123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-03-28 (Mon)
昨夜。
3月27日(日)は。
さかいゆうクンの初ワンマンライブに行った。

「さかいゆうTOUR 2011“ONLY YU”#1」@札幌・KRAPS HALL


でもね。
ごめんね。

ゆうクンの3月9日発売だった
完全セルフ・プロデュース&一人多重奏による新作アルバム「ONLY YU」。

買ってないし、聴いてなかった・・。


秦クンのカナケンファイナルの後は
その余韻に浸りっぱなしで、秦クンの音楽以外は聴けなくて

なんとなく、ゆうクンのアルバムを買いそびれているうちに
あの未曾有の大震災が東北を、日本全体を襲い・呑み込んでしまい
それからは、秦クンの音楽もなかなか聴けない気持ちになってしまっていた。

自身の憂うつを引きずるもろもろもあり
ライブへの想いはなかなか熱くはならなかった。

出来ればひとり、会場の片隅で、ポツンと聴きたい心境だった。

自分の中の笑顔の電池は、充電切れ寸前で
友達に合わせて笑いあえる余裕は、すごくすごく少なかった。申し訳なかった。


でもね。
ライブが始まり、ゆうクンがステージに出てきたときに
ふわっと自然と笑顔が広がったんだよね。あったかくなったんだよね。

歌声を聴いたときには、体が何センチか浮き上がるような、ふわふわした感覚になった。


アルバムの曲は、どれも初聴きなので
タイトルも分からないし、まだ馴染めない感覚の曲もいくつかあったけれど

一昨年デビューで、まだ「売り出し中」であろう彼が
自分の好きな音楽スタイルを貫こうと、セルフプロデュースのアルバムを制作し
それを引っ提げてのワンマンツアーを行えることは、彼にとってすごく幸せなことだろうし

その幸せな音楽を間近で受け取れる、この夜に集ったファンのみんな、そしてジブンは
本当に恵まれている、幸せであると、しみじみ噛みしめた夜だったんだよね。

まだ音楽を受け取る余裕のない、被災地の方々のことが、頭の中をちらりとよぎる。

ゆうクンは何度も
「楽しいなぁ」と言い
「家でやってるような感覚だ」とつぶやき
「緊張感がないんだよなぁ」と終始マイペースでリラックスな笑顔をみせていた。

ジブンも
上がったり落ち着いたりを繰り返すライブの空気に、まったりと漂っていた。

その、延々と終わりがないよう時間の流れが
とても優しく心地よく感じる、そんな不思議なライブだった。


正直ね。
満員御礼とはいかなかった。
盛り上がり方も中途半端だったかもしれない。

でも。
そこに集まったお客さんは誰もみな
ゆうクンの音楽を聴きたくて純粋に集まった方々だったと思う。
3列目から見えるお客さんの姿は、一音たりとも逃さぬようにと大事に聞き入っている姿だったから。

この第一歩が次へと繋がるのだろうね。

だから。
次のライブも楽しみにしているよ。


ライブ後に、久しぶりの友達の元気な姿にも会え
グッズ売り場の近くの募金箱にも、少額ながら気持ちを入れさせていただき
ほっこりした気持ちを抱えて会場を後にしたよ。


あ。
セトリは全然分かんない(笑)

ただただ、ゆうクンの創り出す音の世界と唄声に酔いしれていました。

こうして音楽を楽しめる今を、ありがたく感じながら。




ゆうクン。

また、札幌に来てね。

スープカレーいっぱい食べていってね。

札幌の手拍子は、いつでも正確で最強だよ(笑)


マネさんも、お疲れ様でした!!

次のライブも、楽しみに待ってます!


本当にありがとう!!






・・・・・3/9に行った、まさよしさんライブ感想文も早くUPしなきゃ・・(笑)


スポンサーサイト
| ♪さかいゆう | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。