12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-11-22 (Mon)
今月初め。
11月3日・4日に行った、AirG主催の「NOW&NEXT」ライブ。

1日目は高橋優。
2日目はゲスト出演のさかいゆうを見たくて行ったんだけれど。


2日目の事、まだ書いてなかったよー(笑)

なので。
今更ながらだけど
はるか彼方に消えていきかける記憶を、ぐいと引っ張り出して
ちらりとでも記しておきたいと思うのだ。



1日目は事前情報を全く仕入れてなかったので
まさかのハードロックをステージ真ん前で聴いてしまって
あやうく、モッシュダイブの波に呑まれるところ(笑)

危なかった。
耳もやられまくった(笑)

で。
これはやっぱり他の出演者も一応チェックしておくべきだと
2日目はネットであれこれ調べてみたのだ。

その中で気になったのが「チュール」という地元出身の2人組。
ボーカルの女の子の声がキュートでなおかつ力強くて
(チャットのボーカル・えっちゃんのような感じ)
おまけに歌詞も素直なココロが綴ってあって
ちょっと楽しみに、2番目に出演する彼らの時間帯を狙って行ったのだ。


うん。
ライブ。
すごく良かった!

特にこの曲がホントイイ。歌詞がイイ。
出だしのワンフレーズが「あれ?ジブンのこと?」なんて思ってしまったくらい。
10~20代の女子なんて特に共感できるんじゃーないかな。
PVもすごくいいよ。

チュール「やさしさを考えてみる」


「やさしさを考えてみる」
作詞:酒井由里絵 作曲:酒井由里絵

何もかも嫌になった 部屋は散らかるし 肌は荒れるし
なんか、だらしない人みたいだ
何もかも好きになって 人を許せたら 強くなれたら
きっと綺麗でいられるんだろうに

未熟な私は片付けられなくて 自分のことすら上手く守れない
もっと優しい言葉あったのかもしれない こんな生き方を誰か正しいと言って

誰だって下を向いて 冴えない気持ちを 苦しいものを
一つも言えずに黙っているのに
誰一人叫ぶなって言われたとしても 私は叫ぶの
そんなところがいけないんだろうね

子供な私は大人になれなくて 自分のことすらまだ解ってない
ずっと大事な人を泣かせたかもしれない こんな生き方を誰か欲しいと言って

まだ上手に生きられない
素直にもなれない、可愛げもない。
これが私だけど…

何もかも好きになって 人を許せたら 強くなれたら…
いつか綺麗になれるように

未熟な私は片付けられなくて 自分のことすら上手く守れない
でも傷付いたことが良かったと言えるのは
こんな私にも 守りたいものがあるから

いつもあなたのことを ずっと優しさで包んで
どうかあなたがいつも ずっと優しく包まれて


チュールチュール プロフィール



そうかぁ。
チュールも狸小路での路上でやってたんだね。



この間、ジブンがよく行くあるお店の女の子と話していたら
(その子も2年位前には狸小路でアコギの2人組で唄っていたらしい)

「特ダネの小倉さんが“ひいらぎ”を紹介してましたよね!」っていう話題が出たので
「高橋優クンも知ってる?」と聞いたら
「知ってますよ~。すごい熱いライブをしてましたよ~。
もうあの頃は、ひいらぎも優さんも他の人たちとは別格で、ちゃんと定位置があって
週末にはすごいファンの子達が集まってたんですよー」と教えてくれたので

「高橋優クン、今すごいよね!」と言うと
「え?そうなんですか?いつの間にかいなくなったから
優さんどこに行っちゃったんだろう?やめちゃったのかなって友達と話してたんですよー」と。

なので。
今の彼の活躍ぶりを言うとすごいびっくりしていた!(笑)
当時はメガネはかけてなかったらしいよ。


なんかね。
そんな話を聞いたりすると
狸小路はなんだかすごいんだなーと。
今も頑張ってる人たちがいっぱいいるんだよなーと。

このチュールも、飛躍していって欲しい!って切に願うのです。


HPの彼女のブログを読むと、飾らない真っ新な言葉が並んでいて
読んでるとそれだけで優しい気持ちになれる。

歌が誰かに届くその一瞬一瞬を、そのひとりひとりを
すごく大事に思って感謝しているのが伝わってくる。

売れたいとか、大きな舞台で唄いたいじゃなくて
とにかく聴いてくれる人へのありがとうを、いつもココロに持ってるんだよね。

そういう気持ちで唄っていれば
絶対多くの人に、遠くの人にも、歌は届くと思う。

あ。
この間ステラプレイスのHMVでインストアがあったみたい。

うんうん。
道産子ミュージシャン。頑張って欲しい!



あ。
あの日の3組目に出たバンドのボーカルの方も帯広出身の道産子。
ほたる日和は、車のCMを唄ってたんだよね。
テレビからこの曲が流れてきて、いいなーと思ってた。

このバンドの時は、中央のすごくいい位置に立っていたので
ボーカルの方と何度も目があって何だか照れ臭かった(笑)

ほたる日和「季節はずっと」





それにしても。
誰かを聴きたくてライブに行ったのに
他のアーティストを気になってしまうってこと。あるよなぁ。
(中田クンなんて正しくそういう出会いだった!)


特に。
地元出身の人には、頑張って欲しいもん。



デビューしても、それからが本当の茨の道なわけで

いい声だね、いい歌だね、ってだけでは、笑顔で素通りされてしまうわけで

CDを買う・ライブに行くっていう行為って
ライトファンにとってみれば、意外とハードルが高かったりするわけで

ファンだった人がいつの間にか、他のアーティストにココロ奪われてしまうこともあるわけで

唄うって、届けるって、本当に本当に難しいことだよなぁと
音楽をあれこれ聞いてきてしみじみ思うのです。



うん。
とにかくジブンはこれからも好きなアーティストを応援する。

頑張ってる人に「ガンバレ」しか言えないけど、ココロから応援する。


だって。
音楽ってやっぱり生きていくうえで大事な宝物だ。

キミの歌がやっぱりどうしても必要なんだ。



だから。

みんな。

ガンバレー!!



スポンサーサイト
| ♪音楽 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。