123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-10-31 (Sun)
いやー。
どうしたジブン。
どうしたブログ。

頭の隅に「義務感」という文字さえちらつくような(笑)


なんか。
書きたいこともないわけじゃないけど。
普段のつぶやきで、ちいさな欲求は解消していくわけで。

おそるべし。Twitter。


こうして人々は、簡便な方へと流れていくのでせうか?(笑)



いや。
特に主張したい!書きたい!ということも
きっとないんだろうと。そう思う。

書かなきゃ言わなきゃという
ブログを始めたころの追い立てられるような切実さは
今はすでにないもんなぁ。

ブレーキが効かないほどの走り出す止めようのない気持ち。
あまりにもカワイイというか。すでに懐かしいというか(笑)






そうそう。
この間の「僕音」で、KAN×秦基博「まゆみ」を聞いてから
頭の中ではこの曲がぐるぐるとして、離れなくなって
KANの歌をちょっとずつダウンロードしちゃったりしてる。

KANってさ。
「愛は勝つ」のイメージしかなかったの。
蝶ネクタイをしたボクが、元気にピアノを弾いて歌うっていう。
タイアップのテレビ番組が苦手だったせいもあるのかな。

なぁんか。
KANって、好きじゃないなーと、ずーっとずっと思ってた。


でも、今回僕音で聞いて、興味を持って
KANのプロフィールを調べたり、ほかの曲を聴いたりしていたら
「なんでもっと早くキチンと聴かなかったんだろうー」と
ちょっと後悔したなぁ。
昔のジブンが残念に思えたなぁ。

クラシックをずっとやっていたKANのピアノの音色の豊かさ。
澄んだ水の流れのように清らかで、カラダの細胞がみずみずしくなるような感覚。
ピアノを聴いているだけでも、なんだかとっても癒されるんだよね。

シンプルな歌詞だけれど、普通の生活の中の一等大事にしたい気持ちがぎゅっと詰まってる。

ある意味、普通の暮らしのぬくもりが大切なんだと思えるようになった今だからこそ
KANの歌もすっと染み入るんじゃないかなって、そう思ったりする。

以前は、普通の暮らしにあまり目を向けなかったからね。
普通の人にはなりたくなかったもん。

だけど、普通を積み重ねていくことが
ホントは一番難しくて、一番大事で、一番尊いんだと
回り道して、ここ何年間で、ようやく気付けたんだ。

KANの温かな気持ちを唄う曲たちは
今ようやくジブンにもしっくりくるようになったんだ。



KAN「よければ一緒に」





今は、この曲が、一番のお気に入り。



うん。
秦クンもさ。
アイを唄うなら、今度はこんな風に唄ってくれたら最高だなぁ。

アイは日常に普通にあるもの。
毎日食べる白いご飯のようなもの。
パンもパスタも食べるけど、うどんもお蕎麦も好きだけど
やっぱり、おにぎりのようにギュッとあったかさを握りしめ
いつもどんな時もそばにある、普通だけど一等大事なもの。

大げさに歌い上げるから、ちょっと引いちゃったのかもなぁって
今更ながら、思ったりする(笑)

いや。
具沢山の炊き込みご飯も、たまには豪華でいいけどね。



白いご飯と、お漬物と、お味噌汁だけで
ジブンはもういいかな。

普通が一番。



あ。
たまには、たらこも!!(笑)






スポンサーサイト
| ♪音楽 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。