12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-06-30 (Wed)
負けた。

終わった。

岡田監督がインタビューで
「我々のワールドカップは終わってしまった。すごく淋しい。」ということを言っていた。


うん。
淋しい。

もっともっと。
あともう1試合でも。
日本の戦う姿を見たかった。
このチームでの試合を見たかった。

カラダを投げ出して、ボロボロになりながらも
果敢に守り攻める彼らの戦いを、もっともっと見たかった。



ジブンのごくごく身近に
かつてサッカーを生業としていた彼と
将来の日本代表を夢見る少年がいる。

仕事がサッカーで、結果を出す為に日々カラダを酷使していた彼と
同級生よりひとまわりもふたまわりも小さな体でありながら、
学年で一等速い足を生かしてフィールドを駆け回る少年は
当然ながら、日本代表の試合を見る目も厳しいものになってしまう。

そんな彼らの傍でサッカーを見続けてきたジブンも
おのずと他の女性よりも厳しい目になっていると思う。

だってね。
1点を取る事の重みを知っているから。
勝つことが何よりも重要であることを見てきているから。


戦いが始まったら、個々の選手の背景は考えない。
どの選手が、どれだけの仕事が出来るか。勝利に貢献出来るのか。
勝つためだけを考えるクセがついてしまっている。

その分、戦いが終わると
試合で活躍出来た者、不本意な結果しか残せなかった者、
ベンチを暖めるだけしか出来なかった者、その全ての選手の背景や気持ちを考えて胸が苦しくなる。


でも。
岡田監督も言っていたけれど。
サッカーはレクリエーションじゃーないからさ。
勝つことが最大の目標で目的なんだからさ。
そこは、大人も子供も、サッカーをやる限りは仕方のないことなんだよね。




民放での試合放送が終わった後は
スカパーでの特番で解説者として出ていたオシムの話をずっと聞いていた。

厳しい一言一言は、まるで苦い薬のように思えた。

甘くて口当たりのよいお菓子は、糖分が欠乏したときだけでいい。
カラダもココロも極限の戦いを終えた後は、苦い薬を飲んで一晩ゆっくり寝よう。

一夜明けたら、きっと、次への目標へ向かうエネルギーがみなぎるはずだ。きっと。



「夢をありがとう。感動をありがとう」
というのは、たやすいけれど

お祭り騒ぎが過ぎた後、どれくらいの人々がJリーグに足を運び応援してくれるだろう?

4年後、8年後、12年後を見据えた、少年サッカーの育成を考えてくれるだろう?



このチームが残してくれた軌跡を次の世代へ繋げるためにも
今日から、また、日本のサッカーを精一杯応援していきたいなぁと強く強く思う。


お疲れさま! ニッポン!

ありがとう! ニッポン!


4年後の日本のサッカーを、本当に楽しみにしているよ!!!



ニッポン! バンザイ!!!!





スポンサーサイト
| *雑記 | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。