12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-10-18 (Tue)
やってきたよ!

HGの継続特典!

無事に5年目に突入したのだよ!


20111017.jpg



表紙はね。

見せないよ(笑)

いや、だってさ。
これから発送されるであろうみんなにとっては
どんなだろう?っていう楽しみがあったほうがいいもんね。ね?



で。
なんとなく。
今までの継続特典を引っ張り出してみる。
久々に、パラパラとページをめくってみる。

一番最初の2007-2008年。
なんて懐かしい。
そしてなんて若い。細い(笑)

CA84CU07.jpg




今までの3冊と比べて
今回のは、なんだかちょっと違う。

正直。
今までのは、MAGAZINEを順に並べて印刷しただけだったから
「まぁ、とりあえずはHGがカタチに残って良かったよ」的な
ちょっぴり冷めた目線で見てた部分があったんだけど(笑)

今回のはね。
表紙を見た時点で「あれ?なんか違う」って感じたんだ。

表紙の雰囲気。

初めて見るような画像のあれこれ。

HGで使われていた、何気ない横顔、指の動き。

そして秦クンからのメッセージ。


過去3冊と比べてみたら
違いはほんのちょっとなのかもしれないけれど

作り手の気持ちが十二分に感じられて
眺めているうちにあったかい気持ちになれたんだよ。

今回は、より大事に作ってくれたんだなぁって、嬉しくなったんだよ。

気遣いや想いは、ちゃんとカタチになって残ってる。


でね。
最後のページのスタッフさんのメッセージを読んで思ったんだ。

やっぱり、3月11日に起きた大きく辛い出来事は
今まで何となく当たり前に思っていた、やり過ごしていたこと全てが
実は小さな奇跡の連続で重なり合い繋がってきているんだということを
あらためてしっかりと誰もが感じてるんだって。

秦クンが縁あってオーガスタからデビューして
Home Ground というファンクラブが出来て
そこに沢山の人と想いが集まっていること。

それも小さな奇跡の繋がりなんだよね。

きっと、秦クンも秦クンのスタッフさんも、そのことを強く感じてる。
その気持ちが込められた今回の継続特典。

しみじみと、何度も、眺めている。




まぁね。
色々思う時もあることもあるんだけどね(笑)

それはきっと、どんな人と付き合ったって、あることなんだし。

そこを、少しずつ分かり合えれば、もっといい関係になれるはずなんだし。

だって、まだまだ、長い付き合いになるはずなんだし。



だから。

いつも本当にありがとうございます。

こちらこそ。

これからまた1年。どうぞよろしくお願いいたします。




スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。