123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-12 (Tue)
やっと。
さかいゆうクンのライブ感想を書き上げて。

なんだかちょっとホッとしてる。
なんだかそろそろ秦基博を聴きたいなーと思い始めてる。


巷には。
様々なココロ惹かれる音楽があふれているから
あれもいいな。これも好きだな。って。
気持ちの赴くままに出かけては
その瞬間の音の奇蹟に胸震わせ帰ってくるのだけれど。


やっぱり。
最後に戻るのはこの場所だなぁって。
一番落ち着くのはこの歌声なんだなぁって。


今月号の音楽と人を読みながら
しみじみ感じ入っているのでした。


DSC_0272_20120612154504.jpg



だよなぁ。

みどりの日のカナケンから始まって。

翌年はひとりきりでの全国弾き語りツアー。
その次の年は野外ツアー。
昨年は故郷宮崎でのライブ。
そして年末に武道館での完全弾き語りライブ。
今年は初めて訪れる場所でのツアー。

振り返ってみたら。
毎年さまざまなアプローチで、さらに進化し続ける
アコースティックでのライブを行ってきたんだよね。

武道館という大きな舞台で完全弾き語りをやったことで
やりきった感があるっていうのは、すごく分かる気がする。

じゃあ来年はどーする?って考えたら
似たようなテーマをまたやり直すというのもね、モチベーションが上がらないだろうなぁ。

ファンはさ。
とにかく秦クンがいてくれて
弾き語ってくれればそれだけでいいよって、思っちゃうんだけどさ。

毎度毎度秦クンのライブに足を運べるファンなんて
本当にごく一部の人だけだしさ。

GMの形態があまり変わらなくても
毎年みどりの日に秦クンのライブに行けるという
それだけでとてもスペシャルに思えてしまうんだけどさ。


そこはやっぱり。
秦クン自身が納得いかないんだろうなぁ。


まぁね。
多分。きっと。
年内に4枚目のアルバム発売??

それを引っ提げてのツアーが来年明けくらいから始まる?

日本あちこち隈なく周ってくれて
願わくば桜前線上昇のタイミングと共に南から北上してくれて
最後に北で満開の桜と共にファイナル!!

なぁんていう勝手な希望が(スマン笑)
頭の中でむくむくと湧き上がってるんだけどね(へへへ笑)


だってさ。
秦クンのツアーって、いつも冬なんだもん。

北の真冬は大変だぜー。
電車動くかなぁ?飛行機飛ぶかなぁ?って。
毎回毎回ヒヤヒヤしてんだぜー(笑)

そういうストレスのない春先に、今度こそ周って欲しい。

日本各地の桜が満開になる頃合いに、そこの土地でライブをしてくれれば
遠征するファンも、秦クン自身も、すごーく楽しいと思うんだけどなぁ。


というのもね。
2年前のスキマのラグランツアーの時。4月初めの高松公演に遠征に行って。
金毘羅さんで満開の桜を見てうどんを食べまくって。
ライブも旅も、すごくココロに残る思い出になった、
本当に来てよかったなぁと思った、遠征だったんだよね。

あんな旅とライブを、秦クンの時にも感じたい。




だからさ。
来年のGMは。ちょっと一休みして。

ツアーで各地を周ってくれぇ。

で。
桜も梅もあれもこれも
花という花が一斉に咲き乱れる北の地で
ファイナルをやってくれぇ。
みんなも北にやってこいぃ。

なぁんて。
思っちゃってるよ!!!




とはいえ。
しばらく。秦クンに会える予定がない。真っ白。

どーしよう。
どーにもこーにも会えそうにない。


さみしーなー。

そうしんみりしながら
音人の秦クンを見つめながら
白シャツ似合うなーカッコいいなーと思いながら

「水無月」を聴いているのでした。


次に会える時は
どれだけ前に進んでいるのかな。

置いていかれないかな。

ゆっくりしか歩けないけど
待っててくれるかな。



仕方ないから。

今月は水無月をずーっと聴きつづけてようかな。(アルタイルも聴け!笑)

6月の青い空を見上げていようかな。




スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。