12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-12-11 (Tue)
あぁ。
間違ってばかりだなぁと思う。
こんな答えは本意じゃなかったのに、とまた気づく。

誰かに見られたらと気が気じゃなくて
慌ててゴシゴシ消しゴムで消そうとしたら
ツルリ滑った芯の油分で、言葉が真っ黒に伸びた。

白を汚す炭素の黒。
濃すぎたんだ。例えれば3Bくらい。
決意の硬さなど微塵もなく、揺れ惑う黒のみっともなさ。

いつになったらHBになれるのかな。
いやきっとずっと3Bのままだな。
そして最後はこうして汚してしまうんだろうな。

だから。
白く眩しい歌は苦手です。

思い悩み何度も書き直し
消したはずの言葉がうっすら見えるほどの歌が好きです。

ちょっとくらい紙が破けてしまってもいいよ。

清書なんてしなくていいんだからね。


そんな歌を頼りに昨日もぼちぼち歩いてみました。

ありがとう。


スポンサーサイト
| *雑記 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する