12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-03-10 (Wed)
今日は久しぶりに
いつもの友達と
いつものホテルでランチ。

食欲をそそる目にも鮮やかな料理の数々。
スイーツもアイスも(特にゆずシャーベット!)本当に美味しくて美味しくて!

ホテルの中庭の景色をポーッと眺めながら
動けないくらい食べて食べつくして。
あれやこれや、なんだかんだと語りつくして。
お土産にホテルパンなんかを買ったりなんかして。
充実したお昼のひと時を過ごしたのでした。

あー。
なんて幸せ。
美味しい料理と贅沢な空間。
友達との会話とやわらかな笑顔。
全部ありがとう。なんて思ったよ。




で。
そんなひと時の前。
待ち合わせの時間の前に、札駅に着いたらひとっ走り。
玉○堂へと、例のブツを取りに行った。

CAJ31Z4Z.jpg

「best of green mind'09 HATA MOTOHIRO」



やっとだよ!
発売から1週間後に取りに行くなんて初めてだ!(笑)



でね。
正直ね。
このアルバム発売の情報が出たときから
「なんだ。書き下ろしの3枚目じゃないんだ。」なんて思って
巷の「待ち遠しいです!」みたいな言葉にうなずけないジブンだった。

でも。
先輩スキマも、デビュー3年くらいでベストアルバムを出したし。
秦基博を知らない人への入門編みたいな形でのアルバムもありかなぁなんて。
そんな風に思ったりしていた。

だから。
DISC1とDISC2の違いもイマイチよく分からないまま。
のんびり構えて、お店に取りに行ったんだけど。

家に着いて「やわ午後」を聴いた途端に
昨年のGMの、あの場所・あの時の空間に瞬時に引き戻されてしまった。

ライトに浮かびだされた、空気中の埃のキラキラや
唄声から発せられる熱量で、体が浮遊する感覚や
色んなものが時空を超えて耳の奥に押し寄せてきたんだよね。

すっごい、贅沢な時間だったんだなぁと。
参戦した各地のライブを思い出して、ちょっと泣きそうになった。


「Theme of GREEN MIND」 のギターだけの音の世界。
木漏れ日が眩しい新緑のプロローグだったり。
日が傾きかけるオレンジ色の夕日が、緑に映えるようだったり。
聴く度に、その時の心で、色も風景も変化する。

包み込まれるような優しさがいっぱい詰まっている、彼自身のような音。
その優しさを引き継ぎながら唄われる「アイ」への流れは、あまりにも心地よい。


なんだか。
悔しくなったぞ!

こんなに惹きこまれるアルバムだなんて、思ってなかったぞ!


そんなアホなジブン。

バカヤロぉー!!(笑)



職人・秦基博が創りあげる歌とギターの世界が
やっぱりやっぱりやっぱり、大好きだ。



今年の芸森・GMへの想いを温めつつ
それまで、このアルバムを愛でていく所存です。

はい。
正しいファンの姿に戻りますっ(笑)



ホント。
昨年のライブの記憶に浸りながら
「Theme of GREEN MIND」を聴くのは、至福のひとときだ。

鱗~dot~Theme of GM~アイ。聴き継ぐ癒し。

dotは鳥肌もんだね。


なんだか。
今夜はぐっすり穏やかに眠れそうだよ。



あ。
お腹もいっぱいだしね(笑)



うん。
しあわせしあわせ。


おやすみなさーい。




スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。