123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-12-16 (Wed)


もう1週間経ってしまったんだ!

さかいゆうクンの久しぶりのワンマンライブ。
ジャスミンを引っ提げてのツアー。リリースパーティ。

場所は札幌cube garden。
ここはワタシにとって地元で一等お気に入りのライブハウス。

そして約2年半前。
ゆうクンのTOUR 2012 “How’s it going?”のファイナルを行った場所でもあり
色々な意味で思い出深いハコでもある。

なので。
昨年7月以来のワンマンを
とてもとても楽しみにしていたワタシです。


※ネタバレあるので閉じます☆








1450167264762.jpg

整理番号のわりには、なかなかの場所をキープすることが出来たし
久しぶりに会えたお友達もいて、始まる前からワクワク。

昨年、DEPAPEPEのライブでこのハコに来た時は、2階席の一番前に座って
見晴らしの良さに感激したよなぁ、なんてことを思い出す。
そしてニューアルバムのプロモで来札しているであろう秦クンが
もしかしたらもしかして?あの2階席からこのライブを観に来てるかも?なんていう想像に
何度もチラリチラリと振り返ってしまってたよ(そしてライブ後にびっくり!笑)


今回のツアーのサポートメンバーは
ベースの種子田さん以外、よく知らなかったのだけれど
ギター、ドラムに加え、キーボードの方もいたんだね!
19時を過ぎ、次々とステージに現れたお初のメンバーを見ながら
なんだかすごいライブになりそうな予感に包まれました。
(大好きな種子田さんが出てきた時にはキャー!!笑)

そしてお待ちかねのゆうクン!
最初っからハイテンション!(笑)
ニコニコ笑顔で手を振り現れ跳ねるように鍵盤の椅子に座り歌い始める。

♪始めよう~サッポロのストーリーーーー!!!

湧き上がる大歓声!!!
キラキラ光るイントロの音色にワクワクが止まらない。
やっぱ、この曲だよなぁ!!
ゆうクンのデビュー曲「ストーリー」で
この日のライブが、サッポロのストーリーが、始まりました!!

ジャスミンのカップリング曲でさらに盛り上がってから
ひと息いれてのMC。
引き締まった顔つき。笑顔がキラキラ。

「ジャスミンのリリースツアーなんだけれど、CDに3曲しか入ってないからね。
それだけだとあっという間にライブが終わっちゃうから(笑)
昔の曲・・なかなかライブで歌ってもらえない"かわいそうな曲"なんかを中心に
歌っていこうと思います!」

こんなようなことを、長々と!(笑)
ジョークを加えながら、長々と!(笑)話ししてくれました。

うん。
1曲歌うたびに、その曲の説明などもしてくれてたなぁ。
なので、ライブの進み具合がとてもまったり。
話しの行く先が脱線しそうになったりするのもまた楽しや(笑)
歌う時同様、話してる時も、ものすごく生き生きとしてて
この時間を彼自身が一番楽しんでいるのが、びしびしと伝わってきました。

でね。
ジャスミンCDのカップリングで収録されてるカバー曲「接吻」。
原曲を歌うオリジナルラブのお洒落でアダルトな楽曲のコードについて熱く語り

出だしのコードを鳴らし
「ほら、このコード!!カッコイイでしょ!!
これって、マーヴィン・ゲイのある曲と同じなんだよね!」と
その曲をチラリ弾いて鼻歌を歌ったあとに
「ほらね」なぁんて、嬉しそうに笑うのだ。

ステージ上のミュージシャンと、それを聴くお客さん。
そういう構図を軽く超えちゃう、自然体なゆうクンに
みんなぐんぐん惹きこまれてゆく。

そして時には、どんどん先を突っ走る話しぶりに、
置いていかれそうになりながらも、慌ててついていく(笑)

ああ、この遠慮なしの自由なB型っぷり(笑)
大好きだなぁ、と思ってしまう、同じくB型のワタシです(笑)

そんな、思わずマーヴィン・ゲイの曲まで飛んでてしまった後での「接吻」。

♪なーがーくー あーまいー くーちづーけをかーわすー

もうね、クラクラしちゃいました(笑)
ホントね、ゆうクンに教えられるまでもなく(笑)
オリジナルラブの頃から大好きだったこの曲の出だしのコードの妖艶さ。
ゆうクンの声だからこその、増幅する甘さ。
やたら胸がキュンとなりました。
かっこええー。

そして胸キュンタイムはここからさらに続くのです(笑)

ギターの拓也さんだけが残り、バンドメンバーがいったん下がる。
アコギを手にした彼の横に、ゆうクンが立ち上がる。
なんと!ハンドマイクで!ワタシがいる側のステージ前まで!(すぐ目の前にゆうクンが!笑)
身をぐいっと乗り出し、ウキウキと嬉しそうに話し出す。

「きっと、この曲は、この中の3割ぐらいの人は知ってるんじゃないかな、と思います!
良かったら一緒に歌ってくださいー!!」

そう言って、ロックなアコギの音色で歌い始めたのが、なななななんと!!
マイケルジャクソンの「Rock With You」!!!

はいはいはいはい!!知ってます知ってます!!コーラス歌えます!!(爆)
ディスコ(死語 笑)じゃーありませんか!!(夜な夜な家を抜け出して踊りに行ったわよ!←不良少女 笑)
ゆうクンがよもや!この曲をノリノリで!ハンドマイクで!歌ってくれるとは!!!!
もうね、鳥肌が立ちました!(爆) カラダ揺らしちゃいました!(オイ笑)
めちゃくちゃ楽しかったなぁ!♪all night~ 歌っちゃったよ!
こんな選曲をしちゃうゆうクン。すごいわ!やっぱりすごいわ!

ディスコタイム?(ワタシだけ?笑)で盛り上がった後は
中央にある鍵盤をはさんで反対側のステージ前に移動したゆうクン。

今度はキーボードのpochiさんが奏でる優しい音色で
「sammy」をしっとりと歌い上げてくれました。

pochiさんが綴る鍵盤。
どこかお洒落なバーで聴くアダルトな雰囲気が漂っていて
(ゆうクンとはまた違う音色でいい感じなのです)

ディスコからピアノバーへお店を移動したような
そんな不思議な感覚にじわーんと包まれました(お酒が飲みたいです 笑)

動と静の妙に魅せられたハンドマイクタイム。

鍵盤の前に座ってるだけじゃ
スタンディングの後ろの方にいるみんなは全然見えないものね。
ここに集まったみんなが楽しめるように、こういうパフォーマンスもしてくれたんだろうなぁ。

でもって。
鍵盤前に座ってる時も、じっとなんかしていられないゆうくん。
オープニングの曲の時から、ものすごかったのだ。

鍵盤に置いた手に全体重をかけ
両足跳ね上げ乗り上げちゃうパフォーマンスで、みんなをあっ!!と驚かせ

かと思えば、ぴょんぴょん高く飛び跳ねたり
大きくのけぞった後に飛び上がったり。

まるで、鍵盤と格闘しているような(笑)
ゆうクンの大好きなプロレスの技をしかけてるような(笑)
歌いながら弾きながら、こんなことも出来ちゃうんだ!!という驚き二重丸!!

そして曲の説明やら、その時に思いついた話やら、
MCも自由に長々と話ししてくれるゆうクン。

ひとつの大きな流れに沿いながらも
型にはまることなく、その場の雰囲気でいかようにも変化するライブが楽しすぎました!!

でも、それはきっと。
音楽的な芯の部分がしっかりと鳴っているから出来ること。
そうそう誰にでも出来ることではない。

トレードマークだった帽子を置いてからは
ぐんぐん自分らしさを前に前に開け放つようになったゆうクン。
なにもかも、カッコよすぎました。


その後の2曲は、ツアー前に募ったファンのリクエストから。
久しぶりに聴けた「Room」
初めて聴いたインディーズ時代の「月明かりのメランコリック」

この2曲も静と動。
キッチリ魅せて聴かせてくれました。
「月明かり~」、弾けたなぁ!!楽しかったなぁ!!

その流れからの
大好きな「まなざし デイドリーム」で爆発!!

そしてこのツアーの要となる「ジャスミン」
みんなの胸をジュンと熱くさせて、本編は終了しました。


アンコール。

ひとり現れたゆうクン。
ツアーグッズをあれやこれや抱えてきました!(笑)

そしておもむろにひとつずつみんなに広げ見せては
説明をはじめるゆうクン(笑)

うん。
彼のグッズってものすごくセンスがよい。
色使いが爽やかで、ロゴもさりげなく添えてあって
女子が普段使いに出来る感じ。
ニットキャップも可愛い!(ワタシは似合わないけど 笑)

で。
アロマストーンのジャスミンの香りをみんなに嗅いでもらおうとする彼は
最初間違えて、マイクにオイルをふりかけようとし慌てた後に(あー!笑)
グッズのタオルにたっぷりと沁み込ませ
ステージ前で大きくバサンバサンとあおぐあおぐ!!(笑)

反対側で振り撒いた後は
ワタシのいる側にもやってきてバサンバサン。
ジャスミンの香りって嗅いだことなかったけれど
なんとなくラベンダーにも似た?ような?爽やか系の香りでした。

自由自在に動き回る、サービス精神旺盛なゆうクン。
なおのこと嬉しさぐるぐる。三重丸(笑)


バンドメンバーが揃い最後の1曲。
「薔薇とローズ」。

この曲が沢山の人に届き、大きく飛躍したゆうクン。
2年半前、ここでワンマンファイナルをやった時を思い出し
あの時よりもぎゅうぎゅうに集まったお客さんに、最高潮に弾ける熱気に
鼻の奥がツンとなってしまったワタシです。

そう。
あのライブツアーで、トレードマークだった帽子を置いたんだよね。


ひたすら明るく、楽しく、弾けたこの日のライブ。
転機となった(と、ワタシは思っている)
「君と僕の挽歌」は歌わなかったけれど

このライブでは、入れなくてもよかったよね、
最初から最後まで笑顔で終わるライブだからね、なんて
セットリストに込めた想いをそっと受け止めたのでした。


あああああ。
とにかく楽しかった。ワクワクした。
そしてキュンとなった。
自由に自分らしくライブを楽しんでるゆうクンのすべてがカッコよかった!!

お客さんもオーガスタ流れからだけでなく
仲睦まじいカップル、ちょっとキレイ目のお姉さん達、ひとり男子・・・
カッコイイ音楽を求めてやってきた感じのファンが増えていて
ちょっとおしゃれでいい雰囲気だったなぁ。

最後にゆうクン達とお客さん達とで記念撮影。
来年発売のアルバム予約で、この集合写真(サイン入)がもらえるとのことなので
しっかり予約して帰ったワタシです。




そして。
帰りの地下鉄の中で、このことを知り
うぉぉぉぉー!!!と興奮したワタシです(笑)

やっぱり、ヤツは、来ていたのだ!!!(笑)


20151210sakaiyuhata2.jpg




20151210sakaiyuhata.jpg


あの2階の関係者席に・・・いたのだね!(笑)

一緒に、あのライブを、観たのだね!(わーい!笑)

ゆうクンは来てることを全く知らなくて
ライブ後の楽屋で年下のパイセンを見てビックリしたみたいだね(笑)

嬉しさ4重丸!!(笑)
ああ本当にいい夜だった!!

家に着いたら、さすがにカラダがクタクタだったけれど
(なんてったって、群馬遠征から帰ったその日にスタンディングのライブだから、ね 笑)

ココロは余韻にひたひたなのでした。



自由なゆうクン。
本当に楽しかった!!

今回のツアーは5か所。
その中のひとつに札幌を入れてくれて感激!!
いつもいつも本当にありがとう!!
北海道に来てくれて本当にありがとう!!

アルバム発売時は寒さ本番になってるはず。
今度は白い街並みでお迎えするので
また来てくださいね!!

さかいゆう、最高!!
さかいゆう、大好き!!

ありがとう!!!



20151210sakaiyu.jpg




■さかいゆう TOUR 2015“ジャスミン”@札幌

・日時 : 2015年12月10日(木) OPEN 18:30 / START 19:00
・会場 : 札幌cube garden オールスタンディング

Band Member:
B・種子田健 G・田中"TAK"拓也 Dr・望月敬史 Key・pochi


◎セットリスト

①ストーリー
②WALK ON AIR

③パスポート
④ララバイ
⑤されど僕らの日々

⑥接吻(カバー)

⑦Rock With You(カバー)(拓也さんのアコギ。ハンドマイクでノリノリ♪)
⑧sammy(pochiさんのキーボード。ハンドマイクでしっとりと♪)

⑨Room(リクエストより)
⑩月明かりのメランコリック (リクエストより)

⑪~⑫ 新曲(ニューアルバムの中から)

⑬まなざし デイドリーム
⑭ジャスミン

EN

⑮薔薇とローズ





スポンサーサイト
| ♪さかいゆう | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する