12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-03-14 (Wed)
わぁ。
いい匂いだなぁ。

想像よりずっと立派で厚みと重みのある黄色い本。

その表紙をそっと開いた時に
真新しい印刷物の匂いがふわっと広がった。

閉じ込められてた秦クンの想いも一緒に開け放たれたような感じがしたよ。

もとより本の匂いは大好きだけれど
この本はもっともっと特別な匂いが込められてるよね。

しばし。
この匂いと‘スペシャル誌上ライブ’に浸ってしまったよ(笑)


一気に全部読むのは何だかもったいなくて
懐かしさなんか噛みしめながら前半を読んで寝た最初の夜。
なんと!秦クンの夢を見てしまったよ!(笑)

でもその夢の内容がなんだか哀しかったけれど(笑)

秦クンのフリーライブにいそいそと一人出掛けたジブン。
入場前の列に並んでいると、周りの方が手にしているチケットに違和感。
「あれ?ジブンの持ってるチケットと違う!」
焦って確認すると全然違うライブのチケットしかお財布の中に入っていない。

「そうだ・・このライブは抽選で外れたんだっけ・・」
ライブ前の期待感で盛り上がる秦ファンの列からすごすごと離れトボトボと歩きだす。
何だかすぐに帰る気持ちにもなれず。結局近くのカフェで休憩。

すると。
そこにライブ後?の秦クンが突然入ってきたものだから
ジブンはあまりの嬉しさに号泣してしまったという(笑)
(秦クン登場の場面は、キラキラ後光が差して眩しいくらいだった 笑)

で。
秦クンはファンへのプレゼントの紙袋を2つ下げていて
ジャジャジャーン!さぁどうぞー!と
まずはジブンの隣に座っていた女子に手渡していた。

わーわー。
もうひとつの紙袋。
もちろんジブンにくれるんだよね?
期待に大きく膨らむココロ。
もうこの気持ち破裂しそうなの どうにかなりそうだよーと
秦クンに手を出しかけたその時。

秦クンは全然違う人にその紙袋を渡してしまいましたとさ(笑)

唖然とするジブン。
そこで目が覚めたという(なんなんだ笑)

で。
本の後半を読み終えて寝た次の日の夜も
秦クンの夢を見たんだ(笑)
(この夢の内容は忘れてしまった 笑)


そんな。
本を読むと秦クンが夢に出てくるくらいの
沢山の想いがギューギューに詰めこまれていて
かなりのずっしり感が本当に嬉しいサンキューBOOK。

ジブンの名前もちゃんと確認出来たし。
(でもやっぱり以前の名前にしたかったかも・・)

わははあり。
なつかしーあり。
キュンキュンあり。
なるほどなぁあり。
最後に。ありがとうあり。

手作りのしおりもめちゃくちゃ嬉しい。
(うっかり落として失くさないように気をつけなきゃ!)


うん。
今夜もサンキューBOOKを読み返して寝る所存です。

秦クン。
また夢に出てくれるかなー(笑)


出てきてほしいなー。

そして。
今夜こそ。

あの紙袋。
ジブンにください!(オイ~笑)



スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。