FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2017-11-18 (Sat)

ああ、、、、
またもやこんなにUPするのが遅くなってしまった、、(笑)


とにかくまずは、このことを!


2017年11月5日(日)
浜端ヨウヘイデビュー3周年!!おめでとうございます!!!


3周年記念日は、大阪でのラジオ番組の後に
ツイキャスでみんなとお祝い出来て
生歌も聴くことが出来て
本当に嬉しかった!!!

デビューからの3年間、、、
色々色々あった日々だったと思うけれど
その沢山の経験の積み重ねを越え
確実に大きく変化しつつある4年目からのヨウヘイくんが
ものすごく楽しみです!!
これからも、ずっとずっと、歌う姿を見てゆきたいなぁ!!



ということで。。。

10月24日(火)に行われた、ヨウヘイくんのXLツアー@札幌OYOYOの
記憶の記録をしなくては。。









THANK YOU SOLD OUT!

ツアーの発表からほどなくして
札幌ライブに嬉しい文字がつけ加えられた。

SOLD-OUT!!

すごいなぁ!!
これからはチケットがどんどん取りずらくなるんだろうなぁ!!

感慨深い気持ちがフツフツとわき上がる。

OYOYOでの最後のライブにふさわしいね!!



台風一過。
前日の嵐から一変。
この日は朝から抜けるような青空が広がった札幌。

極寒もどこへやら。
気温はグンと上がり、穏やかな秋の温もりにホッとなる。
ヨウヘイくん、昨日は相当神経張って疲れたんじゃないかな。
今日はライブの時間まで、すこしでもゆっくり休んでいられますように。
今が盛りの紅葉を愛でられますようにー。

なぁんてね(笑)

日がとっぷりと暮れた頃、OYOYOへと向かう道すがら
ビルとビルの合間から、夜空にクッキリ浮かぶ三日月が見えた。
ああ本当に、今夜は絶対に、いい夜になる。
絶対に、忘れられない、特別な一夜になる。
そんな予感に浮き足立つココロ。

20171024a.jpg










20171024b.jpg

いつものビルの6階。
エレベーターを降り開場30分前にOYOYO到着。
すでに入口には階段下に続く列が出来ていた。

すごいなぁ。
なんだか本当にすごいなぁ。

中からはOAの "いとたい"くんのリハの歌声が、、、。










20171024c.jpg


この日は前日とは逆向きに椅子が並べられていた。
昨年と同じく、大きな窓を背景に設定されたステージ。
(夜景をバックに歌うシチュエーションはなんともステキで贅沢!)

ピアノを弾くヨウヘイくんの指先が見たくて、昨年と同じくピアノ側のベストな席に座る。
黒田さんにドリンクをもらうと、いつも通りに外の大きなベランダへ。
ここから思いのほか広い空を見上げることも、中の会場の様子を眺めることも
ヨウヘイくんの歌声を聴くことも、あれもそれもこれも、、、もう今日で最後なんだなぁ、、、。
約4年前の出会いからのいくつものライブを思い出し、早くも鼻の奥がツン。

やわらかな灯りが会場内を包んでいる。
穏やかでゆったりとした空気が満ちるOYOYOでのライブ。
どこかのアトリエ、もしくはどなたかのお宅のリビングを開放したかのようなアットホームさ。
ああ、もうすぐ始まる。
全部を忘れないように。
焼き付けておこう。

開演時間近くにヨウヘイくん達が楽屋らしき場所にそっと入りこむ。
普通のライブ会場とは違いライブ前に彼らが自然体でいるのも、ここだからこそ。

OAのいとたいくん。
初めてここでヨウヘイくんのワンマンを観たときも、彼がOAだった。
あの時のものすごい緊張感は彼自身も強烈に覚えているらしい。
それから昨年、そして今回、、、と、時間と経験を重ねた3度目のこの日の歌は
伝えたい想いがストレートに響く、成長の固まりが弾けるような熱さだった。
特に、いじめのことを歌った「いい日になれ」は、今回初めて生で聴いたのだけれど
Youtubeではなかなか伝わりずらい「願い」が、ライブではずしりとココロに残る楽曲だった。
どうかどうかこの歌がみんなのチカラになりますようにー。

そして、いよいよ、ヨウヘイくんが登場。
この日の衣装は、とっても新鮮!!
丈が長めの、目にも眩しい襟付の白シャツ!!(初めて見るスタイル!)
インは半分がピンク、半分がグレーのボーダーシャツ!!(杏子さん&ゆうこさんのライブで着てたやつ??)
下は細身のグレーのパンツ(おしゃれ!!)
足下はいつもの渋いイエローのワークブーツ(もしや、あの、札幌で買った靴??笑)
なんか、、、シュッとした顔と体つきに似合っていて、悔しいくらいにカッコよかった(笑)
(白シャツが白衣っぽくて、お医者さん風でもあり、、知的さ漂う感じ、、、うーん、悔しいっ!(←笑)


ギターを手にし、歌い始めた1曲目。
前日のサッポロファクトリーライブのリハの時に歌ってくれた
どこか聴き覚えのある(イントロがインディー時代の某曲に似てるせいもある 笑)
ベイビー♩が耳に残る、あの歌。
前日と同様、1番のみをサラリと。

なんとなく、フルコースの一番最初に出されるアペタイザーのような、
この後の主菜への期待と食欲を大いにかき立てられるような、
そんなさりげなくも味わい深い一品(逸品)という存在のショートミュージック。
(ああ、この曲のことをもっと知りたい、、、、笑)

そんなアペの優しい余韻から、目が覚めるような元気な2曲目が、
「おはようございます」

そこからの
「やぶれかぶれのマイライフ」!!

早くも小腹を満たす濃いめの浜端味ガッツリ系!!
(オイオイ、今回はディナー系で感想文を進めるのか、ワタシ、、、笑)

早くも汗ばんでるヨウヘイくん。
そしてここからの、
CDのレシピとは違うアレンジに料理された大好きな「深呼吸」
歌詞のひとつひとつが小さなナイフのようにサクリとココロに突き刺さる「幸福論」
なんだかもう、胃袋をぎゅうううっと掴まれたまま、、、。
ここだけ別の空間のような、彼の歌声とギターの音だけ、
それだけで全身が満たされる不思議な感覚。
このまま時間が止まって欲しい、、、切実に思う。

ぎゅっと凝縮された空気をほぐすべく、
ここでホッとひと息つくようなMC。

実は今回の札幌ライブ。
最初はツアーの予定に入っていなかったらしい。
でも、年内でOYOYOが閉店してしまうという知らせを受け
どうしてもここでライブを、待ってるみんなのためにも、と、札幌も組み入れてくれたそう。

その強い想いがあったからこそ
台風の中札幌まで奇跡的にたどり着けたんだろうね。

そして、今年一番スリリングだったという
たどり着くまでの出来事を話してくれた。

予約の飛行機はフライト情報では飛ぶ予定になっていたのだけれど
なんと、関西空港までの電車が全てストップしていたそう。
それで一か八かでタクシーに飛び乗り向かったのだけれど
「大丈夫やで」という運転手さんの言葉に反し、道は大渋滞。
結局フライト時間までに空港に到着できず、、(しょんぼりうなだれる運転手さん、、笑)
それでも一縷の望みを胸にカウンターまで行ってみると、、、
飛行機が1時間遅れで(やった!)無事に乗ることが出来て札幌に来れたとのこと。

運転手さんとのやりとりを面白おかしく話ししてくれた後に
「タクシーの話しをしたので、、、」と、歌ってくれたのが
私の大大大好きな

「Taxi~真夜中の逃亡者~」

この曲をアコギの弾き語りで、しかもOYOYOで、すぐ目の前で、聴けることの嬉しさといったら!!!
もうずーっとずっと、心臓がバクバクしてました(笑)



そして
「乗り物繋がりで、次は、、」
「僕のいつも乗る電車が田園都市線で、、、」と

「中央林間行き各駅停車」(新曲)

この曲、メロディーがめちゃくちゃいい。
各駅停車と人生を重ね合わせた詞もすごくいい。
絶対音源化されるもの、と期待してる。確信してる。


ここからピアノに移って
「午前0時」
「無責任」
「BELONG-BELONG」

初めてヨウヘイくんのワンマンをOYOYOで観たときに
一等ココロに深く残ったのが「午前0時」
あの時はアコギで歌ってくれて、それがものすごく良かったので
最後にまたアコギで聴きたかったんだけど、、
でもでも。
OYOYOのピアノがとにかく好きなので
そのピアノで聴けるのもこの日が最後なので
長い指を少し持て余す、独特の指使いで弾くさまを
じっと見つめながら、鼻ツンになりながら、聴いていました。

椅子に座ったときにヨウヘイくんがボソッとつぶやいた
「ここのピアノ、好きなんだよなぁ、、」なんて言葉に
ドキンとなりながら。。。

色々な感情が湧き上がった
「無責任」

みんなと笑顔でカンパーイ!!
「BELONG-BELONG」を歌い終えた後
(小指1本でグリッサンドなんてすごすぎる!!)

パーカッショニストのKAZUさんがなんと!
北海道限定の(しかも秋限定の!)サッポロビールクラシック富良野VINTAGEを
2缶持って登場!!!
ここで更にカンパーイ!と思いきや?
それはすでに、、、空き缶(笑)

そんな演出?に会場内が笑いに包まれ
KAZUさんがジャンベを鳴らしながら、歌い始めたのが

「ハロ-」

イントロ聴いた途端、鳥肌が立ったなぁ!!!
久しぶりに聴いたこの曲!!しかもOYOYOで!!!
懐かしさいっぱい!そして嬉しさ爆発!!もう勝手にカラダがユラユラ!!
KAZUさんのジャンベを打つ姿が、ヨウヘイくんの大きな姿の後ろに
真っ正面からハッキリと観ることが出来たし

なによりも「ハロー」の曲の雰囲気とものすごくマッチする響きに、とにかく感動!!!
最後のOYOYOライブで、この選曲をしてくれたヨウヘイくんに、とにかく感謝!!!

そしてここからぐんぐん急上昇するココロ。
「むかしのはなし」を1番のみでグワッと聴かせてくれたあと
みんなの手拍子を煽るヨウヘイくん!!
2拍子~で、軽くみんなをひゅっとまとめると
4拍子~で、疾走感に熱くさせ
8拍子~で、腕の全速力にヘトヘトになり
最後の16拍子!に、みんなパニック-!!(笑)

続く、跳ね上がる駆け足のような「ノラリクラリ」!!

もうね、私的にはね、早く立ち上がりたくってウズウズ(笑)
座ってるのがもったいなくて、ソワソワ(笑)

なので、次の曲のイントロを聴いた途端
(クイズ!ドレミファドン!でピンポンボタンを押すくらいの早さ!(古いっ!笑)で!)
カラダが勝手にピョン!!と立ち上がってしまった(その反応に自分自身がビックリ!笑)

「ミラーボール」!!

周りのみんなにも「ほら!ミラーボール!!あの、ミラーボールだよ!!」と
ついつい煽ってしまいたくなるほど、もうノリノリになってしまいました、、(わははははは 笑)

でも後でよくよく考えてみれば、、
あの場にいたほとんどのみんなは、ライブで聴くのは初めてだったろうし
まだCDだって手にしていない、、、ということに気がつくという(あ"ー 汗)
それでもスタンディングでノリノリになった会場!!
楽しかったなぁ!!!!

「Circle」
この曲がライブのクライマックス!!頂点!!
ボルネオのジャングルを描き出すKAZUさんのジャンベの響き。
汗だくでヨウヘイくんが弾き鳴らすドラマチックでソリッドなイントロ。
その音を聴いた途端、カラダ中の血がザワザワとなる。
嬉しさに飛び上がりたくなる。
まさしく、フォルテシモで鳴り響く、私の胸の鼓動!!

聴く度にスケールが更に更に大きくなってゆく喜び。
ヨウヘイくんのカラダにふさわしい壮大な世界観。
本当に本当に素晴らしい曲!!!
この曲を全身で聴きたくて、その瞬間にココロ震えて!!!
もうもう!!!
大好き!!!!


そして。
大きい曲を、大きく歌った後だからこそ
この曲がよりくっきりと浮かび上がる。

KAZUさんがそっと下がり、ヨウヘイくんがひとり。

「ただそれだけのうた」

自分の周りにいてくれる、小さい範囲の、大事な人を想ってつくったうた。

大きい世界、そして小さい世界。
でもそれはちゃんとつながっている。
身近なかけがえのない人を想う気持ちは
ひとつぶの滴のように、水面にポトンと落ちた瞬間、大きく広がってゆく。
優しさや、温かさや、思いやりは、誰かから誰かへ、引き継がれ繋がってゆく。

なんだかね。
そんなことをふと思ったりしながら
ああ、もう終わりに近づいてる、と、淋しさがじわり。

大きな拍手と歓声に包まれて、本編が終了。

そしてすぐにアンコールで再登場(笑)

感謝の言葉を伝えてくれたあと
ピアノの前に座ったヨウヘイくん。

鍵盤を見つめながら
「次に来たときはどこで歌ったらええんやろ、、」
ポツンと落とした言葉に、鼻の奥がツン。

ポロンポロンとあたたかな音を鳴らしながら
東北ツアーのこと、そして山形ライブの後に
仙山線の電車に乗って景色を眺めながら出来たという
まだタイトルもないほやほやの新曲を歌ってくれた。

あと何回会えるのだろう~

そんな詩が耳に残ったなぁ。
旅をしながら、あちこちのライブハウスで歌いながら、
その地で待っていてくれる人達を思いながら、
車窓から流れゆく景色に浮かび上がる想いを綴ったであろう歌。
あたたかなメロディ。胸に沁み入ったなぁ。
OYOYOのラストにそっと寄り添ってくれる歌だったなぁ。

ピアノを離れ、ギターへ。
移動をするときに、なんだか少し戸惑うようにフラリとした姿が、ココロの中を表しているようで。
「ああ、終わってしまうなぁ」とつぶやく横顔が寂しげで。

「グッド・バイ」

まだまだ聴いていたくて。
まだまだ終わりたくなんかなくて。

歌い終え、深々とお辞儀をする姿に降り注ぐ「ありがとう」の拍手は
次第にダブルアンコールを求めるそれに変わってゆく。

「じゃあ、さいごにもう1曲!」

KAZUさんが再登場!!
ヨウヘイくんはピアノに移って

「Music!!」

あったかな気持ちに包まれながら
最後にみんなで
♩ラーラーラーラーララララーを歌っていると
(こっそり私はハモってみたりしてると ←オイ 笑)

ヨウヘイくんが、会場の真ん中から向かって左側をハモリパート(私側 笑)
右側をメロディパートに分けて、まず軽く練習をさせる(わあわあ!笑)

この時にね。
お手本で歌ってくれてるヨウヘイくんと一緒に
ひとり大きな声で歌ってしまってた恥ずかしすぎる私、、
(ヨウヘイくんの指示の声がちゃんと聴き取れずに、ひとり暴走する私、、汗)
(途中でハッ!!と気付き慌てて口をつぐみ猛烈な恥ずかしさに襲われるが後の祭り、、汗)

なんかね。
おおっぴらにハモれるのが嬉しすぎてね(ああ 笑)
気持ちが先走ってしまい、アホみたいに歌ってしまうし
おまけに声が割れて気持ち悪い声になってしまうし
(なんだか思い返すほどに最悪な私 汗)

でもでもでも。
とにかく一緒に歌えて本当に嬉しかった「Music!!」
(どうか、最悪な私の声と姿が、会場のみなさん(そしてヨウヘイくん、KAZUさん)の脳内から
奇跡的に消えていますように、、、(笑)

OYOYOでのライブのラストは
大きな笑顔と和音の歌声で締めくくられました。



最高のライブが終わった余韻が満ちる中
ずーっとずっと見つめていたのは、KAWAIアップライトピアノ。
ヨウヘイくんも大好きだといってくれた、ピアノ。

ミュージシャンと共に残した沢山のキズ。
すこしくぐもった音色。
この子はこれからどこに引き取られるのかな。
出来れば私が引き取ってしまいたい、、なんてね、思っちゃってました。

ああ本当にもうここで、ヨウヘイくんの歌声もピアノも聴けないんだ。
次はどこで? 出来ればOYOYOがどこか別の場所に移転されないかな。

なんてことをつらつら考えながら。
次の来道をココロ待ちにしている私です。

ヨウヘイくん。
嵐の中、札幌に、OYOYOに、歌いに来てくれて本当にありがとう!!
いとたいくんも、本当にありがとう!!
倉田さん、さっちゃん、も2日間ありがとう!!
そして、OYOYOの黒田さん、ありがとうございました!!


◎ライブ後のヨウヘイくんfb
浜端ヨウヘイ XL2017@札幌OYOYO

◎いとたいくんのブログ
いとたい企画「いい日になる日&浜端ヨウヘイワンマンライブ前座出演という2日間」



20171024d.jpg
※浜端ヨウヘイTwitterより


いつもOYOYOではリラックスした雰囲気のヨウヘイくんだけれど
今回は違う空気をまとっているようだった。
募る想い、巡る感情は、沢山あったんだろうね。
(そういえば、午前0時を歌う前に、多分倉田さんのことをボソッと話ししていたよね?
その出会いのこともクスッと可笑しくて、嬉しくて)


淋しさはつづくだろう この先も
思い出増えない でも輝いてる

ふと、ヨウヘイくんの先輩・さかいゆうくんの歌を思い出したよ。
思い出はもう増えないけれど、でも今までのこと全部ずっと輝いてる。
そうだよなぁ、そうだよねぇ。なんてね。

全てに、ありがとう。
胸の奥に、大事に、しまっておく。



◼︎浜端ヨウヘイ Extra Large Tour 2017 @ 札幌OYOYO

・日時 : 2017年10月24日(火) OPEN 18:30 /START 19:00
・会場 : 札幌OYOYO 
OA:いとたい
Ticket 全席自由¥3000(ドリンク別)
問合せ:OYOYOまち×アートセンターさっぽろhttp://www.oyoyo16.com/top/

◎セットリスト

①新曲
(前日のファクトリーのリハで歌っていた歌。1番のみサラリと(ベイビー♩)
②おはようございます
③やぶれかぶれのマイライフ
④深呼吸
⑤幸福論

⑥Taxi~真夜中の逃亡者~
⑦中央林間行き各駅停車(新曲)

⑧午前0時 (ピアノ)
⑨無責任  (ピアノ)
⑩BELONG-BELONG (ピアノ)

⑪ハロー (ギターに戻って)(KAZUさん登場!)
⑫むかしのはなし(1番のみ)
~みんなと手拍子を倍速→倍倍速で!!~
⑬ノラリクラリ
⑭ミラーボール
⑮Circle

⑯ただそれだけのうた (ギター)(ひとりで)

EN
①新曲(仙山線の電車の中で作った歌)(ピアノ)
②グッド・バイ(ギター)

WEN
③Music!! (ピアノ)(KAZUさん再登場!)




さて。次は。
10月31日のXLツアー@岡山のことを記さねば!!(笑)

スポンサーサイト
| ♪浜端ヨウヘイ | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。