123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |

SEA

2011-08-09 (Tue)
真夏の夜 観たニュースに感化されて あれもこれも用意して車に乗り込んだ
まだ眠る街を通り抜けていくよ ウニが食べたい

国道五号線を西へ走れば 風の香しだいに磯に変わった
パッとひらけてく海岸線の先には 奇岩群が

週末までため込んだ疲れも吹き飛んだシリパライン
海の色が湧き起こしてく食のエナジー

カーステレオから聴こえる歌は 秦だよ いつも耳にするよ
今度は海も来てみて欲しい ライブの後に その方がきっと美味しい






はい。
日曜日。
積丹岬まで行ってきたよ。

磯の匂い漂う日本海。
小樽から西へ海岸線を走る。
空の青と海の青。濃い緑。
じりじり焼けそうな熱を放射する太陽。
時折現われる奇岩の数々。ローソク岩。セタカムイ岩。

まずは美国港に到着。
キト浜を周遊する「水中展望船・ニューしゃこたん号」に乗船。





CA2S7WNI.jpg


海は吸い込まれそうなほどの神秘的な青。積丹ブルー。
手を伸ばしエサのパンを差し出すとカモメ達が俊敏な飛行でさらっていく。
水中展望室から見える光景は、魚やクラゲよりも目を奪われる沢山の丸い黒。
ウニウニウニウニウニ・・・・ムラサキウニ(笑)



下船後は積丹岬へ。

ミサキノムコウ ハ ロシア。

あれから僕たちは ウニをどれぐらい食べてこれたかな。





海と戯れるみんなを砂浜からぼーっと眺める。
無邪気に素肌をさらして泳いだのも今は昔。
日焼けは怖い。ベタベタも苦手。

それでもここにはあれがある。
オレンジ色の宝石。


「密漁禁止」の 秦が 旗が潮風にたなびいている。
そう。あちらこちらの岩陰には、あれがごろごろしているはず。

ヤドカリを集めてカワイーとはしゃいでみても、あれが気になって仕方がない(笑)




ベタベタの体は、露天風呂から絶景が見渡せる町営温泉・岬の湯しゃこたんでスッキリ。
神威岬や積丹岬、日本海に沈む夕陽を眺めることが出来る。
高台から素っ裸で海を見下ろす気持ちよさ!

カラダはスッキリ。
オナカはグーグー。

そして。
お楽しみのウニ。
待ちに待ったウニ。





カーステレオから聴こえる秦を ずっと口ずさんでいるよ
今度は秦も来てみて欲しい ライブの後に その方がもっと美味しい



富良野もいいけどね。

日本海。積丹。

万歳っ!!(笑)







・・・・というジブンは、ウニが苦手ですけど何か?(爆)


美味しそうに食べるみんな。

うらやましいぞ!(笑)





スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。