12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-07-15 (Thu)
書きたいこと、書き残したいこと。
今夜こそは書こう!と、昨夜は思っていたんだけれど。

なんだか、別のことばかり、波のように押し寄せてきて
窓からの夜風に吹かれながら、ぼーっと色々な鈍い想いに寄りかかっていた。






昨夜。
遠くの友達から、お父さまが亡くなったというメールが着た。

ついこの間、病気が分かり
今年の夏はお父さまの看病で大変な毎日なんだろうなと、心配していたのだけれど
こんなに早く亡くなってしまうなんて。

感情を抑えた、淡々と書かれたメールの文面を何度も眺めていた。
遠くの彼女の今を思いながら。




人ってさ。
ひとりじゃ生きていけないもんね。

生まれてきた時も
色んな人に助けられて祝福されて生まれてくるんだもん。

生きている時も
誰かに必要とされたり、愛されたり、繋がっている実感がないと
生きていく気力をなくしてしまうよね。

生きる為には、物でもお金でも地位でも名誉でもなく
ただただここにいるだけの自分を、そっと慈しんでくれる存在が必要だ。
そんな人がひとりでもいれば、生きていける。

そう、思いながら
そう、実感できずに
生きていくことの意味を見失い
ひとり亡くなってしまったジブンの父を思い、泣いた。





友達のお父さまは、家族みんなにみとられて眠るように去っていったとのこと。

生まれてきた時のように
亡くなる時も家族やみんなが傍にいてくれたら、それが一番の幸せだと心から思う。




結局。
遠く離れたジブンは彼女に何もしてあげられなかったけれど
離れていてもジブンはここにいるからねと、それだけは伝えたいよ。

なーんにも出来ないけど。
でもちゃんとここにいるから、と。




心からお父さまのご冥福をお祈りします。




今年も、どこかで絶対会いたいね。


会おうね。





スポンサーサイト
| *雑記 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。