123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-01-27 (Thu)


今日は日差しが春を思わせるような穏やかさと温もりで
澄んだ青空を見上げてるだけで、幸せな気持ちでいっぱいになったよ。

夕方になると、西の空がオレンジ色に染まって
だんだんとシルエットが濃くなる手稲山の姿は、言葉にならないほど美しくて。

ふっと空いたその夕方の時間に
昨日買ったCDをやっと聴いてみた。



スキマスイッチ「さいごのひ」


AUCL54~2



聴いた人が色んな解釈ができるように
あえてタイトルは全部ひらがなにしたんだって。

日? 灯? 陽?
色々あるよね。"ひ"って。

ワタシだけの"ひ"。
ワタシだけのさいごのかけがえのない瞬間。
ワタシだけのさいごのひにいてくれる誰か。

そんなことを思いながら、タクヤクンの歌声をじっと聴いていた。
暮れゆく西の空と山をみつめながら。



シンタくんのピアノの音色。
シンタくんだからこその響き。
この音がないと、スキマスイッチじゃない。よね。


カップリングの「電話キ」も
コードの流れや曲の色合いすべてが
スキマスイッチの世界そのものだよなぁと、ジンと感じていた。
薄暗くなった西の空と山をみつめながら。




朗読はね。
タクヤくんの話声ってこんなんだったかな?なんて
改めて聞くとなんだかとても新鮮で
新たに出会った誰かの声を聴いているようにさえ思えて

その言葉を聞き逃すまいと耳を傾けていた。
暮れてしまった薄い闇の西の空と山をみつめながら。



ねー。
スキマスイッチって。
なんでこんなに素敵なんだろうね。


さいごのひに
スキマスイッチの音楽もそばにあればいいな。







スポンサーサイト
| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。