12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-05-31 (Tue)


年に1度。
弾き語りライブでの来札はもう今年で4年目。

例年なら、彼のプロデュース業が落ち着いた頃。
札幌は極寒の時期の2月に来てくれてた。

そういえば、初めての時。
「何時頃からスタートがいいかな?」って聞いてくれてたっけ。
「平日で真冬の時期なら、交通が遅れることもあるので
19時半くらいのスタートがいいな」なんて、みんなつぶやいてたっけ。

それからは
円山にあるビルの地下。
趣のあるバースタイルの小さなステージで
毎年彼はギブソンとマーチンのアコギを携えライブをしてくれた。

でもね。今年はね。
新緑がまぶしい、風薫る5月。
ライラックが咲き始めたこの時期に来てくれました!

元SMAILEのボーカルで楽曲すべてを作詞作曲。
そして、高橋優くん、クリープハイプ、HYなどなど
今を時めくミュージシャンのプロデューサーとしても活躍している
浅田信一 こと 信ちゃん。

12年ぶりのフルアルバムを引っ提げての
弾き語りワンマンツアー「君に会いにいく」。

澄んだ青空が広がる札幌に来てくれました。

本当に嬉しかった!!!









20160520b.jpg

ニューアルバムを携えたツアー。
1年3か月ぶりに来てくれた、弾き語りワンマンライブ。


ここ数年は、椅子に座り、グラスを傾けながら、ゆったりと歌う。
まるで彼のプライベートルームで聴くような
そんなしっとりとしたライブが続いていたのだけれど

今回はその雰囲気が一変。
スタンディングで、時に挑むように、膨れ上がる想いを弾かせるように歌っていた信ちゃん。

声がね。
かつてのあの声に、戻ってたんだよね。
伸びのある高音。張りと艶のある低音。独特のトーン。
アルバムを作り、またこれからやってやるんだ、というみなぎる覇気が
歌声を瑞々しくさせてくれていた。

これこそが、浅田信一だ!ってとてもとても嬉しかったです。
シンガーソングライターとしての覚悟と決意を感じました。

とにかくね。
奏でられるメロディーの煌めき。
重ねられるコードの美しさ。
ハープの音色に広がる景色。

どれもが、浅田信一ではなくては、紡げないものばかり。
年齢を重ねても、いや、重ねたからこそ、たどり着いたような
そんな磨きがかかった、艶と味のある独特の歌声。

もうすべてがカッコよかったです!!
このツアーを地元しか参加しなかったことを悔やんだほどです。

ファイナルライブ。
行きたかったなぁ。
なんて思っていたら・・・なんと!
そのライブの音源すべてを
惜しげもなく聴けるようにしてくださいました!!

信ちゃん!ヒロさん!みなさん!ありがとう!!

ライブ音源はこちらです!!
⇒ SOUNDCLOUD 浅田信一 ソロアコースティック2016 ALWAYS ON YOUR SIDE 20160529@ZhertheZOO


オリジナルに加え、カバー曲もふんだんに。
(札幌では北海道にちなんで、松山千春 恋、中島みゆき 悪女を歌ってくれました)

RCサクセション「多摩蘭坂」
ユーミンの「海を見ていた午後」

私も大好きな曲だから、ものすごー―――く嬉しかった!!

あの曲では、紙飛行機も飛ばしちゃったしね!!


なんかね、同世代のミュージシャンだからこその安心感とか
過ごした時代の共有感なんかをひしひし感じられたライブでもありました。

これからも、ずっと、一緒に、年を取ってゆこう。
笑いあってゆこう。

そんなことも言ってくれた信ちゃん。

これから、また、シンガーソングライターとして
歩んでくれる嬉しさに鳥肌が立った、ライブでした。




20160520c.jpg

幾つになっても素敵です。信ちゃん!








20160520a.jpg

■SHINICHI ASADA SOLO ACOUSTIC TOUR 2016 「ALWAYS ON YOUR SIDE」
        ~君に会いにいく~

日時:2016年5月20日(金)  OPEN 19:00 / START 19:30
会場:SAPPORO 円山夜想(マルヤマノクターン)





次はいつ来てくれるかなぁ。
それとも、今年のBirthday LIVE・・・東京に行っちゃおうかな(笑)


これからも、その歌声をずっとzっと、聴かせてくださいね。

ありがとうございました。




スポンサーサイト
| ♪浅田信一(ex.SMILE) | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する