123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-04-02 (Mon)


代々木駅。
少し早めに着いてしまったなぁ。

その時間を潰すというよりは
この時間で少し散策しようと
目的地とは反対の道をあてもなく歩き出してみた。

高架下の薄暗いトンネルを抜けると
小さな踏切がカンカンと甲高い声で止まれと叫んでいる。

電車が走り去り両手を上げた踏切をくぐり、左にカーブする緩やかな坂を上る。
右手のハンバーガー屋からは香ばしい肉の焦げるにおいが漂ってくる。
色の変わったのれんを垂らした中華料理屋。
ふと目を上げると、背の高い立派なビルディングが行く手を遮るように立ちそびえていた。

きっと、なんてことのない東京の風景なんだろうなぁ。
でも、北とは全く趣きが違う風景なんだよなぁ。

秘密の通路のような細い路地に好奇心が誘われる。
看板の字面にさえワクワクしてしまうジブンはきっと
どこかで東京のマジックにかけられてしまったのかもしれない。

なんてことを考えていたら
もうオープンの時間が迫ってきていた。

今来た道を小走りで戻り、両手を上げたままの踏切を渡り、駅前の交番を左に曲がる。
お店の前にはすでに長蛇の列が出来ていた。

20120401yoyogi.jpg
 
目的地はここ。



20120401asada.jpg

そして今夜はこのライブ。



彼の歌声を聴きたくて
目の前で歌ってる姿をどうしても見たくて
ワンマンライブがあると知り飛んできてしまったよ。

キャパが250くらいの小さなライブハウス。
中に入ると運よく真正面の間近に場所を取ることが出来た。

オープンニグアクトの川崎くん。
歌の世界観がどこか星野源くんに通じてる。
とぼけた自虐気味のMCは、なぜだかほわんとあたたかさが残る。

そしてそして。
お待ちかねの彼とサポメンの登場!

もうね。
そこからは、何だか夢のような時間だったよ。

ずーっと聴きたかった歌をすぐ目の前で歌ってくれてる奇蹟。
嬉しくて楽しくて。胸が苦しくて泣きそうになって。

MCなんかはね。
キュート。すっごくキュート。
歌ってるときはめちゃくちゃかっこいいのに
話し出すとかわいくなっちゃうのはどうして?(笑)

でね。
あの独特の高音がライブハスいっぱいにぐわんぐわんと響きこだまし
一瞬で彼の世界にぐいと引き込まれてしまった。
今ではプロデュースの仕事ばかりで、歌うこともあまりなくなったから
声は出るのかなぁ?どうなのかなぁ?なんてちょっぴり心配もあったけれど
全くの杞憂だったね。ホントにステキだった。
2時間ずっと夢心地だったよ。

アコギの弾き語りなんかは、ギターを弾くしぐささえ素敵すぎて
もうどうしたらいいんだろうね?どうなっちゃうんだろう?ジブン?(笑)
アホだなぁ。なんてアホ。って思ったよ(笑)

やっぱり彼はフロントマンだ。
彼こそがステージの中心でみんなをひっぱり歌声を響かせるべきなのだ。

それが一番似合っているなぁと思う。
そんな彼をこれからも見たいと切に思う。

こんなライブに行こうと思えばいつでも行ける東京の人が
心底うらやましく思った、魔法にかけられてしまった、それはそれは素敵な夜でした。

なんかね。
詳しいことをいっぱい書きたい気持ちもあるんだけどね。
書くのがもったいない方が勝っていたりする(笑)
誰にも手渡したくなかったりする。
一人反芻して大事にしまっておく(やっぱりアホ笑)


この感情は
秦クンに対してでもなく
タクヤくんに対してでもない
全く違う色の感情なんだよなぁ。不思議だなぁ。

こうして好きなアーティストが増えていくのは
正直困ってしまうんだけどね。時間もお金も潤沢にあるわけじゃないからね(笑)

でもまた絶対ライブに来るって、早くも次を願ってたりするアホです(笑)



そういえばさ。
秦クンがまだインディーズの頃に
F.A.Dで対バンだったことがあるみたいなんだよね。

彼はバンドを解散しソロでアルバムを出した時期。
秦クンはそのころ、どんな風に彼の歌を聴いていたのかなぁ。
きっと秦クンも学生時代に、そのバンドの歌を聴いていたはずだから。

そして秦クン自身は、どのくらいのお客さんを惹きつけることが出来たのかなぁ。

こんなふうに。
想いは、忙しくもあっちへいったり、こっちへきたり。
そんなジブンって、やっぱりアホ(笑)

ライブが終わると、隣りで聴いていた方に突然声をかけて頂き
「またライブがあった時にはぜひ一緒に」なんて。
早くもお友達まで出来てしまった(笑)

やっぱり。
東京っていいなぁ。
すごいなぁ。楽しいなぁ。嬉しいなぁ。

昼間はアゼリアの街を歩き
夜は素敵なライブに胸を熱くして
充実した、ウソじゃない、トーキョーでのエイプリルフールなのでした。(笑)

あー。
ホントにいい一日だった!









スポンサーサイト
| ♪浅田信一(ex.SMILE) | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。