
きっと、この雨ではいい音が鳴らないと最終的に判断したのかな。
※いいえ、ちゃんと弾いていたそうです!!(スマンスマン!あきーむさん!笑)

シンタくんが弾くグランドピアノも
音がかなり籠っていて、ちょっと音程が外れ気味だった。

やっぱり、難しいんだろうなぁ。雨の中では。
でも自然っていつもそういうもの。
人間にはお構いなしに、勝手に雨が降るし、勝手に風が強くなる。
雪だって吹雪になり行く手を遮ることもある。

そんな中で生きてゆく私達も
思い通りにいかないことばかりが実は当たり前なのかもしれないね。

うん。
あの2人も同じなんだよね。
タクヤくんがMCでいつもいうように
「ただ職業が音楽というだけで、僕らも皆さんと同じ」なんだよね。

それをはっきりと実感して
今まで以上にスキマスイッチが大好きだと知ることが出来た
今年のJOIN ALIVEでした。



ある意味ね。
あの雨の中でのライブはとても貴重で
あの場にいられたことを、一緒に歌えたことを
誇りに思える、そんなライブだったと思います。

また来年も!!
次は晴れの、満天の星空の下で、トリを!!
楽しみに待っています!!

タクヤくん、シンタくん、サポートメンバーのみなさん、スタッフのみなさん。
そして主催者のマウントアライブ・山本さん。

本当に本当に本当にありがとうございました!!

一等思い出深い今年のJOIN ALIVEになりました!!



うん。
絶対、忘れられないライブ。

ありがとう。


スポンサーサイト
| ♪スキマスイッチ | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。