12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-08-28 (Tue)


北も暑さが続くけれど。
やっぱり花の東京は別格に暑かっただよ!(笑)

この間の日曜日。
飛行機でビューンと飛んで、まず向かった場所が代官山。


うん。
これを観たかったのです!



■オフィスオーガスタ 創立20周年記念展示
「代官山サウンド」、全ての始まりとして。

会場:代官山 蔦屋書店/DAIKANYAMA T-SITE 3号館2階音楽フロア内
会期:2012年8月1日(水)~31日(金) 9:00~26:00(観覧無料)








daikanyamast.jpg


初めて乗った東急東横線。
足元が不安定で幅の狭いホーム。こじんまりとした代官山駅。

日曜の午後のそこは通りに沢山の人の列。
時折びっくりするくらいにスタイル抜群の人達が笑顔で通り過ぎる。

オシャレなカフェやブティック。
バーのシックな暖簾が行き交う人々をさりげなく誘い込む。
オープンテラスで談笑している彼らは異次元的なカッコよさ。
走りゆく車はアウディ、BMW、ベンツetc...
(国産の軽など走れない雰囲気 笑)

アタマの中ではスキマの「デザイナーズマンション」がリピリピ(笑)
(♪代官山に住もう~立地もいいデザイナーズのメンションメンション~笑)

うん。
マンションじゃーなくて、メンションだなーって
タクヤくんのちょっとひねた歌い方をつい真似しながら炎天下をのろのろと歩を進める。

そうか。
可愛らしい日傘がここでは必要だな。
でも今さら買ったところで、北に戻れば無用の長物。
日陰をうつむきながら進むジブンのココロのなかでは"メンション"がこだまする。

北海道の中ではさ。
札幌はそれなりに都会だよなーって。ヘンな錯覚をしてしまうけれど。
ホントの都会って、オシャレって、こういう次元のところなんだなと
ちょっと打ちのめされる感覚だった(笑)
うーんと若い頃(怖いもの知らずの頃)にこういうところで
アホみたいに遊ぶ時期があったなら
気後れせずに済むのかもしれないな。

という、正しくお上りさんなジブンが通りますけどー(笑)



daikanyama2.jpg

雲ひとつない青空に、街路樹の鮮やかな花のピンク色が映える。
(なんていう木なのかな?北では見たことがないよ)








tutaya.jpg

やっと着いた(あちー)

店内はひんやりとした涼しさで別世界。
平日はもっと静かなんだろうけれど
日曜は沢山の人で賑やかな空間だったな。

あちこちで本を読んだり書き物をしながらスタバのコーヒーを飲んで寛ぐ人たち。

こんな場所が札幌にもあったらいーな。
でも代官山だからこそこんな場所が似合うんだろーな。

なんて。
ソファで絡み合うように談笑するカップルを横目に
目指す場所へと突き進む"お上りさん"(笑)



あっただよ。
やっとみつけただよ。
お店の雰囲気に溶け込むように展示されているから
この展示を知らないで行ったなら、素通りしたかもしれないだよ。だよ。よ。



MVも流れていて。
ジャイアン社長のメッセージが掲げられていて。
ガラスの中の展示物は、まさよしさんのものが一番多くて。
(デモトラックがカセットテープだったりで、時代を感じさせてくれるもの多数。)

でね。
スキマスイッチのインディーズの頃のライブのフライヤー。

この頃はシンタくんが奔走してたんだよね。
対バンやお店の手配やなんやかんやブッキングの全てをやってたんだよね。

フライヤーに書かれているバンド名を見て改めてビックリ。
(フジファブリックとか、OAがレミオロメンとか!)
この頃のライブを観て今もファンの方って・・・まさに"想いコンダーラ"なファンだよなぁ。


そして。秦クン。
ほとんど展示物はないけれど
デビュー時のギターが飾られていた。

Gibson J-160E。

もうね。
ただそれだけでね。
十分だなって思えたよ。

ガラス越しに対面した"彼"はかなり戸惑っているように見えた。
晴れやかな空間に自分はもう似合わないよと言うように。

でも少し奥まった場所でひっそりと飾られていたから
幾分落ち着いていられたかな。

ボディにはデビューまでの様々なことを知っている傷たちが
波模様が描かれているかのようにいくつも印されていた。

秦基博と共にした日々のことを
いつか"彼"は奏でる(語る)ことはあるのかな。
いつか聴いてみたいな。


そうそう。
そのすぐ横には、シカオさんのギターもあったよ。


昨年の大震災へのメッセージの形として作られた「FUKKOU JEANS」の周りには
みんなのメッセージが書かれていた。

タクヤくんはもちろん立派な筆字。
シンタくんはいつもの優しさ伝わる言葉。

そして秦クンは
「聴きたいときに聴けるように」という言葉から始まるメッセージ。

正直いつもこういうメッセージは無難な言葉が多いけれど
今回のメッセージは復興地への想いがあふれてるように感じられて嬉しかった。



最後に。
これを購入しちゃいました。

aug.jpg


多分この中に展示物の数々が収められているだろうなぁと思ったから。
(写メ禁止なので、見るだけだと記憶が薄れてしまう・・)

それぞれのアーティストへの社長の熱い想いも綴られていて
1000円という値段は決して高くないと思えたよ(笑)
(秦クンのギターをいつでも眺められるだけでもジブンにとっての"買い"です 笑)


外に出てみるとやっぱり暑くて暑くて。
でもここからなら近くなので、やっぱり寄ってみたくて。
(そうそう来れる機会もないからね 笑)



ebisu.jpg

前回来た時は4年半前・・・だったかな?
秦クンの初めてのGM@カナケンの時だったな。
あの時と同じようにひっそりと静かなオフィス前でした。

そこからテクテクとJR恵比寿駅まで歩いていって
完全に熱中症になりかけたジブン(暑さにヨワッチィー笑)


とりあえずはホテルまで戻ろう。


そして。
この日上京した一番の目的は。。

次へ。。。。


スポンサーサイト
| ♪オーガスタ | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。