12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-11-01 (Tue)
あっさり書くつもりが、いつのまにか長くなっていくのは、
やっぱり相も変わらずアイも変わらず(笑)

記憶は薄れていくのに、想いは濃くなっていくせいだ。

そしてその想いをうまく言葉に変換出来なくてもどかしい。

もどかしいまま。
書く時間もなかなか取れぬまま。
誰かさんと同じように一晩、いや二晩寝かしたりなんかして(爆)


はい。
ジブンも休憩をいただきまして(長すぎる笑)

後半戦を始めようかと。
(ドリンクごくごく笑)


ネタバレありますので、畳みまーす♪







休憩後はどんなライブ構成になるの?
だって5周年記念ライブなんだもん。
'09GMに登場した伝説の"忍者寺男"シリーズが再び!?(わはは笑)なんて期待を持ったって
悪かないだろーそうだろーという無茶な要望もチラりあったりなんかして(笑)

だけど。
いつものラフな格好で(Tシャツの重ね着+ジーンズ)
秦クンが出てきたから思わずあれ?と(笑)

かしこまった服装だと辛かったから着替えたのかなぁ?(キツキツ 笑)
相変わらず、ジーンズのムチ加減は遠目でもハッキリ分かるくらいだけれど(笑)

そして。
いつもの服装に着替えたほどよい解放感は
第1部のステージに漂っていた緊張感もゆるりとほどいてくれたのかな。

秦クンもサポメンのみんなもリラックスムードで大いに弾けた第2部。


11曲目は「今日もきっと」

「わぁードキュメンタリーツアーだぁ!」なんて錯覚してしまいそうなほど
バンドの音がしっくりとジブンの中に響いてきた!

ここからはみんなずっと総立ちで手拍子したり跳ねたり。
ジブンも何だか嬉しさが膨れ上がって舞い上がっちゃったよ!


だってなんと!!
12曲目が「トレモロ降る夜」!!!

ココロの中で「うぎゃー!」と叫んでいたのは言うまでもありません(笑)

この曲をバンドで聴きたかったから、本当にうぎゃーだったのだよー!!

めっちゃくちゃ飛び跳ねた!!手拍子した!!
やっぱりバンドでのこの曲が大好きっ!!

その後に続く
フォーエバーソング~SEA~色彩 !!!

あぁ!
なんて楽しいんだ!!嬉しいんだ!!!

しっとり聴く弾き語りも好きだけれど
秦クンのミディアム~アップテンポの曲の方が実は好みだったりする。
(メロディーも歌い方も大好きっ!!)

第一部の消化不良だった音もジブンの気持ちも
すっきりと吸収されエネルギーへと変わっていく。
カラダの隅々まで駆け巡るんだよ。弾けていくんだよ。跳ねていくんだよ。

秦クンの笑顔はハッキリとは見えないけれど
たどたどしくステップを踏んで歌うその姿は
かわいくってカッコよくって、ジブンの大好きな秦クンそのものだったよ。


そして。
ダークな赤の照明がステージを照らし
あのイントロをサポメンが演奏する中
ドリンクをごくごくと飲みながら、ポケットにぐいと押し込んだ例のあれ。

うわーうわー!!
「赤が沈む」だよぉー。うれしいっー。

秦クンがこの歌を歌いハープを吹く。
それだけでどうしてこんなに舞い上がってしまうんだろう?(笑)

この時だけは「近くでハープを吹く姿を見たかった」とちょっと悔しかったなぁ(笑)


1部とはガラッと雰囲気が変わった2部。
もうなんかクラクラするほどのほろ酔い・秦酔い状態(笑)

次の曲は?なんだろ?
期待に期待がさらに上積みされて、もっともっとと心臓がバクバクしていく(笑)


で。
いよいよお待ちかねのこの曲がきた!

17曲目「トラノコ」

ちゃんと歌の前にパンパンパンの練習もしたよ。
だけど、みんな最初から完璧だった(笑)
練習しなくても、完璧にパンパンパンが出来たと思う!

みんなが笑顔でパンパンパン!

たのしいー!!!
うれしいー!!!

たった2回しかパンパンが出来ないなんて。
もっとやりたかったよー(爆)



いや。
そのパンパンの物足りなさは、キミメグで?(笑)
18曲目「キミ、メグル、ボク」

ところで。
あの"手拍子"って誰が一番最初にやりだしのかなぁ?
今ではごく当たり前にみんながやっているけれど
ジブンもいつからやり始めたのか覚えてないんだけれど
(もう、ライブで初聴きの時からやってる気になっているんだけれど 笑)



19曲目「シンクロ」

あー。
やっぱりシンクロ大好き!!
メロディーも歌詞も大好き!!
この疾走感と歌声が大好き!!


2部に入ってからは、ずーっと跳ねて手拍子して口ずさんでた。
そして「どの歌もほぼちゃんと歌えるジブン」に自己満足(笑)

一緒に歌えるってサイコーだ!(笑)




20曲目「朝が来る前に」

ここで一息つく(笑)

ゴメン。
朝来るはなぜかジブンの中の秦ランキングではあまり高くない(笑)

カタカナのアサクルのほうがやっぱり・・(すんません笑)

これもジブンのヘンな拘りのひとつなんだろうなぁ。。




21曲目「鱗」

もうライブもそろそろ終わりなんだなぁ。
終盤を締めくくるようにこの曲は歌われるから、鱗が聴けるのは嬉しいのにちょっと淋しくなる。

聴くたびにスケールの大きさが増していくなぁと、圧倒される。
ジブンの中でも毎回新たに更新されていく。その存在がまた大きくなる。
どんなライブでも、弾き語りでもバンドでも、やっぱり一等特別な存在だよね。鱗って。



みんなと深々とお辞儀をして、秦クンがあちこちに手を振ってステージを下がっていった。



ふー。
かなりお腹いっぱい(笑)

大好きな新旧の曲のボリュームに、胸がいっぱい。

いつもはアンコールをもっともっと!という気持ちで拍手するのに
今回はまったりと手拍子をしながら待っていた。
デザートを待つ、お楽しみの感覚で(笑)



アンコールは秦クンが黒のツアーTシャツで登場。

22曲目「僕らをつなぐもの」

弾き語りでこの歌を聴いていたら
秦クンを好きになってからの沢山のことが文字通り走馬灯のように浮かんできて
なんか涙が出そうになっちゃったなぁ。(ツーン涙)

毎晩毎晩DVDを見ながら秦クンのことをもっと知りたいと思っていたあの頃。
コントラストツアーで初めて秦クンのライブを見て
それからは突っ走ったなぁ。秦クンと一緒に走ってたなぁ(笑)
沢山の出会い、嬉しいこと楽しいこと、いっぱいあったなぁ。

名刺代わりのようにライブの度に歌っていた頃は
正直食傷気味に感じたこともあった「僕つな」。

声はやっぱり出ずらそうで不安定だった。
弾き語りではそれが露わになってしまっていた。
それだからこそなお振り絞るように全身全霊でギターと共に歌う姿にまた愛おしさが募った。
そして、この声がやっぱり好きだと、泣きそうになったよ。



そんなしんみりした気持ちを明るくしてくれたのが
23曲目「花咲きポプラ」

ワーイ!
北のご当地ソングだー!(勝手に決定してる笑)

バンドでまた盛り上がったなぁ!!

後ろから見渡す会場はやっぱりキラキラしていたよ。
集まったみんなの高揚感や熱気が空気の色まで変えているようだった。
その中にジブンもいる。その幸せはどんなコトバにも変えられない。



最後は「水無月」!!

サビの部分を、MVのように両手を振ってみんなで歌ったよ!!!

この歌の発売の頃は、いつも支えられて涙していたけれど
この日は笑顔で幸せな気持ちで手を振りながら歌えたことが、本当に本当に嬉しかった!!



歌い終えて、全員で深く長いお辞儀をして。
その姿に、沢山の拍手がどんどん大きくなって降り注いで。



終わってしまった。

でも。淋しくなかった。


また。会えるんだもん!ね!(笑)




3時間に及ぶ長丁場のライブ。

初めてだよね?こんなに長いのは。
15分の休憩を入れたせいもあるけれど
24曲も歌ってくれたんだよ。すごいよ。本当に。



でも実はまだまだ聴きたい曲がある。
「つたえたいコトバ」「トブタメニ」「Baby, I miss you」「Honey Trap」・・・うーん、全部!(笑)

5年の間に沢山の歌が生まれたんだなぁ。
「もう歌う歌がなくなったんで」と言って
ダブルアンコールで「夜をぶっ飛ばせ」を歌ったこともあったっけ(笑)
今では、聴きたい曲ばかりで、ライブで全部歌ってもらえるなんて夢のような話だ。

うん。
5周年。
すごいよね。

何度も言うけれど。
その年月の間に秦クンが積み重ねてきたものは、すごいと思う。




おし。
福岡初日は、終わったけれど。

まだあるからね(笑)

まだまだこんなもんじゃないはずでしょ?
もっとすごい秦クンを見せてくれるんでしょ?
あんなことやこんなこと、全てを見せてくれちゃうんでしょ?

期待してるよ。

ちゃんと見届けに行くよ。



ライブ後の打ち上げ。
予想外の長さの3時間ライブだったから
バスの時間が迫っていたお友達2人は、すぐに帰らざるを得なかったよ(さみしー涙)

というジブンは、ごちそうを食べ、秦談義をして
ラストオーダーが過ぎても楽しい時間を過ごさせてもらったのでした。


20111028.jpg


あー。
やっぱり福岡最高!!!

秦基博も最高!!!!!



また行くね。

福岡も秦ライブも。

お友達もみんなみんなありがとう!!

本当に本当にありがとう!!!!





■秦基博 デビュー5周年記念LIVE@福岡
・日時 2011年10月28日(金) OPEN 18:30 START 19:00
・会場 福岡市民会館 大ホール

-第1部-(アコースティックVer.)
1. 青い蝶 (弾き語り)
2. やわらかな午後に遅い朝食を(&FIREさん)
3. 夕凪の街(&光太郎さん)
4. 風景 (&ミキオさん)
5. dot  (&マサケンさん)
6. アゼリアと放課後 (弾き語り)
7. 最悪の日々 (&ミキオさん)
8. バイバイじゃあね (&サポメン)
9. アイ (弾き語り)
10. 虹が消えた日 (&光太郎さん、FIREさん)

(15分休憩)

-第2部-(バンドVer.)
11. 今日もきっと
12. トレモロ降る夜
13. フォーエバーソング
14. SEA
15. 色彩
16. 赤が沈む
17. トラノコ
18. キミ、メグル、ボク
19. シンクロ
20.朝が来る前に
21. 鱗

-アンコール-
22. 僕らをつなぐもの (弾き語り)
23. 花咲きポプラ
24. 水無月




感想文書きながら、ずーっと「シンクロ」のアルバムを聴いていたよ。
何度リピートしてしまったことか(笑)

そして今、ラストの「風景」を聴いている。
本当にね。
秦クンが好きだ。歌声が好きだ。彼の作り出す歌の世界が大好きだ。
それを改めて感じている5周年です。


スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。