12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-07-09 (Mon)
「臨場 劇場版」を観た。

観終わった後の重苦しい気持ち。
いまだ引きずったままでいる。

うん。
あのエンドロールの場面でラストシーンが流れても
苦い後味が残る感情にシンクロしないだろうな。

でも。
映画の内容と大きなテーマにラストシーンはちゃんとシンクロしていた。

タクヤくんがデラの日記に書いていたように
この曲が映画のイメージソングとして起用されたことには
やっぱりちゃんと意味があったんだなぁと思えたよ。

きっと。
タクヤくんもシンタくんも
今の自分自身と重ね合わせた場面が幾つもあったはずだ。

もしこれが自分だったら・・・。
そう思うだけで苦しくなる。涙があふれそうになる。
2人とも映画の中で何度もそんな感情に襲われたと思う。

うん。
ジブンもそうだったし。ね。

映画の根底のテーマは深く重い。
最後の場面もハッピーエンドとはいえない。
ココロはなかなか救われない。

だから。
エンドロールでは、歌が流れなかった。

歌はなかったんだ。


うん。
だからね。
ラストシーンは単なるイメージソングとして
軽い扱いではなかったんだ。

この映画にはこの歌。
尊重されていたんだ。

タクヤくんが言うように
「製作スタッフの愛」を感じたよ。



それにしても。
映画の冒頭で行われる通り魔による惨劇。

ここ最近の事件を想起させられる。

怖い。
怖くてたまらない。

あまりにもリアルで本当にその現場を直に目撃してしまったような
大きなショックを受けてしまってるジブンです。

もともと。
ホラー映画とか凄惨な場面のあるドラマも観れないほうだから
映画を観ている時も、ドキドキし過ぎて思わず声をあげてしまったよ(スミマセン・・)

こんな悲惨な事件はもう起きて欲しくない。
哀しい想いを抱える人を増やしてはならない。

そしてこういう事件の裏側で地道に捜査をしている検視官という方々がいること。
その仕事ぶりに本当に心から頭が下がる思いです。



あ。
臨場を観た後では
ラストシーンのMVの内容に
納得してしまったジブンでした。




主演の内野 聖陽さん。
迫真の演技(というか、すでにこの方の生きざまそのものに見えてしまう)すごいです。




そして。やっぱり。

この重苦しい気持ち。

そう簡単に晴れそうにない。



窓の外も。

雨だ。





スポンサーサイト
| ♪スキマスイッチ | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。