123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-07-29 (Wed)

「安藤裕子がニューシングル「360°(ぜんほうい)サラウンド」をリリースする。
開放感のあるメロディと夏の始まりを鮮やかに描いた歌詞が1つになったこのシングルの主題曲は、スキマスイッチが書き下ろした極上のポップチューン。実は安藤とスキマスイッチはデビュー日(2003年7月9日)が同じ。昨年の夏に音霊 OTODAMA SEA STUDIOで共演し、FM802の番組で5週にわたって音楽観を語り合うなど、交流を深めてきた両者の初のコラボ曲が「360°サラウンド」というわけだ。」

スキマが安藤裕子さんのために作ったという新曲「360°(ぜんほうい)サラウンド」
それについての対談がこちら。

音楽ナタリー「安藤裕子×スキマスイッチ」








この対談記事。
ものすごく読みごたえがあったというか
ありすぎて途中からドキドキしてしまったよ。

その中でも特にハッとさせられたのが

「「デザイナーズマンション」ね。
あの曲は安藤さんの「眠りの家」を聴いて作ったんですよ。」

という、タクヤくんの言葉だった・・。

思わず、Youtubeで「眠りの家」を探してみたのだけれどなかなか見つからず
結局、DLしてしまったほど(笑)

聴いてみてなおのことドキドキ。
本当だ、ってドキドキ。


正直ね。
安藤裕子さん、とても素敵なミュージシャンだと思うのだけれど
残念ながらワタシの好みではないのです。
(そこは個人嗜好の部分なので・・あしからず)

歌声はどこか不安定。
繊細だったり時に力強かったり
甘さと脆さが同居して。
歌の世界観も独特の空気を放っていて。
ファンの方からすればそこがたまらない魅力なのだろうけれど
逆にそこがワタシには馴染めない部分というか。

でもタクヤくんはとても好みのようで
というか、普通にファンであるようで
彼女の曲を聴きながら、あの曲を作ったという・・。

で。
なんだかちょっと悔しくて(なんでなんだ!笑)
DLしたばかりのその曲をもう一度聴いてみる。

そうかぁ。
甘い声、息づかい、、。
華やかに匂いたつ女子の世界満載の声、、、。
思わずギュッと抱きしめたくなるような魅力がある。
楽曲に絡まるその「声」に
男子の本能が大いに反応するのだろうなぁ、なんてね。
そうかそうなのかーと、悟ったのです。


ちなみに。
英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのYi Xu博士によると
人間は、声によって瞬時に相手の体のサイズや魅力度、親切度などを判断する能力をもっているそう。
男性は、高くて息づかいが聞こえるような女性の声から
華奢で従順なイメージを彷彿させ、心惹かれてしまう・・・らしいです。

歌声がいいなぁと聴いてるうちに、
いつの間にかその人自身も好きになってしまう。
それって・・・こういうことからくるのかも?(笑)

「声」に恋した時点で
その気持ちはどんどん加速してゆくのだろうなぁ。

そうそう。
女性は男性らしさと強さの中に優しさが垣間見れるような
低くてよく響き、息づかいが聞こえる声の男性を好む傾向があるらしい。

どちらにしろ。
男子が惹かれる声、女子が惚れてしまう声、それぞれにあって
そんな声で歌うミュージシャンは最強なモテ人であるよなぁと
改めて、あの人その人を頭に浮かべてしまったのでした(笑)

だよなぁ。
「声」って最重要だよなぁ。
動物の世界では求愛の要になるものだしなぁ。

ルックスや雰囲気がいいなぁ、カッコイイなぁ、ギターも男っぽいなぁ、と
ものすごく好印象を抱いているにもかかわらず
「声」が好みじゃないと、やっぱりファンにはならないもんなぁ。
(ワタシにとって山さんがまさにそうなのだ…)

でもって。
「声」が好みでルックスも好みならもう
完全に恋してるような気持ちで歌を聴いてしまうもんなぁ。

それはミュージシャン同士でもありうることだろうし(うん 笑)

うらやましいなぁ。
そんな才能、なぜワタシには備わっていなかったのだろう(わはははは笑)

なんて。
思ったり思ったりやっぱり思ったり・・・・(笑)

あれ??
対談記事の内容からずいぶん外れてしまってる(笑)

とりあえず。
気になる方は(デラクサーならみんな気になるであろう!笑)
「眠りの家」をぜひ購入して聴いてみてください!!(笑)

そして。
こちらもぜひに!!

安藤裕子 / 「360°(ぜんほうい)サラウンド」



「360°(ぜんほうい)サラウンド」

舞い踊る水しぶきが午後の気温 あげてく
ほら 指さす方 青空

夏の朝の空気のように ワクワクする気持ちのまま
君と二人 創造していけたらいいなぁ!

打ち付けている 今年初めての夕立
360°(ぜんほうい)のサラウンド 街中を包む
この音が止んだら 始まる僕たちの夏
雨宿り 並んで 見上げて 待ってる

手をつなぐたび 君とのcm(センチ)を測っていたい
不安定な空みたいに 行ったり来たりもするけど


舞い踊る水しぶきが午後の気温 あげてく
ほら 指さす方 青空

夏の朝の空気のように ワクワクする気持ちのまま
君と二人 創造していけたらいいなぁ!

僕らが抱える シアワセに潜んだ少しの不安
でも雨がないと 生きられない それこそリアリティ

日常の中の幸福度を検知できたなら
2人でいること 巻き起こる全てが愛しい


雨上がり 街路樹が 爆発したように夏をまとう
ほら 子どもたち 駆けてく

3、2、1で歌い出す 蝉たちのこの季節のアンセム
響いていけ 濡れてたTシャツが乾いてく

ヒリヒリと痛いくらい 今年も焼き付けてくよ

雨上がり 街路樹が 爆発したように夏をまとう
ほら 太陽が急かしてる

照らされたアスファルトが最高気温 あげてく
ほら そびえ立つ入道雲

いまさらギュッと掴んでいなくたって
消えたりしないと油断していたら

君が手を ほどいてちょっと前を歩いて
僕を見透かして 笑ってる

~安藤裕子「360°サラウンド」より ©スキマスイッチ)~



打ち付けた水しぶきが蒸発するアスファルト。
そんな夏の匂い立つ詩もいい。
情景が目に浮かぶよね。
やっぱ好きだなぁ。


実は。
2012年のJOIN ALIVEの時。
スキマのライブの前が彼女のライブで
初めて生の歌声を聴いたんだよね。
裸足でステージに立ち、独特の世界観をふりまいていて
その時もやはりワタシは全くピンとはこなかったんだけど(ゴメンナサイ 笑)

でも。
この曲で安藤裕子さんの印象がちょっと変わったかも。
この曲で違う彼女を見ることが出来てよかったかも。

そして。
すこし、まだほんのすこしだけど、好きになれたかも。。


でもやっぱり。
スキマスイッチでこの歌を聴きたいなぁ。

♪あああ~ほら~ の部分。
タクヤ節で聴いてみたいなぁ(笑)

いつか。
歌ってくれたらいいな。


スポンサーサイト
| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。