12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-12-11 (Fri)



今日も良いお天気で、12月にしては暖かだった。
風は冷たいけれど、日差しが柔らかで思わず笑みが浮かんでしまった。

やっぱりお日様は偉大だね!
“様”を付けちゃうくらいだからね!
倖せな気持ちにさせてくれるのも、当たり前ってもんだ!

けど。
12月なのにこれでいいの?とも思う。
天気予報では、明日は雨だし。

雨が降るくらいなら、ふわふわの雪がいいなぁ。

そろそろ。
真っ白にデコレーションされた街並みを見たいなぁ。




でね。
明日の夜は中田雅史クンのライブ!

今回は行き慣れた場所。
「旅人の唄」MVで、中田クンが唄っているカフェ。

木の香りが漂うようなここのカフェの雰囲気は大好き。
アコースティックなライブにはぴったりな場所なんだよね。本当に楽しみ!


そして先日。
中田クンのメルマガ「雅史便」がやってきて(「はた坊だ情報」みたいなやつね笑)

そこに記されている中田クンのメッセージには
「来年は飛躍の年で目標が『Zepp札幌ワンマン』です!」と書かれていた。

うん。
この間のバースデーライブの時にもそう言っていた。

でもね。
それを聞いた時に、正直な気持ちを言えば
「Zepp札幌でやりたいという“希望”なんだろうな」って。そう思ったんだよね。

札幌で一番大きなライブハウス。キャパが2000人。
ここでワンマンをやるって。それって。すごいことだよ。

でも。
メルマガ「雅史便」を読んで。
それはただの“希望”じゃなくて“宣言”なんだなって。
そういう強い意志があることを知ったんだ。


で。
ふと。中田クンは25歳になったんだよなーって思って。

ジブンは、25歳の時は何をしていたっけ?と振り返ってみたら。

ニュージーランドにいた(笑)



思い返してみれば。
20才前後の頃のジブンって。何にも夢とか目標とかなくって。
ただただ若さを浪費していたというか。
一言で言えば“自堕落”な生活を送っていて。

それが。
22歳の時に、大きなターニングポイントになる出来事があって。
ジブンの中の意識が180度変わって。

それからは、本当にたくさんの人と出会って。様々な生き方を知って。
そこから、ジブンのやりたい事が少しずつ見えてきて。

バイクに乗って旅するんだって。
海外に行って、たくさんの景色と人々に出会いたいんだって。強く願った。

膨らんだ夢に向かって、がむしゃらになっていけばいくほど。
周りの人は心配したり、大丈夫?なんて言っていたけれど。

本当にやる!って決めて走り始めたら
色んな人がそっと背中を押してくれる事がたくさんあった。



そう。
「朱に交われば赤くなる」という諺があるけれど。

本当はもともとジブンの中には朱もあれば黒も白も、様々な沢山の色を持っていて。

ジブンが朱の気持ちの時に、朱の人を引き寄せてしまう。
誰かのせいで朱になるのではなく
そうなるのはジブンの中にも潜む朱によるものなんじゃないかなって思うんだ。


だから逆にね。
ジブンが青の気持ちを持っていれば
自然と青の気持ちの人が集まってくるし、その人たちが背中を押してくれる。

誰かを妬んだり羨んだりしていると
天にツバするように、結局は全部ジブンに返ってきて。
そうして、同じような薄暗い色を持つ人を、次第に引き寄せてしまうんだと思う。


だってね。
夢だとか目標だとか。
そういう「気恥ずかしいかっこ悪い」ようなものなんて、いらないよねって
斜に構えて物事を見ていたときと比べて

ジブンが前へ進もうと、本気で思ったときには
それを応援して背中を押してくれる人が、本当にたくさんいてくれて。
ジブン次第で出会える人もこんなに変わるんだなって気づかされたし。
人との繋がりの大切さを、初めて実感したんだよね。
それまでは、誰もいらない。と思ってた時もあったくらいなのに。




だから。
中田クンが、尾崎豊のバックをやっていた江口さんと知り合えたのも、偶然じゃなく必然で。
その出会いを引き寄せたのは、中田クンの強い気持ちがあったからなんだよね。

そう考えたら。
あえて自分を追い込むように、前に進もうとする中田クンなら
その宣言はきっと実現するはずだって。確信した。



そして。かつて25歳だったジブンが。
あの頃、沢山の人に背中を押してもらったように
今度は背中を押す番なんだろうなって気づいた。


微力だけどねー(笑)
ホント。情けないくらい、なんのチカラもないんだけど(笑)

ライブに行ったり。←それはジブンの楽しみ(笑)

誰かに中田クンいいよ!って勧めたり。←半ば強引(笑)

あとは。
CD買ったり、リクエストするくらいしか出来ないんだけれど。←それだけかよ!(笑)

絶対絶対。
中田雅史の歌はイイ!って。
みんなに伝えたいから。うるさいくらいにここでも書いている(笑)




でね。きっと。
強気で言い切って、いつもの笑顔でみんなと接していても
ひとりになった時には、言い知れない不安に襲われているのかも。と気になったりする。

周りの人の応援や期待が大きくなればなるほど、重くのしかかるものってあるはずだし。
ちょっと想像しただけでも、足がすくんで歩けなくなりそうだ。



ジブンなんて。
ひとりの気ままな夢だったもんね。
中田クンの大きな夢と比べるのは、申し訳ないくらいだけど・・。


ニュージーに行く時には
「半年で100万貯める!」って宣言して、昼も夜も働いて
行く直前には身の回りのものをほとんど売って住民票も抜いて
しばらく帰らない覚悟で準備を進めていて。
友達には「○○は強いよね。ワタシはそこまで出来ない」って言われたりしたけれど。

弱さを見せられない性格なだけで。
夜になると大丈夫だろうかって。怖くて涙が出たり。



いつも笑顔で元気いっぱいの中田クンも
周りのみんなに心配をかけないように、弱さを見せないようにしてるのかな。


なんて。
なんだか色々重ねて考えてしまう。


こんなジブンと重ねられたら
いい迷惑だと思うけど(スミマセン笑)



でもでも。
25歳は、回復力があるからね!
一晩寝れば、パーッと気持ちが晴れやかになったりするもんね!←それはジブン(笑)


だから。
ガンバレ!25歳!


なんて思ったりしてる、かつての25歳のジブンでひた(笑)




とにかく。
来年のバースデーライブはZepp札幌だ!


やるっきゃないよね!



と思いながら。
明日はアミナでのライブに行ってきまーす。



あー。
この後も今月はまだまだ中田クンのライブがいっぱいだけれど
全然行けそうにありませーん(涙)


次は来年かなー。

忘年会ライブって。なんだろー?それなら行けるかなー?なんて。


近くであるライブに行けない辛さにジリジリ焼け焦げそうなココロ(笑)


そんな師走でありまする。



それにしても。


25歳。羨ましい!(笑)



もし。
今、ジブンが25歳に戻れたとしたら。
今度は何を目指していくのかなぁ?





てか。
来年。ジブンもやっぱりあれを始めたい!!←宣言?(笑)




まだまだ。
負けてられないぞー!(笑)




スポンサーサイト
| ♪中田雅史 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。