12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-12-24 (Thu)

はー。


秦クンの新千歳空港トーク&ライブから一夜明けて。

今朝は冬の透き通った青空が広がってる。
昨夜降り積もった新雪がキラキラ輝いて。

今。
この札幌のどこかで(多分FM AirG'だね笑)
この景色を秦クンは見てるんだろーなーと思うと。

すっごく不思議で。
すっごく嬉しい。
絶対。冬の北海道もいい!って思ってくれてるだろう!!!

昨夜は、カニを食べたのかなー?
夕方のラジオで「カニを食べたい」って言ってたみたいだよ(笑)


ふー。
余韻に浸りながら。
昨日のことをちらっと振り返ろう!
振り返らせてくれ!
振り返りたいんだぁー!!!!←はい。どうぞ(笑)





新千歳空港に早めに到着。

091223新千歳空港ツリー



いつものお友達の方々。
そして、初めましての方。
本当に秦の輪のつながりと温かさもじわーんと感じた。

どの顔も「秦クンにこれから会える!」って笑顔で輝いてるし。
ありがたいことだ。
ホントに。ありがたいことだ。


今回のステージは、前回よりもこぶりで。
めちゃくちゃ近い。
どーしよう?と焦るくらい近い。
覚悟を決めてこの近さと向き合おうと。思った(笑)


機材がセットされて、マネさんが秦クンのギターを持ってきた。

ギターケースにね。
航空会社の荷物タグと「秦AG」と書かれた白いテープが貼ってあって。

はるばるやってきたんだー。って。
その文字を見てるだけでジーンとなった。




091223新千歳空港カンバン




リハは思ったよりも早く始まった。

秦クンが登場した途端。
辺りの空気の温度が2度は上がった気がした。

いつもどおりの、のそのそ歩き。
淡いグレーのシャツに黒のパーカー。
グレーの色落ちジーンズに茶のスエード靴。
髪はカール加減が落ち着いて、自然なふわっと感。

多分ね。
会場のみんながほーっと見惚れていたね(笑)

で。
ギターの音でドキッとして。
あ。これは。虹だって気づいて。
「遠ざかる~・・・」唄声を聴いたら。
鳥肌がダーーーッ・・・・。

すごい久しぶりに感じた秦クンの唄声。
「リハですからね」って1番だけで。
あとは、初めて聴くコード進行を、確かめるように弾いて(多分アイなんだろう)
すぐに、ステージを降りて行ってしまったんだけど。

ふと、隣りの友達を見ると。
2人とも目がウルウルキラキラして、柔らかな表情になっていた。

DJの方も
「いやー、秦さんが出てきたら、皆さんの顔がすごく優しくなってキラキラしてますね」って。
そう言うDJさんも、目がうるうるしてたりして(笑)

もうね。
秦基博って存在がそこにあるだけで、どれだけの人が倖せな気分になれるんだろって。
やっぱり、すごい。秦クンは。ってしみじみ思った。



そして。
番組が初まり、2曲目にかかってしまったのが。
なんと、今まで我慢して聞かずにいた「アイ」(笑)

実はね。
空港内の大スクリーンにも、アイのMVがスポットで流れていて。
それも聴かないようにしていたのに(笑)

あちゃーと思いつつも。
指で耳栓をして聞かないようにしてた。雰囲気は感じたけど。
きちんと聴いてないから、大丈夫大丈夫と友達といい合って(笑)



そして。
お待ちかねの秦クンの登場ー!

白・グレー・黒の無彩色のチェック柄のネルシャツ。
黒のパンツ。茶のスエード靴。
ちゃんと着替えたんだ!!!←当たり前(笑)

めちゃくちゃ痩せて見えたよ!
いや。ホントに痩せてた!悔しいくらいにカッコイイ!!(笑)


そして。
最初に「クリスマスらしい曲を」ということで
唄いだしたのが「トレモロ降る夜」

これがねー。
2番の歌詞。間違っちゃったのだよ(笑)
1番の歌詞を歌っちゃったの。
1番の時にも危うい感じで「あ。ヤバイ!」って秦クンが片足をポンと蹴り上げて。
くしゃっとした笑顔を見せたんだよね。
        
で。
2番でもう一度同じ歌詞を唄ったあとに。
マイクフリーで「間違ったー」みたいに何かをつぶやいて舌をちょっと出してた(笑)



なんだかすっごく自然体で。
そこからはもう、くしゃくしゃ笑顔満開で。
楽しそうに伸びやかな声で、トレモロを唄っていて。

ホント。オープンマインドになったよなー。
昔は、間違っても全く顔に出さなかったのにね。なんて。
一緒に口ずさみながら、ジブンもふわふわ楽しい気分になっていったのだった。


2曲目は、ギターを鳴らしながら
「僕に拍手という名のクリスマスプレゼントを下さい!」と
吹き抜けの向こうの3Fに鈴なりになって聴いているお客さん達にも声をかけ
大きな手拍子の中唄いだしたのが「花咲きポプラ」

季節的には違うけど。
北海道って言えばこの曲でしょ!っていう感じ。
そう思って唄ってくれたんだろーなーと嬉しくなった!


そして。3曲目が「アイ」
ライブでは初披露なんだって。

弾き語りのアイ。
ほぼ初聴きのアイ。

コトバをひとつひとつ慈しむように。語りかけるように。
その込めた感情を表情豊かに謳いあげていくアイ。

初めて聴くコトバなのに、不思議とすーっと胸に沁み込んで広がっていく。
シンプルだからこそ。届くコトバ。
等身大の秦クンの今の全てが詰め込まれている。
その意味がね。分かった気がした。


インディーズの頃の歌詞。
デビュー前後の頃の歌詞。
進む方向を悩みあぐねていた頃の歌詞。
そこを抜けて温かな灯りを見つけた頃の歌詞。
そして。今の穏やかな幸せに満ちた歌詞。

ジブンもみんなも秦クンも。
少しずつ成長して変化して考え方も気持ちも変わっていくから。
その時に作る歌詞は、やっぱりその時の等身大の歌詞で。

アイを作った今の秦クンは。
大きな倖せに満ち溢れていて、その温かさは聴く人にも伝わっていく。
熱伝導率に表したら、すごいんじゃないかなって思うほど(笑)

3曲だったけど。
ほわーんとジブンも倖せな気持ちになったよ。

その場にいる人はみんな、ほわーんほわーんとなっていた。



そしてそして。
番組終了後のサプライズ。

秦クンからのお知らせのあとに。

もう1曲唄ってくれた!
ギターのイントロで、すでに涙目になってしまった「風景」


秦サンタだね。
本当。ギフトだよ。この歌を唄ってくれるなんて。

弾き語りの風景。
どんなコトバを考えても見つからないくらい。
とにかく「よかった」しか言えないくらい良かった!



ライブが終わった後は、しばし放心状態のような感じで。

友達は「満点だね!」って。
ジブンも「とにかく"よかった!"コレがすべてだね!」って。


歌でこんなに倖せな気分になれるなんて。
本当に。秦基博。すごい存在だねって。


空港の広い広い吹き抜けのあの空間が
秦クンの唄声が響き渡ると、あっという間にひとつになった感覚。

ただの一秒が永遠より長くなる魔法って、この瞬間のことみたいだって思った。


うん。
そういう「一秒」って、誰もが経験したことがあるはずで。
色んな「一秒」をそっと思い出したりした。
見つめ合うまなざしとか。触れたぬくもりとか。

「愛しいけど、失うのが怖い」
すごく分かる。苦しいぐらいに分かる。その感情。

あったかくて、しあわせで、泣きそうになる歌。


これが秦クンの今の等身大の歌。
全てを詰め込んだ歌。

これからも秦クンは
背伸びもせず、後ろも振り返らず
自然体で、その時その時の等身大を唄い続ける。

いーよね。
それでいーよね。
それがうれしーよね。
それが秦クンなんだよね。


そんなことを。
晩ごはんを食べながら、友達とあれこれ語り合ったりした。





いやー。
もう「アイ」解禁できるからね。
とにかく弾き語りで聴いたからね。
これからMVもじっくり見て、何度もリピしていこう!



本当に、昨日一日はすごい幸せな一日だった!



秦クン。
クリスマスプレゼントを本当にありがとう!!


明日のライブもきっときっと素晴らしいはずだから
行ける方は、秦サンタの歌のプレゼントを聴きに行ってみてね!



あ。
もーすぐAirG'で秦クンがゲストに出る!
アイをじっくり聴きたい。聴かなくちゃ!



■2009年12月23日(水)15:00~16:50
FM NORTH WAVE
「NEW CHITOSE AIRPORT Fleur presents Xmas GIFT FOR YOU」
場所:新千歳空港センタープラザ2F特設ステージ
DJ:奥 かおる
ゲスト:秦 基博


・虹が消えた日(1番のみ)※リハ

・トレモロ降る夜
・花咲きポプラ
・アイ
・風景 ※番組終了後にサプライズで。






あ!
トークのこと。
何も書いてなかった!(笑)
次の記事に書こうか?書けるかな?



スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。