123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2016-04-28 (Thu)


ああ。
4月も早い。
ぐんぐん疾走してゆく。
あと3日で終わっちゃうなんて信じらんない(笑)

いや。
先月末から3本のライブに行ったというのに
全く感想文を書けないままの自分が信じらんない(笑)

スキマのツアーも始まったというのに
全く情報を追えぬまま。


母が体調を崩し入院したり。
大好きな熊本が大地震に襲われてしまったりー。

色んなことにココロもカラダも
結構くたくたになりながら

今の私に出来ること
毎日を変わらずしっかり生きること
微々たる金額だけれど募金すること
なんてことで過ぎてしまった4月です。
どうかどうか、早く平穏な日々が戻りますように。

なにはともあれ、まずは、
3月31日に北海道・苫小牧で行われた
NakamuraEmiさんのワンマンライブのこと。

記憶の記録をしようと思います☆







今年1月にメジャーデビューをした彼女。
全国プロモーション活動で駆け回る中
いよいよ北海道にもライブをしにきてくれる!
情報を知って、絶対行こう!ってワクワクしてました。

苫小牧のカフェでのワンマンライブ。
そして地元道内出身の女性ミュージシャンたちと
札幌で行われるイベントライブ。

2日続けてタイプの違うライブ。
どちらも観たかったけれど、両方は行けそうにはなかったので
じっくり、まったり、たっぷりと、
彼女の歌声を聴けるワンマンライブに決め
札幌からJRで1時間半の苫小牧へと出かけてゆきました。



久しぶりの苫小牧。
各停電車にガタゴト揺られ
大きく赤く燃える夕日が西の大地へとゆっくり沈む頃
終点・苫小牧駅に到着。

空が広ーい。
海が近ーい。
うーんと深呼吸をして、会場のカフェバーへ。



20160331b.jpg




   20160331d.jpg




繁華街のビルの2階にある、雰囲気のあるカフェバー。
店内奥をライブスペースにセッティング。
マイクやスピーカー等が準備されている。
カウンターには軽食もあり、置かれたイス席はあっという間にお客さんでぎゅうぎゅう。
一番前の席はちょっとおしゃれな雰囲気のおじさまたち。
後ろの方は立ち見の方々も。ざっと40人くらい集まりました。

カフェの常連さん達のにぎやかな会話、始まりを待つ沢山の笑顔、アットホームな雰囲気漂う店内。
19時を回り、Emiさん、ギターのKawamuraさん、そしてマネのタケシ(呼び捨てでごめん 笑)が現れて
待ちわびた歓声が上がる中ライブが始まりました。


ギタリスト&プロデューサーのKawamuraさん。
彼のギターのイントロで始まったこの日のライブ。
1曲目でもう、その音色とEmiさんの歌声に
ココロはぐいぐいともっていかれました。

Kawamuraさんのギター。
ドラマチックで本当にカッコイイ。
彼自身もとてもオシャレでカッコイイ。
白シャツにベスト姿でネクタイをキュッと締め
椅子に座って情熱的な音を鳴らしてくれました。

CDを聴きこんでいたこの冬。
Kawamuraさんのギターも生で聴いてみたい、とずっと思っていたから
すぐ目の前で憧れの音と姿を観れることに感激ひとしお。

そしてなんといっても、Emiさん!
飾りのない、すっぴんのような、気さくな人柄あふれる初々しいMC。
小さなカラダから放たれる迫力のある歌声。
感動しっぱなしでした。

私の大好きな「台風18号」では
彼女と対比するとなおのこと大きく見えるオーシャンドラムを持ち
寄せては返す波の音を鳴らして歌っていた彼女。

なんだか夏の終わりの、泡立つ潮の匂いがしてきそうな
不思議な感覚に包まれて鳥肌が立ちました。

6曲ほど歌い終え、しばしトイレタイム(笑)
中休みがあるなんて思ってなかったから、ちょっとビックリしたけれど
みんな自由に食べたり飲んだりしていたから、休憩も必要だったんだろうね(笑)

後半からは徐々にヒートアップしたライブへ。
後方から独特な手拍子が鳴ったり、あちこちからヒューヒューの嵐が起きたり
本編最後の「YAMABIKO」のイントロでは、待ってました!とばかりの大歓声がぐわっと湧き上がって
思わず感極まり涙ぐみ、くしゃくしゃな笑顔を見せてくれたEmiさん。

特にね。
「初めて家族に向けて書きました」という新曲の「召しあがれ」。
歌詞からあふれでる、家族へ(お母さんへ)の想いに、じーん。
思わず鼻の奥がツーン。

なんだかね。
母であるワタシ。そして娘であるワタシ。
両方の立場にあるワタシにとって
彼女らしい独特の言葉で描かれた風景が
とてもとてもリアルで、すぐそこに見えるようで、
ココロの奥深くひたひた温かい感情に満たされました。
ああ、うんうん、そう、そうだよね、って共感。

すぐ近くにいた若い女子も聴き入りながら涙をぬぐっていて
この日一等、胸に響いた歌でした。

アンコールは1曲。
計12曲。歌ってくれました。

ああ、やっぱりワンマンライブはいい!
小さなカフェバーで、間近な距離で、ぎゅぎゅっと聴けるライブはいい!
来てよかった!!!って、心底思いました!!

そうそう。
ライブ中に
「録音はダメだけれど、写真はどんどん撮っていいですよ!
話してる時も、歌ってる時も、構いませんからね!」と笑顔で言ってくれたEmiさん。

みんなスマホを出してパシャパシャ(笑)
ワタシも思わずパシャパシャ(笑)

の中の1枚。


20160331c_201604280228043a4.jpg

(Emiさんの後ろで、本日PA係のタケシマネが奮闘中 笑。
SNS全盛の時代、みんなにシェアしてもらうのが一番だもんね♪)



ライブ後のCD販売の時も
お釣りを渡してくれたり、CDのセロファンを素早く取るのはタケシマネで
(思わず、スキマのデビュー当時もこうだったのかな?なんて想像してしまいました 笑)

その間、にこやかに話ししながら
「もし良かったらこちらも受け取ってもらえますか?」と
彼女作成の新聞?を手渡してくれたり

20160331e.jpg

(これがもうもう、とってもお茶目で素敵な新聞?なのです!
 読みながらニヤニヤ、うんうん、キューンとしちゃいました!笑)






CDにサインを書く時も
「良ければお名前も書いていいですか?」なんて言ってくれる彼女。

「もちろんもちろん!!」と言うと
こんな可愛らしいサインをしてくれました。

20160331ff.jpg


ツーショット写真なんかもみんなと気軽に撮っていたなぁ。
(ワタシは恥ずかしいので言わずじまい 笑)



デビュー時だからこそ出来る対応かもしれないけれど
彼女のやわらかな笑顔と、気さくな会話と、丁寧で細やかな心遣い。

ライブ終盤のMCの時には
集まったファンのみんなのことはもちろん、
この日のライブに関わってくれた全ての方々に
「~をしてくださった〇〇さん、ありがとうございます」と
ひとりひとり名前を上げてお礼を言っていた彼女。
(大勢の初めましての方の名前を憶えているだけでもすごい!と思いました)

ファンもそうだけれど、周りにいるスタッフさんや音楽関係の方々みんなに愛されるはずだよなぁ、と
可愛らしい小さな手と握手しながらホッコリしちゃいました。


この日のライブのこと。
Emiさんのブログにしっかり記されています。
苫小牧 coco Cafe 感謝 2016.3.31

(こちらもぜひ読んでみてください!)


そして。
北海道での初ライブ&初ワンマンがなぜ札幌ではなく苫小牧?
その謎を知る、というか、Emiさんがオーガスタに入った理由が記されているブログはこちら。
北海道 キャンペーン4日目 2016.1.28

(こちらもぜひぜひ読んでみてください!)


なんだか彼女のブログを読むだけでも
いろんなことが想像出来て胸熱くなります。。



NakamuraEmiさん。
どんな人?どんな音楽?
ちょっとでも興味を持った方は、ぜひともライブを観て欲しいなぁと思います。

小柄で可愛らしい雰囲気から、男子ファンが多そうに思えるけれど
女子ならなおのこと詩に共感する部分が多いと思います(ワタシのような年の離れた女子?でも!笑)

今時流行りの、カワイイ系アコギ女子達や
鋭い言葉で煽るような詩と曲を綴る女子達とも違う
日々暮らしの中にある風景をリアルに描く、その想いに
ちょっと涙ぐんでスッキリするような、背筋がピンと伸びるような、明日も頑張ろうと思えるような、
そんな歌を歌ってくれるステキな彼女です。
傍にいたら絶対好きになってしまうような、彼女です(笑)


NakamuraEmiさん、ありがとう。
また、北海道にライブに来てくださいね。
苫小牧にも来てくださいね。

水筒王子こと、Kawamuraさんも、ぜひぜひ来てくださいね。
(汗だくでギターを弾く姿が本当にカッコよかった!!)

あ!!
タケシマネ。お疲れ様でした!!(笑)


胸に沁み入る歌声と詩、熱いライブ、ありがとうございました。



■NakamuraEmi SPECIAL LIVE@苫小牧

・日時:2016年3月31日(木) OPEN/18:00 START/19:00
・会場:苫小牧 CoCo Cafe

<セットリスト>
①All My Time
②スケボーマン
③ I
④プレゼント~繋ぐ~
⑤台風18号
⑥?(インディーの頃の曲)

~小休憩~

⑦チクッ
⑧?(インディーの頃の曲)
⑨使命
⑩召しあがれ
⑪YAMABIKO

EN
⑫女子達




新曲の「召しあがれ」

早く音源になればいいなぁ!





あとね。
彼女のHPのLIVEカテゴリーに記されてる
過去のLive Schedule 2015~2016年を見て驚いた。
NakamuraEmi LIVE情報

これ、、、すごいよ。
最後の方に書かれている昨年からのライブ情報。
全て記録されてる(と思う)

新しいライブ情報と共に
こういう過去情報をマメに更新し、残してくれてるのってすごい。
スタッフさんの意識の高さを感じます。

で。
すぐにね、あっ!!と思い出したんだよね。
スキマのデビュー5周年の時にDELUXEで発売されたアーティストブック。
あれにもデビュー前からのライブが細かく記されているってこと。

こういうのって、当時からのファンも、新しいファンも、ものすごーく嬉しい。
もちろんワタシも、彼らの歴史を知る貴重な記録として、じっくりじっくり読んだこと、覚えてる。
Emiさんも、ちゃーんと、こういう記録をキチンと残してもらえてるんだ!

うん。
やっぱりやっぱり、タケシマネはすごい!!
デビューからの、多岐に渡るプロモーション活動を見ながら
スキマのブレイクも彼がいたからこそ、、、なんて深く感心しちゃったりしたのでした。

Emiさんのチーム。
彼女のブログを読んでるだけでも、結束力の強さにジーンとしちゃうもんね。

これからの活躍がますます楽しみになりました!

タケシマネ、頼んだよ!(笑)








さて。

次は。

いよいよ。

秦クンのライブ感想文を書かねば・・・(いそげー笑)









スポンサーサイト
| ♪NakamuraEmi | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。