12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-03-29 (Thu)
釧路に沢山の想いを残したまま
興奮状態でほとんど眠れなかったまま
昨日と同じく、特急という名がつくスーパーじゃない走りの「おおぞら」で帰ったよ(笑)

札幌は曇り空に小雪が舞い
ジブンを迎えてくれたのはPC横に積み上げられた沢山の仕事(笑)

はい。
楽しみの後には苦しみも待っている(笑)

だけど。
明日にはまたスキマに会えるんだもんね!

それだけを頼りに過ごしながら
でももうすでに寂しさじんわり包まれながら
翌日前回のツアーと同じ会場に夕方いそいそと出かけたよ。

ツアーグッズ。
タオルなんかもう何枚もあるしなー。
パンフも結構高いしなー。
(秦クンにもかなりつぎ込んでるしなー笑)

そんなんで、最初は買う気持ちは特になかったんだけど。

釧路の夜を超えたら
ジブンの気持ちもスコーンと超えてしまった!

お・お金なんてどーにかなるさ!(笑)

グッズ売り場の長蛇の列に並び
まずはライブで必需品?(いつの間に?笑)のタオルと
カレンダー・パンフまで買ってしまったよー(笑)

20120325.jpg




うん。
帰ってからじっくり読んだら
パンフは買って大正解だったなぁと。
改めてスキマの2人の気持ちにジーンとしてしまった。


札幌の座席はセンター。
距離も近くてしっかり表情も見えそう!
今回のチケットはどこも(名古屋もセンターだったんだよ!)なかなかの良席で
DELUXEよ。ありがとう。と久々に感謝の念を抱いたよ(笑)
(V.I.Pでの苦い思い出がやっと解消されたかなー笑)






※ここからネタバレです♪



20120325sapporo.jpg
(黒のツアートラックを最後までちゃんと撮れなかったなぁ笑)


1度ライブに行くと、ココロの中に少し余裕ができる。
この日はセトリを覚えようとか余計なことはなーんにも考えずに
とにかくスキマの音楽を感じればいいんだって、ラフな気持ちでライブに行ったよ。

釧路では端っこだったから
ステージの構成があまりよく見えなかったけれど
(フクロウの顔でさえ斜めからだとイマイチ分かりずらかった 笑)

札幌では、曲の世界観に合わせて
フクロウの目の色や景色が変わるさまに見とれたり
光りの束の力強さやステージ全体の雰囲気もあますことなく感じ取ることが出来た。
サポメンの方々の迫力ある演奏の姿も全て見えたもの!

それと。
今日はどのくらい歌を入れ替えてくるか、それも楽しみだったんだ。

糸の意図!嬉しかったなぁ。

雨待ち風!この日、懐かしの歌で一番ココロに沁みたなぁ。

ステージ上に広がるライトの色合いが
夏の終わりの北の風のような色に見えたんだよね。
(某ポテチのCMを彷彿させてくれたのです 笑)

少し涼しげで。哀しげで。
あー。スキマの世界だなーって。いいなぁー。大好きだなぁー。って。

ひんやりとした空気感に柔らかなシンタくんのピアノの音色。
タクヤくんの温かな歌声。伸びやかなフェイク。
ほわーんとただただ漂っていたよ。浸っていたよ。

「きみがいいなら」にまたもやココロがグラリと傾いた。
さらっと歌う歌詞の深い意味を頭の中で何度もめぐらせて。。。


それにしても。
札幌ライブの熱は、やっぱり札幌だけの、札幌らしいものだったなぁ。

なんとなく最初は手探りの感じだったよね?
どこまで盛り上がったらいいのかな?とか
会場がそこそこ大きい分、集まったみんなのスキマへの気持ちの温度差もちらほらあったりで。

それがいいとか悪いとかではなく。
そんな空気をすこしずつ、お互いで縮めて熱くさせていくのがライブの醍醐味。
シュッと擦ったマッチの小さな火が、だんだんと燃え盛る大きな火にくなりゆくさまこそが
なんとも言えない快感だったりするわけで。
最後に燃え尽きるまでみんなと盛り上がれれば、最高な時間になるもんね!

あ。
ジブンは最初っから全開で「ヒューヒュー」しちゃってたんだけど(アホです笑)

手拍子は・・したりしなかったり(笑)
やっぱり、これはしたくないなーってのがあるという
妙なこだわりがまた出てくるという(笑)

うん。
手拍子したり、カラダを揺らしたり。
それぞれの楽しみ方で、それぞれに熱くなる"自由な"北の人々(笑)

この日もタクヤくんはみんなのラフさに「自由人だなー!」って言ってたっけ(笑)



そうそう。
釧路から札幌への移動はなんと!
全然スーパーな走りじゃない「特急スーパーおおぞら」だったんだね!

そっかぁ。
多分・・ジブンが乗ったおおぞらくんの次の次ぐらいの列車だったのかなぁ?
同じ景色を見ながら札幌に来たんだって嬉しくなった。

そう。
特急のくせに、途中で何度も停車しちゃうんだよ。おおぞらくんは(笑)
そのことをシンタくんが話ししていて、思わずうんうんとうなずいたよ(遅いんだもん笑)

他には。
サッカーのことで、いつものグダグダトークをやってた!

シンタくんは札幌到着後すぐにコンサVS浦和の試合を観に札幌ドームに行ってたんだね!
試合前にデラの日記に写真をUPしちゃうなんて、大胆すぎるよー!
あの写真で、シンタくんがどの辺に座ってるのかなんてすぐに分かるからね。
(はい。時々サッカー観に行ってます 笑)
もしドームが近所なら行っちゃったかも!!!

で。
サッカーの魅力をとうとうと語り
なんとかタクヤくんに分かってもらおうとしてたんだけれど
やっぱりタクヤくんには全く通じなくて(笑)

まず「点が全然入らないのに、何を見て楽しむんだ?」と(笑)

シンタくんは「選手のフォーメーションや、動きや・・・あと監督の動きや・・笑」

「か・監督の動きー??」と食いつくタクヤくん(笑)

シンタくん。せっかくコンサのフラッグやタオルマフラーまで持ってきたのにね。
「タオルマフラーって、何??」とまたそこに食いつくタクヤくん(笑)

これこれ!って実物を見せると
あーこれなんだ!って首に巻きつけて見せるものの
あまり興味がない感じのタクヤくんに笑ったなぁ(笑)

ちなみにタクヤくんの前日はゴルフバーに行ってたんだって(好きだなぁー笑)



でね。
「さいごのひ」が、この日はことさら響いてきたんだ。

ライブで聴くと世界観の大きさに改めて驚かされて。
釧路で聴いてそう感じたけれど、札幌ではなお強く深く響いてきて。
きっとこの歌はライブで聴くごとに、存在がどんどん大きくなる歌なんだろうなぁ。

ていうか。
musiumの曲がライブを体感してからは、全部どれもすごく愛おしく思える。

タクヤくんの歌声も伝えるチカラも
前回のラグランジュの時もすごい!って思ったけれど
2年を経て今回のツアーでますますその強さが色濃くなった。

シンタくんのピアノの繊細でやわらかな音色と
それとは正反対の体全体で思いを込める力強い音色も大好き。

サポメンとのセッションも耳だけじゃなく体全部にびりびりと響子してくる。
特に村石さんのドラム。ものすごかったなぁ!
いや・・ギターもパーカッションもサックスもトランペットも・・・全部!!
この豪華なサポメンの音とスキマの音が重なり合う世界は、最強最高!!


だからね。
やっぱりもっともっとツアーを追っかけたくなる。
ライブでスキマの音をもっともっと聴きたくなる。
あのmusuimのドアを開けに行きたくなる。



そうそう。
MCで、1階と2階の間がすごく開いていて、2階がまるで宙に浮いているようだって話してて
ジブンもその言葉で思わず後ろを振り返ったら・・
ホントに2階が天井近くに浮いてるように見えてビックリした(笑)

タクヤくんが
「そこって何階?」と聞くと
「4階ー!!」っていう声が返ってきて
「じゃあ2階はどこ?」って話しになって(笑)

「1階の人ー!」
「2階の人ー!」

あれ??1階と2階しかない(笑)

なんと。2階の高さって実際は4階になってんだね。あの会場って(初めて知る笑)

タクヤくんが
「チケットには何階って書いてあるの?」と聞くと
「2階ー!!(笑)」

「2階だけど4階」の不思議(笑)

この延々のやりとりのグダグダトーク!
あースキマらしいなぁ。楽しかったなぁ(笑)



「全力少年」は
タクヤくんの歌の指導?があまりにも長いバージョンで歌わされて(笑)
覚えるのがめちゃくちゃ難しかったなぁ!
でも途中で歌えなくなるのが悔しいから(負けず嫌いっ!笑)
とにかく歌えるだけ歌ってみたよ(合ってないけど 笑)

それにしてもさ。
この歌って、どんどんイントロも長くなっていくよね。
そして長くなればなるほど、聞き手の期待感が増幅されていく。

「おし!もーすぐだ!くるぞ、くるぞ、くるぞ、くる、、、ぞー! キター!!!!!」みたいな(笑)

歌が始まる前から嬉しさに心臓がバクバクして
シンタくんの「タララタララタララタララタララ♪」が鳴り始めると
うわーーーって!!!ココロまで飛び跳ねちゃうのは、何度体感しても気持ちいい瞬間だ。

スキマの繊細さが感じられる曲も大好きだけれど
「全力少年」は何年たっても何回聴いても、全身が高揚してしまう曲だ。


「晴ときどき曇」
前の席の方々の背中が「歌ってる」ように見えた。
きっと、みんな口ずさんでるんだろうなぁって思った。

うん。
もちろんジブンも口ずさんでた。
一緒に歌詞を噛みしめてるとすごく幸せな気持ちになれる。



そしてとうとう
「時間の止め方」でライブの終わりが近づいてくる。

♪もし君が寂しくなってしまったら
 いつもの場所にいるから
 この歌は約束のしるし
 また会いたいな
 また来てくれるかい
 どうかな
 僕らもまた来るよ

確か、こんな歌詞・・・だったよね???

そうかぁ。
この歌が約束のしるしなんだ。

‘約束’をそっと手の中に包む。
次に会えるまで大事に握りしめてなきゃ。
そんな気持ちになったんだよ。


スキマの2人ってさ。
いつもファンのことをすごく考えてくれてるなぁって
ライブでもDELUXEでもどんな時でも感じる。

特にちゃんと言葉で伝えてくれるのが嬉しい。
音楽に想いを込めるのは当たり前だけれど
それだけでは足りない部分を埋めるように、言葉を紡いでくれる。
2人のファンに対する温かな気持ちをそこに感じるんだ。

今回のライブでも、ホントはここで「またね。」を歌った方が
納まりがつきやすいだろうに、あえて替え歌で想いを伝えてくれたことが
すごくすごく嬉しかったなぁ。

「またね。」も聴きたかったけれど(笑)

これはきっと・・・ファイナルに取っておいてるのかな?




本編が終わって。
アンコールを呼ぶ拍手は・・・やっぱり札幌っぽかったね(笑)

でも、予定調和じゃないんだよ。アンコールは。
なんて思いながら、手を真っ赤にして叩いてるアホなジブン(笑)



アンコールで出てきたタクヤくん。
この日はピンクのツアーTシャツだった。

なんか。
パジャマに見えた(爆)

釧路の時は黒のシャツだったから、キリリと締まって見えたのに(笑)


で。
エレキを手にしたんだけれど
出だしですんなり曲に入れなくて(笑)
だ・だいじょうぶー?と心配しかけて、弾き始めたらホッとするという(笑)

「なんで歌わないのー?」って思った人も結構いたかもね(笑)
アルバムを軽く予習してきただけの人なら、知らないだろうなぁ。

でも、その分からなくて戸惑ってる風のお客さんも、最後には巻き込んでしまえ~!と、
そう企んでるんだろうなぁと、そういう企むスキマが大好きだなぁと、
エレキを気持ちよさそうに弾いてるタクヤくんを見て、うんうんと思っていたジブンなのだ(笑)



ガラナで跳ねて飛んで!!
タクヤくんの笑顔も間近にやってきて!!

最後の「惑星タイマー」

今回はあまりみんなに歌をふってこなかったなぁ(笑)

いや。
ふられても、やっぱりモゴモゴしちゃっただろうけれど(笑)

あーやっぱり、この歌も大好きだ。
帰ってから改めてCDで聴き返そうって
そう思いながら、手をワイパー振りしていたよ。
寂しい気持ちに襲われながら。それでも笑顔で。




終わっちゃったー。

スキマのライブ。ホントに終わっちゃったー(涙)

でも釧路と札幌での色んな瞬間が、余韻が、ずっと今でも温かに残ってる。
タクヤくんの歌声がココロの中で鳴り続けてる。

時間が動き出し
いつもの生活が回り始めても
スキマの音楽は変わらず傍にある。


次会えるのはいつかなぁ。

でも。
寂しくなったら いつもの場所にいる。

約束のしるしがちゃんとある。

また来るよ。って。その言葉が胸にある。


「時間の止め方」で幸せな3時間を思い出しては
今日も胸がグンと熱くなってしまうのでした。


本当にまた北に来てね。

本当に本当にありがとう。


スキマスイッチ。
やっぱりやっぱり大好きだー!!!






■スキマスイッチ TOUR2012 "musium"

・日時 2012年3月25日(日) OPEN 17:15 / START 18:00
・会場 札幌ニトリ文化ホール


-セットリスト-

1.時間の止め方
2.ふれて未来を
3.アイスクリーム シンドローム
4.センチメンタル ホームタウン
5.糸の意図
6.太陽
7.雨待ち風
8.きみがいいなら
9.螺旋
10.石コロDays
11.LとR
12.Andersen
13.ズラチナルーカ
14.さいごのひ
15.ソングライアー
16.君の話
17.スモーキンレイニーブルー
18.キレイだ
19.全力少年
20.晴ときどき曇
21.時間の止め方(musiumツアーVer.)

~アンコール~

22.ガレポンク
23.ガラナ
24.惑星タイマー







スポンサーサイト
| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。