12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-10-29 (Sat)


Emiさんのライブからもうすでに1週間!
すぐに記憶の記録をしようと思っていたのに!(笑)

月末の忙しさもあるけれど
やはりなかなか記すことが出来ないダメダメな私(笑)

日本全国駆け回り、私なんかよりずっと多忙なEmiさんは
なんともう2年以上もほぼ毎日のようにブログを綴っているというのに
(ライブのこともすぐにUPしてくれています!すごい!)

見習わなくては!(笑)

書かなくては!(笑)


※まだツアー中なので閉じます~☆











20161022aa.jpg

札幌では初のワンマンライブ!
会場はススキノにほど近い、ホールステアーズ エスプレッソバーGIG。
宮越屋珈琲さんのライブバー。
ここ、レアなミュージシャンがライブをしているようで
(スキマのサポメンさん達などなど、、)
一度来てみたかった場所なのです!

で、来てみたら、、あ!昔ここはイタリアンレストラン(ピザが美味しかった)だった!
あのお店がいつの間にかこんな素敵なカフェバーになっていたなんて!と
遠い(甘い笑)記憶なんかも蘇ってきたりなんかして(笑)





20161022b.jpg




20161022ii.jpg





階段をぐるぐる降りると
そこは吹き抜けがあり2階席からステージを見下ろせる
地下とは思えないほどの広がりと独特の雰囲気が漂うバーでした。
ステージには大きな大きな熊のぬいぐるみが座っていて
みんなに愛嬌を振りまいていたりなんかして(笑)

なかなかの番号だったおかげで、ものすごい良い席に座れました!
でも2階席から見下ろすのも寄席みたいな感じでよかったかも?なんて思ったり。
どこに座っても、なんだかとてもいい空気感に包まれる、そんな素敵な会場。

20161022gg.jpg




20161022hh.jpg



ドリンクをもらってから、グッズをチェック。
Emiさんのグッズは、どれも素材から吟味し、デザインにもこだわり
職人さん手作りのそれはそれは素敵なグッズ。
色味も渋く長く愛用したくなるフォーム。
ミュージシャンのツアーグッズとは思えないほど
愛情と手間暇のかかったものだなぁ、と嬉しくなっちゃいます。

革のキーケースにココロ惹かれていたけれど
キーの入れ方がイマイチよく分からないので
グッズ担当?のマネの健(さん!笑)に聞くと
すごく親切に(何度も確認する私に「まだ分からんの?」という視線を送りながらも 笑)教えてくれました(笑)
健ありがとう!!(やっぱり呼び捨て 笑)
Emiさんの時の健はオシャレで渋さが増してます!ステキです!(褒めてます!笑)

ドリンクはなにを飲もうか迷ったけれど
やはり宮越屋さん!珈琲を選びました。やっぱり美味しい!
あちこち見回してるうちに、あっという間に開演の時間となりました。


白のセーターにニッカパンツを履いたEmiさん。
本日もオシャレです。カワイイです。
ちっちゃくって、くしゃっとした笑顔がキュートで。
でも歌い出すと胸の奥まで貫く力強い歌声に圧倒されて。

ギターのKawamuraさんは以前よりさらに引き締まって
本当にカッコイイ。凜々しい。
そしてギタープレイに目も耳も奪われてしまう。

カフェライブなので、ライブ進行はゆったり。
1曲歌うごとに、曲のこととか、想いとか、それ以外のことなんかも
ゆるゆると話ししながら、そしてまた歌を唄い、、会場の空気が少しずつ熱を帯びてゆく。

YAMABIKOで、ひときわ歓声と手拍子が大きくなった後、小休憩。
MCでEmiさんが
「ケーキもとても美味しいのでぜひ食べてゆっくりしていってくださいね。
珈琲はもちろん、ミルクティーが美味しいと、つぶやいていた方もいましたよ」
と言っていたので、、、、



はい。
頼んじゃいました!(笑)

20161022ff.jpg

シフォンケーキとアイスミルクティー。
ふわっふわのシフォン。
しっかり濃いめのミルクティー。
本当に美味しかった!
こんなに美味しいミルクティーを飲んだのは久しぶり。


後半はEmiさんがオーシャンドラムを鳴らしながらしっとり歌う場面にほわんと酔い
初めてKawamuraさんと2人で作ったという「ボブディラン」(まさに旬!笑)の
やわらかい日だまりのような歌の世界にじーんと温められて。

今年の3月の苫小牧でのワンマン以来のライブだったけれど
デビュー後、数多くの夏フェス、イベントライブ、、、様々な大小のステージを経て
歌チカラもパフォーマンスも、格段に進化した!!と驚いてしまいました。

伝えたい想いや情熱を、今は歌に託している彼女だけれど
いつかは音楽を越え別の分野でも大きく活躍する日がくる-。
そう感じるほどに、ステージの上のEmiさんは喜怒哀楽を体中で表現し
強く、でも優しくたおやかに言霊を綴り、キラキラ輝いていました。



そして。
後半はなおのことアグレッシブになるKawamuraさんのギターに惚れ惚れ。
Emiさんとの会話の時はほのぼのした雰囲気。
イケメンだけれど、オレ様的というよりは、、実はシャイな人なんだろうなぁ。
Emiさんの歌をしっかりサポートするさまは男らしさにあふれてました。


後半にクイズ大会のコーナーが設けられていて
3択で答えを選び、勝ち進んでいった3名の方が
サイン入りポスターや、ツーショット写真など、特典を頂いていました。
もうこの時間、ゆるゆるとして、大爆笑の連続で、本当に楽しかったなぁ!!

私は1問目でハズレ(笑)
でもみんなの笑顔を見ているだけで、こちらまでハッjピーになっちゃいました。


クイズ大会の後。
「いつか大きなステージで歌えるようになったとき、小さなカフェでライブを見たことがある!と
みなさんが自慢出来るように。
うちでライブをやってくれたんだよ!とお店の方が胸を張れるように。
応援してくれるみなさんに恩返しが出来るようになります!」

そんなようなことを、笑顔で話ししてくれて
「メジャーデビュー」を歌ってくれました。
この歌に込めたメッセージ。
胸にガツンと響きました。
そして鼻の奥がツン。。。

アンコールを含めてもワンマンとしては曲数は少ないけれど
アットホームで楽しい時間を過ごせて満足!
大満足!!




ライブ後はサイン会。

20161022ee.jpg

キーケースと共に入っていた布にサインしてもらいました。
(Kawamuraさんにも書いてもらいました!)





20161022cc.jpg

フライヤーにも。





20161022dd.jpg

Emiさんの新聞。
すでに#5になってた!
#2~#4も欲しいなぁ!!



当日のライブの模様はEmiさんのブログからも。
(読んでるだけでほのぼのしちゃうのです)
■NakamuraEmi ブログ5日目北海道感謝(夕暮れ頂きツアー)



なんだかね。
彼女を見ているだけで不思議と笑顔になる。
ちっちゃなカラダから放たれる歌声やオーラに胸熱くなり
頑張ってね、とつい応援したくなる。

丁寧に丁寧に歌を作り、歌い、日々を生きる彼女の姿に
自然とみんな引き寄せられる。

ライブもグッズもスタイルも
彼女自身が納得の出来るものを目指し
それを実現しようとサポートするNakamuraEmiチーム。
(この夏のオフにはハワイへひとり旅、、。)

なんか。
すごいなぁと思う。
こんな風に、惑わされることなく、彼女らしく、音楽活動をやっていけるのは
やはり周りに集まった人々のチカラが大きく
その人々の想いの芯は「Emiちゃんが好き」という
純粋さからくるものなのだろうなぁ。

NakamuraEmiチーム、最強。

あと、健(さん!笑)。
やっぱり彼の手腕はすごい。


Emiさん。
これからどんどん大きくなってゆくのだろうなぁ。

あのくしゃっとしたやわらかな笑顔で、言霊で、
みんなを魅了してゆくのだろうなぁ。



Emiさん。
またライブに来てくださいね!

Kawamuraさんのライブも望む!


素敵なカフェライブ、本当にありがとうございました!




◆NakamuraEmi CAFE LIVE TOUR 2016 秋 ~あなたの夕暮れいただきます~ @ 札幌

・日時 2016年10月22日(土) Open 17:30 / Start 18:00
・会場 ホールステアーズ エスプレッソバー GIG

◎セットリスト

①リバース
②使命
③ I
④ひまわり
⑤めしあがれ
⑥YAMABIKO

~休憩~

⑦大人の言うことを聞け
⑧オネガイ
⑨スケボーマン
⑩ボブディラン(新曲)

~クイズ大会~

⑪メジャーデビュー
⑫女子達

EN

⑬モチベーション



※セトリ、、、全く自信ないです!(爆)
後半、オーシャンドラムを鳴らしながら歌った曲が
なんていう曲だったか覚えてない!(オイ!笑)
なので、もう1曲歌ったのかもしれないけれど、、、わからない、、、(誰か教えて~笑)

こんな感じだったよ、という雰囲気が伝われば、、、(許してー笑)






さて。
8~9月に行ったライブのことも書かねば!(はよはよ!笑)




スポンサーサイト
| ♪NakamuraEmi | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する